あさ イチ 見逃し 今日。 「あさイチ」の見たい回・見逃した回を見るには?再放送動画のお得な視聴方法!放送後14日間限定で配信

あさイチ(NHK)の再放送はいつ?予定や見逃し配信について!

あさ イチ 見逃し 今日

それが「10日間でできる!ボディーメンテナンス」。 「脚やせ」や「ヒップアップ」を10日で実現させるエクササイズや、気になる中性脂肪値を10日で下げる方法などをご紹介しました。 10日間で『脚やせ』 ですが、10日間あれば大丈夫!というのが、パーソナルトレーナーで柔道整復師の松井薫さん。 松井さんが提唱するのは、寝た状態で脚を動かす簡単なエクササイズです。 どんな動きかというと・・・ (1)まず脚を天井の方向に上げる。 なるべく脚と体が90度になるように。 (2)ここから特に太ももの内側の筋肉を引き締める『横パカ』の動き。 息を吸いながらゆっくり脚を横に開き、息を吐きながら脚を閉じる。 この開いて閉じる動きが1セット。 1日30セット行う。 (3)次に特にウエストの引き締めに効果がある『縦パカ』。 脚を片足ずつ、つま先とひざを伸ばしたまま、天井の方向に深呼吸しながら上げる。 これは片足それぞれ1日30回。 以上のエクササイズを視聴者代表の女性が10日間試してみました。 その結果、見事、両太ももとウエストのサイズダウンに成功しました。 注意!:妊娠中の方はこのエクササイズは行わないでください。 また腰に痛みがある方は必ず医師と相談のうえ行ってください 10日間でヒップアップ 子どもを出産して、体型の崩れが気になるという40代の女性。 垂れたお尻を元に戻したいという願いをかなえてくれたのは整体師の久嬢由起子さんです。 そのヒップアップ法はとてもシンプル! (1)お尻の割れ目にペンを挟み8秒間キュッと締める。 これを3セット。 (2)さらに、ペンを挟んだまま、その場で足踏みを8歩。 これを3セット。 コツはひざを体の 前に出すように足踏みすること。 (3)さらにペンを挟んだまま四つんばいになって、お尻を左右にクネクネひねる。 これを毎日3セット。 この運動を続けることにより、10日で3センチのヒップアップに成功しました 10日間で中性脂肪値を下げる方法 健康診断などで気になる中性脂肪値。 これもがんばれば10日で数値が下げられるというのが医学博士の栗原毅さんです。 そのカギの1つが食生活。 糖質をふだんより控えて、筋肉を作るためにたんぱく質を多くとる食事を心がければ、10日はおろか、3日でも数値の改善が見られるといいます。 番組では管理栄養士の麻生れいみさんが考案した、糖質を控え、たんぱく質をしっかりとり、中性脂肪を燃焼しやすくするお手軽アイデアレシピをご紹介しました。 カリフラワーピラフ.

