ワンパンマン 村田 175。 ワン パンマン 175 話

[第170話] ワンパンマン

ワンパンマン 村田 175

15,983• 3,761• 7,695• 2,043• 218• 1,700• 501• 620• 169• 119• 11,600• 107• 1,515• 1,593• 545• 288• 374• 544• 132• 277• 394• 198• 300• 228• 334• 451• 214• 128• 106• 446• 240• 117• 139• 2,248• 804• 402• 116• 272• 171• 151• 131•

次の

ワンパンマン【165話】最新話(村田版)のネタバレ!姉妹の活躍

ワンパンマン 村田 175

オロチと融合したサイコスをタツマキが地殻ごと持ちあげ、今回から本格的にサイコスvsタツマキ戦の開始です。 今回も作画がすごい事になっています。 サイコスの戦闘描写 出典:ワンパンマン175話より オロチと融合したサイコスが今回から遂に本気で戦ってるわけですが、大した溜めも無く発射したビームで地球の表面を切り裂いています。 描写だけでいったらサイタマのマジ殴りに匹敵します。 まあ当然サイタマには絶対に勝てないでしょうけど、少なくともボロスぐらいの強さはあると思います。 (というか超えてそう) ボロスでさえ一応竜に分類されてましたが、正直ここまでの破壊力持ってたら災害レベル神で良いと思います。 だってこれ地球の核に向かって撃ったら地球壊せますから、人類滅亡どころの話じゃ無いですよ。 神 出典:ワンパンマン175話より サイコスがオロチと融合した時に、おそらくホームレス帝の前に現れたであろう神が力を与えたそうです。 出典:ワンパンマン175話より サイコスが全ての生物を吸収したらやがて星1個の完全生命体になれるとか言ってますし、もしかしたら既に地球やその他の惑星も生命体なのかもしれません。 出典:ワンパンマン1話より 1話に出てたワクチンマンやちょいちょい出てくる災害レベル竜の怪人も地球意志とか言ってましたし、地球が明確な意図をもって人類を滅ぼそうとしているのかもしれません。 ただ、「 そんな力あるなら自分で滅ぼせや」って話になりますし、今回のサイコスみたいに力を与えた結果地球をぶっ壊しちゃってるので方法が回りくどい気もする。 ワンパンマンってすごく単純なストーリーなのですが、地球意志や怪人の増加によって人類を滅ぼそうとする流れだけは最初から一貫しているので、終盤でどのような畳み方をするのか気になります。 あとサイタマの強さが惑星由来の物だと何となく嫌なので、あくまで怪人と戦い続けてリミッターを外したという設定はそのままであってほしい。 今後の展開 出典:ワンパンマン175話より 原作通りならサイコスはタツマキにやられるわけですが、ここまで強くしてしまうと普通に勝たせるのは無理な気がします。 また、このままだとこの後に控えている幹部たちや覚醒ガロウがショボく見えてしまう可能性があるのでその辺りどうするのか。

次の

【ワンパンマン】村田版ワンパンマン175話が近日公開予定 楽しみだな! : あにまんch

ワンパンマン 村田 175

凄すぎた マジか…地球の一部をカットしちまうほどの光線を出すとは…。 そんなことできるのはサイタマだけだと思ってたのに。 え?災害レベル竜を上回ってるんじゃね? しかし驚くべきは、地球の一部を破壊したこと以上に、 タツマキが汗をかいているという事実!郭海皇のパンチを避け汗を流した範馬勇次郎と同じく、汗を一切かかない強者がひとしずくでも汗をかいたとき、「ああこいつすげェ強いんだな」って感じるのです。 それでもどこか、どうしてか… 巨大化&おぞましい姿になり、地球を破壊できるほどの超強力光線が出せる…それでも何故だろうか…弱者感が抜けないのは。 確かに、タツマキが汗を一瞬流したので、ヤバイなこいつ…とはなったんです。 なったんですけれど…その後が悪い。 偉大な存在に選ばれたから巨大な力を授かったとか、天命を悟ったとか、いかにもすげェ強くなったという自分自慢は ワンパンマン的に言うとやられる一歩手前状態。 セリフがすでに弱者なんや…。 それでいて、タツマキに言い負かされるという。 タツマキのほうがよっぽど説得力あるぜ!超能力者になって心構えがなってないから妙なのに口説かれる…。 結局力もらってる時点で誰かに助けてもらってる状態… タツマキいわく、誰かが助けてくれると思っちゃいけないの!…原作版読んでると、どこか心にしみるセリフですな…。 さあ、ここからどうなっていくのか…すでに原作版を超えるスケールになってきているだけに、この戦いの結末はどうなるかわからない。 さあ、一体どうなるか…?(意外とすんなり負けそうと思ったことを素直に告白しつつ).

次の