えき ネット。 えきねっとで「学生割引」(学割)を適用して申込できますか。

JR東日本ダイナミックレールパック

えき ネット

【新型コロナウイルスの感染症対策について】 ご利用のお客様におかれましては、平素から新型コロナウイルスの感染拡大防止にご理解、ご協力を賜りましてありがとうございます。 JR西日本グループでは、駅係員及び乗務員のマスク着用等の対策のほか、列車内の換気や消毒等にも努めております。 引き続きご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。 具体的な取り組みについてはをご覧ください。 【列車の混雑状況、駅のご利用状況について】 主な線区・区間の列車の時間帯別の混雑状況および主な駅のご利用状況(京阪神エリア、岡山、広島)については、をご覧ください。 新幹線自由席の混雑状況については、山陽新幹線は、北陸新幹線はをご覧ください。 時差通勤等、ご乗車の際の参考としてご活用ください。 あなたの好きな風景・料理の写真をインスタグラムで大募集!応募写真は、富山駅・金沢駅・福井駅で展示!抽選で素敵なプレゼントも! 新たな長距離列車「WEST EXPRESS 銀河」の魅力を写真や動画でお知らせ。 「日本は美しい、そう思える旅がある。 」北陸新幹線、開業5周年キャンペーン開催中。 ちょこっと関西 歴史たび 大和三山を遠く望む悠久の地で、万葉びとの心にふれる。 九州への旅で「ココロとカラダに、あしたの元気をチャージ」しませんか。 TWILIGHT EXPRESS 瑞風(みずかぜ) 美しい日本をホテルが走る。 あたらしい色を、探しに行こう。 「せとうちパレットプロジェクト」 ICOCAポイントキャンペーン。 キャンペーンに参加してICOCAポイントを貯めよう! 「九州への旅におトクなきっぷをご紹介。 WEB限定ムービー「ユリと美加 in九州」も公開中! みんなをつないで結んでいくハローキティ新幹線。 JR西日本エリアのおすすめハイキングコースが満載。 大学生による瀬戸内エリアの魅力発見プログラム いい日本、いい自分の時間を発見していただく旅の提案 人気の観光列車とおすすめの観光コースをご案内します。 JR西日本イチオシのおトクなきっぷをご紹介。 京都も。 滋賀も。 どっちも、どっちからでも、旅しよう。 京都・滋賀の新しい楽しみ方をご提案します。

次の

えきねっとの領収書発行方法

えき ネット

【新型コロナウイルスの感染症対策について】 ご利用のお客様におかれましては、平素から新型コロナウイルスの感染拡大防止にご理解、ご協力を賜りましてありがとうございます。 JR西日本グループでは、駅係員及び乗務員のマスク着用等の対策のほか、列車内の換気や消毒等にも努めております。 引き続きご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。 具体的な取り組みについてはをご覧ください。 【列車の混雑状況、駅のご利用状況について】 主な線区・区間の列車の時間帯別の混雑状況および主な駅のご利用状況(京阪神エリア、岡山、広島)については、をご覧ください。 新幹線自由席の混雑状況については、山陽新幹線は、北陸新幹線はをご覧ください。 時差通勤等、ご乗車の際の参考としてご活用ください。 あなたの好きな風景・料理の写真をインスタグラムで大募集!応募写真は、富山駅・金沢駅・福井駅で展示!抽選で素敵なプレゼントも! 新たな長距離列車「WEST EXPRESS 銀河」の魅力を写真や動画でお知らせ。 「日本は美しい、そう思える旅がある。 」北陸新幹線、開業5周年キャンペーン開催中。 ちょこっと関西 歴史たび 大和三山を遠く望む悠久の地で、万葉びとの心にふれる。 九州への旅で「ココロとカラダに、あしたの元気をチャージ」しませんか。 TWILIGHT EXPRESS 瑞風(みずかぜ) 美しい日本をホテルが走る。 あたらしい色を、探しに行こう。 「せとうちパレットプロジェクト」 ICOCAポイントキャンペーン。 キャンペーンに参加してICOCAポイントを貯めよう! 「九州への旅におトクなきっぷをご紹介。 WEB限定ムービー「ユリと美加 in九州」も公開中! みんなをつないで結んでいくハローキティ新幹線。 JR西日本エリアのおすすめハイキングコースが満載。 大学生による瀬戸内エリアの魅力発見プログラム いい日本、いい自分の時間を発見していただく旅の提案 人気の観光列車とおすすめの観光コースをご案内します。 JR西日本イチオシのおトクなきっぷをご紹介。 京都も。 滋賀も。 どっちも、どっちからでも、旅しよう。 京都・滋賀の新しい楽しみ方をご提案します。

