今年のボーナス。 今年の夏のボーナスで買いたい一万円以上のアイテムベスト5|みんなのベスト5

「公務員も下げよ!」民間の今夏のボーナス6.4%減に、ネット民が怒りの声: J

今年のボーナス

ボーナスといっても公務員と一般企業の賞与には違いがある 公務員のボーナス(賞与)は、国家公務員は法律で、地方公務員は条例で定められています。 そして、公務員のボーナスは期末手当と勤勉手当という2つの手当を合算した額となっています。 期末手当は一般企業のボーナスでも馴染みのある定率で支給される賞与。 勤勉手当は勤務成績に対する評価で決められる賞与です。 ボーナスの支給日はいつ?公務員と一般企業 公務員のボーナス支給日はいつなのでしょうか。 公務員は一般企業の人たちからしたら、分からないことが多いですよね。 国家公務員と地方公務員のボーナス支給日はいつなのでしょうか。 最初に公務員と一般企業それぞれのボーナス支給日について見ていきましょう。 自己分析ツールを活用して、あなたの適職を発見しよう ボーナスの制度とあわせて知っておきたいのは、そもそも志望している仕事が自分に向いているかどうかです。 自分の適職を見極めるために、無料の自己分析ツールを活用してみましょう。 My analyticsでサクッと自己分析をして、あなたの本当の強み・適職を発見しましょう。 ボーナス支給額はどれくらい?公務員と一般企業 公務員と企業のおおよそのボーナス支給日がわかったと思います。 一般的に企業は公務員がボーナスをもらってから、追って支給されるようですが、公務員も民間企業も支給日は同じ時期でした。 それでは、具体的に公務員と民間企業のボーナスの大体の支給額はどの程度なのでしょうか。 公務員と民間企業でボーナスに差はあるのでしょうか。 公務員のボーナスの平均額は約60万円強 公務員は高いボーナスを貰っている印象を抱く人も多いのではないでしょうか。 その現状は間違いではなく、2014年の夏のボーナスの平均支給額は、一般企業の社員が55万円前後であるのに対して、公務員は60万円強だと言われています。 正確な数字は毎年異なりますが、計算する事でおよその額をはじき出す事はできます。 一般職の平均月給は、人事院によれば、平均年令の42. 8歳だと、40万7994円(住居手当、残業代を除く)。 これに公表された掛け率1. 823をかけると平均額は74万3773円。 さらに、管理職は全員1~2割、割り増しされるため、本当の公務員のボーナス平均額は80万円超となる計算もできます。 ボーナスのない会社や雇用形態も増える中、これはもらえた人の平均はこれくらいのようです。 ただ、従業員5000人以上の大企業では平均71万5034円だというデータもあります。 上記からみると、公務員の方が企業よりボーナス額が高いようです。 ただ、一般企業の場合は公務員と違って会社の規模によってボーナス支給額にも大きな差がでるので注意が必要です。 公務員志望の方は多いですが、ボーナスから見ても公務員という仕事は魅力的ですね。 ボーナスの額はさまざまな要因によって変化するのが特徴です。 国家公務員の2015年6月、夏のボーナス平均額は61万7800円 三菱UFJリサーチ&コンサルティング「2015年夏のボーナス見通し」によると、事務的な仕事を担当する一般行政職の国家公務員のボーナス平均額は61万7800円となっています。 一般企業の夏のボーナスの平均額が37万7220円ですから、かなり高額ですね。 ただし、国家公務員は財政によっては給与やボーナスがカットされる場合があります。 東日本大震災の復興財源確保の一環として2012年4月から2014年3月まで実施されていた、「国家公務員の給与の改定及び臨時特例に関する法律」により、その時期はボーナスが9. 77%カットされていました。 また管理職であるかや、加齢による基本給の上昇などにより、これより多いボーナスを得ている国家公務員も多いようです。 ボーナスの支給額は地方公務員だと所属によって異なる 国家公務員と違い、地方公務員といっても、都道府県、市区町村、または政令指定都市など、所属するところによってボーナスの時期や算定方法などが異なります。 総務省の「平成26年の地方公務員の給与水準の概況」から、それぞれの地方公務員のボーナスについて見て行きましょう。 都道府県所属の地方公務員でボーナスが最も多いのは滋賀県 都道府県所属の地方公務員でボーナスが最も多いのは滋賀県の81万8100円です。 その後は、福岡県81万6350円、静岡県81万3700円、茨城県81万3650円、東京都81万2150円となっています。 市区町村所属の地方公務員でボーナスが最も多いのは東京都中野区 市区町村所属の地方公務員でボーナスが最も多いのは東京都中野区の84万8900円でした。 その後は、東京都多摩市・兵庫県三木市83万6900円、東京都羽村市83万5500円、埼玉県ふじみ野市83万4950円となっています。 政令指定都市所属の地方公務員でボーナスが最も多いのは神奈川県横浜市 政令指定都市所属の地方公務員でボーナスが最も多いのは神奈川県横浜市の83万750円です。 その後は、京都府京都市81万6950円、兵庫県神戸市78万3250円、福岡県福岡市77万3250円、神奈川県相模原市77万900円となっています。 ボーナスの時期は同じでも金額には大きな差がある 公務員のボーナスはボーナス月、ボーナス日といったいつ貰えるのかという時期に差はありませんが、国家公務員と地方公務員の違いだけでなく、所属する都道府県の違いでも金額に大きな差があるようです。 自治体によってはトップとワーストでは年間100万円以上ボーナスに差がある時期もあるのです。 コロナ自粛中に、自己分析をやり直そう コロナウイルスで就活も自粛の傾向になり、選考が進まず、不安になっていませんか? そんな時は、を活用して、自己分析をやり直しておきましょう。 コロナで就活が自粛中の今こそ、自己分析を通して、自分の本当の長所・短所を理解し、コロナ自粛が解けた後の就活に備えましょう。 公務員と一般企業の夏・冬のボーナス(賞与)の時期と支給額を把握しよう! 公務員と企業のボーナスの夏・冬の時期や金額といった事情について見てきましたが、いかがでしたか?公務員と企業でボーナスの支給月、支給日といったいつ貰えるのかという時期に差はなかったですね。 ただ、ボーナスの支給額となると企業や国家公務員、地方公務員で差が見られました。 公務員も一般企業の方もボーナスの支給日は楽しみですよね。 ボーナス貰ったら何に使いますか?ボーナス支給日が近づくと、使い道を考えるだけでワクワクしますよね。 読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。 【平均は58点】あなたの就活力を診断してみよう コロナの影響で、先が読めない今年の就活。 自分が内定を取れるのか不安ではありませんか? そんな時は、「」をやってみましょう。 24の質問に答えるだけで、あなたの就活力を診断。 得意・苦手な分野をグラフで見える化します。 就活力診断で、自分の苦手な分野を発見&対策し、万全の状態で面接にのぞみましょう。 監修者プロフィール.

