ユッキーナ ディズニー。 ユッキーナがついに逆襲へ!?「不貞記事」連続削除で囁かれる有力支援者の影(2020年7月13日)|BIGLOBEニュース

木下優樹菜ユッキーナは在日?国籍や出身は?インスタ恫喝DMが怖!|waonのブログ

ユッキーナ ディズニー

Contents• 木下優樹菜ユッキーナがタピオカ店とトラブル! 好感度のメッキがはがれたばかりか、営業妨害で訴えられる!? タレントの木下優樹菜(31)が、実姉が勤務しトラブルになっているタピオカドリンク店「#ALLRIGHT(ハート)」(以下A店)の関係者に対し、恫喝めいたダイレクトメッセージ(DM)を送っていたことが判明した。 現在ネット上で大炎上しており、木下は9日、自身のインスタグラムに謝罪文を出す騒動になっている。 いったい何がどうなっているのか。 「出方次第でこっちも事務所総出でやりますね」「いい年こいたばばあにいちいち言う事じゃないと思うしばかばかしいんだけどさー」「色々頭悪すぎな」 これがA店の関係者X氏へのDMの一部だ。 以前は同店の宣伝までしていた木下。 それが姉Y氏に給料が支払われず、揚げ句泥棒扱いされたと一方的に怒り、攻撃を始めたことで、木下の支持者とみられるユーザーが追従。 A店はバッシングの雨アラレとなってしまった。 ところが、だ。 yahoo.

次の

木下優樹菜とフジモンがディズニーで恫喝!マナーが悪態・恐喝レベル!

ユッキーナ ディズニー

親しい人脈の中に、木下にベタぼれのIT企業経営者がおり、ユーチューバーデビューの可能性が急浮上している。 さらに、成功のカギを握る人物に自身をブレークに導いた島田紳助氏(64)の名も…。 ユッキーナはどこへ行くのか。 子供の養育費は藤本が稼ぐにしても、木下は仕事をしなければ生きてはいけない。 ただ、これだけ世間に名前と顔が知られている以上、一般人と一緒に働くことは相当な覚悟が必要だ。 「そうした事情を鑑みて、復帰前から木下にユーチューバーでの活動を勧めていた人物もいた。 さらに、親しい人脈の中には木下にベタぼれのIT企業経営者・X氏がおり、その人物がカギを握っている。 一昔前の話ですが、木下はマネジャーと言い合いになったときに『私は独立したっていい。 それでもやっていける!』とたんかを切った話を聞いたこともある。 強気な性格の彼女がこれで終わるとはとても思えない。 騒動が落ち着いたら、ユーチューバーデビューに向けて動きだす可能性はあるでしょうね」(芸能プロ関係者) これまでサッカー元日本代表MF乾貴士(32=エイバル)、男性グループの30代メンバー、本紙が報じた離婚した翌日の元日に会っていた一般男性と、3人との逢瀬が報じられている木下。 引退の発表をもって閉鎖してしまったが、インフルエンサーとしてのポテンシャルは相当なもの。 経営者のX氏が目をつける理由も納得だ。 最近でも、ジャニーズ事務所を退所した手越祐也(32)が転身し、ユーチューブチャンネル登録者が早くも130万人を突破。 お笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之(50)も100万人を突破している。 「宮迫は10日に100万人突破を記念した生配信ライブを開催。 人気ロックバンド『氣志團』とコラボし、意外な交流でファンを喜ばせた。 宮迫と手越のバックには有名ユーチューバーもいる。 藤本との交際のきっかけをつくった人物でもある。 引退してから約8年半ぶりの動画登場で「ヘキサゴンの同窓会をしよう!」と画面越しに呼びかけた。 「misonoの動画では、藤本から離婚の報告を受けたことを明かし『フジモン、がんばれー』などと熱いエールを送った。 」の矢口真里(37)にも言及。 「男連れ込んで離婚したってあったやないか。 でも、声を大にして言いたい!」と切り出し「ちょっと常識ないとこあるけども、けっして悪い子じゃない」「けっしてふしだらな子じゃない」とフォロー。 複数の異性問題が報じられている木下も、見捨てることはしないはずだ。 「木下は、事務所とモメたことは過去にもあり、面倒くさくなると『じゃあ、辞める』と言い出すタイプ。 後先を考えないおバカなヤンキーっぽさを紳助氏は面白がっていた。

次の

ユッキーナがついに逆襲へ!?「不貞記事」連続削除で囁かれる有力支援者の影(2020年7月13日)|BIGLOBEニュース

ユッキーナ ディズニー

オンライン会見に臨んだフジモン 芸能界を電撃引退した木下優樹菜の元夫であるお笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史が16日、Amazon Prime Video「HITOSHI MATSUMOTO Presents FREEZE」シーズン2の独占配信記念オンラインイベントに登場した。 これは「ダウンタウン」松本人志が仕掛けたもので「ただ耐え抜く」というサバイバル企画。 ルールはただ一つ、「動いたら負け」。 襲い掛かる数々の仕掛けに対し、微動だにしない挑戦者だけが勝ち残ることができる。 今回のイベントには、「芸人チーム」代表の藤本、「女性チーム」代表の野呂佳代、「チャンピオンチーム」代表としてプロレスラー・真壁刀義が参加した。 木下の引退発表後、初の公の場となった藤本。 ただイベントでは木下の件には一切触れず、いつものようにハイテンションで配信番組のPRを話しまくった。 そんななか、野呂が「今日、藤本さんにあいさつに行ったら、なぜか『ゴメン』と言われたんです」と暴露。 「私には(理由が)分からないんですけど」と言う野呂に対し藤本は「いろんな意味を込めて、ゴメン(と言った)」と釈明した。 イベント終了後にはリモート取材するマスコミと質疑応答の時間が設けられていたが、ここで主催者側が割って入った。 「当番組に関連した質問に限らせていただきます。 最悪の場合、主催者の判断で音声ミュート、強制退出の処置を取る場合があります」 マスコミの狙いは〝ユッキーナ問題〟に関するフジモンの肉声。 対面イベントであれば、取材陣は主催者や藤本側と駆け引きし、あの手この手で質問を浴びせていただろうが…。 「オンラインイベントではそうした駆け引きもできない。 ユッキーナの『ユ』でも言えば、即退場ボタンを押されていたでしょう。 コロナ新時代でこの取材スタイルが定着されてはたまらない」とはワイドショースタッフだ。 結局、この日はマスコミも身動き取れず、木下絡みの質問をブッコむ〝チャレンジャー〟は現れなかった。

次の