命の母 飲み合わせ。 エクオールサプリどっちを選ぶ!?大塚製薬のエクエルと小林製薬の命の母を徹底比較

どっちも気になる!命の母ホワイトとピル、徹底比較

命の母 飲み合わせ

市販薬で治療 つらくて我慢できない更年期の症状。 なるべく薬は使いたくないと思いつつも、この辛さが軽くなるのなら…と、つい薬に頼ってしまいがちですよね。 こちらでは、更年期症状を改善する市販の医薬品・命の母の効果と副作用について説明します。 更年期の薬として100年以上も前から飲まれている命の母 CMなどでおなじみの命の母は100年以上も前の1903年(明治36年)に、 すべての女性を健康にしたいという想いで創られた薬で、当時は生薬をお湯で煮出して飲む煎じ薬でした。 明治から大正にかけての日本女性は、大家族のなかで家事労働に明け暮れるという過酷な生活を送っていましたが、体調が悪くても休む暇もないなか、女性のための薬として多くの女性に愛用されていたそうです。 現代の命の母は赤いパッケージの命の母Aと青いパッケージの命の母ホワイトがあり、命の母Aは40~50代女性の更年期の諸症状を改善し、命の母ホワイトは20~40代女性の生理の諸症状を改善します。 命の母の効果と副作用 漢方医学では、健康をつかさどる気、血、水のバランスが乱れることで更年期の不調が現れると考えます。 命の母Aは、気、血、水のバランスを整えて 更年期の症状に効果のある13種類の和漢生薬と11種類のビタミンがバランスよく配合された複合薬で、更年期特有の冷え・のぼせ・だるい肩こりなどを治していきます。 辛い更年期障害の症状を改善してくれる命の母Aですが、 医薬品のため副作用がある場合もあります。 体質なども影響しますし、全ての方に副作用が現れるわけではありませんが、製薬会社によって報告されている副作用としては、発疹・かゆみなど 皮膚の症状、食欲不振、嘔吐、下痢、便秘などがあります。 また、命の母を服用し始めてから太ってしまい、服用を中止したら元の体重に戻ったという方もいますが、更年期障害の症状として体重増加が現れる事もあるので、これは更年期障害の影響かもしれません。 もし、肥満などの症状が現れた場合は製薬会社に問い合わせてみることをおすすめします。 他にも何か薬を服用中の場合は、飲み合わせなどで影響が出る場合もあるので、医師や薬剤師に相談してから服用するようにしましょう。 安心して摂取でき より効果が得られるサプリメント 医薬品は体質によっては副作用を引き起こす事があり、効果が強いために長期的に飲み続けると体への負担が大きくなる可能性が高いですが、サプリは健康食品のため 長期的に摂取しても安全で、より効果を発揮できます。 最近では 更年期の症状に効果的なサプリメントも沢山販売されていますので、更年期の症状改善のためにサプリも上手に取り入れてみてくださいね。

