バカ 殿 初代 家老。 志村けんのバカ殿様

【15でございます】由紀さおりが「バカ殿様」で丁々発止のやり取りを演じた相方の死を悼む

バカ 殿 初代 家老

ミュージシャンでタレントの桑野信義さん(63)が20日、自身の公式ブログを更新し、約40年の交流があり、テレビ番組「志村けんのバカ殿様」でも長年共演した志村けんさんへの思いをつづった。 また、神戸新聞社へ特別にコメントを寄せてくれた。 「バカ殿様城を抜け出して城下から帰ってこない殿がやっと戻ってきてくれました」とユーモアを交えながら、「家宝」と呼ぶ大切な1枚を披露した。 ブログの最後には、志村さんの代名詞でもあるアイーンのポーズも再現し、桑野さんらしいお茶目な姿をファンに見せた。 さらに桑野さんは、まだ気持ちの整理がつかない中、志村さんへの思いを特別に神戸新聞社へ明かしてくれた。 コメントは以下の通り。 志村さんの訃報を聞いた橋本さんは、追悼の気持ちを込め、志村さんを主人公とした作品制作に着手。 「明るいイメージの方が突然亡くなったことにショックを受けました。 コロナってそんなに大変な病気なんだと。 私は関西人気質なのか、常にまわりの人たちをニヤっとさせたい、笑ってもらいたいという気持ちがあります。 天国の志村さんの様子を想像し描いてみました」(橋本さん)。 似顔絵完成後、橋本さんは自身のfacebookで作品を発表。 偶然、桑野さんの知人であるNPO法人「KOBE鉄人プロジェクト」事務局長の岡田誠司さん(61)の目に触れた。 岡田さんは「この絵を桑野さんが見たら、元気が出るんじゃないか」と思い立ち、橋本さんと桑野さんを橋渡しした。 志村さんの似顔絵は、トントン拍子で桑野さんの手元に届けられた。 橋本さん自身、コロナ禍により制作活動が狂わされた一人だった。 何カ月も前から準備を進めていた国内外の展覧会の予定は延期となり、暗い気持ちになりがちだった。 そんな時、思いがけず桑野さんのもとへ作品が「お嫁入り」することとなった。 「桑野さんのお手元に届き、とてもていねいにブログに掲載してくださり、私の方が桑野さんに勢いをつけてもらった。 下積みの苦労を知る桑野さんだからこそ、同じ芸術家として応援してくれている気がします」と声を弾ませた。 現在、橋本さんは桑野さんの似顔絵を制作中なのだとか。 恩返しの似顔絵の完成が楽しみだ。 (まいどなニュース/神戸新聞・金井 かおる).

