中古車 ローン 金利 相場。 車のローンの月々の平均返済額はいくら?支払額を決めるときの注意点とは[2019年11月03日]

自動車ローンの種類と金利相場・審査基準まとめ

中古車 ローン 金利 相場

ローンで中古車を買うときの金利は、支払額に大きく影響します。 そのため、できるだけお得なローンを組みたい、どこで借りるのがいいかわからないとローン選びに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 中古車ローンは借りる場所によって金利が大きく違うため、ローンの種類による金利の違いや金利別の支払いシミュレーション、カーリースとの比較などについてご紹介します。 中古車ローンの金利相場は? 中古車ローンには、銀行系ローン、ディーラーローン、自社ローンの3種類があり、どれを選ぶかによって、金利や審査基準が大きく異なります。 それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。 ・銀行系ローン 銀行や信用金庫などの金融機関が提供しているマイカー購入専用ローンのこと。 1~4%と4つのローンの中でも最も低金利のため、その分審査基準が厳しく、審査に時間もかかります。 ・ディーラーローン 車のディーラーが信販会社と提携して提供しているローンのこと。 金利は3. なお、銀行系ローンに比べると、審査基準は緩めです。 ・自社ローン 中古車販売会社が信販会社を通さずに、独自の基準に基づいて審査・貸し付けを行っているローンのこと。 実際はローンではなく、割賦契約の一種です。 金利はありませんが、その分が車両価格に上乗せされているため、実際は高額となる場合もあります。 しかし、審査基準は低く設定されていることが多いため、他のローンの審査で落ちてしまった方も、自社ローンであれば審査に通る可能性があります。 ディーラーの残価設定ローンとは? 4種類のカーローンに加えて、ディーラーローンの一種である「残価設定ローン」も近年利用者が増えています。 残価設定ローンとは、車両価格の全額をローンにするのではなく、あらかじめ残価という数年後の車の残存価格を予測して差し引いてローンを組む方法です。 残価設定ローンの計算方法 通常、車両価格150万円の車を5年ローンで購入したい場合、金利を加えた金額を60回払いで返済します。 一方、残価設定ローンでは、仮に車の5年後の価格を30万円と想定した場合、30万円を引いた120万円に対して金利を加えた金額でローンを組んで返済します。 つまり、残価を差し引いた分、月々の支払いを抑えることができます。 なお、この残価30万円の精算は最終の支払い時に行われ、ローン契約者は以下の3つから好きな精算方法を選ぶことができます。 しかし、中古車残価クレジットの中には、期日到達時に車を買い取ることを前提としたものもあります。 1)車を返却して新しい車に乗り換える 2)車を返却する 3)車を買い取る 残価設定ローンの金利 残価設定ローンの金利は、一般のディーラーローンより少し低目に設定されているため、月々の支払額が少なくなるのがメリットです。 しかし、最終の支払い時に査定額が想定していた残価に届かない場合には、追加費用が発生する可能性もあります。 なお、車の価値が残価を下回らないように、走行距離制限やカスタマイズ禁止などの制限が付くこともあります。 金利別支払いシミュレーション 金利が1%違うと、支払額にも大きな影響があります。 車両代金が150万円の車で、支払い回数や金利が違うと月々の支払額や総支払額がどれくらい変わるでしょうか。 某中古車サイトの返済額シミュレーションをもとにまとめました。 ここで計算されたものはあくまでもご返済の目安にするもので借入れ可能額を保証するものではありません。 カーリースとカーローンと実質金利比較 マイカーを検討するときに、定額制で利用できるカーリースと比較したいという方もいるでしょう。 しかし、カーリースではほとんどのリース会社が実質金利を公開しておらず、金利で比較することができません。 また、リース料金には自賠責保険料や自動車税なども含まれているため、月々の支払金額で比較するのは難しいでしょう。 そこで、比較的比べやすい支払い総額をもとに、ホンダ「N-BOX」の「G・EX Honda SENSING」のFF駆動をディーラーローンとおトクにマイカー 定額カルモくんで5年間リース利用した場合を比較してみましょう。 なお、標準カラー、オプションはなしで計算しています。 ・ディーラーローン ディーラーローンを利用して、金利3. 5%、60回払いで購入した場合の支払い総額は、1,739,150 円(税込)となっています。 また、自動車重量税や自賠責保険料37ヵ月分、手続き代行費用、リサイクル法関連費用などが含まれています。 ・定額カルモくん 定額カルモくんで5年間リース契約をした場合には、1,782,000円となっています。 総支払額だけを見ると高く感じますが、月額料金には契約期間中の自賠責保険料や自動車重量税などの税金、ディーラー点検代、サポート料などが含まれています。 そのため、車の維持費の大きな割合を占める車検時の法定費用がかからないだけでなく、それらの支払いを一本化して家計を安定させることができます。 定額カルモくんについて詳しく知りたい方は 金利と一緒に支払い総額も比較してみよう カーローンはどのローンを選ぶかで審査基準や金利が異なります。 また、カーリースと比較する際には、初期経費も含めた支払い総額を考えると比較しやすいでしょう。 また、目先の金額だけでなく、自分に合った方法を選ぶことが大切です。 よくある質問 Q1:カーローンにはどんな種類があるの? A:銀行系ローンやディーラーローン、自社ローンに加えて、ディーラーローンの一種である残価設定ローンがあります。 基本的に、審査が厳しいほど金利は低く、審査が緩いほど金利が高いという傾向があります。 Q2:ローンの種類による金利の違いは? A:銀行系ローンがもっとも低く、ディーラーローンは高めに設定されているのが一般的です。 また、自社ローンは金利がない代わりに車両価格に手数料が上乗せされています。 Q3:カーローンでの購入とカーリースはどっちが得なの? A:車種や支払い回数によっても異なりますが、カーローンとカーリースのシミュレーションで総支払額を比較してみるといいでしょう。 なお、リース料金には税金や自賠責保険料などが含まれているので、契約期間中の車検時の法定費用がかかりません。

