櫻井 翔 広瀬 すず 映画。 櫻井翔「ラプラスの魔女」主演で広瀬すず&福士蒼汰と初共演!三池崇史監督と9年ぶりタッグ : 映画ニュース

櫻井翔、嵐の紅白初出場時は「司会の中居くんが見守ってくれた」<第69回紅白歌合戦> /2018年11月26日 1ページ目

櫻井 翔 広瀬 すず 映画

櫻井翔「ラプラスの魔女」主演で広瀬すず&福士蒼汰と初共演!三池崇史監督と9年ぶりタッグ 2017年3月20日 05:00 「ラプラスの魔女」で櫻井翔と初共演を 果たす広瀬すずと福士蒼汰 [映画. com ニュース] 「嵐」のが、ベストセラー作家・氏のデビュー30周年記念作を監督が映画化する「ラプラスの魔女」に主演し、若手随一の人気を誇る、と初共演を果たしていることが明らかになった。 「」以来約4年ぶりの映画単独主演となる櫻井が、三池監督とタッグを組むのは「」以来約9年ぶりとなる。 東野氏が「これまでの私の小説をぶっ壊してみたかった」と公言したほどの野心作は、累計発行部数28万部を突破。 原作権の獲得には、12社が競合した話題作であり人気作だ。 連続して2つの不審死が起きるが、それぞれの事件現場は遠く離れていたのにもかかわらず、死因はどちらも同じ自然現象下での硫化水素中毒死、さらに死亡した2人が知人同士だったという難解な設定。 櫻井は地球科学の研究者で警察から調査を依頼される大学教授の青江修介に扮する。 また、広瀬は封鎖された事件現場に現れ次に起こる自然現象を言い当てる謎の女・羽原円華、福士は円華が探す失踪した青年・甘粕謙人を演じる。 櫻井にとっては、東野作品はNHKドラマ「トキオ 父への伝言」以来14年ぶりの出演となる。 三池組に初参加となる広瀬は、櫻井・福士とも初タッグとなるが「そんなおふたりと現場でどんな化学反応が起きるのかすごく楽しみです。 三池監督とは、本当にずっとお仕事がしたかったので、同じ現場を味わえるのはすごく嬉しいです。 男性だらけの現場なので、監督を一番の頼りにさせていただきます(笑)」と念願成就を喜んでいる。 3度目の三池組参加となる福士は、「櫻井さんは知的なイメージなので、研究者である青江のキャラクターがスッと頭に入ってきました。 広瀬さんは10代とは思えないエネルギーがある印象で、ピュアさ、真っ直ぐさが円華とイメージがとても近いなと思いました」と共演陣への思いを明かし、3月16日からの撮影に臨んでいる。 映画で描かれる事件が事故ではなく他殺だった場合、犯人は「完全無風状態になる一瞬」を事前に知っており、「その瞬間に致死量の硫化水素が発生する場所」へ「ピンポイントで被害者を誘導した」ことになる。 青江は、自然科学的見地から事件性を否定。 封鎖された事件現場を検証していると円華(広瀬)が現れ、青江の眼前で次に起こる自然現象を言い当ててみせる。 それは奇跡か、偶然か。 警察は円華の事件への関与を疑い始めるが、第3の事件が発生する……。 メガホンをとる三池監督は、「これはポップでラジカルな映画。 原作はあの『』。 だから面白くならぬワケがない。 なお、今作の脚本は「半沢直樹」のが執筆。 撮影は、4月下旬にオールアップを予定している。 「ラプラスの魔女」は、2018年に全国で公開。 (映画. com速報)• 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ソニック・ザ・ムービー」 C 2020 PARAMOUNT PICTURES AND SEGA OF AMERICA, INC. ALL RIGHTS RESERVED. 「エジソンズ・ゲーム」 C 2018 Lantern Entertainment LLC. All Rights Reserved. 」 C 2019 Sony Pictures Television Inc. and CBS Studios Inc. All Rights Reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

