池袋大谷クリニックデマ。 『モーニングショー』などでPCR拡大を訴えてきた大谷医師がネトウヨの電凸攻撃について明かす!「反日」と怒鳴り込まれたことも|LITERA/リテラ

【言論封殺】上念司の卑劣”デマ”攻撃

池袋大谷クリニックデマ

どんなにゅーす? ・「モーニングショー」などのテレビ番組に出演し「PCR検査の拡大」などを訴えていた、 池袋大谷クリニック院長の大谷義夫医師が、ある日から突如テレビから姿を消したことが話題になっていた中、 彼がテレビ出演を見合わせた背後に、安倍シンパからの「電凸攻撃」があったことが明らかになった。 ・7月3日放送「おはよう日本」に出演した大谷医師や妻によると、 3月上旬ごろから徐々に非通知で「政府批判」「なんであんなことを言うんだ」などの苦情の電話がかかるようになってきたといい、中には、 見知らぬ男性がクリニックに「反日」と怒鳴り込んできた事例もあったことを明らかに。 改めて、安倍シンパによる組織的な嫌がらせの威力や恐ろしさが明らかになってきている。 『モーニングショー』などでPCR拡大を訴えてきた大谷医師がネトウヨの電凸攻撃について明かす!「反日」と怒鳴り込まれたことも 新型コロナウイルス感染が拡大しはじめた2月中旬ごろから、『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)をはじめ、『Nスタ』『news23』(TBS)といったテレビ番組に連日出演していた、池袋大谷クリニック院長の大谷義夫氏が、ネトウヨに卑劣な攻撃を受けていたことを今朝放送の『おはよう日本』(NHK)が報じた。 大谷医師は、PCR検査抑制問題やマスクなど医療品不足について、医療の現場にたずさわる医師という立場から改善を訴えていた。 その物腰はやわらかく、国民の目線で、政府に検査・医療体制の整備を要求してくれる頼もしい存在だったのだが、ところが、3月上旬のある時期を境に大谷医師はテレビからその姿を消してしまった。 ~省略~ それから約4カ月を経て、本日7月3日放送『おはよう日本』(NHK)でも、この大谷医師攻撃の問題が取り上げられた。 番組では、大谷医師自身が取材に応じ、3月6日からテレビのコメントに対する抗議の電話が非通知で多数かかってくるようになったことを明かした。 クリニックの受付を務める大谷医師の妻もNHKの取材に対し、「政府批判」「なんであんなことを言うんだ」などという電話が1日に何十件もかかってきたり、見知らぬ男性がクリニックにまで「反日」と怒鳴り込んでくるなど、被害の実態について明かし、「医療現場の話をすることが、なぜ反日になるのかわからない」と語った。 さらに大谷医師も「別に政権批判したつもりはない。 検査が必要な人に検査をさせてほしいと現場の声をお伝えしたつもりなんです」「医療の知識のない方、医者でない方、患者さんも診ていない方に、現場の声を潰されたら、現場で実際に何が起っているかがまったく届かなくなってしまう、というのが大問題なんじゃないかと思います。 言論統制などあるわけないと思っておりましたので、これからの日本はどうなってしまうんだろうと本当に心配です」と訴えた。 ~省略~ その理由について、ある民放のニュース番組スタッフがこんな衝撃的な話を教えてくれた。 「うちの局も大谷先生に、スタジオ出演をオファーしたところ、しばらくは……と断られたようだ。 