次の

【15でございます】由紀さおりが「バカ殿様」で丁々発止のやり取りを演じた相方の死を悼む

バカ 殿 初代 家老

これは見逃せませんね! 今回は、東八郎さんについてレビューしたいと思います。 欽ちゃんが弟子! 中学卒業後、 コメディアンを志して、歌手・さんに 弟子入りします。 そして、浅草公園六区の 浅草フランス座などで活躍します。 しかし テレビの台頭と共に浅草の演劇街が 衰退してきたため、1964年にさん、原田健二さん(画像見当たらず)と共に「 トリオ・ザ・スカイライン」を 結成します。 こうしてテレビに 進出を果たして、コントで人気を博しました。 1971年にトリオを 解散して、以降は 単独で芸能活動を行います。 三波伸介さんとともに、『 お笑いオンステージ』 NHK に レギュラー出演し、 全国区の有名なコメディアンとなりました。 晩年では、 志村けんさん主演の『 バカ殿様』の 家老役を務めました。 しかし、師匠・八郎さんは絶対に欽ちゃんを 怒ったり殴りしませんでした。 欽ちゃんが何故怒らないのか聞くと、返ってきた言葉は 「オレはな、欽坊くらいの時には、毎日、先輩から殴られたり、怒られたりした。 『 そうやって教えるのが、浅草の伝統だ』 って言われた。 でもなぁ、欽坊。 オレは 違うと思うんだ。 先輩に殴られながら、 『オレは先輩という立場になっても、 絶対に若い人たちを殴らないぞ!』 そう決心したんだよ。 殴るのって嫌だし、殴られるほうも嫌だもんなぁ」 深イィィ〜 そんな 名言を残した八郎さん。 人気コメディアンとしてテレビや舞台を数多くこなし、1981年には『 娘へのバラード』などの 歌も披露していました。 この曲は、 結婚披露宴で歌われる 定番曲のひとつとして広く知られています。 八郎さんの 持ちネタに、 「頑張れ、強いぞ、僕らの なまか〜」 があります。 これは『 赤胴鈴之助』のテーマ曲の 替え歌で、「 仲間」が訛って「 なまか」となったものです。 のちに志村けんさんの 付き人となるさん、桂米多朗さんらが 在籍していました。 しかし1988年、八郎さんは 自宅にて 突然倒れ、 救急車で緊急搬送されたのです。 そしてそのまま意識が回復することなく 急逝してしまうのです。 死因は 脳溢血(のういっけつ)と言われています。 享年52歳、あまりにも早すぎる急死に世間は 衝撃を受けました。 妻・家族との関係 八郎さんの 両親は仲が悪く、頼れる兄弟もいませんでした。 そのためか、家族が 笑顔になれる家庭を作ろうという気持ちが人一倍強かったそうです。 子どもとの コミュニケーションを大切にして、一緒に お風呂に入るようにしていたそうです。 ただ一緒に入るわけではなく、入浴前に パンツ一丁で踊って子供たちを楽しませることも忘れませんでした。 そんな時は、家を出る前に 手料理を作り、子ども達一人一人に宛てた 手紙を置いて行ったそうです。 たとえ真冬の雪の中であろうと、子どもが心の底から反省して「 ごめんなさい」が言えるまでは 何時間でも向き合ったのです。 きちんと謝ることが出来たら、「 よく言えたね」と抱きしめ、一緒にお風呂に入るのです。 こうした メリハリのある教育が、八郎さんの 子育てスタイルだったようです。 素晴らしすぎます! 現在ご存命だったら、是非とも子育てについての講演会をしていただきたかった! さらに子供だけでなく、 妻・裕子さんに対しても思いやりを忘れませんでした。 その言葉の意味を調べてみますと、 驚愕しました。 ヒロポンとは 商品名で、正式名称は メタンフェタミンです。 強い 神経興奮作用をもたらします。 現在の日本では 覚せい剤取締法により 覚醒剤に指定されていますが、1950年までは 合法だったのです。 昔は 疲労回復 や夜間の眠気覚まし などに使われていました。 さらに戦時中には、 夜間戦闘機搭乗員などに支給されていたそうです。 国が 公認していたのですね o 戦後の 混乱期には、軍部がストックしていた「ヒロポン」が 大量に流出して、闇で安価に販売されるようになります。 これで一般市民にも 浸透して、普通に 薬局で売られるようになります。 小説家では、の 常用が有名で、「ヒロポン」の登場する 作品を残しています。 なんと国民的漫画『 サザエさん』に、「ヒロポン」が 摂取されているシーンが描かれています。 サザエさんの家に遊びに来た子供達が、誤ってヒロポンを飲んでしまい 興奮してしまう…というエピソードです ダークすぎます。。。 1951年の 覚せい剤取締法執行まで「ヒロポン」は 合法だったため、皆さん当たり前のように使用していたのでしょうね。 また、たけしさんがフランス座にいた頃は、ダンボールに アンプル(注射剤)が 山積みになっていたそうです。 売れっ子芸人さんたちも、 テンションや体力を持続するために使っていたのですね。 東さんが 急逝したのも ヒロポンが関係しているのではと、憶測もありますが 死人に口無し。 真相は闇の中ですが、公式に発表された情報を信じましょう! とにかく 薬物は恐ろしく、安易に手を出してはいけないということは事実です。 遺産は? お札でハンカチのように汗を拭う ギャグを披露している東MAXさん。 そのおかげか?! 実家がお金持ちというイメージですよね。 東八郎さんの残した 遺産は莫大と言われていますが果たして本当なのでしょうか? 全盛期だった八郎さんの 月給は、当時の 公務員の6ヶ月分ほど稼いでいたと言われています。 八郎さんが亡くなった後は、東MAXさん含む兄弟3人で 遺産を相続したということです。 志村けんを諭す 志村けんさんは 子供からバカにされることに、内心 憤慨していた時期があったそうです。 意外です! ドリフで「 志村うしろ!」と子供らから突っ込みが入るのもうっとおしかったのかしら? そんな志村さん、『バカ殿』シリーズで共演していた八郎さんに 「東さんはその歳になっても、なぜ バカな演技ができるのですか?」 と尋ねたところ、 「子供にバカにされるのは 芸人として当然のことで、怒っても仕方がない。 分かる人は、演者がバカではないとちゃんと分かってくれている。 最後に 大物芸能人って、家庭を顧みず破天荒…というイメージがありました。 さらには後進育成のために私塾を作る…。 もっと長生きして、もっともっと活躍を見たかったですね。