次の

自動車ローンの金利の平均は2~3%!? 契約前に知れば安心する利率、返済額、支払い年数

中古車 ローン 金利 相場

新車だけでなく 中古車でも分割購入が可能• 分割払いの方法はいろいろ。 なかでも金利が安い 「銀行の自動車ローン」がおすすめ• 銀行のローン以外では「ディーラーローン」「信販会社」「損害保険会社」などがある 中古車を買うときにあらかじめ考えておきたいのが支払い方法です。 「現金一括払い」ができれば一番良いですが、 貯金がない状態では車を購入するのは不可能です。 そこで、次に考えるのが「分割払い」という方法です。 中古車購入の分割払いと一口に言ってもさまざまな方法があります。 そのなかからもっとも得をする 最適な自動車ローンを選べば、返済期間中の月々の支払いを抑えることができます。 この記事では、どの方法がいちばんお得に中古車購入できるのか、あなたにぴったりな方法がどれかお伝えします。 中古車購入の分割払いについて、さまざまな角度から紹介・分析し解説していくので、ぜひあなたの中古車購入にお役立てください。 この記事の目次• 新車だけじゃない!中古車も分割払いが利用可能 クルマの分割払いというと「新車だけ」と思っている人も少なくないでしょう。 しかし、じつは 中古車購入でも分割払いは可能なのです。 あまりイメージにないかもしれませんが、中古車購入でのローンは、銀行が貸し付けてくれるものや中古車販売店独自のローンなどがあります。 そして、その金利は非常に低いものから高いものまで多種多様です。 むしろ、いろんな方法がありすぎてなにが自分のライフスタイルに合っているのか、 どんな方法がいちばんお得なのかわからなくなっているのが現実かもしれません。 具体的な選択肢や判断基準はこのあと解説していきますが、まず前提として「クレジットカードでの分割購入は避けるべき」ということを知っておくべきでしょう。 しかし実際のところ、中古車販売店の多くはクレジットカード未対応ですし、そもそも ほかの自動車ローンに比べて金利が非常に高くなってしまいます。 金利の面から考えてもクレジットカードは中古車の支払い方法としては選ぶべきではありません。 より具体的な注意点が知りたい方は以下の記事も参考にしてみてください。 では、次からはそのほかにどんな分割払いがあるのか、もっともお得なローンはどれかを解説していきます。 さらに、「お得な分割払い」を実現するため必要な条件や手順はどのようなものか、詳しくみていきます。 中古車を分割払いで購入するときの候補先と選び方 「中古車の分割購入」といってもさまざまな方法があります。 当然、金利などの条件や審査の厳しさも異なります。 これから、具体的にどのような方法があるのかを紹介してきます。 基本的に上から筆者のおすすめ順で紹介していきます。 おすすめ順に並べると、次の通りになります。 なお、金利が低いローンからおすすめしていますが、基本的に 金利が低くなればなるほど審査も厳しくなることを頭においてください。 中古車ローンの金利比較についてはこちらの記事を参照ください。 (1)金利がいちばん低い!分割払いなら「銀行の自動車ローン」が絶対におすすめ 中古車購入で分割払いを選択するなら「銀行の自動車ローン」がもっともおすすめです。 銀行ごとに多少の差はあるものの、 実質年率が1%~3%台のものがほとんどという金利の低さが理由です。 原則として、中古車を分割払いで購入するには銀行の自動車ローンを選ぶべきだといえます。 ただし、低金利であるだけに 審査が厳しく、審査期間も数週間におよぶ場合がある点には注意が必要です。 銀行の厳しい審査基準をクリアするための準備や具体的な対策はこの記事中ごろで詳しく解説します。 2%~5%台と銀行と遜色ない低金利ですが、申請条件が厳しいのがこの自動車ローンの特徴です。 たとえば労金の自動車ローン「中央ろうきんカーライフローン」を申し込むには、以下のいずれかの条件が必要になります。 「中央ろうきん友の会」への入会は無料ですが、個人会員になる場合は出資金として最低1,000円はかかります。 