閉所 恐怖 症 mri。 閉所恐怖症の人のMRI検査

MRIが怖い。閉所恐怖でパニックにならない対策(体験談)

閉所 恐怖 症 mri

Contents• MRI、怖い!!! MRI当日、検査用の服に着替えてMRI室へ。 部屋に入るとちょっと緊張しましたが、機械の上に横になって技師の方が私の顔にクッションやら機械やらを取り付け頭を固定・セッティングするうち、腹をくくって落ち着いて横になっていました。 「20分くらいで終わりますからー。 なんか異常感じたらすぐにブザー鳴らしてください。 」 と言われ、手にブザーを持たされる私。 (この時はまさかブザーを鳴らすハメになるとは思いもしなかった) 「では、動きますよー」 という声と共に、頭がMRIの機械の中へ。 「ゲッ!!顔から近い!!やっぱり近い!!!圧迫感が半端ない!!」 ギョッとして不安感を拭うために急いで目を閉じる私。 「落ち着け落ち着け」と言い聞かせはするものの、なにやら心臓のドキドキと胸騒ぎが始まる。 そして、あの機械音が聞こえ始める。 ビービービービーガンガンガンガン・・・・ 「あーキタキタ・・・」と思いながら少しでも気をそらそうと、脳内カラオケ。 が、、、 ぜんっぜん気が紛れない・・・ 今日の夕飯の事考えよう! ブログネタ考えよう! ・・・やっぱり、それどころじゃない。 怖くて何も考えられない・・・ そのうち、心臓のドキドキが止まらないことも手伝って体全身が怖いという感情に支配される・・・ 閉塞感と圧迫感で身動きが取れなくて怖い、音も怖い、目を閉じるのも辛くなって目を開けたいけど開けると見える目の前の機械が怖い・・・ おまけに去年感じた恐怖を思い出し、恐怖が倍増。 と、恐怖がピークに達し、 脈拍が突然上昇、うまく呼吸ができなくなって頭が沸騰したように熱くなってきて変な汗が吹き出て口の中の水分が蒸発。 検査中一人静かに大パニックに。 「ぎゃーー!!!助けてー!!!!ここから出してー!!!!怖いーーーー!!!!」(心の声) 「ビーーーーーーー」 思っきしブザーを押してました。 (苦笑) 多分5分たったかたたないかくらいです。 「どうしました!?大丈夫ですか?」 と聞かれ、 「すみません、急に怖くなってしまって・・・(ゼェゼェ)喉もカラカラで・・・」 と言うと、 「大丈夫ですよ、たまにいるんですよねー閉所恐怖の方。 2回目やってダメなら中止にしましょう。 」 と。 まさかの、予想外の中断となりました。 私の代わりに先に他の患者さんに検査を受けてもらっている間、水を飲んで本を読んだりして少し平静を取り戻した私。 もし2回目失敗したら検査できてないのに検査代取られて損するし他の患者さんにも迷惑がかかるな・・・なんて事を考えながら、次は恐怖心に駆られないように即席ですが対策を練りました。 MRI閉所恐怖パニック対策その1 ・視界を遮る『アイマスク』をする 都合よくアイマスクなんて持ってなかったですけど、 ハンカチを目の上にかぶせました。 MRIの機械の中に入る前に事前に目を覆ってください。 そして機械が中に入っていく前に深呼吸。 MRIに吸い込まれていく感覚もさほど感じず、これだけですっごく安心感があります。 目を閉じてなきゃいけない(閉じてないと怖い)!と思うとそのプレッシャーで逆にうまく閉じれなくなってしまったので、ハンカチを目の上にかぶせてると目を開けた時にも機械が見えなくて安心できたし、いつでも目を開けれてもいいという安心感も。 