次の

メール投稿フォーム|NHKあさイチ

あさ イチ 見逃し 今日

それが「10日間でできる!ボディーメンテナンス」。 「脚やせ」や「ヒップアップ」を10日で実現させるエクササイズや、気になる中性脂肪値を10日で下げる方法などをご紹介しました。 10日間で『脚やせ』 ですが、10日間あれば大丈夫!というのが、パーソナルトレーナーで柔道整復師の松井薫さん。 松井さんが提唱するのは、寝た状態で脚を動かす簡単なエクササイズです。 どんな動きかというと・・・ (1)まず脚を天井の方向に上げる。 なるべく脚と体が90度になるように。 (2)ここから特に太ももの内側の筋肉を引き締める『横パカ』の動き。 息を吸いながらゆっくり脚を横に開き、息を吐きながら脚を閉じる。 この開いて閉じる動きが1セット。 1日30セット行う。 (3)次に特にウエストの引き締めに効果がある『縦パカ』。 脚を片足ずつ、つま先とひざを伸ばしたまま、天井の方向に深呼吸しながら上げる。 これは片足それぞれ1日30回。 以上のエクササイズを視聴者代表の女性が10日間試してみました。 その結果、見事、両太ももとウエストのサイズダウンに成功しました。 注意!:妊娠中の方はこのエクササイズは行わないでください。 また腰に痛みがある方は必ず医師と相談のうえ行ってください 10日間でヒップアップ 子どもを出産して、体型の崩れが気になるという40代の女性。 垂れたお尻を元に戻したいという願いをかなえてくれたのは整体師の久嬢由起子さんです。 そのヒップアップ法はとてもシンプル! (1)お尻の割れ目にペンを挟み8秒間キュッと締める。 これを3セット。 (2)さらに、ペンを挟んだまま、その場で足踏みを8歩。 これを3セット。 コツはひざを体の 前に出すように足踏みすること。 (3)さらにペンを挟んだまま四つんばいになって、お尻を左右にクネクネひねる。 これを毎日3セット。 この運動を続けることにより、10日で3センチのヒップアップに成功しました 10日間で中性脂肪値を下げる方法 健康診断などで気になる中性脂肪値。 これもがんばれば10日で数値が下げられるというのが医学博士の栗原毅さんです。 そのカギの1つが食生活。 糖質をふだんより控えて、筋肉を作るためにたんぱく質を多くとる食事を心がければ、10日はおろか、3日でも数値の改善が見られるといいます。 番組では管理栄養士の麻生れいみさんが考案した、糖質を控え、たんぱく質をしっかりとり、中性脂肪を燃焼しやすくするお手軽アイデアレシピをご紹介しました。 カリフラワーピラフ.

次の

10日間でボディーメンテナンス 再構成|NHKあさイチ

あさ イチ 見逃し 今日

「安くて経済的!」だけど、「味はそこそこ・・・」なんてイメージのある「ひき肉」を特集。 そのうまみを逃さない絶品ハンバーグや、名店のそぼろ使い、さらに使い勝手がよくなる冷凍シートや、うまみが逃げない冷凍&解凍術などを紹介しました。 ウデはよく動く部位のため、身が締まっていて、うまみも濃厚。 しかし、半面、スジが多くて、かたく、食べにくい。 しかし、細かく切ったがゆえ、肉汁が失われがち。 ポイント(1)「冷やしながら練る」 1つ目のコツは、肉だねを冷やしながら練ること。 冷やしながら練ると、肉の繊維が強い網目構造を作り、肉汁をキャッチしてくれるのです。 練り終わりの目安は、ボウルに生地がつかなくなるほど、まとまったら。 一方、温度が20度以上に上がってしまうと、網目構造が弱まっていき、肉汁が逃げやすくなるので注意。 ポイント(2)「焼く前に表面をオリーブオイルで撫でる」 2つ目は、焼く前に肉だねをオリーブオイルで、なでて「スベスベ、ピカピカ」にすること。 ひび割れが減るので、肉汁が流出するのを防げるんです。 また、油でコーティングすることで、表面から水分も逃げにくくなります。 ポイント(3)「火はじっくり入れる」 3つ目のコツは、火をじっくり入れること。 急な加熱で肉が焼き縮み、肉汁が流れ出すのを防げます。 鶏ひき肉ほろほろ!伝統の「そぼろ親子丼」 江戸時代から250年以上続く、鳥料理専門店の8代目、山田耕之亮さんに鶏ひき肉でつくる「そぼろ親子丼」を教わりました。 おいしさのポイントは、鶏ひき肉に、たたいた「手羽先」や「くび肉」を混ぜること。 手羽先などの脂でジューシーな味わいになります。 また、煮ると出る余分な脂とアクを紙タオルで濾し、その煮汁を煮つめ、再び肉に戻すという「ひと手間」もポイント。 雑味が少なく、うまみは濃い、鶏そぼろを作ることができます。

次の