各信用金庫の自動車ローンは、あなたが住んでいる場所が信用金庫の営業エリア内なら審査を受けることができます。 (3)金利が高めだが審査は通りやすい「ディーラーローン」 銀行や信金、労金の借り入れが難しい場合、次の候補は自動車ディーラーが貸し付けを行うディーラーローンです。 ディーラーローンは銀行や信金、労金の自動車ローンよりも 金利が高めですが、その分審査基準が低い傾向があるという特徴があります。 借入時20歳以上で返済完了時点で70歳以下、かつ年収が150万円以上であれば、パートでもアルバイトでも基本的には審査に通ります。 また、審査時間も30分~1時間で完了という場合もあります。 ただ、審査基準が緩いだけに、金利は高めに設定されています。 各ディーラーによってまちまちですが 4~10%程度の金利が多いです。 一例を挙げると東京トヨペットのディーラーローンの金利は8%に設定されています。 ディーラーローンを申し込むにあたって注意しておきたいのが「クルマの所有権」です。 ディーラーローンで購入した中古車は、ローンを完済するまでその所有権はディーラーか信販会社にあります。 所有権がなければ買い換えることはできませんし、自分好みにカスタムすることもNGになります。 (4)これで落ちたら諦めよう!最後の砦は「自社ローン」 ここまでに紹介した(1)~(3)いずれの審査にも落ちてしまった場合でも、まだ手はあります。 それは「自社ローン」です。 自社ローンとは販売店が独自の基準で審査して貸し付けを行うローン形態です。 販売店が独自で審査を行うため審査基準が極めて低いのが特徴で、金融事故歴がある人でも審査に通りやすくなっています。 注目すべきは自社ローンの金利は0%だということです。 これだけ聞くと、一番良い方法のように思えると思いますが、じつは法律上のからくりがあることに注意が必要です。 お客さんから金利を取るには貸金業の登録が必要になります。 貸金業として登録するには純資産5,000万円以上や一定年数以上の実務経験が必要など非常にハードルが高い条件が課されています。 そこで、 金利を0%にした上で、保証料を取るという方式を取っているのです。 各販売店によって差がありますが、 保証料はおおむね他の金融機関の金利よりも高額です。 また、保証会社が間に入っている場合はさらに高額になってしまいます。 保証会社大手「」社の場合、購入価格の年利10. 5%~を保証料として請求しています。 さらにデメリットとして高額の保証料にくわえて保証人をつけなければなりません。 どの販売店が自社ローンを扱っているかは、インターネットで「中古車 自社ローン 東京」などのキーワードを用いて検索すれば探すことができます。 しかし上記の理由もあり、筆者としては ほかに手段がない場合以外、自社ローンはおすすめできません。 ここまで低金利でおすすめの銀行の自動車ローンから自社ローンまでさまざまな自動車ローンを見てきました。 いずれのローンを組むにしても、安定した収入が求められることに変わりがありません。 また、ローンを組む前に毎月無理なく返済できる額かを考慮することも重要です。 ・延滞発生時(3ヶ月以上の延滞で記載) =最長5年間 ・強制解約時(延滞が続いた場合の業者側からの強制解約) =最長5年間 ・任意整理時(裁判所を通さない借金の減免) =最長5年間 ・事故破産時(裁判所を通した借金の全額免除) =最長10年間 上記の事故を起こしたことがある人は クリアになるタイミングを待って自動車ローンの申請をしましょう。 信用情報を確認する方法 次に、自分に事故情報が記載されているかどうかを知る方法をお教えします。 銀行の信用情報は、「全国銀行個人信用情報センター」という機関が一括して管理しています。 ここに本人開示請求をすることで自分の信用情報を知ることができます。 手順は以下の通りです。 「全国銀行個人信用情報センター」のにアクセス ページ上の登録情報開示申込書をダウンロードしプリントアウトのうえ必要事項を記入 1,000円分の定額小為替証書を郵便局で購入 2と3に加えて本人確認書類を同封して「全国銀行個人信用情報センター」宛に郵送 上記の方法で、自分の事故情報が記載されているかどうかを知ることができます。 