ダイヤ の a ネタバレ。 ダイヤのA act2ネタバレ最新155話「沢村の意思を受け継ぐ投手陣」

【ダイヤのA(エース)act2ネタバレ】最新173話の考察!薬師、先制のチャンスで打席は真田!

ダイヤ の a ネタバレ

ナンバーズと呼ばれる多彩な変化球と高い制球力を持つ変則左腕の主人公・ 沢村栄純と、同学年でライバルの最速154キロを誇る本格派投手・ 降谷暁がエースの座をかけて競い合いながら成長し、甲子園を目指していく 王道熱血野球漫画です。 2年夏の甲子園予選西東京大会で悲願のエースの座を掴んだ沢村でしたが、そのプレッシャーからか初戦では本来の投球ができず。。。 強豪ひしめく西東京大会。 果たして沢村は復活するのか、そして、チームは甲子園へとコマを進めることができるのでしょうか!? この記事ではダイヤのAの216話、ネタバレを紹介します! もしネタバレの前に絵付きで楽しみたい方は、U-NEXTならすぐに無料で読めますよ! \ 600円分のポイントがもらえる/ ただ試合に出たいだけの「バカ」だった彼が、試合の状況を見て、考えて判断して。 後輩にも声を掛けられる"エース"に進化した。 アツい夏の主役はキミ、沢村栄純。 ツーアウトながらランナー1、3塁というチャンスで打席には 主砲御幸一也! 創聖エース柳楽のツーシームをセンターへはじき返すタイムリーヒットを放ち、リードを5点に広げます。 降谷はこの回、1番・福永に出塁を許し、二塁まで進まれてしまいます。 この場面で迎えるは4番・奈良。 粘る奈良に対して降谷が投じたこの日113球目は 渾身のストレート! 見事セカンドゴロに打ち取り3アウトです。 降谷はこの回まで。 打者31人に対し 8回 6安打 2四死球 8奪三振 1失点という内容でした。 これで降谷は西東京大会2試合を投げわずか1失点という安定ぶり。 センバツ以降、春の練習試合までは エースとしての勝利への気負いと、全てを自分の力だけでねじ伏せようとする 投手としてのエゴからか、調子を崩していた降谷でしたが、ライバル沢村の姿や信頼できるチームメイトの姿を目の当たりにして 完全復活を遂げます。 満足げな顔で降谷を見遣る御幸と称賛の拍手を送る沢村の姿がこの日の降谷の素晴らしさを物語っていました。 互いを素直に認め合える沢村と降谷とのライバル関係は見ていて胸が熱くなりますね。 創聖高校ベンチはこの場面で動いてきます。 エース柳楽をセンターに置き、代わってマウンドに2番手投手 所を送り出しました。 対する青道高校もここですかさず動きます。 代打に送られたのは1年生の由井! 前回、沢村に「 青道の秘密兵器」と呼ばれた由井は相手投手の代わりばなを叩いて右中間を破るタイムリーヒットを放ちます!! これで 7-1とし、リードは6点に広がりました。 打った由井は塁上で喜びをあらわにしながら、沢村に贈られた秘密兵器という言葉を噛みしめます。 勝利は目前!守護神マウンドへ 9回表、青道高校のマウンドには 3年生守護神の川上が上がります。 レフトには守備固めに同じく 3年生の麻生を送り込みます。 まさに盤石の体制! 創聖高校を追い詰めます。 両校ベンチから最後の最後まで声援が飛び交います。 頼もしい3年生の背中 最終回、頼もしいピッチングを披露する川上の姿を目の当たりにしながら、奥村は考えます。 そのまま最後を締めた川上。 青道高校が 7-1で創聖高校を見事破り、 西東京大会準々決勝を堂々突破しました!! 以下、次号へと続いていきます。 みんなの力が融合していい形で試合が終了しましたね! 当然青道高校が勝利してくれるとは思っていましたが、想像以上に素晴らしい準々決勝でした。 紹介した奥村のセリフにもありましたが、ノリさんが本当に心強いです。 絶対的エース天久と強力打線を擁する市大三高に対し青道高校はどのように戦っていくのか。 青道高校エース沢村栄純は果たして復活のマウンドとなるのでしょうか。 これまで以上に熾烈な戦いが予想されますね。。。 個人的には、そろそろ将来の沢村の正妻候補である奥村君の活躍も見たいところですが、御幸がいる以上なかなか難しそうですね。。。 そして、準決勝で勝ち上がったら、決勝の相手は東京ナンバーワン投手の呼び声高い、 成宮鳴擁する稲城実業で間違いないでしょう。

