重ね重ねお詫び申し上げます。 「重ねてお詫び申し上げます」の使い方|メール例文と類語や英語も

間違いも多い「お詫び申し上げます」の意味と敬語表現・使い方と例文

重ね重ねお詫び申し上げます

「重ねてお礼申し上げます」の意味は、以前にも御礼を相手方に伝えるようなことがあり、さらに御礼を伝えなければならないシチュエーションになった場合に、今回の御礼を伝える際に前回の際のお礼の気持ちも合わせて伝える際に使う言葉になりますので、息の長い取引先相手に使う言葉になります。 今回の分のお礼だけでも十分と考えているのであればそれでもいいのかもしれませんが、ビジネス上でより良いリレーションシップを構築していくためには、過去のことや周りのことにも気を配ることが必要になります。 取引先相手は当然成果を見ていますがそれ以上に礼儀やあなたの気持ちを推し量りながらビジネスをしています。 そういった意味では「重ねてお礼申し上げます」には日本人に必要な気遣いがあふれている言葉であると言えるでしょう。 「重ねてお礼申し上げます」を使うべきシチュエーションで使っていくことで自分の誠意を相手に伝えることができ、それがビジネス上の良好なリレーションシップの構築に繋がっていくのです。 「重ねてお礼申し上げます」の使い方 「重ねてお礼申し上げます」は、1回目に何か御礼を述べる際には使えず、2回目以降になります。 この言葉を使うことで、「前回や前々回以前のあなたに対する恩を私は忘れていませんよ」というニュアンスを伝えることが可能になります。 どの国でビジネスをするにしても相手に対して感謝や愛情を伝えることはとても大切です。 また「重ねてお礼申し上げます」はビジネスメールに限らず対面で使用することも可能になります。 口頭でも文章で残しても問題のない言葉になります。 ただし口頭と文章では「重ねてお礼申し上げます」の前後の使い方が異なってくる場合がありますので、その注意点も踏まえながら例文を見て行きましょう。 「重ねてお礼申し上げます」の例文で特に気を付けるべき点は、「重ねてお礼申し上げます」の前後にも注意をすることです。 前後にお礼の気持ちや、相手の気遣いの内容について気付いている点等も添えることで、「重ねてお礼申し上げます」の使い方において真価を発揮することでしょう。 同じ重ねてでも意味合いが違う「重ねてになりますが」 「重ねてお礼申し上げます」と同じ「重ねて」を使った表現で「重ねてになりますが」というものがあります。 これは「繰り返しになりますが」という意味を持ち、相手にお願いや依頼をする場合に使い、お礼を伝える際には使いません。 「重ねてになりますが、お礼申し上げます」は間違った表現です。 例えば、取引相手から質問が来た時に、明らかに渡してある資料に書いてある事を聞いてくる人っていますよね。 その場では丁寧に説明しつつも、一度ちゃんと読んでもらいたい旨を伝えたい時に「重ねてになりますが、先日お送りした資料の方もご確認いただければと思います。 」といった形で使う事ができます。 「重ねてお礼申し上げます」のメールでの例文を見ていきながら、取引先との円滑なコミュニケーションを心がけていきましょう。 ・先日は休日にも関わらず工事のご対応をいただきましてありがとうございました。 またこの度はさらに迅速にエアコンの修理を手配していただき、重ねてお礼申し上げます。 今後ともよろしくお願い致します。 ・先週はお忙しいところ商談の機会をいただきましてありがとうございました。 またこの度は弊社スタッフに対して技術面のご指導までいただき、重ねてお礼申し上げます。 今後ともご指導ご鞭撻をいただけましたら幸いでございます。 よろしくお願い致します。 ・昨年は何から何までお手配をいただきましてありがとうございました。 またこの度は設定方法が詳細に記載されているマニュアルまでいただきまして、重ねてお礼申し上げます。 すぐに拝読させていただき、貴社との関係性をより一層深めていけたらと強く願っております。 今後ともよろしくお願い致します。 例えば職場の同僚や友人に対しては「重ねてお礼申し上げます」とは言わず「いつもありがとう」という言い回しをすることになるかと思います。 ただし伝えたい気持ちは同じです。 「重ねてお礼申し上げます」という表現は非常に形式的な表現であると言えるでしょう。 その意味では「重ねてお礼申し上げます」は目上の方に対して使うと喜ばれる言葉になります。 何故ならその言葉を使うこと自体がその方に対する敬意の顕れであると言えるからです。 目上の方には積極的に使っていきましょう。 「重ねてお礼申し上げます」のメールでの使い方は目上の人に対しても同じで何か以前にもしていただいた、あるいは何か物をいただいた際に、その時のお礼と今回のお礼の気持ちを合わせて伝えるための言葉になりますので、「重ねてお礼申し上げます」の前後にその気持ちがしっかりこもった言葉を選ぶことが大切になります。 ・先日は休日にも関わらず弊社〇〇の結婚式にご参列いただきましてありがとうございました。 ・昨日は夜遅くまで私のために、プロジェクトに必要な技術のご指導の方を頂戴いたしまして、誠にありがとうございました。 また、本日は貴重なテキストの方まで頂戴し、重ねてお礼申し上げます。 今後は〇〇社長からご指導いただいた内容を生かして、さらに業務効率が上がるように精進をして参ります。 今後ともご指導・ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。 ・先月は私ども夫婦のために結構なお品を頂戴いたしまして誠にありがとうございました。 また素敵な腕時計まで頂戴し、重ねてお礼申し上げます。 早速毎日使わせていただく所存でございます。 〇〇様のご期待にお応えできますように、日々全力で業務に取り組んで参ります。 今後ともよろしくお願い申し上げます。 「重ねてお礼申し上げます」は広く使うことが出来る言葉で、社内であっても使うことが出来る言葉になります。 