萌えイラスト。 Excessively Long Sleeves ♡ Girls Wearing Sweaters

萌えイラストへの嫌悪感を示すと「オタク差別」になるという事実<北条かや> (2018年10月12日)

萌えイラスト

曖昧さ回避• 「」の連用形。 のが出る様。 、もしくはの特定の、に対して用いられる。 ではほとんど2. の意味で用いられる。 概要 元々はやの特定のキャラクターに対する強いを表すとして自然発生した言葉らしいが、からにかけて徐々に一般にも浸透した言葉である。 使うによってその意味や規模・範囲が違うが、多くは 「対象に対してたまらなくいとおしい」感情を抱くことを意味する。 「萌え」の単語の由来は諸説あるが(の記事参照)、遥か昔から「萌え」に相当する感情(の記事参照)や、何かを愛しく思う感情を芽が萌え出る様子、何かを愛でる様子を芽に水をやる様子に例える表現はあったとされている。 萌える対象はなんでもありだが、「萌え」は 女の子らしさを感じさせるもの、保護欲をそそられるものに使われることが圧倒的に多い。 例えば、少女、小動物、ファンシー・メルヘンチックなデザインなどの、一般的に綺麗、かわいいと形容されるものを連想されやすい。 またらマニアックな領域になると渋いオッサン、、系などに萌えを感じる強者も存在する。 専門的な知識を要する界隈だと世界観、雰囲気、無機物のように、キャラクター以外に使われることもある。 自分が萌える萌えないに関係なく、多くの人が萌えがちなデザインそのものを「萌え」ということもある(前述の萌え絵もその定義でできたもので、大きい目、華やかなアクセサリー、メイド服や巫女服などの、いわゆるステレオタイプに該当するデザインが挙げられる)。 やののキャラクターに感じる感情が「萌え」なのか「」(格好いいものに憧れて、心がエネルギッシュに燃え上がる気持ち)なのかはよく議論され、前述の美少女キャラに感じる「燃え」もわずかながらに存在しているという。 一般にもこの言葉が浸透し「萌え」という概念が「オタク」や「アキバ系」の代名詞となっていくにつれて、ネットスラングとしての「萌え」の利用は徐々に減少・敬遠されるようになり、2010年代後半以降はほぼ死語状態となっている。 現在のネット上では、「このイラストは萌える 動詞用法 」「萌え〜! 感嘆詞用法 」「メガネっ子萌え ポジティブな意味での付加語 」などと利用することは少なくなりつつあり、逆に「」など、 少なからず侮蔑的な意味合いを含む ネガティブな意味での付加語として使われる事がほとんどになった。 関連イラスト.

次の

萌えイラストへの嫌悪感を示すと「オタク差別」になるという事実<北条かや>

萌えイラスト

先月、シュナムルさんという方が、Twitterでライトノベルの表紙に描かれた「萌え絵」に不快感を示す主張を繰り広げて「炎上」した。 (参照:) 以来、ここ1ヶ月ほどTwitterをチェックしているが、先日はNHKのサイトで「バーチャルYouTuber」の「キズナアイ」が採用された件が批判され、議論は多くの論者を巻き込んでさながら戦争のようになっている。 「 萌えイラストは性差別だ」と主張するフェミニズムやフェミニズムに近い考え方をする人たちと、「イラストは性差別ではないし、オタクコンテンツを排除しようとするフェミは 表現の自由に反している」と反発するオタク、またオタクを擁護する人たちとの溝は深まるばかりだ。 当コラムでは先月、「 表現規制を支持するつもりはない」と前置きした上で、次のように述べた。 願わくば、そのイメージの貧困さを、消費する側の人たちから納得のいく説明として聞きたい。 議論がしたい。 あなたたちは何を欲望しているのか、いないのか。 私のイメージが貧困であるとすればなぜなのか。 表現の自由を許容しない「誰か」を、一方的に責めるだけでは前に進まない。 個々人が自分の言葉で、それぞれにとっての「自由」を定義しあう社会を、私は待ち望む。 私は巷にあふれる萌えコンテンツを、規制しろとは思っていない。 生身の女性を出演させるAVと違って、イラストは具体的な他者を傷つけている可能性があるとまではいえないからだ。 しかし、ある種のアニメ風タッチで描かれた女性像を見ると、嫌悪を感じるのも事実である。 この感覚は昔、男性に無理やりアダルトビデオを見せられたときの感じとよく似ている。 男性が理想とするような女性像があふれ、社会からの押し付けに感じられて自己を侵食してくる。 私にとっては抑圧的に感じられるのだ。 しつこいほどに主張したいが、萌えイラストの類は規制できないし、する必要もない。 しかしそういうコンテンツを好む男女と議論することで、私自身の萌え絵に対する印象は変わるのではないかと考えた。