次の

ダイヤのA actⅡ【第219話】最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

ダイヤ の a ネタバレ

ナンバーズと呼ばれる多彩な変化球と高い制球力を持つ変則左腕の主人公・ 沢村栄純と、同学年でライバルの最速154キロを誇る本格派投手・ 降谷暁がエースの座をかけて競い合いながら成長し、甲子園を目指していく 王道熱血野球漫画です。 2年夏の甲子園予選西東京大会で悲願のエースの座を掴んだ沢村でしたが、そのプレッシャーからか初戦では本来の投球ができず。。。 強豪ひしめく西東京大会。 果たして沢村は復活するのか、そして、チームは甲子園へとコマを進めることができるのでしょうか!? この記事ではダイヤのAの216話、ネタバレを紹介します! もしネタバレの前に絵付きで楽しみたい方は、U-NEXTならすぐに無料で読めますよ! \ 600円分のポイントがもらえる/ ただ試合に出たいだけの「バカ」だった彼が、試合の状況を見て、考えて判断して。 後輩にも声を掛けられる"エース"に進化した。 アツい夏の主役はキミ、沢村栄純。 ツーアウトながらランナー1、3塁というチャンスで打席には 主砲御幸一也! 創聖エース柳楽のツーシームをセンターへはじき返すタイムリーヒットを放ち、リードを5点に広げます。 降谷はこの回、1番・福永に出塁を許し、二塁まで進まれてしまいます。 この場面で迎えるは4番・奈良。 粘る奈良に対して降谷が投じたこの日113球目は 渾身のストレート! 見事セカンドゴロに打ち取り3アウトです。 降谷はこの回まで。 打者31人に対し 8回 6安打 2四死球 8奪三振 1失点という内容でした。 これで降谷は西東京大会2試合を投げわずか1失点という安定ぶり。 センバツ以降、春の練習試合までは エースとしての勝利への気負いと、全てを自分の力だけでねじ伏せようとする 投手としてのエゴからか、調子を崩していた降谷でしたが、ライバル沢村の姿や信頼できるチームメイトの姿を目の当たりにして 完全復活を遂げます。 満足げな顔で降谷を見遣る御幸と称賛の拍手を送る沢村の姿がこの日の降谷の素晴らしさを物語っていました。 互いを素直に認め合える沢村と降谷とのライバル関係は見ていて胸が熱くなりますね。 創聖高校ベンチはこの場面で動いてきます。 エース柳楽をセンターに置き、代わってマウンドに2番手投手 所を送り出しました。 対する青道高校もここですかさず動きます。 代打に送られたのは1年生の由井! 前回、沢村に「 青道の秘密兵器」と呼ばれた由井は相手投手の代わりばなを叩いて右中間を破るタイムリーヒットを放ちます!! これで 7-1とし、リードは6点に広がりました。 打った由井は塁上で喜びをあらわにしながら、沢村に贈られた秘密兵器という言葉を噛みしめます。 勝利は目前!守護神マウンドへ 9回表、青道高校のマウンドには 3年生守護神の川上が上がります。 レフトには守備固めに同じく 3年生の麻生を送り込みます。 まさに盤石の体制! 創聖高校を追い詰めます。 両校ベンチから最後の最後まで声援が飛び交います。 頼もしい3年生の背中 最終回、頼もしいピッチングを披露する川上の姿を目の当たりにしながら、奥村は考えます。 そのまま最後を締めた川上。 青道高校が 7-1で創聖高校を見事破り、 西東京大会準々決勝を堂々突破しました!! 以下、次号へと続いていきます。 みんなの力が融合していい形で試合が終了しましたね! 当然青道高校が勝利してくれるとは思っていましたが、想像以上に素晴らしい準々決勝でした。 紹介した奥村のセリフにもありましたが、ノリさんが本当に心強いです。 絶対的エース天久と強力打線を擁する市大三高に対し青道高校はどのように戦っていくのか。 青道高校エース沢村栄純は果たして復活のマウンドとなるのでしょうか。 これまで以上に熾烈な戦いが予想されますね。。。 個人的には、そろそろ将来の沢村の正妻候補である奥村君の活躍も見たいところですが、御幸がいる以上なかなか難しそうですね。。。 そして、準決勝で勝ち上がったら、決勝の相手は東京ナンバーワン投手の呼び声高い、 成宮鳴擁する稲城実業で間違いないでしょう。

