岡本達也。 元Jリーガー岡本達也の就職活動|クリアソンの中村くん|note

岡本 達也さんの名前の鑑定結果は!

岡本達也

100億円を超える販促展開見て解った成功ノウハウをベースにアドバイスを行うので高確率で反応が出やすい。 大阪市のコンサルティング機関で年間面談件数No. 1になるなど、コンサルティング経験が豊富なのでアドバイスが適切。 北は北海道から南は沖縄まで!セミナー講師として全国各地から依頼を受けて膨大な数のセミナーを行っているので教え方が解りやすい。 大阪市のコンサルティング機関でコンサルタントとして登録されたり、長崎県、鹿児島市役所、商工会議所等からセミナー依頼を受けている。 早稲田大学エクステンションセンター、大阪デザイナー専門学校、兵庫県立東灘高等学校など学校関係からセミナーの依頼を受けている。 読売新聞や神戸新聞など新聞社からセミナーの依頼を受けている。 NCBリサーチ&コンサルティング、大銀経済経営研究所、ひろぎん経済研究所、大阪信用金庫をはじめ様々な金融機関関連の会社からセミナーやコンサルティングの依頼を受けている。 関西電力、ほくでんサービス、パナソニックコンシューマーマーケティング、JTB中部、住友林業ホームサービス、日本経営合理化協会など様々な有名企業からセミナーの依頼を受けている。 販促専門誌「販促会議」やサービス業のマーケティング雑誌「商業界」で執筆を行っている。 処女作にもかかわらずその実績が認められ、出版が難しいと言われている出版社の一つであるダイヤモンド社から出版している。 膨大な数のビジネス書を読んでいて、ビジネス書に精通しているビジネス書評家の書評メルマガ等で取り上げられている。 取るのが難しいといわれているアマゾン総合1位を処女作で獲得。 発売たちまち増刷がかかり、短期間で異例の14刷まで達成。 持っているノウハウが机上の空論でない事を自ら実証している。 セミナー情報・更新情報.

次の

岡本英也

岡本達也

昨季J3鳥取でプレーしたFW岡本達也(28)が13日、自身のブログを更新。 現役引退することを表明した。 「この度、岡本達也はプロサッカー選手を引退することを決断しました」とファンへ報告。 「J1で活躍して日本代表、海外へ...自分自身が小さい頃に思い描いていたようなサッカー人生にすることは残念ながらできませんでしたが、思い描いていたものとは比べものにならないほどの様々な経験、たくさんの素敵な出会い、幸せを手にすることができました」とプロ生活を振り返った。 静岡県出身の岡本は、磐田ユースから05年に磐田入り。 その後、順天堂大を経て11年にJ2水戸入りし、13年から鳥取でプレー。 14年限りで契約満了となっていた。 リーグ戦の通算成績はJ1が出場なし、J2が65試合14得点、J3が30試合5得点。 昨季はJ3リーグ戦30試合5得点だった。 [岡本達也ブログ]一足先に ツイッターの反応 やふーひらいてびびった……岡本引退かああああああ……早稲田vs順天堂の感動をいまでも思い出します。 ありがとう。 今はただ、お疲れ様。 もったいないなぁ。 ニュース 結局所属先決まらず引退か。。 やっぱり厳しい世界だね。。 — capitonシベリア 5thお疲れ! capitonSiberia 母校が同じ岡本達也、引退か…磐田から大学行って、水戸で再デビュー、いきなりゴールしたのは嬉しかったな。 まだ28歳、これからこれから!— 池たに kenjiro80 岡本達也選手、現役引退ですか・・・。 出来れば、鹿児島でプレーして欲しかった。 泥くさプレー、得点後のパフォーマンス、本当に素晴らしい選手でした。 お疲れ様でした。 残念だけどお疲れ様でした。 ユースからプロ入りして、戦力外になって大学に行って、そして再度プロの舞台に戻ってきた彼だけど、プロとして大成はしなかったが、貴重な経験を出来たんじゃないかな?今後の活躍を祈ってます。 きっと拓以外にも色んな人に影響を与えてるんだろうなぁ。 お疲れさまでした!— やまなお yamanao1119• 13,291• 733• 870• 999• 1,259• 928• 1,203• 960• 1,067• 431• 671• 856• 957• 1,051• 1,159• 935• 1,160• 828• 469• 9,651• 577• 580• 374• 704• 331• 750• 738• 346• 674• 581• 750• 347• 753• 671• 475• 271• 530• 451• 336• 779• 601• 110• 2,286• 128• 536• 114• 308• 473• 104• 1,118• 227• 1,904• 1,588 月別.