次の

えきねっとの予約サービス|東海道新幹線の予約ガイド

えき ネット

東海道新幹線以外でも全国の新幹線をはじめ、特急列車や成田エクスプレス、など色々予約できるので、関東方面の鉄道利用には大変便利です。 ただし、受け取り場所など利用において制限があります。 それら制限について詳しくご紹介していきます。 下手に予約してしまうと予約だけして、切符が受け取れないことになります。 えきねっとで東海道新幹線を予約する場合の制約 受取場所が東日本地域に限定 えきねっとで予約した列車のきっぷは、JR東日本地域近辺でしかを受け取りができません。 受取可能地域 北は青森、南は新横浜、西は長野までのJR東日本地域に限り、受け取りが可能です。 受取不可 名古屋、新大阪、京都、博多、北海道、北陸地方では、みどりの窓口であろうと受取できません。 自動券売機、窓口の発券機がいずれも他社(JRが地域が違うと他社)なので扱えません。 2016年12月1日以降JR東日本の列車に限り、北海道でも受け取りが可能になりましたが、東海道新幹線のきっぷは今でも受け取りはできません。 北陸新幹線の開通により金沢でJR西日本の一部地域のきっぷが受取れるようになりましたが、やはり東海道新幹線はダメです。 受け取り場所が制限される理由 JRの仕組みが見直されない限り改善されません。 他のJRで発券すると、JRが会社間で手数料を支払う必要があり、お互いに発券を制限しています。 おかげでネット予約が乱立、制限ありまくりで利用者のことなんて二の次の状態が続いています。 サラッと流して先に進んでしまいそうですが…。 乗車駅では「えきねっと」の予約をお受取りいただけません。 お申込みいただいたきっぷは以下の駅でお受取りください。 ・JR東日本の駅 (出典:JR東日本えきねっと会員画面) JR東日本以外に住む人は使えない 受取ができない制約があるので、私みたいに関東以西だと利用は難しいです。 名古屋から東京の行きは、窓口で購入して帰りだけ「えきねっと」で予約するという使い方は可能ですが、果たしてそんな遠回しな使い方をされる方はいないと思います。 名古屋から東北出張がある時のために私は登録しています。 名古屋から東京はエクスプレス予約。 東京から東北地方へ行く列車の予約には「えきねっと」を利用するために私も一応は登録しています。 予約はできるので、窓口で直前に買うよりもはるかに便利です。 料金割引はありませんが、窓口に並ばなくても良いので直ぐ乗車できる上、空席の心配がいりません。 座席指定は大体の場所に制限 えきねっとで東海道新幹線の予約を行う際は、以下のとおり座席指定はおおざっぱにしかできません。 出典:えきねっと シートマップ 空席を見ながらピンポイントで予約できるメリットとしては、隣が空席の席を予約して、快適に乗車できる可能性が高くなる点です。 えきねっとで東海道新幹線を予約する場合は、ピンポイントで座席指定ができないため、この恩恵がありません。 きっぷの変更は1回だけ えきねっとで予約した東海道新幹線の乗車日や座席の変更は1回限りです。 2回目からは手数料がかかります。 この制度は、窓口で購入した場合と同じです。 えきねっとでJR東日本の新幹線を予約した場合は変更が何度でも無料ですが、会社が違う東海道新幹線は1回限りです。 2回目の変更が必要な場合は一度を支払い、払い戻しをしてから再予約します。 東京から名古屋を東海道新幹線でそれぞれ操作して予約します。 帰りの分も合わせて計4回の予約操作をします。 受け取り 仙台駅で券をすべて発券して切符を受け取っておきます。 帰りの券もすべてです。 名古屋駅はJR東海の管轄なので、えきねっとの発券ができないためです。 とにかくえきねっとで東海道新幹線を予約する場合、帰りの切符を受け取っておくのがポイントです。 万が一、帰りの列車時間を変更する場合は諦めて窓口に並びましょう。 往復乗車券で安くする 少々面倒になりますが、乗車券は仙台から名古屋まで通しで買いましょう。 えきねっとで予約時に、同じ区間の乗車券なら購入できますが、仙台から名古屋まで通しでは買えません。 窓口または、えきねっとの発券後に、同じ発券機で仙台〜名古屋の乗車券を購入しましょう。 仙台〜東京、東京〜名古屋と分けて購入した場合と比べて2,050円違います。 更に乗車券を往復で買えば、さらに1割安くなります。 往復乗車券は601km以上からの割引制度で、仙台から名古屋は718kmのため対象です。 えきねっとで東海道新幹線の割引がない分、ちょっとした手間で利用できる乗車券の割引を活用しましょう。 まとめ 繰り返しになりますが、 えきねっとで東海道新幹線を予約する場合は、とにかく受け取り場所に注意です。 えきねっとは、JR東日本でしか受け取れないため、JR東日本の管轄に住まない人は東海道新幹線を予約するメリットがありません。 JR東海のエクスプレス予約や、スマートEXに加入すれば少なくとも東海道新幹線の区間は快適に利用できます。 私は愛知県在住ですが、東海道新幹線用「エクスプレス予約」と、JR東日本を利用するために「えきねっと」の両方に会員登録しています。 名古屋から東京駅までは「エクスプレス予約」を使い、東京から「えきねっと」を利用しています。 今のJR各社(特にJR東海と、JR東日本)はサービスを一本化する気は無いようなので当面はこのスタイルが続きそうです。

次の