花の慶次蓮。 P花の慶次~蓮

花の慶次 蓮で勝つために気にするポイントや基本スペックなど

花の慶次蓮

花の慶次シリーズ登場キャラクターで最も長寿なのは誰だ? 2020年初頭に登場するパチンコの中でも注目度の高い「P花の慶次~蓮」。 約2年ぶりの完全新作としてシリーズ初の慶次専用天槍枠とともに登場します。 今回は、そんな花の慶次シリーズをもっと楽しむ小ネタとして、本作に登場する主要キャラクターの生涯、取り分け戦国の世を生き抜いた年齢を調査しました。 生誕時期と没時期が明らかになっている人物でランキング化 花の慶次はご存知の通り、隆慶一郎著「一夢庵風流記」を原作とした創作のため、実在しなかった人物、原作にも登場しなかった人物がキャラクターとして登場します。 そのため、花の慶次に登場し、歴史に名を馳せ、没時期まで歴史に残っている主要人物のみ調査対象としました。 真田幸村・後藤又兵衛はもちろんランク外 織田信長は享年47歳、その信長を討った明智光秀は享年54歳。 戦国時代は「人間五十年」と言われ、江戸時代も平均寿命は30~40歳といわれています。 1615年の大坂の陣で豊臣方の武将として活躍し、そして討死した武将、真田幸村はおよそ48歳、後藤又兵衛はおよそ55歳でした。 ここからおよそ60年以上を生きた人物をカウントダウン形式で紹介していきましょう。 10位 直江兼続 60歳 (1560~1620) 「P花の慶次〜蓮」より もののふ四武将として活躍する直江兼続は、関ヶ原の戦いで西軍に従き敗れたものの、家康から赦され、前田慶次と共に米沢藩で江戸時代を過ごしました。 藩政の整備に活躍しましたが、徳川秀忠が将軍の時代に、主君の上杉景勝よりも早く亡くなっています。 本能寺の変はおよそ45歳の時で、それからわずか9年経つおよそ54歳で天下統一。 この物語で登場する秀吉は、天下統一から病死するまでの約6〜7年の姿です。 慶次の養父である前田利久が没したのが1587年と伝えられるため、「焔」でリーチにもなった水風呂事件は50歳前後のことだと思われます。 7位 上杉景勝 67歳 (1556〜1623) 「P花の慶次〜蓮」より 前田慶次や直江兼続の主君であり、江戸時代を米沢藩主として上杉家を支え続けた。 佐渡を攻め、本間氏を征伐したのが1589年、なんと景勝がおよそ33歳の頃です。 上杉謙信の家督争い(御館の乱)は24歳〜26歳の頃の話です。 花の慶次では貫禄ある姿で描かれていますね。 6位 伊達政宗 68歳 (1567〜1636) 「P花の慶次〜蓮」より 真田幸村と同じく、登場人物の中ではかなり若い伊達政宗は、徳川家光の時代まで生きました。 白装束で遅参した小田原合戦はおよそ23歳、伊達家17代当主になったのはわずか18歳の頃です。 5位 千利休 69歳 (1522〜1591) 「P花の慶次〜蓮」より 「あれは茶人というよりいくさ人」と前田慶次が表した茶人千利休は、ご存知の通り秀吉に切腹させられ生涯を閉じました。 4位 おまつ 70歳 (1547〜1617) 「P花の慶次〜蓮」より 前田利家のいとこにあたり、11歳で嫁いだおまつ。 利家が病死すると出家し、家康から前田家を守るために自ら人質になるなど、波乱の人生を歩んでいます。 スピンオフ作の「義風堂々!! 」では語り部として登場。 この時代としては長寿だったのは間違いなさそうです。 ちなみに、実父の滝川益氏はなんと100歳以上生きたといわれており、長寿の家系だったのかもしれません。 2位 徳川家康 73歳 (1543〜1616) 「CR真・花の慶次」より 戦国時代で長寿といえば徳川家康ですね。 関ヶ原の戦いは57歳の頃で、大坂夏の陣は72歳。 家康が長寿だったことが今の歴史につながっていると言えます。 健康オタクとしても有名で、薬作りも趣味にしていたようです。 1位 奥村助右衛門 84歳 (1541〜1624) 「P花の慶次〜蓮」より 生涯を前田家に捧げた奥村助右衛門は、「花の慶次」の主要登場人物の中では断トツで、現在の日本人男性の平均寿命よりも長く生きました。 物語の終盤には登場しませんが、利家没後も後継の前田利長や利常を支え、1611年に隠居しています。 「花の慶次」に関する小ネタをお届けしましたがいかがでしたか?すでにパチンコ花の慶次シリーズの歴史はおよそ14年を数え、今では米沢で毎年、前田慶次供養祭が執り行われ、慶次ファンが訪れ参詣するようになりました。 原作はもとよりパチンコを通じて歴史上の人物の知名度上昇やその地域が盛り上がるのは珍しい事例ですね。 そんな、戦国パチンコの中でもファンが多い花の慶次シリーズを、これからも飽きることなく楽しむために、戦国時代を勉強するのも良いものです。 予めご了承ください。