次の

岡本達也とは

岡本達也

好評連載「アマチュアフットボーラーたちの挑戦」。 4回目のゲストは㈱Criacao(クリアソン)の岡本達也さんです。 岡本さんはジュビロ磐田ユースを経て、ジュビロ磐田、順天堂大学、水戸ホーリーホック、ガイナーレ鳥取でFWとして活躍後、2015年に引退。 現在はブラインドサッカーを使った企業向けの研修やアパレル、栄養など、多ジャンルに渡って事業を展開する、Criacao(クリアソン)で働いています。 今年までJリーガーだった『アマチュアフットボーラー1年生』の岡本さんは、活躍の場をビジネスに移し、何を感じているのでしょうか? 聞き手は、かつてツエーゲン金沢のゼネラルマネジャーを務め、FC東京の営業部を経て、現在は保険会社で働く、中村篤次郎さんです。 (構成・鈴木智之/フットボールエッジ編集長) 中村:せっかくなので、サッカーだけでなくビジネスの話もしましょう。 岡本さんは㈱Criacao(クリアソン)で、どのような業務を担当しているのですか? 岡本:弊社はブラインドサッカー協会と業務提携をしていまして、私は企業向けにブラインドサッカーの研修を提案しています。 ブラインドサッカーの関係者がめざしているのは、パラリンピックなどの大会で優勝することだけではなく、視覚障害者と健常者が当たり前に交わる社会を実現していきたいという理念があります。 そのために何ができるかを考えたときに、視覚を失った状態で様々なワークをする中で、健常者が視覚障害者の気持ちを理解する一助になるのではないかと思いました。 中村:私も先日、代々木に世界選手権を見に行きましたが、ブラインドサッカーの認知度は徐々に高まってきていますね。 岡本:そうなんです。 ブラインドサッカーのチームにも目が見える「ガイド」と呼ばれる、グラウンドの外から声で指示を出す人がいますし、GKも目が見えます。 フィールドプレイヤーの4人は見えない状況で、見える人と見えない人が協力し合いながらプレーする競技なんですね。 その特性を企業や団体のコミュニケーション、チームビルディングの研修に取り入れています。 僕自身、ワークのファシリテーターとして、企業や大学、スポーツ団体の研修を担当していますし「OFF-TIME」という個人参加の体験会も行っています。 中村:以前、フットボールエッッジでも、レポートされていましたね。 最近『日本の人事部が選ぶ、HRアワード』の企業研修部門にエントリーされたりと、評価が高いようですね。 私も体験させてもらいましたが、チームビルディングやコミュニケーションの面で、企業が取り入れるとすごく効果があるプログラムですよね。 岡本:コミュニケーションの本質に気づいて頂くのが、この体験会の大事な要素でもあります。 それに、ブラインドサッカーという競技が持つ価値が、スポーツの枠を飛び越えて社会の人たちに価値を提供できる、すごく良い形だと思います。 中村:社員が研修しているのを、管理職が見るのも良いですよね。 この人はリーダーシップをとるタイプなんだな、影でフォローするタイプなんだなと、色々なものが見えますよね。 岡本:ある企業さんは、採用試験に導入してくれています。 リーダーシップをとる人ばかりだと物事が進まないので、そこに気がついてフォロワーシップをとれるかなども見ているようです。

次の