カルナ バイオ 株価。 カルナバイオサイエンスの将来性は?株価の今後の予想もしてみた

カルナバイオサイエンスとは?黒字&基盤技術保有のバイオの将来性は?

カルナ バイオ 株価

QUICKレーティング QUICKレーティングは、証券会社や調査機関のアナリストなどが付与した投資判断の平均値です。 「買い」や「売り」といった投資判断をマイナス2からプラス2までの数値に変換し、平均を集計しています。 プラスが大きいほど、アナリストなどが強気にみているということを意味します。 五つ星はプラス2、星ゼロはマイナス2を意味しています。 五つ星の下にある矢印は、直近1カ月以内に星の増減があったがどうかを示しています。 アナリストは業績成長を予想しているからといって、必ずしも「買い」の投資判断(レーティング)をつけるわけではありません。 業績の成長が見込めたとしても、すでに株価がその成長を織り込み、割高な水準まで上昇していれば「売り」をつけるでしょう。 一方、業績が低迷していても、その低迷を織り込んで割安と思える水準まで株価が下がれば、逆に「買い」の判断を掲げることもあります。 調査担当のアナリストがいない場合は算出対象ではありません。 算出には直近6カ月以内のデータを採用しています。 QUICKコンセンサス QUICKコンセンサスは、証券会社や調査機関のアナリストなどによる上場企業の業績予想の平均値(コンセンサス)です。 QUICKが独自に算出しています。 QUICKレーティングは、証券会社や調査機関のアナリストなどが付与した投資判断の平均値です。 「買い」や「売り」といった投資判断をマイナス2からプラス2までの数値に変換し、平均を集計しています。 プラスが大きいほど、アナリストなどが強気にみているということを意味します。 調査担当のアナリストがいない場合は、コンセンサスは算出対象ではありません。 企業が業績予想を修正した際、新たなアナリスト予想が収録されるまでは、参考値として業績予想修正前の値が表示されます。 日本経済新聞の記者や会社側の予想値ではありません。 なお、コンセンサス予想の算出には直近6カ月以内のデータを採用しています。 QUICKコンセンサスと会社側の会計基準は必ずしも一致しない場合があります。 また、決算期変更などのケースを含めて更新タイミングがずれる可能性があります。

次の

カルナバイオサイエンス(カルナバイオ)【4572】株の基本情報|株探(かぶたん)

カルナ バイオ 株価

現在は【強気買い】 予想株価 3,650円 と判断されています。 プロの証券アナリストによる売買予想・予想株価を掲載しています。 「カルナバイオサイエンスの2020年の業績予想」では、証券アナリストによる業績予想を掲載しています。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

カルナバイオサイエンス (4572) : 株価/予想・目標株価 [Carna Biosciences]

カルナ バイオ 株価

【 カルナバイオサイエンス】 26日終値1362円 【好材料内容は?】 2019年12月期の通期の業績の修正を行い、売上高は従来の12億4000万円から30億3800万円へ、営業利益は従来の16億5800万円の赤字から3億1300万円の黒字へ、純利益は従来の16億9300万円の赤字から2億1400万円の黒字へそれぞれ上方修正すると発表しました。 この事が好感されて26日には大きく株価を上昇させています。 【どんな会社?】 キナーゼたんぱく質の販売や受託試験などの創薬初期の支援事業を収益の柱としています。 【チャートで見た株価の流れは?】 『半年間のチャート』 半年間のチャートで見てみると 数ヵ月前までは1000円を越えていたのですが一ヶ月ほど前に1000円を切るとそのままズルズル下落してしまっていました。 『10年間のチャート』 そして過去10年間のチャートの推移を見てみると 2015年に一時6000円を越えるまで急成長を遂げますがそこからは元気のない展開が続いています。 スポンサーリンク 【直近の業績と今期のここまでの業績は?】 上にも書きましたが今期19年12月期の通期の業績予想は 売上高 30億3800万円 前年同期比4. 0倍 営業利益 3億1300万円の黒字 前年同期は11億4400円の赤字 純利益 2億1400万円の黒字 前年同期は12億1000万円の赤字 に対して今期2019年12月期第1四半期まで発表しており 売上高 1億6900万円 前年同期比19. 5%減益 営業利益 2億3300万円の赤字 前年同期は1億8800万円の赤字 純利益 2億3600万円の赤字 前年同期は1億9400万円の赤字 となっています。 【様々な指標から見た結果は?】 本日の終値時点の指標の数字を記載していきます。 『RSI』 RSI……89. 9% かなり高い数字ですね。 二日連続で大幅に上昇した影響で数字も一気に上がりました。 5% こちらもとんでもない数字になっています。 反落する可能性もありますが勢いがすごいのでまだまだ上がる可能性も秘めていますね。 『サイコロジカル』 サイコロジカル……58. 3% 今のこの数字が今後の株価に大きく影響することはないでしょう。 『移動平均線』 日足で見た移動平均線は 5日平均線が 【上向き】 25日平均線が 【上向き】 75日平均線が 【横ばい】 75日平均線は横ばいを続けていますがこの上昇基調が続けばすぐに上向きに角度を変えるでしょう。 【まとめ】 今回は通期予想の大幅な上方修正と言うような発表がありましたが、直近の目標としては 【来期以降も黒字を維持すること】を目指す動きになるかと思います。 今回業績を修正した背景としては、今回の修正発表と同時にアメリカのギリアド・サイエンシス社と研究開発中の新規ガン免疫療法の創薬プログラムの開発・商業化に関する契約を締結したと発表し、その対価として一時金約21億円を受領したことや、更に開発された医薬品の上市後は売上高に応じたロイヤルティーを受けとるとしています。 株価自体は先日の25日に大きく上昇し、翌日も買い気配で始まるなど非常に力強い動きになっており、今回の発表によって投資家の買いの勢いの高さが伺えますね。 第一四半期の発表を終えて上半期の業績の発表を控えたこの時期での業績の上方修正。 しかもその修正額が非常に高く、10億円以上あった赤字額を一気に黒字に転換させるほどの修正額とあって大きなサプライズとなっています。 業績修正の背景にもあるようにアメリカの会社と業務提携をし、一時金を受け取ったことによって修正しただけなら恐らくここまで上がらなかったと思いますが、今回の契約によって今後開発された医薬品のロイヤルティーを受け取れるということで売上高や利益関係にも大きく貢献しており、その点で今後への期待も高まったことが大きく株価の上昇に繋がっていますね。 今後の予想ですが恐らくまだこの上昇基調は続いていくでしょう。 それだけ大きな発表だったことは間違いないですし、カルナバイオサイエンスとしても大きく株価を上昇させた2015年以来の黒字着地を見込んでいるとあってまだ上っていくと思います。 しばらくは株価の上昇と利益確定の売りで荒い動きが続くと思いますので売買のタイミングを間違えないように注意が必要ですね。

次の