身に覚えがある人は、銀行へローンの申し込みをする前に問い合わせて確認しておきましょう。 現職の勤務期間は最低でも1年以上 現職の勤務期間は最低でも1年を超えてから申し込みましょう。 勤続年数は長ければ長いほうが良いですが、理想的には 「3年以上、最低でも1年以上」勤務してから自動車ローンの申請をすることをおすすめします。 銀行が個人へ貸し付ける際、なによりも重視するのが返済能力の有無であり、返済能力を示すには安定した収入があることを証明することが一番です。 そのため長期間同じ会社で勤務している人はそれだけで銀行からは信用されやすいのです。 他のカードローンなどの借金をゼロにして、解約しておく 銀行自動車ローンを申し込む際、カードローンなど他社からの借金はゼロにしておくことが重要です。 さらに、 必要のないものであれば解約することがベストです。 カードローンなどの借り入れ情報や返済情報は先にも挙げた「全国銀行個人信用情報センター」などの信用情報機関で一定年数保管されます。 他社からの借入金額が多いと、それだけで銀行側から不安視されてしまいます。 また、この機関では先に挙げた事故ほどではない1週間単位の返済遅れも記載され、保存されています。 この情報は解約後、5年間保存されます。 ここで気をつけたいのは あくまで「解約後」であり、「完済後」ではないということです。 契約が続く限り銀行は返済状況まで詳しく調査できますので、過去に返済遅れを繰り返している場合はそのことも考慮にいれましょう。 同時期に複数の自動車ローンに申し込まない 同時期に複数の銀行の自動車ローンには申し込まないようにしましょう。 ローン審査に通るかどうか不安な気持ちはわかりますが、やめたほうが良いでしょう。 なぜなら、先述した「全国銀行個人信用情報センター」を通せば ほかの銀行であろうとローンの申し込み履歴はすべて把握できてしまうからです。 銀行の担当者から見れば、同時期に複数の自動車ローンに申し込むということは返済能力に不安を抱くことはあってもその逆はあり得ません。 要は 印象が悪いというわけです。 できれば1つの銀行のカーローンに絞っての申請をおすすめします。 希望融資額を小さくおさめる 希望融資金額を小さく収めるのも有効な手段です。 銀行の融資は一般的に融資額が大きければ大きいほど、審査は厳しくなります。 逆に言えば 借入金額が少なければ、その分審査基準は低くなる傾向があるわけです。 そのため、銀行のカーローンの審査に合格するためには、 できるだけ多くの頭金を払って少しでも借り入れ金額を少なくするのがポイントです。 手元の資金を増やすという意味では手放す予定の現車をいかに高く売却するかもよく検討することをおすすめします。 「」なら 45秒であなたの愛車の 価格をチェック! 相場を調べて、高額売却をかなえよう ここまで見てきて、自動車ローンは種類も金利もかなりの幅があるということが分かったと思います。 次に「金利と支払い総額の関係」に注目して解説を進めていきます。 分割払いを行うときの、金利と支払い総額のシミュレーション 金利が低いか高いかによって、月々の返済金額はもちろん支払い総額も大きく変わってしまいます。 ここでは 100万円を24回払いで借りた際に金利が3%、8%、15%だった場合の、それぞれ月々に支払う金額と支払い総額をシミュレーションしてみたいと思います。 結果は以下になります。 この結果からも、たとえ審査が厳しくとも まずはじめは低金利の自動車ローンを選ぶべきだといえます。 低金利の自動車ローンについてはこちらの記事で詳しく解説しています。 あわせてご覧ください。 まとめ ここまでさまざまな種類の自動車ローンを紹介してきました。 また、それぞれの自動車ローンのメリット・デメリットについても詳しく解説してきました。 解説を通して ローンの形態によって金利に大きな差があることが分かっていただけたと思います。 最後にここまでの内容をざっくりとまとめますので、読み逃しがないか振り返ってみてください。