どうも、クリニックのほうに抗議が殺到して、大変な状態になっているらしい。 「例の厚労省の名指しツイートの前後から、『検査を拡大すべきだ』と主張する番組やコメンテーター、専門家には、抗議が殺到するようになっていた。 大谷医師以外にも、岡田晴恵教授、さらには『モーニングショー』を放送しているテレビ朝日にも抗議電話や嫌がらせ電話がきているらしい。 ただ、大谷先生の場合は、抗議や嫌がらせがクリニックのほうにいってしまい、診療や業務に支障をきたすような状況になってしまった」(テレビ関係者) しかも、大谷医師はとんでもないデマによって、さらに大規模な嫌がらせ攻撃にさらされていた。 〈池袋大谷クリニックの大罪! テレ朝で喘息の薬が新型コロナウイルスに効くと煽りまくった結果、当該薬が入手困難になりつつあります。 さらに、6日にはこの上念氏のツイートを元に、ネトウヨまとめサイトである「Share News Japan」が「上念司氏「池袋大谷クリニックの大罪! テレ朝で喘息の薬が新型コロナウイルスに効くと煽りまくった結果、当該薬が入手困難になりつつあります…」」と拡散。 その上、運営者が菅義偉官房長官の息のかかった自民党神奈川県議の弟であるとの疑惑が持ち上がったこともあるネトウヨ向けサイト「政治知新」も、10日の記事でこの話題を取り上げた。 ~省略~ NHKの今朝のニュース。 PCR検査の必要性を語ると「反日」「反政府」と攻撃される現状を伝えています。 これは実際に起きています。 — 立岩陽一郎 YoiTateiwa 3月の記事。 大谷医師は、上念司によるデマツイートとShare News Japanの拡散によって攻撃を受けていたとのこと。 これ、大谷医師はネットの中傷問題解決の弁護士に相談したほうがいいと思う。 — クリエネ(都知事に見捨てられた東京都民) morecleanenergy TVでPCR拡充訴えた大谷医師に「政府批判」「反日」不当抗議殺到…NHK取材に(デイリースポーツ) — Yahoo! ニュース もうさ、「反日」という言葉を使いたがるのはおかしいやつ、って事でよくない? — mipoko mipoko611 大谷医師は、自分のクリニックの患者さんたちのPCR検査を依頼しても、保健所に何度も断られたことからの発言。 テレビに出ている大谷医師に自分たちの実状を伝えてくれるよう、周りの病院の医師からも依頼があったもよう。 突然の退場 心配していた。 やはり 圧力で 出演されなくなったのか 怖ろしい日本。 香港と本質的に変わらない。 電話での苦情のみならず、実際にクリニックに乗り込んできて 「反日!」などと怒鳴り散らしてきたケースもあったというけど、 こりゃまさに鳥肌もんだし、よほど強靭な精神力を持ってないとノイローゼになってしまってもおかしくない。 安倍サポ軍団を形成しているのは、自民党の関係者や利権で繋がっている企業、電通の子会社などのビジネス工作員に加えて、日本会議となどと近しい統一教会や幸福の科学などのカルト教団などだけど、こうやって おかしな苦情電話を掛けたり、実際に怒鳴り込んだりしてくるのは、これら、安倍政権と昵懇のカルト宗教の信者や暴力団関係者などの疑いが強い。 Twitterの安倍サポアカウントを見ても、明らかに普通じゃなさそうなアカウントが目に付くし、いわゆるであるとみている。