次の

ボーナスは平均どのくらいもらっているのか

今年のボーナス

スポンサーリンク 2020年夏のボーナスの支給日はいつ!? 2020年の夏のボーナス(夏季賞与)の支給日は・・・• 公務員…6月30日(火)!• 民間企業…6月中旬~7月上旬! です。 それぞれもう少し詳しく見ていきましょう。 1.公務員の夏のボーナス支給日は… 早速ですが国家公務員の2020年の夏のボーナス支給日は 2020年6月30日(火)です! 国家公務員の夏のボーナスは「一般職の職員の給与に関する法律」という法律で定められています。 そして毎年 6月1日の基準日時点で在職している職員に対して毎年6月30日に支給されることが決められています。 ) 国家公務員の場合は毎年6月30日がボーナスの支給日と定まっているので分かりやすいというかお金の計画を立てやすいですよね。 2.民間企業の夏のボーナス支給日は… 民間企業のボーナス支給日はバラつきがあり 6月中旬~7月上旬の支給が多いです。 特に多いのは「7月上旬の金曜日」や「7月10日前後」に支給する傾向が強いです。 私が以前勤めていた会社では「7月上旬の金曜日」にボーナスが支給されていました。 日にちがはっきり決まっていなかったので、なんだかソワソワしていたのを記憶しています。 入社や転職したばかりで会社のボーナス支給日がよくわからない方は、経理担当者に聞くか総務の人に 社内規定を見せてもらうとより具体的に分かります。 大企業では社内規定に夏と冬のボーナスの支給日が明記されている会社も多いので…。 ただし、入社すぐや転職したばかりの場合は支給されても寸志だったりするので期待しない方がいいです。 次はボーナスの支給額を見ていきましょう。 スポンサーリンク 夏のボーナスの平均支給額は? 1.公務員の夏のボーナス平均支給額は… 2019年夏の国家公務員(管理職や非常勤を除く)のボーナス 平均支給額は67万9100円(平均35. 5歳)でした。 なので2020年もおおよそ67万円前後が支給されるでしょう。 国家公務員の夏のボーナスは基本給の約2. 2か月分と言うことになります。 (夏が約2. 2ヶ月分・冬が約2. 3ヶ月分…年間支給でみると約4. 5ヶ月分) 公務員のボーナスは人事院という第三者機関の勧告(人事院勧告)を受けて、民間企業のデータ(仕事の種類・仕事の階級・学歴・年齢…)に準拠した形で決定されています。 2.民間企業の夏のボーナス平均支給額は… 民間企業のボーナス支給額は本当に 企業の数だけバラつきがあります。 大企業の業績が良い所では、基本給の2. 5ヶ月分~3. 5ヶ月分もらえるところもあるようですし、逆に中小企業などで業績が思わしくない場合はボーナスが出ない、出せないところも少なくありません。 ただ… 相場としては基本給の1~2か月分と言うのが多いと思います。 1時点)でまとめた調査によると・・・2019年の 全産業の夏のボーナス平均支給額は約83万円でした。 業種別の平均支給額ベスト3は…• 1.医薬品…約113万円(平均32歳)• 2.自動車・部品関連…約94万円(平均39歳)• 3.化学関連…約94万円(平均38歳) また会社別の支給額トップ5は…• 1.ディスコ(精密加工装置製造メーカー)…約254万円(平均39歳)• 2.東京エレクトロン(電子機器専門商社)…約225万円(平均43歳)• 3.東海カーボン(カーボン材料の開発)…約181万円(平均39歳)• 4.ソニー…約169万円(年齢非公表)• 5.ジャストシステム(ソフトウェアメーカー)…約159万円(平均40歳)• 6.積水ハウス…約150万円(平均38歳) のようです。 参考URL: やはり大企業の業績の良い所では夏のボーナスだけでこのぐらいもらえるんですね。 差がスゴイですよね…。 スポンサーリンク 支給額=手取りではありません。 更に引かれます… 上記のボーナスの支給額はあくまでも 企業が個人に支給した金額になります。 ボーナスは「給与所得」という扱いになるので実際はその支給額から・・・• 厚生年金保険料• 健康保険料• 介護保険料(40歳から)• 雇用保険料• 所得税 などの社会保険料が引かれた分が口座に振り込まれる 手取りの金額になります。 