エリクサーゴーレム バトルヒーラー。 【クラロワ攻略】無限エリクサーチャレンジ最強デッキ [ファミ通App]

【クラロワ】シーズン6アップデート、新カード「バトルヒーラー」登場

エリクサーゴーレム バトルヒーラー

どうも、IGです。 今回は新カードであるバトルヒーラーを使った「エリゴレダクネデッキ」を紹介します。 時期尚早ですが、現環境においてトップクラスのデッキであると言っても過言ではないほど、強力なデッキとなっています。 早速ですが、バトルヒーラーを使った「エリゴレダクネデッキ」の構成や基本的な使い方、意識するべきポイントを解説していきます。 関連記事 ・ ・ ・ エリゴレダクネデッキ デッキ構成 ・エリクサーゴーレム このデッキの盾役となる大型ユニット。 ・ダークネクロ コウモリを生成する攻撃力の高い後衛ユニット。 死亡時に出現するコウモリも厄介。 ・バトルヒーラー 攻撃する度に、自身と周囲のユニットの体力を回復させることができる後衛ユニット。 ・ベビードラゴン 攻防共に使える使い勝手の良い空ユニット。 ・ボンバー 地上ユニットに対して範囲攻撃ができる後衛ユニット。 ・スケルトン 使い勝手の良い小物系ユニット。 誘導役として非常に優秀。 ・トルネード 相手ユニットを誘導する3コスト呪文。 ・ロケット 相手の後衛ユニットを処理できる6コスト呪文。 バトルヒーラーの回復効果がエリクサーゴーレムやダークネクロと非常に相性が良く、対策していないと中々防衛することができません。 防衛面に関しては、トルネードで敵ユニットを集め、ベビードラゴンやボンバーの範囲攻撃でまとめて処理することで、ある程度の攻撃を防ぐことができます。 意識するべきポイント このデッキに入っている対空ユニットは、ダークネクロから生成されるコウモリとベビードラゴンのみなので、空ユニットを処理することが非常に難しいです。 そのため、 ベビードラゴンを慎重に使うように意識しましょう。 例えば、バルーンに対してはロケットで処理したり、ラヴァハウンドで攻撃された時はベビードラゴンが敵の後衛ユニットに倒されない位置に出したりすると良いでしょう。 まとめ 多くのデッキは防衛から組み立てていくことが多いですが、このデッキは積極的に自分から攻撃を仕掛けても良いので、プレイしていて非常に楽しいデッキと言えます。 また、3~4コストのカードばかりなので扱いやすくなっています。 使用すればこのデッキの強さがすぐに分かるので、バトルヒーラーを入手することができたら是非1度使ってみてください。

次の

【クラロワ攻略】無限エリクサーチャレンジ最強デッキ [ファミ通App]

エリクサーゴーレム バトルヒーラー

明日、グリーとスパセルの特許を巡る争いでレイアウトエディタ機能が削除されます。 残念です。 -- 2018-01-24 水 20:57:57• コメントありがとうございます。 特許権侵害訴訟の一刻も早い解決を願うばかりです。 -- 2018-02-19 月 14:16:44• 日本語wikiの方が更新されなくなって困ってたので、こっちに来ました。 これからも宜しくお願いします -- 2018-02-08 木 23:49:34• コメントありがとうございます。 至らない点も多々あるかと存じますが、こちらこそ宜しくお願いします。 -- 2018-02-19 月 14:23:25• こちらのwikiは現在も最新情報を更新していますか? -- ym 2018-08-03 金 23:58:35• 少しずつ更新を行っておりますが、ご不便おかけし申し訳ございません。 御蔭様でwikiサイトに集まってくださる有志の方々のご協力、ご支援に深く感謝いたしております。 -- 2018-08-05 日 23:44:12• 返信ありがとうございます。 こちらの情報を基にTH10のフルカンにかかる資源量と日数を計算したものを動画にしようと考えております。 ヒーローが何も編集されて内容でしたが入力する予定はありますでしょうか?私も入力に関し、なにかご協力できればと考えております。 よろしくおねがいします。 -- 2018-08-06 月 11:43:32• ご返信頂き、ありがとうございます。 ヒーローについては手が回れば更新していきたいと思いますが、wikiですので気づいた方に変更を加えて頂けると幸いです。 のページやなどのページが殆ど埋められていませんので、もしよろしければ追加・更新をして頂けると幸いです。 ページを新しく追加して頂いても結構です。 もちろんwikiですので、その他のページも自由にご編集頂ければと思います。 また、編集方法につきましてはをご確認頂き、ページ内のレイアウトなどは、既にある他のページのデータをコピーするなどしてページを更新・作成して頂けると更新がしやすいかと存じます。 -- 管理人 2018-08-09 木 01:07:55• 祝レイアウトエディタ機能復活!しかも過去に設定してあった分もちゃんと引き継がれてますね。 -- 2019-02-10 日 18:24:05• 判明している箇所の情報については、私が随時アップしておりますが、不明瞭な箇所についてはどなかたアップよろしくお願いします。 -- EX 2019-12-10 火 08:15:02• リーグ戦報酬のこととかをトピックに追加していただけると助かります -- 2020-05-21 木 17:36:28• バトルマシンの台座の耐久力って見れる? -- 2020-06-20 土 00:44:32• ヒーローのアップグレード代が変わった気がする。 -- 2020-06-26 金 12:20:26.

次の

【クラロワ】メガナイトウォールブレイカーを対策せよ!最強の矛に対応できるデッキは!?

エリクサーゴーレム バトルヒーラー

ど真ん中にきたですらまともに吸えなくなるため、キング起動に使える機会はほとんど訪れなくなるレベルの下方であると考えられる。 キング起動は今まで以上にやりやすくなっているためデッキによって上方下方が分かれる予感がします。 いつかのファルチェを思い出す事態となった。 シーズン7 雑感 新登場のロケット砲士は大きくノックバックする点が特徴的であり と言ってもスパーキーもだが 、シーズン中盤に差し掛かった上位でもその処理に手間取っている姿が見受けられる。 カードの評価としてはとても強いと評価する人とそんなに強くないと評価する人に分かれ、シーズン7の環境時点では非常にバランスのいいカードと言える。 が、初登場当初のホバリング砲や巨大雪玉のように、そんなに強くないと思われていたカードの使い方が発掘されることで非常に強くなり下方必須となったカードの例も存在する。 特にロケット砲士は特徴的な個性から、過去のそういったカードの例に新たな使い方が発掘される可能性があるため、油断は禁物である。 環境として強いのはミニペッカ入りデッキとメガナイトWBやなどのWBデッキである。 環境としてはいろいろなデッキが入り交じり、上位プレイヤーの間でも最近にしては良い環境だと話題である。 終盤頃からコウモリの群れ、ディガー、マジックアーチャー、WB、ボムタワー、ベビドラ、ミニペッカ辺りが若干OPだと囁かれはじめ、下方されるならこの辺りだと噂になった。 シーズン6 雑感 新カード、バトルヒーラーが登場。 ヒーラー登場当初、その能力に全員がOPと口を揃え新カード特有のミラーデッキまで登場したが、二週間ほどでその勢いは収束。 結果的に、エリゴレダクネヒーラーとヒーラー神器でしかその姿を見ることはなくなった。 本シーズンの終盤は エリゴレダクネ、 特にボムタワー型 、ダクネ入りの三つ巴の様相を呈し、明らかにダクネOP環境であることが明白となった。

次の