破滅悪役令嬢 ネタバレ。 【はめふら】アニメ第1期完結!そして第2期決定!【乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…】

悪役令嬢カタリナのエンディングネタバレあらすじ感想!かわいいところも!【乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった】|Anitage+

破滅悪役令嬢 ネタバレ

アニメ乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまったの第10話あらすじや感想を紹介しています。 主人公カタリナ・クラエスにてまとめ情報は以下をご覧ください。 オープニング主題歌を歌うangela アンジェラ 「乙女のルートはひとつじゃない!」については詳しくは以下の通りです。 生徒会長シリウス・ディークの原作小説より、ネタバレについて別途書かせていただいております。 ソフィア・アスカルトについてのネタバレについても別途書かせていただいております。 メアリ・ハントについてはこちらに書かせていただいております。 断罪イベントの原作での展開に関しましては、とに書かせていただいております。 感想につきましては初見の方に執筆いただいております。 第10話「破滅の時が訪れてしまった…前編」あらすじ / 第10話「破滅の時が訪れてしまった... ざわめく食堂に混乱する脳内。 ついに「破滅フラグ」が!と慌てるカタリナ。 そこへジオルドたち生徒会メンバーが入ってくる。 証拠書類をジオルドたちに見せ、カタリナを責める令嬢たち。 その時、当事者であるマリアが口を開くのだった。 攻略に失敗すると友人全員が殺されてしまうという危険なルートです。 シリウスの正体についてもっと引っ張ると思っていましたが、あっちゃんの「すっごく大変なルートがあってね。 隠しキャラを攻略するんだけど、それは闇の魔力を持っている危険人物なんだよね。 攻略を失敗すると主人公と友人皆彼に殺されちゃうっていう酷いバットエンドなんだよー。 ちなみにその隠しキャラはねー、真っ赤な髪に灰色の瞳…」というネタバレを思い出したカタリナが「会長は闇の魔力を持っているんですか?それでマリアに何かしたんですか?」と思ったことを口に出してしまったことから事態は急変してしまいました。 結果シリウスによってカタリナが捉われてしまい後編に続くという内容です。 シリウスが流した涙の理由も気になりますね。 ハマっているゲームのシークレット部分をネタバレしてしまうあっちゃんも酷いですが、それが役に立つときがきたようです。 ただカタリナがそのことを思い出すのが遅すぎましたが…。 いつの間にシリウスルートに入ったのかも謎ですよね。 全キャラクターの好感度が良く円満な関係を築いたからだと思うのですが、本来そのシリウスルートに入るのはゲーム内の主人公のマリアのはずです。 ネタは明かされ、あとは物語の行く末を見守るという感じになってしまいました。 どうなるカタリナ?どうなるエンディングというところでしょうか。 断罪イベント発生 9話のCパートの続きで悪役令嬢たちからカタリナがマリアをイジメているという断罪イベントが発生しました。 といってもカタリナは身に覚えもなく、マリアとは良好な関係を築けています。 その後仲間たちの「 カタリナにそんな起用なイジメができるはずがない」という主張によって令嬢たちは退散してしまいます。 仲間たちは生徒会の呼び出しによって騒動に駆け付けるのが遅れてしまったとのことです。 マリアが行方不明に 騒動の後、カタリナは破滅フラグを乗り切ったという達成感に浸っていましたが、仲間たちと昼食を共にし、中庭を通りかかったところで、マリアが闇の魔力の気配に気づき、1人で行ってしまいました。 その結果、 マリアはシリウスに捕らわれてしまい、行方知れずとなってしまいます。 ジオルドの調査結果 先の断罪イベントについてジオルドが1人で調査を行い、その結果をカタリナに報告しました。 報告結果は以下の通りです。 証拠書類は別の誰かが作成した• 令嬢たちは誰から書類をもらったのか覚えていなかった• 何故あんなことをしてしまったかという理由も覚えていない• 闇の魔力によって操られていた• 目的はカタリナかもしれない シリウスルートへ 不吉な予感にカタリナは夜眠れず、学校にて体調を崩し、医務室で休むことにしました。 ジオルドに1人で行動しないようにと言われていましたが、少しの距離だからとカタリナは1人で教室へ戻ろうとしてしまいます。 移動中にマリアと仲良くなった中庭に至り、想いを馳せていると、シリウスが現れます。 彼の容姿にカタリナは前世の記憶を思い出し、シリウスに「会長は闇の魔力を持っているんですか?」と問いかけ、シリウスは最初はとぼけていましたが、カタリナの 「優しい」という発言に激怒し本性をみせます。 これまで演技していたことをカタリナに告白し、シリウスはカタリナを闇の魔力で意識を奪い去ってしまいます。 カタリナ農場第8回 今回のカタリナ農場は第8回は収穫されました野菜を使ってカタリナ役の内田真礼さんが、サラダとアヒージョを作るという内容でした。 ちゃっかり土おじさんがいるのも笑えましたが、CM要素はどこへと謎に思ってしまいました。 」にて公開されています。 第10話の感想は以上です。

次の

悪役令嬢 破滅フラグ 3巻 ネタバレ☆カタリナ絶体絶命!?

