モバイル suica ポイント 還元。 モバイルSuicaで乗車すると2%のポイント還元 10月1日から

Suicaでポイント還元する方法!モバイルSuicaなら還元率4倍 iPhone/Android対応

モバイル suica ポイント 還元

ポイント2重取りとは? ポイント2重取りとは、 電子マネーに チャージ 入金 した際と 支払いをした際に2回ポイントを獲得することを指します。 電子マネーは2種類あり、事前にチャージした金額だけ支払いができる前払い制 プリペイド のものと、クレジットカードを登録して支払いをする後払い制 ポストペイ のものがあります。 一般的に前払いの電子マネーは、現金チャージ、口座振替チャージ、クレジットカードチャージなど複数のチャージ方法が用意されています。 なかでもクレジットカードでチャージすると、チャージした金額分もポイント加算の対象となり、ここで1回目のポイントを得ることができます ポイントが付かないクレジットカードもあります。 さらに前払いの電子マネーは、支払いでもポイントが貯まります。 電子マネーの種類や店舗によって違いますが、利用金額に応じてポイントが貯まる仕組みになっており、一般的に100円~200円の利用ごとに1ポイント~2ポイントが貯まります。 チャージでもポイントが貯まるクレジットカードを選び、そのクレジットカードを使ってチャージした電子マネーで支払いをするとポイントが2回貯まるというわけです。 ポイント2重取りをすると、実質的に支払額の割引となるため、クレジットカードだけで支払いをするよりもさらにお得になります。 Suicaでポイント2重取りするなら「ビューカード」 カード名 Suicaチャージ時のポイント還元率 Suicaで支払い時のポイント還元率 ポイント2重取り時の還元率 ビューカード 1. 5% 0. 5%~1% 2%~2. 5% ANA VISA Suicaカード 0. 5% 0. 5%~1% 1%~1. 5% みずほマイレージクラブカードセゾンSuica 0. 5% 0. 5%~1% 1%~1. 5% スーパーICカードSuica「三菱東京UFJ-VISA」 0. 5% 0. 5%~1% 1%~1. 5% イオンSuicaカード 0. 25% 0. 5%~1% 0. 75%~1. 25% 提携クレジットカードの還元率はビューカードよりは劣りますが、軒並み1〜1. モバイルSuicaでポイント2重取りできるクレジットカード 上記で紹介したクレジットカード以外にも、 モバイルSuicaを利用することで、ポイント2重取りできるカードがあります。 モバイルSuicaとは、FeliCa対応の携帯電話でSuicaが利用できるアプリです。 2016年からは、iPhone7以降のiPhoneでも利用できるようになっています。 モバイルSuicaは、クレジットカード・現金・口座振替・キャリア決済などのチャージ方法があり、クレジットカードの種類によっては、チャージ金額分もポイントが貯まります。 モバイルSuicaに登録してポイント2重取りできるビューカード以外のクレジットカードカード 【PR】Sponsored by 楽天カード株式会社 モバイルSuicaを使う際の注意点 ただし、モバイルSuicaにチャージができるクレジットカードは数が限られています。 そして、チャージができたとしても、ポイントが付かなかったり、通常よりも還元率が低くなっているといったことがあります。 また、ビューカードではモバイルSuicaが無料で利用できますが、それ以外のクレジットカードだと年会費が1,030円 税込 かかります。 自分の年間利用金額と照らし合わせて、年会費を払ってでもお得になるか考えて利用しましょう。 2重取りが可能で還元率が高いおすすめビューカード3選 本章では2重取りが可能で還元率が高いビューカードを紹介します。 それぞれのビューカードは、Suicaでポイントが2重取りできるだけでなく、 特定の店舗などで還元率が優遇されるクレジットカードなので、たいへんおすすめです。 年会費は477円 税抜 で、家族カードも同額です。 は3種類から選べます。 定期券の購入やチャージ、オートチャージで ポイントが3倍になります。 ビューカードはSuicaへのオートチャージもできるので、残高を気にすることなく使えますし、残高が少なくなってきたらオートチャージでポイントも自動的に貯まります。 また、グランデュオなどJRE POINT加盟店で買い物する時、ビューカードで支払えば請求時に1,000円 税込 につき 5ポイント貯まります。 さらに、ビューカードを提示すると、100円 税抜 で1ポイントが貯まります。 さまざまなシーンでポイントをコツコツ貯めることができるので、JRを利用する方には大変おすすめのクレジットカードです。 ビックカメラでポイント還元率最大11. 5%にものぼる超高還元率クレジットカード です。 ビックカメラで利用することを考えると最強と呼べるクレジットカードです。 また、貯まったビックポイントは特別な手続きをすることなく、そのままビックカメラやコジマ電気で使うことができるなど、利便性が高い点も特長です。 普段、あまりビックカメラに行かないという方でも、 ビックカメラSuicaカードで貯めたポイントをそのままSuicaへチャージして使うことができるので、 使いみちに困るといったこともないでしょう。 普段ビックカメラによく行くという方だけでなく、 Suicaユーザーであればぜひ持っておくべきおすすめのクレジットカードです。 年会費は477円 税抜 かかりますが、 初年度は年会費無料となるほか、年に1回の利用で翌年以降も年会費は無料となるので、 実質年会費無料で利用できます。 もちろん、ビューカードなので、オートチャージや定期券の購入でもポイント還元率はアップするため、大変おすすめできるクレジットカードです。 また、 JRの定期券機能もついており、定期券購入やSuicaへのオートチャージでポイントが3倍貯まります。 JRを通勤・通学に利用している方にもおすすめできるクレジットカードです。 2重取り可能なクレカを作成したらSuicaをJREポイントWEBサイトに登録 Suicaでポイント2重取りをするには、SuicaをJRE POINT WEBサイトに登録する必要があります。 あまり知られていませんが、JRE POINT WEBサイト登録後にSuicaを使って支払いをすると、100円~200円につき1Suicaポイントが貯まるようになります。 ここで気をつけて欲しいのは、電車やバスの利用ではポイントは付かないという点です。 ポイントが付くのは、駅周辺などにあるSuica加盟店で使った場合です。 Suica加盟店はSuicaポイントマークが目印で、このマークがある店舗ならSuicaによる支払いでポイントが貯まります。 Suicaでポイント2重取りをする方法まとめ 本記事ではSuicaでポイント2重取りをする方法とそれに適したクレジットカードを紹介してきました。 ビューカードなら2重取り時の 最大ポイント還元率は2. 5%と、かなりの高還元率でポイントを貯めることが可能なためとてもおすすめです。 また、それ以外でも2重取りが可能な提携カードや、モバイルSuicaでポイント2重取りが可能なクレジットカードも存在します。 ビューカードを作成するほうがポイント還元率は優遇されますが、もしほかのクレジットカードを保有している場合は、ご自身がもつクレジットカードがモバイルSuicaに対応しているか?対応している場合はチャージでポイント2重取りが可能かどうかを確認してみましょう。 関連記事.