次の

【第2類医薬品】辛い更年期症状に!小林製薬 命の母Aについて解説

命の母 飲み合わせ

小林製薬のエクオール「 命の母」 大豆イソフラボンは更年期障害で悩んでいる女性に人気のサプリメントです。 歳を重ねると体質が変わり、色々な不具合がでてきます。 特に女性は、40代~50代にかけてホルモンバランスが崩れやすくなります。 ホルモンバランスが崩れていしまうと、更年期障害になってしまう可能性がでてきます。 更年期障害の症状といえば、 普段の生活で何気ないことでもイライラしてしまう、疲れやすい、動悸がする、ぐっすりと眠ることができない、寝ていても何度も目が覚める、体のほてり、汗がでやすい、腰痛、などです。 このような更年期障害の症状がでてきた場合、少しでも軽減するためにもエクオール成分を摂取することが重要となってきます。 簡単にエクオール成分を摂取できるということで、小林製薬のエクオール「 命の母」 大豆イソフラボンが人気になっています。 さて、この小林製薬のエクオール「 命の母」 大豆イソフラボンのサプリメントを飲む場合、効果的な飲み方について見ていきたいと思います。 小林製薬「命の母エクオール」の効果的な飲み方とは? 小林製薬「 命の母エクオール」サプリメントについてですが、1日1粒が目安で飲まれていると思います。 毎日継続して飲む事も大切です。 効果的な飲み方は、食後にぬるま湯で飲むことです。 ちなにみ飲む時間は、私の場合は夕食後に飲んでいます。 人間の体って夜10時から成長ホルモンの分泌が活発になります。 という理由から、夕食後に飲む方が効果的です。 エクオールのサプリメントだけではなく、腸内環境を整える為にも、納豆、大豆、ごぼう、などを食べる事もオススメします。 規則正しい食事と腸内環境を整える食べ物、それにエクオールのサプリメントを摂取すると、効果を実感できると思います。 もし色々と気になるようでしたら、小林製薬のサポートにお電話してみると色々と教えて頂けますよ。 色々と具体的な内容まで教え頂いて、ありがとうございます。 私の場合は何も気にせずに飲んでいました。 すごく参考になりました。 いかがでしたでようか?ただ エクオールのサプリメントを飲むのではなく、 効果的な 飲み方があるということが分かったと思います。 規則正しい食生活と腸内環境を整える食べ物、それに小林製薬「命の母エクオール」サプリメントを摂取することによって、より早く効果を実感できるはずです。 何か疑問点などあった場合は、小林製薬のサポートに電話すると色々と教えてくれるのもありがたいです。 小林製薬のエクオールは家の近くにあるようなドラッグストアや薬局では市販されていません。 どこで購入できるかについて詳しく説明していませうので、ご参考ください。

次の

【知らないと損】小林製薬「命の母エクオール」の効果的な飲み方

命の母 飲み合わせ

代表的なもので、婦人科疾患に用いられる漢方薬4つ• 加味逍遙散(かみしょうようさん)• 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)• 「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)• 桃核承気湯(とうかくじょうきとう) この4つの名前の漢方薬と併用は、メーカー側からもおすすめしていません。 様々なメーカーからこれらの漢方薬は販売されていますので気をつけて下さいね。 他にも、プレフェミンと効能効果が重複してしまう漢方薬とは併用しないようにして下さい。 例えば、小林製薬の「命の母」、武田製薬の「ルビーナめぐり」、ツムラの「ラムールQ」などの商品がそれに当たります。 上記の女性ホルモンに作用する薬以外の薬とは、併用してもらっても大丈夫です。 ロキソニンなどの痛み止めや、バファリンなどの風邪薬の成分とは問題なく併用できますので、プレフェミン服用期間中に風邪をひいた、痛み止めを飲みたいなどの場合は安心して服用して下さい。 医療機関でもらう薬で注意が必要な薬 医療機関でもらう薬で注意が必要な薬として、婦人科で治療に使用されているピルがあります。 ピルはプレフェミンとの併用でピルの作用減弱が報告されています。 また、プレフェミンの有効成分であるチェストベリーは、ドーパミンという脳内物質に影響を与えると考えられています。 そのため、ドーパミンに作用する薬と併用する場合、薬の効果を減弱させたり強めたりする可能性があります。 ドーパミンに作用する薬として、精神病治療薬、パーキンソン病治療薬、などがあります。 臨床試験では、相互作用は報告されてないので、併用禁忌という絶対に併用してはいけない薬という分類には入っていませんが、これらの薬は作用機序的に影響がでることが考えられるので併用はしないこととなっています。 現在、精神病治療薬、パーキンソン病治療薬、を医療機関で処方されて服用している場合は、プレフェミンの服用は控えて下さい。 吐き気止めにもドーパミンに作用する薬があるので薬剤師に薬の作用機序を確認して下さい。

次の