破滅悪役令嬢 ネタバレ

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった はめふら 11話のネタバレ それでは、はめふら11話のネタバレです。 朝、母親に無理やり起こされる。 鏡を見ながら、このくせ毛はどうにかならないか、と考える。 普段ならアンが上手に梳かしてくれるのに…。 ゲームのやりすぎで寝坊し、遅刻する。 学校では親友とゲームや漫画の話をする。 いつもと同じ日常のはずなのに、なぜかとても愛おしく感じる。 カタリナは眠り続けたまま、2日が過ぎた。 国のトップクラスの医師をもってしても、カタリナが眠っている原因はわからないままだった。 『すぐに起きるかもしれないし、ずっと眠ったままかもしれない。 』 医師の言葉に絶句し、メアリやソフィアは泣き崩れてしまう。 アンはせめてカタリナに水を飲ませようと、口に注いだ。 しかし、水は口からこぼれてしまう。 そんなカタリナを見て、アンは泣き崩れてしまう。 それぞれがカタリナとの思い出を思い出し、なぜ側にいなかったのかと悔やんだ。 もうカタリナを失いたくない。 そうソフィアが口に出したとき、どこからか「もう二度と失いたくない」と声が聞こえた。 どこから声が?と不思議に思い、ソフィアはおもむろに窓に近づく。 窓ガラスに一瞬写ったのは、自分ではない自分だった。 するとみんなが、嘆き続ける訳にいかない、とカタリナの部屋に集まった。 どうかカタリナ様を助けてください。 果たしてカタリナは無事に目覚めるのだろうか? 続きはdアニメストアでご確認ください。 はめふら11話の感想・考察 早く目覚めて、カタリナー! みんながカタリナとの出会いや思い出を思い出した場面で、うっかり号泣ですよ。 カタリナが愛されすぎていて、みんなの思いで涙が止まりませんでした。 やはりここでも鍵となったのは、ソフィアでしたね。 ソフィアは前世でもカタリナと親友だったので、カタリナを助ける鍵になったようです。 みんながカタリナに呼びかけ続けたのが、最終的にカタリナを救うことに繋がったんですが、あっちゃんの一言がなかったら、カタリナ自身のことを思い出すキッカケがなかったですからね。 あっちゃんだってカタリナ一緒にいたいと思ってたかもしれないけれど、2度も失うほうがもっと辛いですからね。 助けてくれたんでしょうね。 優しい…! そういえば、こんなタイミングでアラン王子はカタリナへの思いを自覚しましたね。 散々メアリがカタリナへの思いを自覚しないように妨害してましたが、思いも寄らないタイミングで、無駄になってしまいました。 これで正式にライバルが増えちゃいましたね。 このみんなの思い出回想シーンでなにがグッときたかって、それぞれカタリナへの思いの形が違うってことなんですよ。 カタリナとの出会いが違うから、みんなの気持ちが異なって成長していったんでしょうね。 メアリの一番最初は本当におどおどしていましたが、いつの間にか気持ちが逞しく成長していって…そこら辺の令嬢とは比べ物にならないくらい強くなった気がします。 今ではおどおどして、後ろに隠れていた姿なんて想像できないですね。 メアリの気持ちの大きさもなかなかですが、意外と秘めた熱い思いを持ってるのがニコルです。 叶わないと分かっていながらも、許される限り近くにいたいと思ってるニコルは、まるで乙女のようですね。 こんなニコルの思いに、これっぽっちも気づかないカタリナって凄すぎます…。 はめふらも残り1話で終了といったところでしょうか? 毎週楽しみにしていたので、アニメが終わってしまうのが寂しいです。 原作はこれ以降も続いてるので、ぜひ2期も期待したいですね。 まとめ はめふら11話の感想・考察をまとめました。 カタリナが2日も眠り続けて、目覚める様子がない• カタリナは前世の様子を夢に見てる• カタリナを目覚めさせる鍵はソフィア 闇の魔法でカタリナが眠り続けて二日目、というストーリーでした。 11話の最初が、急に現代だったので少し驚きましたね。 しかし、カタリナの愛され具合がすごすぎて、涙が止まりませんでした。 どうやって起きるんだ?って疑問に思ったんですが、鍵はソフィアでした。

次の

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった(はめふら)11話感想・考察!

