残骸 類語。 復活の類語・関連語・連想語: 連想類語辞典

ごみの類語・言い換え

残骸 類語

近年、宇宙デブリ、またはスペースデブリという言葉をよく耳にするようになりました。 一昔前までは、一般的に宇宙のニュースといえばロケットの打ち上げやISS国際宇宙ステーションのニュースにみる夢や希望にあふれる話題が多かったと思います。 しかし昨今、地球規模的な深刻な問題としてスペースデブリが取り上げられるようになりました。 このことは地球に住む私たちにとって宇宙というエリアが随分と身近になってきたことを表していると思うのですが、同時にこのことは私たち人類の宇宙開発に警笛を鳴らすことにもつながっているようです。 ではこのスペースデブリ、一体何なのでしょうか?今回はスペースデブリについて、それが一体なんなのか、何が問題なのか、ということをわかりやすく書きたいと思います。 この記事の目次• 宇宙の話を抜いて訳すと、物体の破片や葛などの残骸、地質学的に使う時には岩屑を表します。 宇宙のゴミというのは、紙くずのような柔らかい素材ではありません。 その素材は、我々人間が近年これまでに行ってきた宇宙開発によって打ち上げた人工衛星やロケットなどの残骸なのです。 地球上でもゴミ問題というとまだまだ未解決な部分が多いと思うのですが、今宇宙でもゴミの環境問題がすでに起こり始めているのです。 人工衛星などその機体そのものがその役割を終えた後、そのまま宇宙空間に残されているものが多くあります。 また、途中で故障したものや、ロケットの離脱による破片、機体の故障によって外れた一部のカケラやその残骸なども、宇宙空間でそのまま漂っているものも多いのです。 私たち人類が宇宙開発を始めてから約60年(2017年現在)になりますが、その間打ち上げられた人工衛星やロケットなどの輝かしい功績・実績がその役割を終えた今、様々な形で宇宙のゴミとして取り残されているのです。 スペースデブリとは、このようなもののことを言うのです。 スペースデブリの問題とは何か (高度2,000km以下の軌道を周回するスペースデブリの分布 wikipedia) スペースデブリは、地球の地表からの高度が約2000キロ以下の低軌道のあたりに多く存在しています。 スペースデブリが最も多く集中しているところは高度800キロ付近だということです。 (もちろん高度36,000キロの静止軌道あたりにも人工衛星は打ち上げられているのでスペースデブリもあるのですが、その絶対量は今の所少ないということです。 )そして、その大きさは様々ですが、ミリ単位のものは数千万個以上、1センチから10センチくらいの大きさのものは、約50万個はあると言われており、そのスピードは、だいたい秒速7キロくらいで地球の軌道を回っているということです。 そのスペースデブリが稼働中の人工衛星やISS国際宇宙ステーションなどの物体にぶつかったらどうなるでしょう。 その衝撃によって故障や不具合、ひいてはISSに滞在中の宇宙飛行士の生命の危険にも繋がる可能性があるのです。 たとえミリ単位のスペースデブリでも、仮にも船外活動をしている宇宙飛行士の宇宙服に当たるようなことになれば、貫通する可能性ももちろんあるのです。 実際に2011年にはISS滞在中の宇宙飛行士が、スペースデブリの衝突回避のため、連結しているソユーズに避難したこともありました。 仮に、人工衛星やISSがスペースデブリと衝突するより前にスペースデブリを認知・発見したとはいえ、即座にその軌道を変更することはできないようです。 また、今の技術では、10センチ以下の大きさのスペースデブリの観測技術は開発途上のようです。 世界中がスペースデブリの深刻さにやっと気づいた出来事 (イリジウム衛星の実物大模型 wikipedia) 2007年に中国は、ミサイルによって人工衛星を爆破する実験を行いました。 この衝撃によって破片が散り散りに宇宙に散布され、スペースデブリの量は急激に増えることになりました。 また、2009年にはアメリカが打ち上げた運用中の人工衛星イリジウムとロシアが打ち上げたすでに稼働を終えた人工衛星コスモスが衝突しました。 これによってその破片が大小様々な大きさで宇宙空間を漂うことになりました。 これらの出来事によって一気にスペースデブリの量が増えました。 スペースデブリが増えるということは、同時に自国の開発した人工衛星のリスクも増すと言うことにつながります。 スペースデブリの問題は、これ以前から懸念はされていましたが、ここにきて一気に世界中に認知され、懸念され、対応対策の道がようやく進む流れになってきたのだと思います。 世界のスペースデブリに対する取り組みについて 2007年に、「スペースデブリ低減ガイドライン」が国連で採択されました。 ただ、これは加盟国の努力目標であって、法的罰則力を持たないものです。 世界各国が次々と宇宙開発への道を歩む中で、自国の人工衛星の安全が損なわれる恐れがあるわけですから、ルール作りは当然と言えば当然のようですが、各国のしがらみやコストの問題などもあるようで、罰則規定を持つほどの強固な法律制定には時間がかかるのかもしれません。 各国による情報交換や協力体制も重要になりそうです。 日本での取り組みについて (ISSから撮影したこうのとり6号機 wikipedia) 日本では、記憶に新しいところでは、2017年2月に宇宙ステーション補給機「こうのとり」がその役割を終えて大気圏に突入し、燃え尽きました。 実はこの直前に、スペースデブリ除去のための新技術の実験が行われたのですが、その一部に障害が生じ、失敗に終わりました。 (前述した導電性テザーを利用した実験でした…。 また、日本では世界で初めて民間企業がスペースデブリ対策の事業に乗りました。 10センチ以下、数ミリに至るまでの微小なスペースデブリを小型人工衛星で観測できる技術を開発しました。 2017年度中には打ち上げられる予定ですが、筆者もその成果をとても楽しみにしています。 これまでの(まだ短い)宇宙開発の歴史の中で、忠実に誠実に宇宙開発を進めてきた日本は、前述のガイドラインの制定などに率先して関わってきた実績があるので、この分野では特に日本が世界をリードして、着実に迅速に、地球規模でのスペースデブリ問題の解決の道を辿ってほしいと願います。 今後の動き 場所が宇宙なだけに、全てのゴミの駆除には相当なお金と時間を要するようです。 しかしながら、今後の人工衛星打ち上げや惑星などの探査事業、宇宙ホテル、宇宙旅行、火星移住計画などなど・・私たち地球人が宇宙に関わろうとする動きは加速的で、おそらく止まることはないでしょう。 とすると、地上の自動車規制も同じことが言えるのですが、生命が脅かされるような今の実態は当然この先あってはならないことですし、世界各国が共通のルールを守って安全に宇宙開発を進めていくべきだと思います。 環境問題は、もはや地上だけの問題ではないということです。 宇宙の環境問題も早急に且つ長期的展望を持って解決の道に進まなければならないでしょう。 続編は未定ですが、その状況の変化や各国の取り組みについて、踏み込んだ記事がどんどん書ければいいなと考えております。 とりわけ日本の活躍には期待したいと思います。 筆者がスペースデブリについての文章が書ける、と言うことは、つまり、スペースデブリの状況が進化・前進していると捉えて良いと考えます。