次の

P花の慶次

花の慶次蓮

そのため出玉を毎回キッチリと同じ数獲る事は難しく、実質出玉に関しては約を付けています。 もう少し多いと思いますが、バラツキで悪い方を喰らうとこれぐらいの出玉。 賞球に関してはヘソが3個、普通入賞口が3&4個。 アタッカーが15個で、その他は全て1個戻しです。 もしかしたら普通入賞口は全て4個かも知れませんが、多分3個もあります。 花の慶次 蓮のボーダー 花の慶次 蓮のボーダーは等価で20個。 出玉が少々削れるのがデフォルトなので、21個を基準とした方が良いでしょう。 6円なら23個、3. 0円なら24個ぐらいあれば勝負になる回転数と言えます。 ヘソ戻しが3個でこのボーダーですから、特に甘い部類の機種ではありません。 計算の仕方を変えて、勝つことを前提とせずに遊ぶことを前提とするなら、ボーダーはここから1~1. 5個下げても問題ないでしょう。 時速どれぐらいの出玉? 花の慶次 蓮は出玉時速にかなりのブレがある機種です。 当たりまでに要する時間もかなりブレますし、10ラウンド以外に偏ると出玉は全然増えません。 速い時は時速1万5千~2万発もありますが、悪い方に振れると時速7~8千発程度になることも。 確変状態の終了までに時間が掛かりやすいので、閉店時間には気を配るようにしましょう。 設定はあるの? 花の慶次 蓮はP機ですが設定は非搭載です。 なので、設定を意識する必要はなく、従来機と同じく釘、回転率に注目して台を選べば問題ありません。 花の慶次 蓮 釘のポイント 花の慶次 蓮はかなり釘の本数が少ない機種。 これも時代の流れなので仕方ないですが、個人的にはなんだかな~と思います。 さておき、釘の本数が少ないゆえに、それぞれが持つ重要性は高いです。 左側の釘ポイント まずヘソ周りですが、こちらはパッと見で広いと思うぐらいのサイズは必要。 サイズもさることながら、ヘソを下げられるとガクッと入賞率が下がるタイプなので、横からの確認もした方が良いと思います。 ヨリに関しては途中まではプラスチック、風車上のこぼしポイントで大きくマイナスにされていないかどうかはチェックしましょう。 道釘は前半の半分がプラ板です。 プラ板の割には玉の勢いが死ににくい感じはしますが、それでも釘よりは勢いが死ぬので、風車のマイナスはかなり大きく響きます。 また、普通入賞口の釘がマイナスだと回転率が思うほど上がらないので、最悪でも無調整かどうかは確認してください。 右側の釘ポイント 正直左の釘に関してはヘソのサイズと上げ下げに注目すれば基本的には問題ないと思います。 花の慶次 蓮においては、右側の釘をしっかりとチェックしておかないと、知らない間に出玉が削れていることに。 以下、下手くそな図で示しますが、赤矢印がマイナス調整の釘です。 緑の線が理想的な玉の軌道、赤い線がアウトな玉の軌道になります。 まずは右上のポイント もしかすると釘の本数と形状が若干違うかもしれませんが、ポイントとしては一緒なので問題ありません。 右側の2本の釘を矢印方向に叩くと、単純にスキマが広くなり玉がアウト穴に向かいやすくなってしまいます。 また左の2本釘の上側を矢印方向に調整すると、玉がアウト穴の方向に跳ねやすくなり、こちらもムダ玉を生む要因です。 さらに大当たり時の出玉にも影響します。 特にRUB中に関してはここを抜ける玉が増えると拾いが少なくなり、結果的に出玉が少なくなるので非常に大切です。 どちらも無調整であれば問題ありませんが、無調整でも十数発に一発ぐらいの割合で玉がアウト穴に向かって死に玉になるので、可能なら矢印と逆のプラスが望ましいと言えます。 次いで右下のポケット部分。 この部分は特に下の2本の釘のマイナス調整に気を付けてください。 上の2本も広げられると玉が暴れやすくなり問題ですが、下の2本を閉められるのは致命傷になりかねません。 どちらも十数発に一発程度で死に玉になるだけなので、機種によっては問題にならないのですが、花の慶次 蓮においては相当に重要です。 理由として 花の慶次 蓮は右打ち滞在率がかなり高いことにあります。 確変中は当たり確率も転落確率も低いです。 そのため右打ちで打ち出す玉の総数がかなり多くなります。 無調整の台で打つ場合、打ちっ放しだと1回転あたり平均で0. 2個ぐらいの玉減りが発生すると思うので、確率通りに確変中の当たりが発生しても26個前後は玉が減る事に。 これがマイナス調整だと、連荘するほどに、確変中にハマればハマるほどに出玉がどんどん削れていくことになります。 当たりまでに平均で30個減り、10連すれば300個。 1200円ほど知らない間に持って行かれるのは決して良い気分はしないでしょう。 特に右上の釘は槍の飾りが邪魔で見にくいですが、出来る限りこの2ヵ所の釘はチェックするように心がけてください。 花の慶次 蓮 技術介入ポイント 花の慶次 蓮の技術介入ポイントとして、通常時は特にありません。 ストロークに関してもそれほど回転率に影響を与える打ち方は今のところ見つけられていませんので、普通に打てば問題ないでしょう。 ステージのデキにそこそこの差があるので、ステージが良い台を打つ場合は必ずステージ止めは行ってください。 右打ち時も特別な技術介入ポイントはありません。 花の慶次 蓮も最近の他の機種同様、ムダ打ちを排除して玉を節約することで他との差を付けましょう。 右打ち中は出来るだけ打ち出しを少なくしたいので(理由は釘のポイント部分で解説)、電チュー保留が減った分だけ打ち出して埋めるようにしてください。 確変中のハマリが200回転を超えると消化速度が速くなるので、そこからは打ちっ放しにした方が良いと思いますが、玉減りが多くなるリスクは高くなります。 捻り打ち 花の慶次 蓮のアタッカーは反応速度がそれほど速くないですし、比較的奥にセンサーがあります。 が、捻り打ちに大切な玉を引っかける部分が無い(有るっちゃ有りますけど)ので、捻り打ちは結構難しいでしょう。 戻しが15個なので、出来るだけオーバー入賞を狙いたいところですが、下手に捻ると時間効率も悪くなり、左に玉を飛ばしてムダ玉も作ってしまいがちになるので、自分の力量と相談してください。 捻り打ちが上手い人は出来ると思いますので、積極的に狙ってください。 大当たり中の打ち方 RUB以外はラウンド間の止め打ちをした方が良いと思いますが、打ちっ放しとの差は10ラウンドで2~3発程度なので、メンドクサイ人は打ちっ放しで問題ありません。 とは言え、先述の釘ポイントがマイナス調整ならムダ玉はもう少し増えるので、その場合は止めた方が無難です。 RUBに関しても、基本的には打ちっ放しで良いでしょう。 細かく止めたい場合はラウンド継続演出中は止め、継続して画面に出玉数が表示されるタイミングで打ち出せば丁度良いと思います。 この辺りは打ちながら適宜調整してください。 ただ、上手くやらないと拾いを少なくする要因になるので、無理に止める必要はありません。 まとめ 花の慶次 蓮はスペック面で見れば甘くないです。 ですが、これからを考えていたり、もともと慶次シリーズが強いホールでは看板機種として大事に育てる可能性は十分にあります。 慶次~漆黒~も2021年には撤去対象なので、あまり無下に花の慶次 蓮を扱うホールは少ないでしょう。 こうした店側の思惑を考えれば 花の慶次 蓮は十分に付け入る隙が生まれる可能性がある台なので、今はそれほど良くなくても状況を逐一チェックしておいて損はナシです。 少しでも 花の慶次 蓮で勝てるように、節約打ちをしっかりと行って他人と差を付けましょう。 もっと他に勝ちやすい機種はないのか? というアナタは、以下のページを参考にしてください。