破滅悪役令嬢 ネタバレ

ネタバレ Posted by ブクログ 2015年11月07日 頭を打った衝撃で前世の記憶を取り戻したカタリナ。 しかも、今、自分がいる世界は前世でプレイしていた乙女ゲームの世界。 その上、自分はそのゲームで主人公に意地悪する悪役令嬢。 このままでは自分には破滅フラグしか存在しない!それを防ぐため破滅フラグをへし折るよう行動を開始する。 けれど、その行動が周りを巻き込み 恋愛フラグを立てまくる結果に 笑 よくある設定だけど、笑った笑った。 キャラクターたちがみんな個性的。 主人公カタリナは土の魔力を持っているけれど、その力を高めるため畑を耕したり、ほっかむりしたりと、とても公爵令嬢とは思えないwwそんな彼女がその天然無自覚な人タラシの能力を発揮して周りの男性陣だけじゃなく女性たちまで魅了しまくる話 笑 まぁ若干好かれ過ぎな感じもするけれど。 次巻からは魔法学園での話になるのかな?乙女ゲームでの主人公とも出会うことになるだろうし、どういう展開になるのか予想がつかなくて楽しみ。 恋愛は進む・・・かなぁ?分からないな 笑• Posted by ブクログ 2020年01月13日 頭をぶつけて前世の記憶を取り戻したことで、乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生していたことに気づいたカタリナ・クラエス そんな彼女は、ゲームの結末で発生するであろう死亡または国外追放イベントを回避しようと悪戦苦闘するが、、、というラブコメもの とにかくカタリナが楽しい イベント回避のためカ タリナ・クラエス破滅エンド回避作戦会議(脳内)をしてみたり、破滅フラグ回避のために登場人物との関係を変えようと突っ走ってみたり、無自覚の人タラシでいろいろハプニングを起こしつつ本来あまり楽しくない人生を送る登場人物たちを楽しませる場の中心となっていく 本巻は、本来のゲームの場面である学園生活の前段階、前世の記憶を取り戻し破滅フラグを回避しようと決意してから学園入学前までで、メインとなる登場人物との出会いとその後の交流を描いている 小説の書き方として、カタリナパートと相手のパートを分けることで、同じ場面を両面から見せている点は、心情描写として面白い 以下再読のための備忘 ・カタリナ・クラエス破滅エンド回避作戦会議(脳内) ・鍵をかけてドアを斧でぶちやぶるカタリナ、、 ・王子ですら予測不可能なカタリナの行動、、、 ・無自覚の人タラシ• 購入済み まさかの逆ハー物でした。 れれ 2019年06月19日 作品の存在は知っていたのですが、絵が好みではなかったので今まで敬遠していました。 ……が、某アプリで無料掲載されていた漫画版を試しに読んでみると結構面白かったので、思いきって原作を買ってみました。 (どうしても漫画だとページ数の関係で端折られてしまう場面があって勿体ないので) 結論から言えば面 白かったのですが、まさか逆ハー展開(男女問わず)モノだったとは! 女性キャラまで無自覚にタラシこむ様子に「良いぞ、もっとやれ!」状態でした 笑。 でも、最終巻まで読みたいとは思わせてくれます。 漫画版で黒幕が明かされていたので、どうなったのか気になりますしね。 Posted by ブクログ 2020年06月28日 乙女ゲームで主人公の邪魔をする嫌なやつ、それがライバルキャラ。 乙女ゲームをプレイしていた高校生の主人公は事故に遭い、プレイしていたゲームの世界に転生してしまう。 しかも悪役のライバルキャラとして!ライバルキャラの末路は死ぬか追放されるかのバッドエンドしかなく、そんな運命は嫌だと主人公はバッドエンド回避 のために持てる知識を総動員して運命を変えるべく動く… 乙女ゲームものめり込むとこのゲームの中に入って推しのイケメンと実際にラブラブしたいなどと思ったりするものだが、それを追体験できるような小説。 結局のところ、ライバルキャラのはずが主人公として好感度が上がっていっているのだが、本人気づかないところがまた王道の「乙女ゲームの鈍い主人公」だ。 乙女ゲームのプレイ経験があってもなくても面白いが、あると「乙女ゲームあるある」もあってより面白いと思う• Posted by ブクログ 2016年10月09日 乙女ゲームの悪役令嬢に転生した主人公が死亡or放逐フラグを避けるべく鍛錬に精を出し、攻略対象の男子と良い関係を築こうとする話。 web小説っぽい構成だと思ったら、なろう系発だった。 主人公は愛された現代の女の子らしく分け隔てなく優しさと親愛をもって接するのだが、貴族社会で傷ついたりしていた攻略対象達にはそれが新鮮になり癒しになる。 どうにも主人公マンセー感は否めないが、主人公が気持ちの良い性格なのでそこまで気にならない。 そこそこ面白かった。

次の