次の

ダイヤのA act2 209話ネタバレ考察感想あらすじ!エースとしての気迫を見せる柳楽

ダイヤ の a ネタバレ

ちなみに218話のネタバレは下記の記事でまとめていますので、読んでいない場合はまずこちらから。 峰は青道高校対市大三高の試合は沢村と天久が先発で出てくる可能性が高いとして、創聖高校のエース・天久と青道高校のエース・沢村の姿を思い浮かべながら、三年生となり成熟味も出てきた天久と急激な進化を遂げた若きエース・沢村の出来が勝敗を大きく左右するエース対決になるのは間違いないと断言するのであった。 試合を終えた青道高校野球部の面々はバスで母校に戻ってくる。 そんな中、御幸達が創聖戦では川上の好投に助けられたと称賛する中、何故か手に力が入らなかった川上はスポーツドリンクのペットボトルを床に落としてしまうのであった・・・。 田原監督の元に市大三高のOB達が・・・。 市大三高では青道高校と創成高校の試合の偵察を終えた野球部員が、試合内容と青道高校が勝利したことを田原監督に報告していた。 偵察に行った野球部員から青道高校と創成高校の試合内容を聞いた田原監督は、「青道高校は夏の話題を独り占めするつもりか」と不敵な笑みを浮かべながら、称賛する。 そんな中、偵察に行った野球部員が青道高校のベンチの雰囲気も良かったと報告していると、突如、「監督」と呼ばれる田原監督。 田原監督の視線の先には後輩達の激励に訪れた市大三高のOB達の姿が…。 変わらないエース・天久 その頃、エースである天久は1人でトレーニングルームに居た。 沢村からの「お互いにベストを・・・」というLINEの返信を無言で見下ろす天久。 そんな天久を背後から「光聖」と名前を呼ぶ人物が現れる。 振り返った天久が見たのは市大三高のOBである真中だった。 OBである真中との再会に歓喜する天久。 真中はそんな天久に差し入れを持って激励に訪れたことを告げ、青道戦を登板する天久に調子を尋ねる。 天久は昨日はベンチで休ませて貰えたお陰で調子は悪くないと告げ、チームメイト達には感謝していると伝える。 「チームメイトへの感謝」という自分が在学していた時は聞いた事が無かった言葉を放った天久に驚く真中。 天久は「チームメイト達なら点を取ってくれる気がする」と語り、薬師寺高校との試合で新球・スライも強豪校の選手相手にも通用することが分かった今は残りの試合全てを投げ抜くつもりでいるという自身の決意と覚悟を不敵な笑みを浮かべながら告げる。 そんな 天久の姿に「お前変わったな」と真中は一瞬感心するも、すぐに「そしたら俺ヒーローじゃないっすか? 」、「スポーツ紙も、フォロー数もドーン!」、「ドラフトで俺の取り合いだ」と饒舌語る天久の姿に思わず 「変わってねーな! 」と心の中でツッコミを入れる。 しかし、それと同時に以前と変わらない天久に「でも・・まぁ、これがお前か」と何処か安堵する真中であった。 市大三高戦の作戦会議をする片岡監督達 7月24日の朝。 青道高校では恋を成就させた麻生が朝からハイテンションで練習に向かう姿があった。 その様子に御幸達が疑問に思う中、足を引きずりながら「麻生は男を見せたんや」と語る前園。 御幸達は前園の言葉に「意味が分からない」と更に疑問を深める中、川上はチームメイトに今日は投球練習をしないことを告げていた。 