次の

車のローンで金利がお得なのはどっち?ディーラーと銀行を比較して解説

中古車 ローン 金利 相場

中古車のローンを組むときのポイント まず、ローンを組むときの大前提として、「月々の支払いが生活を圧迫しない金額にする」、 「自分が乗る期間で払い終えるようにする」、という2大ポイントがあります。 月々の支払いが少ない方が生活を圧迫せず、支払っていく方としては楽なのですが、 その分、金利利息も長い期間支払うことになるので、ローンの支払総額は高くなります。 月々に「ここまでだったら負担できる」という金額をまずは明確にしておきましょう。 次に、その車に何年間乗りたいか、大きい修理などの出費はないか考えてみてください。 車検を何回通過できそうか、としてもいいでしょう。 車検のたびに本体価格よりも高額な出費があるようだと、 修理して乗り続けることの経済的メリットはありません。 大きな修理なく乗ることのできる期間のうちに、支払いを終えることが理想です。 中古車の場合は、状態によってまちまちであるものの、一回車検を通過して、次の車検を通過して、 その次の車検で手放すという4年間プランが現実的でしょう。 また、4年間乗るからと言って4年間のローン(48回払い)を組むのではなく、 3年間のローン(36回払い)で、遅くとも3年程度で支払いを終えておくと、 万が一最後の年に修理代が多少かさんでも金銭的に対応できます。 なるべく損をしないローン回数の設定の考え方とは? ローンの支払い回数が長くなればなるほど、金利利息がかさばり、総支払額が高くなります。 できることなら、ローンの期間を短く設定して、ローンを利用することが得策と言えるでしょう。 そのためには、自分の毎月支払える金額をあらかじめ設定しておいて、 その金額に合った車体価格の中古車を選ぶことがポイントです。 毎月支払える金額と、支払う期間を、前もってシミュレーションしておき、 無理のない価格の中古車を選ぶことが大切です。 また、非常に状態の良い中古車であれば、より長い期間利用できる車であるとも言えます。 状態の良い中古車を購入し、長い期間利用するのであれば、毎月の支払金額を少なめに設定して、 ローンの回数を多めに設定するのも良いでしょう。 金利利息を少なくすることを考えるのであれば、 ローン回数を少なくする設定の方が損をしないと言えますし、 無理のないローン返済を考えるのであれば、 ローン回数を多くする設定の方が支払いに余裕がでるので、安心ということも言えます。 このように、ローンの回数は、場合によってどちらもメリットになる事があります。 ローン回数設定については、何を求めるかによって変わってきますので、 中古車を保有する際のシミュレーションをしっかりと立てておき、 希望に合ったローンがあるかどうかを相談することが大切と言えるでしょう。 他のカテゴリから記事を探す• メーカーから記事を探す• 関連情報から記事を探す•

次の