例えば「ご査収」という敬語があり、この言葉は社内では基本的には使わない方が良い言葉と言われていますが、「重ねてお礼申し上げます」は社内でも使うことができます。 ただし「重ねてお礼申し上げます」は、基本的には目上の方に対して使う言葉になりますので社内でも役職が上の人や年上で普段から敬語を使っているような人に対してのみ、使う言葉になりますので、その点は使い方に注意が必要となるでしょう。 社内で使う際の注意点としては基本的に同じ会社であって継続的にお世話になっているので「重ねてお礼申し上げます」という気持ちは常に持ちながら、共に仕事に臨んでいる人たちに対してその言葉を使うという点です。 あまりにもメールで使う頻度が多いと疎まれる可能性があるので社内ではその点も認識して使うべきでしょう。 ・先日は業務後お疲れのところ私の送別会を開いていただき、誠にありがとうございました。 またその際に素敵なネクタイまでいただき、重ねてお礼を申し上げます。 〇〇部長とご一緒できた3年間の経験を糧に新天地でも営業に尽力して参ります。 支社は離れてしまいますが、またきっと〇〇部長とご一緒できる日が来ると信じており、その日を心待ちにしております。 今後ともご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。 ・昨日はお忙しいところプレゼン資料の添削をしていただきありがとうございました。 またその後に直接プレゼン資料の作成方法に関してご指導までいただきまして、重ねてお礼申し上げます。 〇〇課長にご指導いただいた内容で、大きな仕事を掴めたらと思っております。 今後とも精進して参りますので、よろしくお願い致します。 ・先日のヘルプおよび本日のシフト調整につきまして重ねてお礼申し上げます。 取り急ぎご連絡まで。 この言葉についても「重ね重ねありがとうございます」同様、同じ意味で使い方が若干異なるに留まる、といった言葉になっています。 異なる部分は「お礼」か「感謝」という言葉になります。 「重ねてお礼申し上げます」と「重ねて感謝申し上げます」は使い方も含めてまったく一緒ですが、「重ねて感謝申し上げます」の方が「重ねてお礼申し上げます」よりもよりフォーマルな感じが出ます。 また同じ言葉を重複して使うことを避ける意味でも「重ねてお礼申し上げます」は非常に使い勝手のいい言葉になります。 ただ、「改めて」には、新たに、今更のように、といった意味があり、「重ねてお礼申し上げます」とは若干ニュアンスが異なります。 以前の出来事に対するお礼をこの機会に改めて相手に伝えるといった場合に最適な表現と言えます。 例えば、相手の協力によって立ち上げた事業が成果を上げたとします。 そんな時に、「昨年は弊社の新規事業の立ち上げにご協力いただき、誠にありがとうございました。 今回決算を迎えまして、無事に目標以上の収益を上げることができました。 〇〇様のお力添えに改めて御礼申し上げます。 」といった形で使う事ができます。 これは「重ねてお礼申し上げます」が感謝を伝える言い回しであることに対して、「重ね重ねお詫び申し上げます」は謝罪の意を表明する言葉になります。 「重ねて」「重ね重ね」という表現はお礼や感謝の意を表す言葉にはもちろん使えるのですが、そのほかには謝罪をする場合や相手に対して頼み事をする場合にも使うことができる言葉になっています。 そういった意味では非常に汎用性が高い言葉であると言えるかと思います。 「重ねてお礼申し上げます」と同様「重ね重ねお詫び申し上げます」は以前に謝ることがあって、今回はそのことも含めて謝りたいという場合に使う表現になり、使い方としては「重ねてお礼申し上げます」に準ずる使い方になります。 下記にビジネス文書における「重ねてお礼申し上げます」を使った文章の組み立ての例を上げます。 ここまでに上げてきた例文の注意点と、締めと結びの注意点と、両方にしっかり気を付けていれば自分なりの言葉で書くことができるのではないかと思われます。 ・拝啓 貴社益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。 先日は弊社主催の講演会に来賓としてお越しいただきましてありがとうございました。 また、その際には大変貴重な内容のご講演もいただき、重ねてお礼申し上げます。 いただいたご講演内容が弊社業務に活かせますように精進して参る所存でございます。 甚だ略儀ではございますが、まずは書簡にてにてお礼申し上げます。 ・各位 業務中に失礼いたします。 先日は皆様お疲れのところ私のために送別会を開いていただき、誠にありがとうございました。 またその際に皆様から素敵な柄のネクタイまでいただき、重ねてお礼を申し上げます。 皆様とご一緒できた3年間の経験を糧に新天地でも営業に尽力して参ります。 支社は離れてしまいますが、またきっとまた皆様とご一緒できる日が来ると信じており、その日を心待ちにしております。 今後ともご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。 甚だ略儀ではございますが、まずは書簡にてにてお礼申し上げます。 例文の通り、社外に対しての方が畏まった文章にはなりますが、どちらもビジネス上の書簡になりますので締めと結びを含めた形式を守って文章を作成する必要があります。 「重ねてお礼申し上げます」を使いこなしてビジネスを有利に進めよう 「重ねてお礼申し上げます」は類語や対義語も含めるとバラエティに富んでおり、使うべきシーンでしっかり使いこなすことでビジネスパーソンとして一目置かれるようになる言葉と言えるでしょう。 「重ねてになりますが」など同じ「重ねて」を使った表現でも意味合いが変わってくるものもあります。 「重ねてお礼申し上げます」をうまく使いこなして、相手方と良好なリレーションシップを築きながら、有利にビジネスを進めていきましょう。

