鉄血 の オルフェンズ ウルズハント。 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズGの配信日と事前登録情報

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ

鉄血 の オルフェンズ ウルズハント

ゲームの内容も少し公開されており、公式スピンオフ作品となる『 ウルズハント』と 完全オリジナルゲーム『 鉄血のオルフェンズ』という 2つのゲームの存在が明らかにされました。 『ウルズハント』では新規アニメーション付きのストーリーとモビルスーツのバトルが楽しめる内容となっています。 新規アニメーションは アニメワンクール以上のボリュームで作成中だそうです! 『鉄血のオルフェンズ』は『ウルズハント』や鉄血のオルフェンズ本編に出てきた モビルスーツを編成してバトルを楽しめるスタイルになっています。 鉄血のオルフェンズ本編を追体験するストーリーも用意されているそうです。 最新情報の中には実際のゲームのプレイ映像も公開されました。 バトル部分は全編3Dグラフィックで作成されており、 アクションゲームが苦手な人でも簡単に楽しめる内容になっているとのこと。 323 ギャラルホルンによるアーブラウ中央議会への政治介入事件は、モビルスーツを使った武力行使にまで発展。 事件を終結に導いたのは、鉄華団と呼ばれる火星から来た少年たちだった。 金星に浮かぶラドニッツァ・コロニーで生まれ育ったウィスタリオ・アファムの耳にも、鉄華団の活躍は届いていた。 火星との開拓競争に敗北した金星は、四大経済圏も興味を示さない辺境惑星。 住人はIDすら持たず、今は罪人の流刑地として使われるだけ。 そんな生まれ故郷の現状を変えたいと願うウィスタリオの前に現れたのは、「ウルズハント」の水先案内人を名乗るひとりの少女だった。 ウルズハント公式サイト こちらが公式サイトにて掲載されている『ウルズハント』のあらすじですね。 ウルズハントの舞台はP. (ポスト・ディザスター)323年と設定されており、 鉄血のオルフェンズ第一期から第二期の間におきた出来事を描いた作品の様です。 鉄血のオルフェンズの世界ではガンダム作品でも珍しい地球以外の惑星が舞台となる作品で、火星のテラ・フォーミングが成功しているという世界観です。 鉄血のオルフェンズ本編ではその 火星に住む少年兵たちから物語が始まるのですが、 ウルズハントでは 火星ではなく地球から最も近い公転軌道を持つ惑星である 金星が話の舞台となります。 鉄血のオルフェンズの世界では金星にも人は住んでいる様子ですが、あらすじを見ると火星との開拓競争に敗れたため罪人の流刑地に使われているそうですね。 鉄血のオルフェンズ本編では火星の治安の悪さをうかがい見ることがありましたが、金星はそれ以上に劣悪な環境下にあるのかもしれませんね。 あらすじを見て気になるのはやはり『ウルズハント』というキーワードですね。 現在出ている情報ではウルズハントについて ほとんどわかっていることはありません。 年末年始頃に新たな情報が出るとのことなので、今は最新情報を楽しみにして待ちましょう。 出典:鉄血のオルフェンズウルズハント公式サイト こちらはレンジーが乗るMSですね。 バックパックに搭載された三連ロックブレイカーが特徴的な機体です。 まとめ スマートフォンアプリでの新展開決定!アプリオリジナルモードではTVシリーズのキャラクターが登場予定。 ただ、東京ゲームショウ2019で幾つかの最新情報が公開されており、そこでアプリ名を『鉄血のオルフェンズウルズハント』から『鉄血のオルフェンズG』 と改められていました。 次に最新情報が公開されるのは年末年始頃だそうなので、楽しみですね! 『鉄血のオルフェンズウルズハント(鉄血のオルフェンズG)』についての情報は『鉄血のオルフェンズ公式Twitterで随時つぶやかれるとのことなので、気になる人は公式Twitterをのぞいてみるといいですね!.