次の

児童書がエロい!?「萌え絵」本は教育に悪影響を及ぼすのか

萌えイラスト

気に入った絵をひたすら模写 単純にこれが一番効いたと思います。 まずは自分の目標に近い絵を探します。 これが一番大切なので、ちゃんと時間をかけて探しましょう! 「こういう絵が描けるようになりたい!」と思える素敵な作品をできるだけ多く見つけてください。 あとは、それらを模写するだけ。 アナログでもデジタルでも良いのでそれをできるだけ忠実に。 上手くいかなかった部分は消して書き直して、できるだけ再現しましょう。 何度も消して書いてを繰り返すのでデジタルの方が良いかも これをできるだけたくさん繰り返してください。 上手く描けなくても問題ありません。 全くの初心者であれば、最初のうちは人間っぽいものを描くことすら難しいのが普通です。 そっくりとまで行かなくても、「似た萌えイラスト」レベルまで描けるようになるまで 100枚以上は練習が必要ですからかなり根気が要ります。 気に入った絵を模写するというのは、 「自分が描きたいイラスト」を描くための一番の近道です。 とはいえこれを繰り返しても、背景や物体、リアル画は上達しません。 あくまで、目標へ向かうための努力です。 人体ポーズをひたすら模写 好きなイラストを模写するだけでは補えない技術もあります。 R18イラストでもなければ、大抵は 服を着た人物画の模写ですからイラスト模写だけでは人体の描き方を理解できません。 模写がこなせるようになったら自分のアイデアをイラストにしていくわけですが、これが非常に分厚い壁 ポージングや服装を自分で考えるときに 裸の人体がどうなっているかをイメージできないとイラストに描き起こせないんです。 そういうわけで、早いうちから人体ポーズの模写は練習しておくことをお勧めします。 モデルになる人体を探せるサイトはが有名です。 漫画やイラストで使われがちなアクションポーズが男女別、視点別にたくさん掲載されているので気に入ったポーズをどんどん模写していきましょう。 萌えイラストに特化したものだと以下の本がオススメです。 僕は実際にこの本を買って大量に模写練習しました。 萌えイラストの定番ポーズが説明付きで押さえられているのでよい座学にもなります。 アイデアはとにかくイラスト化して公開する 模写は他人のアイデアなので、公開はグレーです。 模写だと明記しても権利元の人が迷惑だと感じる可能性はあります。 しかし、自分の考えたポーズでイラストを描くのなら公開は自由。 というより、どんどん公開すべき。 歴の長い上手な絵描きさんの作品一覧を遡ってみるとよくわかりますが、 ものすごい数のイラストを公開しています。 そして、その人の一番古い投稿イラストを見つけてください。 上達していることがハッキリと分かります。 上手にイラストを描けるようになりたければ、この人たちと同じように 作品数を積み重ねる必要があります。 「数をこなすだけなら公開は必要ないでしょ?」という意見にも一理あります。 ただ、公開しなければ「 仕上げ」の練習ができません。 どこまでやったら公開するか、どういう手抜きなら許されるのかというのは、公開用のイラストでないとなかなか意識しないもの。 目まぐるしく情報が入れ替わるSNS上で目を引くイラストを描けるようになるためには、 公開用の仕上げも数多く経験する必要があります。 リアル絵の精密デッサン 美大のカリキュラムには必ず含まれていると思います。 着色まで含めた基礎基本を学ぶのには最適な練習法でしょう。 いわゆる神絵師と呼ばれる人たちは大抵デッサン力が高く、SNSで練習デッサンを公開していることもあります。 デッサン力=画力という理論もよく見るので、昔は僕もデッサンの練習をしていました。 