次の

お客様へのお詫び状の例文》個人へのお詫び状の書き方、不足、欠品、文例

重ね重ねお詫び申し上げます

2.「重ねてお詫び申し上げます」の使い方と注意点 「重ねてお詫び申し上げます」は、「相手に本当に申し訳なく思う気持ち」を伝えるお詫びの言葉です。 ただ正しい使い方をしないと、相手にその気持ちが伝わらないばかりか、「単にお詫びを口にしているだけ」とも受け取られかねません。 そこで「重ねてお詫び申し上げます」で、相手に謝罪の気持ちを正しく伝えるためにその使い方をご紹介します。 2-1.謝罪する理由を述べた後に使う 「重ねてお詫び申し上げます」を使う場合、 何について謝罪をしているのか、きちんとその理由を伝えることが重要です。 何が原因でそのような事態になったのか、その過程をした上で相手に詫びなければ、相手には何について謝罪されているのか伝わらないためです。 原因や再発防止の手立てなどが明確になった時点で、「重ねてお詫び申し上げます」を使います。 例文で見てみましょう。 <文例> 件名:メールの誤送信についてのお詫び 本文:。 お手数ですが添付ファイルと共に、削除をお願いいたします。 改めて正しいファイルをお送りします。 今後このようなことのないように注意いたします。 このたびはご迷惑をおかけしましたこと 重ねてお詫び申し上げます。 メールでは、受け取った人が件名で内容が分かるようにするのがマナーです。 ただし、メールは仮の謝罪であることをわすれないようにしましょう。 メールを送った後には、改めて直接お伺いして謝罪する、もしくは手紙で正式な謝罪文を送る必要があります。 4.「重ねてお詫び申し上げます」の類語 「重ねてお詫び申し上げます」と同じように使うことができる、類語についてその意味と使い方を5つご紹介します。