次の

検査拡大を訴える大谷クリニック院長が『モーニングショー』から消えた! 上念司の卑劣”デマ”攻撃、検査不要派とネトウヨの電凸が (2020年3月17日)

池袋大谷クリニックデマ

上念司さんのツイート 池袋大谷クリニックの大罪! テレ朝で喘息の薬が新型コロナウイルスに効くと煽りまくった結果、当該薬が入手困難になりつつあります。 上昌広氏、池袋大谷クリニック院長などに続きブラックリスト入りです。 日テレスッキリに出てる寺嶋医師はいいんだけど、目の前でデマ言ってても全然否定しない押しの弱さがダメ。 — 上念 司 smith796000 テレビの中の人は池袋大谷クリニックとか上昌広とか岡田晴恵にテキトーなコメントさせちゃダメだよ。 厚労省がテレ朝のあの番組名指しでやんわり反論し始めました。 これどんどんやった方がいいと思う。 ついでにBPOにも通報してくれ。 私も頑張って抗議電話かけよう。 新人女子アナが、頭下げただけじゃダメだぞ!!! ・ 今、日本中が集団ヒステリーの状態なのに、数人のTVプロデューサーが日本の混乱を招いているなんて許されて良い訳がない! ・ ミヤネ屋でもやってたみたいです。。。 やっぱり影響で始めましたか?必要な人もいるってこと忘れないで欲しいよ ・ これ、シャレになりませんで!テレ朝もろとも責任問題ですよ! オルベスコは市場シェアなんて全然高くないです。 代替え品は腐る程ありますよ。 喘息の子供が死んじゃうとは言い過ぎです。 オルベスコ欠品するほど病院に殺到してますかね。 by医療従事者 ・ オルベスコは喘息治療薬としてはマイナーな薬なので、他にもシムビコートやフルティフォーム、レルベアなどなどメジャーな薬が沢山あり、治療に支障が出るとは到底思えません。 「医師の発言で喘息治療薬が無くなる煽り」のほうが遥かに悪質だと思います。 アドバイザーの医師とは縁を切ったほうが良い。 ・ 処方箋が必要なら、医師はやたらに出さないと思いますよ。 トイレットペーパーと同じで、必要なのに貰えないと煽った人がいるのではないですか? .

次の

【言論封殺】上念司の卑劣”デマ”攻撃

池袋大谷クリニックデマ

大谷医師への攻撃を取り上げた『おはよう日本』 新型コロナウイルス感染が拡大しはじめた2月中旬ごろから、『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)をはじめ、『Nスタ』『news23』(TBS)といったテレビ番組に連日出演していた、池袋大谷クリニック院長の大谷義夫氏が、ネトウヨに卑劣な攻撃を受けていたことを今朝放送の『おはよう日本』(NHK)が報じた。 大谷医師は、PCR検査抑制問題やマスクなど医療品不足について、医療の現場にたずさわる医師という立場から改善を訴えていた。 その物腰はやわらかく、国民の目線で、政府に検査・医療体制の整備を要求してくれる頼もしい存在だったのだが、ところが、3月上旬のある時期を境に大谷医師はテレビからその姿を消してしまった。 さらにこのような大規模な嫌がらせ・抗議が、3月5日に安倍応援団文化人が投稿したデマツイートにより引き起こされたものであることを指摘していた。 それから約4カ月を経て、本日7月3日放送『おはよう日本』(NHK)でも、この大谷医師攻撃の問題が取り上げられた。 番組では、大谷医師自身が取材に応じ、3月6日からテレビのコメントに対する抗議の電話が非通知で多数かかってくるようになったことを明かした。 クリニックの受付を務める大谷医師の妻もNHKの取材に対し、「政府批判」「なんであんなことを言うんだ」などという電話が1日に何十件もかかってきたり、見知らぬ男性がクリニックにまで「反日」と怒鳴り込んでくるなど、被害の実態について明かし、「医療現場の話をすることが、なぜ反日になるのかわからない」と語った。 さらに大谷医師も「別に政権批判したつもりはない。 検査が必要な人に検査をさせてほしいと現場の声をお伝えしたつもりなんです」「医療の知識のない方、医者でない方、患者さんも診ていない方に、現場の声を潰されたら、現場で実際に何が起っているかがまったく届かなくなってしまう、というのが大問題なんじゃないかと思います。 言論統制などあるわけないと思っておりましたので、これからの日本はどうなってしまうんだろうと本当に心配です」と訴えた。 『おはよう日本』では、なぜか当初、大谷医師の発言が、政権に批判的な立場の人たちから賛同を集めたことが、政権擁護者たちからの批判を招いたかのような分析をし、直接的に攻撃の発端となったデマツイートに関してもさらっとしか触れていなかった。 しかし、大谷医師がテレビ出演するようになった2月中旬から2週間経った、3月6日から突如抗議電話がかかってくるようになったということからすると、やはり3月5日の安倍応援団のデマツイートが攻撃を引き起こした大きな要因であったことが、あらためて明らかになったと言えるだろう。 このデマツイートをめぐる経緯も含め、ネトウヨ・安倍応援団による大谷医師攻撃についてスクープした3月17日の記事を以下に再録するので、あらためてご一読いただきたい。 (編集部).

次の