そんな中、沢村は「26日に沢村家と一緒に神宮球場に行くから頑張ってね」という幼なじみの若葉からのLINEに嬉しそうな笑みを浮かべていた。 沢村の様子を見ていた奥村はまた天久からの連絡かと尋ねる。 メールの相手を奥村に疑われた沢村は、メールの相手は地元の幼なじみであり、今度の試合を観に来てくれるという連絡だったことを動揺した様子で説明する。 そんな沢村と奥村のやり取りを御幸は静かに見つめていた。 その頃、監督室では市大三高戦に向けての作戦会議が片岡監督や落合コーチ等で行われていた。 落合コーチは市大三高の中心はエース・天久であり、今の青道打線でも天久から点を取ることは容易では無く、3点以上の失点で試合の勝敗が決まってしまうと自身の分析を語る。 落合コーチの 「3点がデッドライン」という言葉に監督等の緊張感が広がる。 そこに別のコーチが初戦は十分な力を出せなかったが、春の大会の市大三高戦で見せた沢村のピッチングには自分は期待していると沢村を評価する発言をする。 片岡監督や落合コーチの脳裏に市大三高戦でマウンドに立った沢村の姿が・・・。 沢村の相手に向かっていく気迫や勢いには期待しているが、状況によっては初回から川上や降谷も準備させておくつもりでいるという自身の考えをコーチ陣に伝える片岡監督。 片岡監督は市大三高に勝利し、決勝に行く為にも市大三高戦は総力戦で行くことを宣言するのであった。 沢村と二人の捕手 その頃、グランドでは沢村が奥村に約束のカーブやスライダーを披露しようとしていた。 沢村のカーブを受けた奥村は沢村の投球が曲がってなかったことから、カーブを投げる際の手首の使い方が苦手だからこれまで投げなかったのかと推測する。 そんな奥村を他所にスライダーを続けて投げる沢村。 すると突如、沢村の投球が不自然に曲がる。 奥村は沢村の曲がったスライダーに驚きを隠せない。 そんな奥村に制御も出来ないし、どこに行くのかも分からないことを得意気に語る沢村。 奥村がそんな沢村に呆れる中、フェンス越しで2人のやり取りを見ていた 御幸は「いくら曲がっても他のボールに悪影響を及ぼすなら投げさせない」と不敵な笑みで告げる。 御幸の言葉を聞いた奥村は沢村はバックスピンの効いた特有のストレートを投げることから、スライダーを投げることで肘が下がり、手首が寝たらストレートの質も変わるというリスクを避ける為に沢村にスライダーを投げさせて来なかった事をすぐに悟る。 そんな中、突如、 沢村から密かに色々調べてストレートに影響しない握りを勉強していたことを打ち明けられる御幸。 沢村の言葉に驚く御幸と奥村を他所に「試して良いか」とボールを片手に持ちながら自信に満ち溢れた笑みで告げる沢村であった。 U-NEXTを使えば週刊少年マガジン2020年33号も電子書籍で今すぐ無料で読むことができます。 やはり、流石の強豪校です!! また片岡監督は総力戦で挑むつもりの様ですが、川上の腕の様子がやはり心配になりました。 もしかしたら…川上が先発に出て、デッドラインの3点を取られてしまう展開がありそうでこわいですね。 漫画は絵と一緒に読むことでさらなる面白みがあります。 無料で漫画を読めるサービスをまとめていますので、是非ご覧になって見てください!.

次の