ハンカチに アロマオイルなんか垂らして香りづけしておくと、匂いの効果で精神が安定してもっといいと思います。 MRI閉所恐怖パニック対策その2 ・精神を落ち着かせる『4・7・8呼吸法』を実践 どうにかして落ち着く方法はないかと色々検索していたら、 4・7・8呼吸法でパニックを落ち着かせるという方法を発見。 やり方は簡単。 完全に息を吐き切る• 口を閉じ、ゆっくり鼻から息を吸いながら4秒数える• 7秒息を止める• 8秒数えながら、口からスーと音を出しながらゆっくり息を吐き切る。 でも、多分寝る前とか比較的リラックスしてる時だと4・7・8でいけるんですけど、緊張状態だと呼吸が荒くて4・7・8がうまくできなかったんですねー(汗) なので、私の場合、 「 2・2・ゆっくり息全部吐き切る」てな感じで呼吸してました。 これでも、不思議とだんだんとリラックスしてきましたよ。 そしてポイントは、 余計な事を考えずカウントのことだけ考えるように手の指でトントンしながら集中すること。 恐怖心がどんどん薄れて、「あれ?なんでさっきあんなに怖がってたんだろー」なんて考える余裕も出てくるように。 MRI閉所恐怖パニック対策その3 ・音が怖い場合は『耳栓』 MRIで怖いのは、閉所の上にうるさい音。 私は呼吸法でリラックスしたら不思議と音が気にならなくなりましたが、音が怖いかたは念のために耳栓をしておくことをおすすめします。 MRI閉所恐怖パニック対策その4 ・薬に頼る 何をしても怖い場合は、ドクターに相談すれば閉所恐怖症用の 抗不安薬(精神安定剤)を出してもらえる事もあるそうなので聞いてみてもいいかもしれません。 薬でうとうとしている間にMRIを終えたという情報も目にします。 小さい子供の場合は、動いてしまうのを防ぐために ウトウトしやすいように、前日眠らないという手もあります。 閉所恐怖症の人にはオープン型MRIがおすすめ 今は閉所恐怖症の人のために開放的なデザインのMRIを導入している病院もあるので、自身で病院を選んで受けに行くことも可能です。 閉所恐怖を和らげる新しいタイプのMRIに、 オープン型MRIがあります。 従来のトンネル型は超伝導磁石で、オープン型は永久磁石という違いがあるようですが、オープン型には色々とメリットがあります。 開口部が大きく、「やさしい」。 筒状ではないため、恐怖感がない。 閉所恐怖症の方にもおすすめです。 検査時間が【15~30分と短い】(検査部位により差が生じます)• 磁場強度 0. 4 テスラにより【質の高い画質】が実現。 出典: イメージとしては下の画像のような感じです。 こちらは「APERTO Eterna」という種類のオープン型MRI(日立)ですが、他のメーカーからも色々出ています。 出典: 国内の病院では1000以上の病院で導入されているので、どうしてもトンネル型が無理な場合はこのようなオープン型のMRIを導入している病院で検査することもできますね。 MRIは怖いけど、対策すればなんとかなる めちゃくちゃ怖かったMRI。 一度中断したものの、アイマスクと呼吸法で何とか乗り切ることができました。 怖い、怖いと思っているとだんだん呼吸が浅くなり、気がつかないうちに息を吸おう吸おうとして過呼吸気味になってしまう。 それがパニックの原因だったりします。 息をゆっくり吸ってゆっくり吐くという事に意識を向けると少し落ち着いてきますよ。 閉所恐怖症の方、MRIが怖いって方、無事MRIを克服できますように!.