次の

「感覚を覚える」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

残骸 類語

M49 M49の類語(類義語・対義語・言い換え・連想語)• 494• 491• 475• 472• 468• 464• 459• 448• 448• 447• 447• 445• 445• 442• 439• 437• 435• 434• 434• 434• 433• 432• 431• 428• 427• 425• 424• 423• 423• 422• 422• 421• 419• 418• 418• 418• 417• 417• 417• 417• 417• 415• 414• 414• 414• 412• 412• 411• 411• 409• 408• 407• 406• 406• 405• 403• 403• 403• 403• 403• 402• 401• 401• 401• 401• 399• 398• 398• 397• 397• 397• 396• 395• 395• 394• 393• 393• 392• 392• 392• 392• 391• 391• 389• 389• 389 M49の類義語一覧は Wikipedia と irohabook. com の文章をもとに人工知能のプログラムが生成しました。 当サイトは irohabook. com の著作権者により運営されています。 単語の左にある数値はその単語とM49の cosine similarity であり、1 に近いほど類似度が高くなります。 当サイトの類語辞典は word2vec の機械学習を利用していますが、数値データの著作権はすべて当サイトに帰属します。 無断転載またはスクレイピングによるデータ収集を固く禁じます。 日本国の著作権法により、自らが所有しないコンテンツを機械学習のデータに利用することは可能ですが、 得られたデータは機械学習を含むソフトウェアに帰属する性質から著作権が発生すると考えられています。

次の

思考実験

残骸 類語

ヘリングの状態は良好だが、着底の際に艦首が変形していた。 また、甲板上の兵器は戦闘態勢に入った形跡がなく、反撃の間もなく沈没したことが判明した。 、ロシア地理学協会会長の国防相は、にヘリングの残骸を引き揚げる計画を明らかにした。 脚注 [] 参考文献• issuu. Historic Naval Ships Association. issuu. Historic Naval Ships Association. (防衛省防衛研究所)• Ref. C08030465900『武装商船警戒隊戦闘詳報 第一五号』、pp. 45-46。 Ref. C08030374000『自昭和十八年十二月一日至昭和十八年十二月三十一日 佐世保防備戦隊戦時日誌』。 Ref. C08030369600『自昭和十九年三月一日至昭和十九年三月三十一日 呉防備戦隊戦時日誌』。 Ref. C08030126900『自昭和十九年三月一日至昭和十九年三月三十一日 第十一水雷戦隊戦時日誌』。 Ref. C08030279700『自昭和十九年六月一日至昭和十九年六月三十日 千島方面根拠地隊戦時日誌』。 深谷甫(編)「写真 米国海軍」『増刊 海と空』、海と空社、1940年。 Roscoe, Theodore. United States Submarine Operetions in World War II. Annapolis, Maryland: Naval Institute press. Blair,Jr, Clay 1975. Silent Victory The U. Submarine War Against Japan. Philadelphia and New York: J. Lippincott Company. 駒宮真七郎『戦時輸送船団史』出版協同社、1987年。 木俣滋郎『敵潜水艦攻撃』、1989年。 Friedman, Norman 1995. Submarines Through 1945: An Illustrated Design History. Annapolis, Maryland: United States Naval Institute. 285—304. 野間恒『商船が語る太平洋戦争 商船三井戦時船史』野間恒(私家版)、2004年。 関連項目• 170• 9-12, pp. 16-17• HyperWar. 2012年2月8日閲覧。 59-61• 49,65• 92,100• 92, pp. 100-101• 92,101• 95-96• 95,102• 95-96, pp. 102-103, p. 106• 117• 117,120• 125,131, pp. 133-134• 126-127, pp. 135-136• 127• 6,48,74• 128,131• 137-138• 116,129• 149• 154• 155,180• 277• 156• 145• 111• 185-186• 2019年12月29日閲覧。

次の