次の

花の慶次 蓮で勝つために気にするポイントや基本スペックなど

花の慶次蓮

ニューギンから待望の新基準機初の慶次シリーズが登場! 今作は慶次専用枠でドデカイ槍がついての登場。 しかし素材は強化プラスチックで作成されており、筐体自体の重さはサンセイや京楽の比ではないくらい軽めとなっている。 ホール関係者としてその点だけは褒めてあげたいが、そもそもド派手で邪魔な枠など誰も求めてないことに気づいてね、メーカーさん…。 そのため確変に突入しても次回の当りが保証されるわけではないため注意。 ヘソ入賞時は50%で確変突入。 通常でも時短中に引き戻すことが出来れば確変突入となるぞ。 (引き戻し率約26%) 確変継続率は約82%となっており、確変当りの70%は1500発当りの為ラウンドと連チャンが噛み合った時の破壊力は新基準機でもトップクラスだ! 慶次蓮ボーダーライン 交換率 交換玉 表記出玉 出玉5%減 2. 50円 40玉 24. 7 26. 0 3. 03円 33玉 22. 7 23. 9 3. 33円 30玉 21. 9 23. 0 3. 57円 28玉 21. 3 22. 4 等価 25玉 20. 3 21. 4 ボーダーラインは高めであり、トータルのスペックでは多少辛めの機械となる。 さらに大型版権のため新装週はホールも甘めに使ってくると予想される。 しかし、ツボにはまったときの一撃性はかなり高いので大爆裂を食らった小規模ホールは必要以上に閉めてくる恐れもあり? 右打ち中 花の慶次~蓮では右打ち中の電チュー入賞時賞球は1個である。 また電チューに入らなかった玉はポケットに入賞しやすくなっているため、大きく釘曲げしない限りはそこまで酷い玉減りはしないゲージとなっている。

次の