次の

閉所恐怖症の症状や原因と治し方【パニック障害との違いは?】

閉所 恐怖 症 mri

閉所恐怖症の症状 閉所恐怖症は身動きがとれないような狭い空間にいると、異常なまでの恐怖感や不安に襲われてしまうなかなか特殊な心の病です。 とにかく不安に押しつぶされそうになるので、苦しさをずっと感じるのですが、我慢しきれなくなるとパニック発作を起こします。 この身動きできない狭い空間は 電車・バス・飛行機・車・MRI検査・カプセルホテル・映画館・エレベーターなどが該当し、日常生活で非常に大きな障害となってしまいます。 また、全身を強く圧迫するような感覚も駄目で、ウェットスーツのような圧迫感があるものや窮屈な服装も厳しいようです。 フルフェイスのヘルメットのような閉塞感があるものも苦手となります。 これらの狭いと感じるような状況に陥ると、 極度の恐怖から動悸が激しくなってしまったり、自律神経が著しく乱れることで過呼吸を引き起こすようになったりします。 過呼吸になって過換気状態になると二酸化炭素がたくさん入ってくるようになるので、けいれんやしびれといった症状が出るようになって意識困難にまで陥ることがあります。 他には自律神経が大きく乱れるので、交感神経が異常に刺激されて暑いわけでもないのにたくさん汗が出てしまったり、汗によって体温が奪われてしまうことで体が冷えて震えることもあります。 空間認識力も突如として乱れますので、地に足がついていない感覚に陥りフラフラとしてしまう人もいるでしょう。 このようにいろんな症状をもたらす閉所恐怖症は 人口の1割弱ほど存在していると言われており、芸能人ならば北斗晶さん・GACKTさん・勝俣州和さん・NON STYLE石田さん・瑛太さんが閉所恐怖症で有名です。 閉所恐怖症とパニック障害との違い 閉所恐怖症とパニック障害はメンタル的な不安感から発生し、症状も似ています。 しかしその恐怖の対象が異なりますので、明確な違いがあります。 閉所恐怖症というのは狭いと感じるような空間や状況そのものに恐怖することで発症するのですが、 パニック障害はその閉所恐怖症などで引き起こされる発作などを恐れる結果発生する障害です。 このように恐怖の対象が異なりますが、狭い場所でパニック発作が発生してしまった結果、狭い場所に恐怖心を抱いてしまって閉所恐怖症になるというパターンもありますので、両者はかなり密接な関係にあります。 閉所恐怖症になる原因 メンタル的な部分が非常に大きいのがこの閉所恐怖症なので、 メンタル的に不安になる状況に追い込まれてしまったという過去があると発症しやすいようです。 たとえば、 エレベーターのような場所に長時間閉じ込められてしまって、飲まず食わずで大変な思いをしてしまったというトラウマが残ってしまうような体験が原因となったりします。 これらのトラウマになるような原因というのは感情豊かな幼少期に受けたときほど大きな爪痕となりますので、子供のうちに閉鎖空間で苦しい重いにあったという状況を作ってしまうことで閉所恐怖症になる確率も上がるのです。 Sponsored Link もちろん、大人になってからも 地震などで閉所に押し込まれて恐怖感を味わうような思いをしてしまったといったトラウマ体験があることで閉所恐怖症になってしまうケースもあります。 ちなみに、このようなメンタル的なトラウマがあるとセロトニンやノルアドレナリンといった神経伝達物質のバランスが崩れるという医学的なデータもありますし、恐怖を感じる脳の扁桃体という部分がものすごく活発に動いてしまうことでパニック発作に繋がってしまうというデータもあるのです。 閉所恐怖症の治し方【薬で治る?】 閉所恐怖症を克服する方法は、心理的トラウマを乗り越えるしかないので、脳に対する強烈な刷り込みを薄れさせるための努力をする必要があります。 そこで一般的な治療として推奨されているのが、実際に 体験させて体に慣らせていく暴露療法です。 かなり危険な方法ではありますが、克服するためには己の気持ちと体と脳で「怖い場所ではない」とはっきり認識できるようにしなければいけません。 ただし、一人でやると失敗することもありますので、 必ず専門医の指導のもとで行いましょう。 このようなメンタル的な治療は薬を使ってどうにかなるものではないので、薬物療法は基本的に行いません。 ただし、 一時的な不安を取り除くために抗不安薬などを用いることはあるようです。 また、薬を持っていると安心できるという人も世の中には多いので、安心材料の一つとして抗不安薬を用意しておくという方法もあるようです。 もちろん、これらの対応についても医師と相談のもとに行います。 オープンMRIとは? 閉所恐怖症の人は狭い空間や狭いと感じる状況から離れることで心理的な圧迫状態にならなくて済むのですが、これが回避できない状況というのが得てして発生します。 その一つがMRI検査です。 しかし、現代医療では 閉所恐怖症の方々でも安心して検査を受けられるようにオープン型のMRIが登場しており、広く開放した環境で検査が受けられるようになりました。 いわゆる、 一般的なトンネル形のMRIではなく横側が大きく空いているのです。 開口部が広いので手術中の撮影にも使えるという利点もありますし、子供の検査に保護者も簡単に付き添えるという利点もあります。 もちろん、すべての病院に備わっているというわけではないので、MRI検査を受ける予定があるという方は事前に確認した方がいいでしょう。 かなりコンパクトなMRI検査機で性能もトンネル形のMRIとほとんど変わらないと言われていますが、MRI装置の値段は7500万円という情報もあり簡単に入れ替えられるものではないようです。 閉所恐怖症の改善を目的とした次のようなDVDがございます。 黒田めぐみ 出演 閉所恐怖症の症状や原因と治し方【パニック障害との違いは?】のまとめ 以上、いかがだったでしょうか。 今回は閉所恐怖症に関連することついてお伝えいたしました。 閉所恐怖症は克服することが出来ますが、それはトラウマを克服するというものでなかなか難儀してしまうのが実状です。 トラウマを簡単に克服できるわけないので、現時点では容易に治せるものではないとされていますが、将来的にはもっと簡易的に治せるものになるのでしょうか。 医学が進化して薬や医学用品も進化しているのですが、このような閉所恐怖症といったメンタルの部分に関する治療法というのはなかなか進化していないように感じてしまうので、将来的にも大きな進化があるとは考えづらいのが悩みの種です。 いつかは機械に入るだけで、うつ病も閉所恐怖症もパニック障害も高所恐怖症も簡単に治せるような未来がくることを望みたいと思います。 カテゴリー•