次の

【芸能】「バカ殿」2代目家老の桑野信義、志村さん訃報に絶句「殿!嘘でしょう…」

バカ 殿 初代 家老

白塗りメークが特徴で、十数年以上もずっと変わっていない。 志村藩にある志村城のお殿様。 かなりのワガママな性格で、いつもハチャメチャな騒動を巻き起こす。 じいに激怒する時は、牛やライオンなどの鳴き声などの 奇ッ怪な擬音を発する。 年月が経つたびに奇ッ怪な擬音はエスカレートし、2003年秋には阪神タイガース球団歌『 六甲おろし』とともにカラフルなジェット風船が、ピューの音で全部飛ぶほどまでパワーアップした。 現在は尺八音のみに止まっていることが多い。 '02年4月に、ミニモニ。 ダンスの 唄』でCDデビューを果たした。 '08年10月からはいろいろな新ギャグフレーズを披露している。 他局の番組にも登場し、'07年9月放送の『 モクスペ』 NTV系 では、志村さんが正装と称してバカ殿様にタキシードで登場するシーンが登場した。 白塗りメイクはそのままだが、おかっぱ頭。 優香姫とハチャメチャな遊びをしたり、全く勉強せず、若き日のじいにいたずらばかりしていた。 '86年の初回でこの名称が登場し、'08年10月で22年半ぶりに幼少名設定が復活した。 内部にはじいと家来にイタズラするための仕掛けが満載している。 城下町へ逃げるための隠し通路や、厠には便槽に落ちる仕掛けがある。 便槽には黄色い液体で充満されていたが、のちに水だけになった。 ちなみに、かつて 東京都板橋区に実在の志村城が存在していた 跡地はマンションとなっている。 殿のふがいなさにいつも嘆いていて、殿にいつもいじめられている。 いつも墨汁にまみれたり、トイレの中に落とされたりなどの散々な目に遭う。 御先祖様の仏壇の前に嘆いているが、殿に悪口を盗み聞きされ、殿にお仕置きをされることも。 家老の任務に就いた頃は、亡き初代家老を思い出して泣いていた。 竹千代の教育係で、激怒したときに興奮して血圧が高まる。 カツラを取るとハゲ頭。 竹千代と優香姫が城下町に出て行くのを阻止するために、巨大化することも。 いつもカクテル対決等でひどい目にあっている。 いじめてばかりの殿に仕返ししようと、毎回城内で追いかけっこを繰り広げているがギャフンと言わされている。 肥後の進 肥後克弘 : 家来のリーダーで、ものまねの達人。 殿のご機嫌取りに苦労してばかり。 名称は'10年秋に判明した。 ジモン 寺門ジモン : 大袈裟なリアクションを取るが、影が薄いキャラ。 なぜか殿に嫌われていて、一人だけお年玉をもらえない。 レギュラー陣の中で最も影が薄い。 この名称は殿にニックネームとして名付けられたもの。 誰が誰だかわからないほど顔が似すぎている。 約十数年の間にかなり役者が変わっていて、現在はグラビアアイドル多数。 かなりの肥満体の腰元でオチ要員。 よく水着姿でゲームコーナーに登場する。 彼の没後は桑野さんにバトンタッチした。 一時期事件を起こして謹慎し、'01年秋に新人の家来として復帰したのだが……。 20年間がんばってきた。 但し、1回のみの登場だった。 女装することもある。 竹千代よりもおバカなキャラで、字が読めない。 かなりワガママ。 彼女と竹千代が歌を歌うといろいろな動物が突然現れる。 よく顔にパイをぶつけられている。 当初のキャラクター名はバカ姫だったが、一時期優香姫に名称が変更され、再びバカ姫に戻ったが、正式名称は優香姫に落ち着いた。 雪山で遭難したとき、豊富なサバイバル知識で竹千代を救ったことも。 バカ殿メイクで竹千代そっくりになり、鏡に映ったフリをしていろいろマネしたことがあるが、竹千代がふんどし一丁になったときはハリセンでどつくなど、一枚上手。 ミニモニ。 ダンスの唄』を披露した4人組の姫。 その後、'03年の正月に殿と再会し、殿に ミニモニ。 トースターを献上し、 殿からミニモニの似顔絵付きケーキを貰うという『バカ殿様』にしてはほのぼのな内容だった。 '05年10月に殿は、ダブルユーとなった辻ちゃんと加護ちゃんに再会した。 生卵や赤マムシを渡す時に「 な・ま・た・ま・ゴ」等、急にオゲレツな口調になる。 数年に一回登場する。 お酒が大好物。 雷と共にウクレレを鳴らしながら登場し、祈祷師にジイさん呼ばわりされビンタを2発喰らってしまい、寝ているのをジャマされたことで雨の代わりに洪水を起こした。 '05年1月に殿のお城の地下室で、雷鳴のようなイビキをしながら棺桶の中で眠っていた。 ゆるキャラとしては初のゲストとして話題になった。 '14年1月の2度目の登場では竹千代と優香姫と一緒に押しくらまんじゅうで遊んだ後、懐かしのヒゲダンスを披露したことも。 ・情報提供: あいこ好きの勇者プクリンさん, 櫻田和宜さん, こしけんさん, hamagucheさん, JIROさん, ジャンショーグンさん, 大崎千尋.

次の