嵐・櫻井翔『ラプラスの魔女』で映画単独主演、広瀬すず&福士蒼汰と初共演へ! 東野圭吾作品で大学教授役、ネットでは批判の声も…

櫻井 翔 広瀬 すず 映画

嵐の櫻井翔が4日、都内で開催された映画『ラプラスの魔女』の完成披露イベントに、共演した広瀬すず、福士蒼汰らと共に出席。 レッドカーペットイベントを楽しみ、「ちょっと外タレ気分。 すごい高揚感でいっぱい」と笑顔を見せ、撮影中、広瀬と共に体力トレーニングに励んだことを明かした。 本作は、東野圭吾が発表した同名小説を原作とするサスペンスミステリー。 立証不可能な事件が立て続けに起こり、頭を悩ませる地球化学教授・青江修介(櫻井)の前に、未来を予見する謎の女・羽原円華(広瀬)が現れ、事態が動き始める。 謎多き難事件の調査にあたる主人公・青江を演じる櫻井は、タキシードで登場。 詰めかけた1000人のファンに向けて、レッドカーペット上では「テレビ局の各局のレポーターの方がインタビューしてくださるんですよ」と説明し、状況を客観視して「ちょっと外タレ気分。 すごい高揚感でいっぱい」と笑顔を見せた。 今回は4年ぶりの映画単独主演にして、三池監督とタッグを組むのは映画『ヤッターマン』(09)以来、約9年ぶり。 撮影を振り返って「故郷に帰ってきたと言いますか、昔のクラスメイトとの再会と言いますか。 『ヤッターマン』の時のスタッフが何人もいたので、気心知れたスタッフの皆さんとの撮影だった。 つい半年、1年前にご一緒していたような、柔らかい空気の中で撮影して楽しかった」と話した。 クライマックスの撮影時は「ずっとトレーニングをやっていた。 10分、15分、20分。 スタッフに『櫻井さん、お願いしまーす』って呼ばれたときには汗だく。 最低でした。 それは強く反省しました」と明かして会場を笑わせた。 一方、櫻井をしごいた広瀬は、MCから魔女な一面があるのではないかと問われて「あるでしょうね?」とイタズラっぽい笑みをこぼした。 挨拶で「絶賛失踪中」とジョークを飛ばし、「悪魔は、なかなかなれないので楽しい。 でもそんなことは意識してなかったです。 役柄を演じる上では普通の一人間として、何を思って生きているのか、なぜそういう行動をするのか。 行動のエネルギーを考えて演じていた」と述べた。 本イベントには他に、志田未来、佐藤江梨子、高嶋政伸、三池崇史監督が出席した。 映画『ラプラスの魔女』は5月4日より全国公開。 この記事の写真を見る•

次の

嵐・櫻井翔『ラプラスの魔女』で映画単独主演、広瀬すず&福士蒼汰と初共演へ! 東野圭吾作品で大学教授役、ネットでは批判の声も…

櫻井 翔 広瀬 すず 映画

櫻井翔&広瀬すずが撮影の合間に猛特訓! 東野圭吾の同名小説を三池崇史監督が映画化した『ラプラスの魔女』 5月4日公開 の完成記念イベントが4月4日に東京ミッドタウン日比谷ステップ広場で開催され、櫻井翔、広瀬すず、福士蒼汰、志田未来、佐藤江梨子、高嶋政伸、三池監督が登壇。 櫻井が「広瀬ズ・ブートキャンプが始まった」と、撮影の合間には、広瀬に誘われてトレーニングに励んでいたことを明かした。 本作は生真面目な大学教授・青江修介 櫻井 が、自然現象による不審死事件の調査に当たる姿を描くサスペンス映画。 広瀬が自然現象を予言するヒロイン・羽原円華役、円華が捜している失踪中の青年・甘粕謙人役を福士が演じた。 三池監督とのタッグは『ヤッターマン』以来となり、「10年の時を経て、三池監督とまったく違うテイストの作品でご一緒できたことが本当にうれしい」と再会を喜んだ櫻井。 「おこがましいですが、故郷に帰ってきたような、昔のクラスメイトとの再会のような。 『ヤッターマン』の時と同じスタッフの方も何人もいましたので、気心を知れたみなさんとの撮影。 柔らかい空気のなかで撮影させていただいた」とリラックスして臨むことができたという。 広瀬は「壁を作らないでいてくださる。 円華が 青江を 引っ張って行くようなシーンもやりやすかった」と櫻井の印象を吐露。 櫻井は「うれしい」と笑顔をこぼしながら、「役としても円華に巻き込まれるようなキャラクターだけれど、撮影の合間には広瀬さんが『翔さん、トレーニングしましょう』と言って。 スクワットやダッシュとかガチ目なヤツ。 僕は『はい、やりましょう』と役の関係性のまま現場にいられた」と広瀬に引っ張られながら、トレーニングに励んでいたと語る。 さらに広瀬が「もう1セット行きますか?と聞くと、必ず『やる』と言ってくださる」ととことん櫻井が付き合ってくれることを明かすと、櫻井は「優秀な生徒ですから」とニッコリ。 「福士くんも参加して、広瀬ズ・ブートキャンプを3人でやっていました。 ずっとトレーニングしていた」そうで、撮影が始まるころには「汗だくです!最低でした」と告白。 「反省しています」と話し、広瀬や会場を笑わせていた。

次の