次の

「重ねてお詫び申し上げます」の例文を解説!文末の使用文例も紹介

重ね重ねお詫び申し上げます

これは、文字通りビジネスメールでの返信が滞ってしまった際に相手に自分の謝罪の意を伝えるために用いる表現です。 メール前半か中盤でなぜ遅れてしまったのかをきちんと説明し、締めでこの表現を用います。 「重ねて」とは「再度、もう一度」という意味ですので、文中ですでに一度謝っていない場合は使用できませんので注意しましょう。 具体的には、「今回は当プロジェクトの想定外の遅延のため、貴社へのご連絡が遅くなりましたこと重ねてお詫び申し上げます。 」などの形で使用することができます。 このフレーズ内の言葉、「不手際」とは、こちら側の失敗や至らなかった点、という意味です。 特に起こってしまった問題について直接的な言及を避けたい際にもこの表現を活用できます。 この表現も例文の1つ目と同様、すでにこちらから詫びた内容について再度、謝罪の言葉でその気持ちを強調したい際に使用します。 具体的には、「今回は、弊社サービスをご利用いただく際に、不手際がありましたこと、重ねてお詫び申し上げます。 」などの形で使用します。 」です。 「不具合」とは「調子が悪いこと」と表せます。 したがって、メールシステムの不具合やサーバーシステムダウンなど、こちら側が責任を負っている何かに不都合があった場合などに使用できます。 具体的には、「この度は、当社ネットショップでのご購入時の決済システムに不具合がありましたこと、重ねてお詫び申し上げます。 」などの形で使用できます。 不具合を起こしたのが人ではなくものである点が2つ目の例文との使い分けのポイントとなります。 しっかり違いを認識して使ってみてください。 」です。 このフレーズ内、「不祥事」という言葉の意味は、「関係者にとって不都合な事件、事柄」という意味です。 イメージとしては会社の不正、スキャンダルなどを指すことが多いです。 具体的には、「今回の弊社が招いた不祥事について、重ねてお詫び申し上げます。 」などの形で使用できます。 これも事前に前の内容でしっかりその経緯について説明を済ませ、相手に再度謝ることで敬意を示すために使用します。 メールや公的文書などの締めのフレーズとして使われます。 」です。 言葉通り、相手に迷惑をかけてしまった事柄に対して真摯に謝罪の意を述べた表現です。 これは自分の会社でもよく使われているな、耳にしたことがあるな、とあなたも感じたかもしれません。 メールや口語表現でも相手に丁寧に謝罪する表現としてとても汎用度の高い表現と言えるでしょう。 具体的には、「この度は、貴社営業部にもご迷惑おかけしましたこと、重ねてお詫び申し上げます。 」などの形で使用します。 何かトラブルがあったさいに自分に非があるならこのような表現ですぐに謝罪ができると良いですね。 」です。 このフレーズ内の「心より」とは、「心から、心の底から」という言葉で、その謝罪の言葉や気持ちが本物である、というこちら側の真摯で誠実な姿勢を強調する際に使用します。 具体的には、「今回は貴社に弊社の~がご迷惑をおかけしてしまったこと、心よりお詫び申し上げます。 」などの形で使用します。 例文のように、このフレーズの前に自分が謝罪したい事柄に対して簡潔に述べてその内容を重ねます。 少し堅いイメージのある表現と言えます。 」です。 この「重ね重ね」とは、「重ねて」と同じ意味で「もう一度、再度」という意味です。 ただ、「重ね重ね」とした方が「重ねて」よりもより重たい感じ、堅い感じがありますので、言葉により重みを持たせたい場合に有効です。 具体的には、「今回はこちらの不祥事でお客様にもご迷惑をおかけしてしまったこと、重ね重ねお詫び申し上げます。 」などの形で使用します。 この表現では「何度謝罪しても足りないくらいです」というこちらの非常に申し訳ない気持ちを丁寧に表現できますので、ぜひ活用してみましょう。 」です。 このフレーズは、「する」の謙譲語である「致します」が入っているので、自分が相手よりへりくだることにより、相手に敬意を表す敬語表現となっています。 具体的には、「ご連絡が遅くなりましたこと、重ねてお詫び致します。 」などの形で使用することができます。 謙譲語を用いた「~致します」の文末で終わる表現は、ビジネスでも良く用いられる敬語表現です。 