昔は毎月の給与からのみ社会保険料が引かれていたんですが、2003年からは総報酬制といってボーナスが出る人と出ない人の不公平感をなくすため、年間の総報酬額で計算されるようになりボーナスからも引かれるようになりました。 支給額の例・・・ これはあくまで例えになりますが・・・人(年齢・業種・毎月の給与・賞与の額・扶養家族の有無)によって控除される社会保険料は様々なので。 1.支給額が100万円だとしても、社会保険料として20万円程度引かれ、 手取りは80万円程度• 2.支給額が50万円だとしても、社会保険料として10万円程度引かれ、 手取りは40万円程度 になったりします。 ) ボーナスの使い道は…どんな感じか調べてみた! ボーナスの使い道は各家庭で様々だと思いますがこのような使い道が多いようです。 貯金はいくらあっても困りませんよね。 家を買う場合の頭金だったり、急遽引っ越ししなければならない事態があるかもしれないし、子供の将来の学費だったり、家電が壊れた時の資金……など、いざという時に必要お金がないと困りますもんね。 2.投資する。 (株・投資信託など…) 調べるとボーナスを使って投資すると言う方も多いみたいです。 我が家は手を出せてないですが投資も勉強と考えれば使い道としては良さそうだなと思います。 増えれば嬉しいですし…増えれば…。 3.旅行・レジャーに行く。 せっかくのボーナスなので、旅行に行って気分転換をするのもいいと思います!!またホテルバイキングなどちょっと贅沢な外食をするのもよいですよね。 ボーナスで今まで欲しかった家具や家電等を買う(やっと買えるぞっ!!)っていう方も多いと思います。 5.ローン返済や保険や税金・車検費用に 車や住宅のローン返済や、年に1度の火災保険料や自動車税・固定資産税などの支払い、また2年に1回の車検費用に充てている方も多いですよね。 そして残りは今後の車検費用等、家計の必要費に充てる為にとっておくという形になっています。 今回は「2020年夏のボーナス支給日はいつ!?」について見ていきました。 公務員の支給日は6月30日(火)• 民間企業の支給日は6月中旬~7月上旬 が多いということになります。 ボーナスは年に2回頑張ってる方へのご褒美のようなもの。 私も仕事が辛くても、ボーナスがあるからなんとか次の半年間頑張ろう!!とOL時代モチベーションを保っていたように思います。

次の

スーパーの社員の給与事情!今年の冬のボーナスはこのくらいでした!現役の社員が解説します

今年のボーナス

「もらえるだけありがたい」 ツイッターを見る限り、ボーナスが 1 増えた、 2 変わらない、 3 減った、 4 もらえない、に分かれている。 「こんなにボーナス入るんだー」と予想以上の支給額だったことへの喜びや、「ボーナス去年より10万も高いと思ったらコロナで出勤してくれてありがとうの手当がたくさんついてた」と、コロナ禍だからこその「増額」を報告する人もいる。 とはいえ、「増えた」と「変わらない」は少ないようだ。 やはり新型コロナウイルスによる影響は色濃い。 ただ投稿数が多い「減った」、「もらえない」も、昨今の状況を踏まえると恨み節ばかりではない。 「今年の夏のボーナス、ない。 一歩間違えば会社がなくなるかもしれない時期」 「ボーナス減ったよねぇ。 引き続きテレワークだし、貰えるだけありがたい」 このように「この状況では文句は言えない」という雰囲気が漂っている。 所得税、健康保険、厚生年金保険、雇用保険... 賞与は税務上「給与所得」として扱われ、所得税をはじめ社会保険料などが差し引かれる。 そのため「ボーナスの額面増えたのに手取り下がったんだけど?」、「ボーナス2万増えて所得税2万増えたからプラマイ0」など、ある種ぬか喜びになってしまった人や、 「僅か65,000円の賞与から、所得税、健康保険、厚生年金保険、雇用保険で何と!!11,000円以上も天引きされてる」 「年金と所得税合わせて25万天引きされたボーナスが今日支給されました! 引き過ぎやろ」 と、差し引かれた金額を具体的に明かしている人の「悲鳴」も聞こえてきた。

次の