次の

脳のMRI時間って何分?閉所恐怖症は薬で対策?

閉所 恐怖 症 mri

閉ざされた狭い場所などにいることに過剰な恐怖心を感じる 閉所恐怖症。 そんな症状をお持ちの方が、一種の密室である MRIに入り検査を受けることは精神的にも大きな負担となってしまいます。 特に脳ドックで行われる脳のMRI検査では、狭い空間に頭から入らなくていけません。 その様な 閉所恐怖症の方への MRI検査での対策にはどのようなものがあるのでしょうか? また、 オープン型MRIとはどのようなものでしょうか? そこで今回は、• MRIでの閉所恐怖症の対策は?• オープン型MRIとは?• MRIでの閉所恐怖症の対策に睡眠薬や麻酔は使用できるの?• 閉所恐怖症は克服できるの? 以上についてまとめました。 主な対策として、以下のものがあります。 薬(鎮静剤や睡眠薬など)を使用する方法• 閉所での恐怖感を和らげる工夫• 他の検査法や機械を用いる方法 それでは、以下に詳しく説明していきます。 薬(鎮静剤や睡眠薬など)を使用する方法 鎮静剤や睡眠薬などを使用して検査の間、眠ってもらう方法です。 閉所での恐怖感を和らげる工夫 閉鎖感を減らすためにアイマスクを配布し、耳栓もしてもらい閉所での恐怖感を和らげます。 他の検査法や機械を用いる方法 どうしてもMRIによる検査が困難な場合は、稀ですがMRI検査を断念し、X線を使用したレントゲン装置やCTスキャナー装置による検査を行うことがあります(その場合はその日はMRIは中止して、後日再検査となることもあります)。 また、密室に近い空間に入っていく従来のMRI装置ではなく、よりオープンな オープン型MRIによる検査を行なう方法があります。 (これについては次にご説明します。 ) 閉所恐怖症の人は検査前にその旨を伝えることが大事 脳ドックの際は頭部からMRI装置に入ることになりますので、人によってはこの状態でパニックになってしまい検査が出来なくなってしまう場合もあります。 ですので、閉所恐怖症の人はMRIの検査前にそのむねを検査技師などにきちんと伝えておく必要があります。 関連記事) では、次にオープン型MRIについて見てみましょう。 オープン型MRIとは? MRIという機械はトンネルの中に身体を入れて行くというイメージがあり、そのことに対し非常に大きな不安を抱えてしまったり、恐怖感を抱いてしまう方もいるようです。 そんな従来のものに比べて、 恐怖感を与えずに診察を行えるようになったのがオープン型MRIというタイプです。 オープン型MRIの特徴• 狭さに恐怖を感じる方に対して作られており、恐怖感やパニック感から開放され安心して診察出来る。 トンネル型ではなく、周りが切り開かれた状態のままで、MRIによる画像所見を行える。 トンネル型と違い開口部が広いデザインで、関節を動かしながらの撮像や手術中の撮像など特殊な検査にも応用されている。 小さいお子さんの検査の際には保護者が付き添える利点もあり、親子共に安心して検査に望む事が出来る。 性能においても従来のトンネル型とはほとんど差がないとされている。 百聞は一見に如かず!ということで実際の動画を見ていただいた方がわかりやすいと思います。 医師が必要と判断した検査でしたら、睡眠薬や麻酔薬などを使用する場合もあります。 まずMRI検査を受ける前に、 担当の医師に睡眠薬や麻酔薬などを使用できるか相談して下さい。 