次の

ガンダム・マルコシアス

鉄血 の オルフェンズ ウルズハント

概要 [ ] の最中に失われたと推測されているの一機。 機体名にソロモン72柱の一体、グリフォンの翼と蛇の尻尾を持つ狼の姿をした悪魔「マルコシアス」の名を冠している。 現存が確認されている26体のガンダム・フレームの中にもその名称は含まれていないが、のデータベースには本機のの固有周波数が登録されている為、実機は完成し、実戦投入された事は確実である。 ただし、当時のパイロットを含めて詳細なデータは不明となっている。 翼を模した背部と腰部の大型バインダーを有する優雅さを漂わせる機体フォルムが特徴だが、このバインダーには計四本のサブアームが収納されており、それを展開し敵に迫る姿はまさに「悪魔」の名を持つガンダム・フレームに相応しいものである。 登場作品と操縦者 [ ] 初出作品。 2019年12月16日に情報が公開されたが、実は同年2月に鉄血公式ツイッター上で原画が公開されている。 また、ゲーム配信前の時点で、主役機である端白星に先駆けてHGシリーズでの立体化が決定している。 装備・機能 [ ] 特殊機能 [ ] エイハブ・リアクターから発せられるエイハブ・ウェーブに反応して硬化する性質を持つ特殊な塗料を塗布した装甲。 物理・光学兵器双方に高い防御力を誇る。 ナノマシンを介してパイロットの脳神経と機体のコンピュータを繋げる有機操縦デバイスシステム。 厄祭戦当時の機体の為搭載されていたものと思われるが、詳細は不明。 サブアーム 背部と腰部の大型バインダーに搭載されている四本の副腕。 人型ではないとの戦闘に対応するために設計されたと推測されている。 武装・必殺攻撃 [ ] 大太刀 バックパック中央に鞘に収めた状態で装備されているマルコシアスの主力武装。 モビルアーマーのナノラミネートアーマーに対抗する為に開発された。 バスタードメイス 大太刀を鞘に収めた状態。 鞘自体に重量を持たせている為、そのまま質量兵器としても使用可能。 短剣 小型で取り回しに優れる格闘兵装。 バインダーに一本ずつ、計四本搭載されており、主にサブアームで保持して使用される。 ナックルガード 両腕部に装備している打撃武器としての使用も可能な防御装備。 反転させる事でクローとしての使用が可能。 シールド 左腕に装備された防御装備。 バインダーとサブアームの展開を妨げないよう小型の物を使用している。 商品情報 [ ] [ ] 資料リンク [ ]• リンク [ ]• 脚注 [ ].

次の

ガンダム・マルコシアス

鉄血 の オルフェンズ ウルズハント

鉄血のオルフェンズ ウルズハントあらすじ ウルズハントは鉄血のオルフェンズの続編ではなく、なにやらオルフェンズの1期と2期の間の出来事。 三日月がグレイズ・アインと死闘を繰り広げた1期の最後のあたりです。 ギャラルホルンによるアーブラウ中央議会への政治介入事件は、モビルスーツを使った武力行使にまで発展。 事件を終結に導いたのは、鉄華団と呼ばれる火星から来た少年たちだった。 金星に浮かぶラドニッツァ・コロニーで生まれ育ったウィスタリオ・アファムの耳にも、鉄華団の活躍は届いていた。 火星との開拓競争に敗北した金星は、四大経済圏も興味を示さない辺境惑星。 住人はIDすら持たず、今は罪人の流刑地として使われるだけ。 そんな生まれ故郷の現状を変えたいと願うウィスタリオの前に現れたのは、「ウルズハント」の水先案内人を名乗るひとりの少女だった。 引用: 主人公はアカツキではなくウィスタリオ・アファム イメージビジュアルから三日月の息子アカツキかと思いましたが、ウルズハントはオルフェンズの1期、2期の間の作品のためアカツキではありません。 画像: 金星に浮かぶラドニッツァ・コロニーで生まれ育った少年。 早くに両親を亡くし、若くしてコロニー管理会社「アファム設備」の跡を継いだ。 快活で決断力に優れ、金星を観光立国にするという大きな夢を持っている。 引用: 主役機体はガンダム・端白星(はじろぼし) 画像: ラドニッツァ・コロニーの動力部奥に隠されていたモビルスーツ。 デムナーが亡き祖父から機体の管理を引き継ぎ、人知れず整備を続けてきた。 コロニーが正体不明のモビルスーツに襲撃された際、ウィスタリオ・アファムが搭乗し、長き眠りから目覚めた。 引用: オルフェンズのスピンオフ 機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼 鉄血のオルフェンズのスピンオフには他にも『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 月鋼』といったコミック作品もあります。 この『月鋼(げっこう)』は、世界観を共有した外伝となっています。 私は未読です。

次の