今回の「ご連絡が遅くなりましたこと、重ねてお詫び致します。 」もメールなどでよく用いられますね。 以上までで、「重ねてお詫び申し上げます」の例文とその類語表現の使い方について詳しく解説してきました。 メールで相手に自分がミスを犯してしまったのでこれから気を付けますね、という表現があります。 下記記事では、その「以後気を付けます」という表現を意味や使い方を踏まえて解説しています。 参考にしてみて下さい。 」です。 「apologize」とは「謝罪する、詫びる」という意味の英単語で、「again」は「再び、もう一度」という意味になりますので、これが日本語の「重ねて」の部分になります。 このフレーズはメールの締めの言葉としてビジネスでも日常生活でもよく使われます。 これを使う前に謝罪したい事柄についてきちんと説明し、責任の所在をはっきりさせてから用いることが使う時のポイントとなります。 自分の謝罪の気持ちを強調したい時に文面や会話時に活用しましょう。 」です。 that以下に自分が謝罪したい事柄を表現します。 具体的には、「I'm very sorry that I asked you so many questions. 」などの形で使用します。 この例文の意味は、「あなたに沢山質問をしてしまって、重ねてお詫び申し上げます。 」です。 「very」という言葉で「とても、非常に」申し訳なく思っていることを伝えています。 ちなみにsorryは1つ目の例文で出たapopogizeよりも少し軽めの謝罪の気持ちを表します。 単語一つでニュアンスが変わります。 」です。 「sincerely」とは「真摯に、真摯な気持ちで」という意味でこの単語はビジネスメールでも締めの言葉としてよく用いられます。 that以下に謝りたいことを入れて使います。 具体的には、「I sincerely apologize that I replied to you really late. 」、「ご連絡が遅くなりましたこと、重ねてお詫び申し上げます。 」などの形で使用します。 このフレーズを使うと、英語で自分の相手に対する真摯な気持ちをしっかり伝えられます。 これは特にビジネスでよくあることですが、何度も同じようなミスや不具合を起こしながら、一向にその状態が改善されないということがあります。 これは、得意先などに謝罪するばかりで行動が改善されていないからです。 この記事を読んでいるあなたも、無意識のうちに「まあ、後で謝れば良いか」と思ってこのフレーズを頻繁に使用するものの、完全の問題解決やサービス向上に着手できていない、ということはありませんか?基本的に、口だけで行動が伴わない人は社会人として信用されません。 口先だけの表現にならないように注意しましょう。 特に「ご連絡が遅くなりましたこと、重ねてお詫び申し上げます。 」などの表現は便利ではありますが、これを使うことによって返信が常に遅れることが許されるわけではありません。 基本的には英語でもそれは同じす。 責任感ある行動は万国共通ですね。 「重ねて」とは先に解説した通り、「再び、もう一度」という意味です。 したがって、この表現を使っている時点で謝罪の言葉は最低でも複数述べています。 この言葉は主にメールやスピーチの締めに使い、後の内容追記は避けます。 「重ねてお詫び申し上げます」や他類語表現を積極的に活用しよう! 当記事では、「重ねてお詫び申し上げます」という表現の使い方や具体的な例文、英語表現など多数ご紹介してきましたが、いかがでしたか?特に「ご連絡遅くなりましたこと、重ねてお詫び申し上げます。 」などの表現は毎日、特にビジネスの現場では本当によく耳にする表現ですよね。 相手に謝罪する際には、自分の非がどこにあるのか、具体的にはどんな内容で、今後はどこを改善していけば良いのか?をしっかり認識する必要があります。 そして、肝心なのはそれをきちんと実行し、問題を解決していくことです。 ぜひあなたも参考にしてみてください。 下記関連記事では、ビジネスメールや手紙で使える「末筆ではございますか」というフレーズの意味や例文をたっぷりご紹介しています。 今回のような詫びのメールなどにも合わせて活用できますよ。 興味のある人はこちらもチェックしてみてください。

次の