また、検査内容によっては、他の方法(CTなど)で代用できる場合もあります。 しかし、検査後もしばらくはボーっとした状態が続きますので、車の運転などは出来ません。 使用する薬剤や注意点は、胃カメラや大腸カメラで使用する静脈麻酔(鎮静薬)と同様です。 ただ、そこまでしてMRI検査を受ける必要があるかは、担当の医師とよく話し合うようにして下さい。 閉所恐怖症は克服できるの? 閉所恐怖症とは、閉ざされた狭い空間や場所に身を置くことに極度の恐怖を感じる症状のことです。 ちなみのこの場合の閉所とは、以下の通りです。 エレベーターやトイレの中• 締め切った部屋• 車やバス、電車、飛行機などの乗り物• トンネルなどの入ったらすぐには出れない場所• 身動きがとれない狭い空間 症状は人それぞれで、極度の発汗、吐き気、全身または手足のしびれ、めまいなどで、酷い場合は発狂して叫んでしまう事もあり、異常に恐怖や不安を感じます。 いくつかの方法がありますので以下にご紹介します。 自然(自己)治癒力を信じることが大切 閉所恐怖症を克服するには、ある程度の時間がかかることを理解して真剣に治療に取り組む気持ちが大切です。 時間はかかりますが、ご自分の治癒力を信じ、 治そうという強い気持ちを持ち続けることが大切です。 専門医の力をかりることも必要 病気を治すのはご自身ですし、治そうという強い気持ちがあれば閉所恐怖は治ると言われています。 しかし間違った治療法では一時的に症状を悪くさせてしまったり、時間を必要以上に要する事になります。 ですから、 専門家に診断をしてもらい、相談しながら適切な治療を進める事も大切です。 適切な処方のもと薬物の服用も考慮 薬物療法に対してネガティブな考えや副作用などを心配する方もいますが、 適切な処方で服用するのであれば心配はありません。 ただし、医師の指示に従い正しく服用することが大切です。 周りからの理解と協力 閉所恐怖症を恥ずかしいことではありませんし、一人で悩むことは、病状をさらに悪化させる原因になります。 周囲の方に閉所恐怖症である事を伝え、症状が現われる可能性のある状況や場所では家族や友人に助けを求めて下さい。 共に助け合うのが家族であり、友人なのですから、 周りの理解を求める事も大切です。 関連記事) まとめ• MRIでの閉所恐怖症への対策はあるので、検査前に閉所恐怖症である事を伝えておく事は大切である。 オープンMRIとは、閉所での恐怖感を与えずに診察を行えるタイプのものである。 睡眠薬や麻酔などを使用してまでMRI検査を受ける必要があるかは、担当の医療スタッフとよく話し合うべきである。 閉所恐怖症とは、閉ざされた狭い空間や場所に身を置くことに極度の恐怖を感じる症状のことだが、克服することは可能である。 閉所恐怖症だから、MRI検査に対して大変な恐怖感を懐いている方や検査自体を拒否されている方も多いと思います。 しかし、今回ご紹介しました様に、閉所恐怖症の方のために 色々な対策や オープン型MRIも導入されています。 ですから、まずはお受けになる医療機関の設備や方針をしっかり確認され、不安事項を取り除いて検査に臨まれて下さい。 また、閉所恐怖症は克服できますので、諦めずにご自分を信じて前向きに治療に専念することも大切です。 カテゴリー• 141• 103•

次の