この練習は間違いなく意味はあったのですが、 僕が目指している路線ではあまり役に立っていません。 精密デッサンは陰影に気を使いつつ、可能な限り正確に紙に絵を鉛筆で模写していきます。 当然ながら1枚の絵を仕上げるのに膨大な時間がかかりますし、鉛筆での陰影のつけ方にはコツがあるので最初は思うように描けません。 画力の向上よりも、最初のうちは鉛筆での着色練習に時間がかかったりしてイライラしてしまうかも。 アナログ絵にこだわりがある人なら良いでしょうが、デジタル専門で良いのならこれは有意義な時間とは言えません。 萌えイラストを描きたくて練習している人にとって リアル画の練習はモチベーション減の要因になり得ます。 描くのが嫌になるくらいだったら、こういう地道な練習は避ける方が良いと思います。 30秒ドローイング さんで公開されている無料のイラスト練習アプリです。 結構有名な練習法 30秒ごとに異なるポーズのマネキンが表示されるので、それらを連続で模写していく練習 ゲーム感覚で練習でき、テンポよくいろいろなポーズの練習ができるのがメリット 友達と一緒にやって、できた模写集を見せ合ったりすると面白いです。 ただし、 イラスト初心者にとってはかなり敷居の高い練習方法だと思います。 初心者が30秒以内に人間のポーズを模写するのは殆ど不可能で、描き終わる前に次々と画像が入れ替わってしまいます。 答え合わせをせずに問題集を解き続けているような中途半端な状態になり、失敗経験だけが積み重なりがちです。 出てくるポーズも数が多いだけあって、あまりイラストで使わないポーズも出てきます。 初心者がイラストを描けるようになるためには魅力的な定番ポーズを押さえるべきなので、ランダムなポーズ練習もお勧めできません。 人前でサラサラ絵を描けることに強い憧れがあるのなら基礎力向上とスピードアップにオススメできますが、 萌えイラストの公開を目指すだけなら他に優先すべき練習があると思います。 手書きで背景 いわゆる神絵師のイラストは背景まで美しい。 対して、初心者のイラストは単色や白背景ばかり。 やはり背景も練習しなければ!なんて思う人も多いはず。 もちろん描ければよいのは間違いないですが、背景イラストというのは言い換えれば「風景画」のこと。 初心者は目標の萌えイラストすらおぼつかないのに、 ここでまた新たなジャンルに手を出すなんて無謀です。 風景画を専門に練習している画家さんもいるくらいですから、片手間で形にできるような甘い世界ではありません。 イラストに背景をつけたければ ラクに出来る写真加工の方法を学ぶか、良い素材集を探すことに時間を割くべし! 「 そんなのずるい!」と思う人もいるでしょうが、現実を見るべきです。 趣味絵描きがそんなにマルチな技術は身に着けられません。 それに、素材の利用はプロのイラストレーターさんなんかも実際にやっていることであり、 権利などを理解した上で使えば何の問題もありません。 趣味絵描きは目標を見誤らないこと! 小さいころから絵を描き始め、美大を出て上手に絵を描ける人達というのは もう完全に別次元の存在です。 この経験年数は努力ではまず覆りませんから、同じように描けるようになろうとは思わない方が良いです。 「自分の描きたい絵はどんなものなのか」をできるだけ正確にイメージし、それを描くための練習に絞りましょう。 他の部分はイラストアプリの機能や配布素材を最大限活用して時間を節約すべきです。 そうでなければ仕事との両立なんて厳しすぎる。 とは言ったものの、有名な練習方法はどれも画力の向上には結びついてきます。 たまに違う練習をしたくなったときなどは、やってみると新しい世界が開けるかもしれません。 何より大切なのはモチベーションを傷つけないこと。 挫折せずに何年も続けていけるような練習方法こそが理想的です。

次の