次の

JR東日本、モバイルSuicaで乗車すると2%ポイント付与

モバイル suica ポイント 還元

同事業は、消費税率引上げ後から2020年6月末まで、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する政府の事業。 同事業の予算は2,798億円。 なお、正式名称は「キャッシュレス・消費者還元事業」だが、最近は「キャッシュレス・ポイント還元事業」と表記されることが多い。 どちらの表記でも意味は同じだ。 利用可能な店舗は、9月2日時点では約27万件。 8月29日時点での加盟店登録申請数は約51万件。 クレジットカード・デビットカード クレジットカードは、還元上限が概ね1. 5万円。 各社の違いが現れるのは、還元手段で、「カードの請求額からのポイント還元分の減額 相殺 」と、「ポイント付与」の2種類があり、発行会社やカードのブランドによって異なっている。 三井住友カードや、UCカード・クレディセゾンなどは前者の「請求額からの相殺」だが、楽天カードやポケットカード ファミマTカード などは後者の「ポイント還元」で、楽天スーパーポイントやTポイントなどで還元される。 カードブランドごとに対応が異なっているので、正確な情報はお手持ちのカードの公式情報を確認してほしい。 例えば同じ三菱UFJニコスのカードでも、「MUFJカード」は引き落とし時にポイント相当分を相殺するが、「NICOSカード」、「DCカード」は商品と交換できるポイントとして還元するなど、同一企業でもカードブランドごとに。 ただ、請求額からの相殺でもポイント付与でも、付与時期は利用月の2カ月後でほぼ共通のようだ。 なお、ほとんどのカードは、月15,000円相当が還元上限だが、というカードもある。 クレジットカードでの支払いだけでなく、カードに紐付いたApple PayやiD、QUICPayなど非接触決済での支払も、ポイント還元の対象となる場合が多い カードによる。 詳しくはカード会社の情報を参照してほしい。 デビットカードの多くや一部のプリペイドカードでもポイント事業対応している。 デビットカードの還元方法は「口座に付与」、上限は「1. 使いこなせれば、「お得」になるはずだ。 なお、Discoverや銀聯などの海外クレジットカードは、ポイント還元事業の対象外となる。 楽天ペイ アプリ決済 は、還元方法が楽天スーパーポイント。 還元時期は利用月の翌々月末日頃。 上限は1回あたり25,000ポイントで、月の上限はなし。 上限は期間中3,000ポイントまでで、付与ポイントの利用期間は2020年1月31日23時59分。 第1弾は10月1日から12月2日を予定しており、キャンペーン登録が必要。 au PAYは、au WALLET ポイントで還元。 買い物から約1カ月後にau WALLET ポイントで還元する。 ポイントの有効期限はポイント付与日から4年間。 J-Coin Payは。 ポイント相当額を利用者のJ—Coin Pay残高に入金する。 ユニークなのは「Origami Pay」だ。 還元方法は「LINE Payボーナス」で期限は2年。 メルペイは、コード払いとiDで対応。 「メルペイ残高払い」だけでなく「メルペイあと払い」も還元の対象となる。 コード払いの場合は、毎週月曜日に前週の還元対象決済分のポイントを還元、iDの場合は、毎月25日に、前月の還元対象決済分のポイントを還元する。 還元されるポイントの有効期限は、付与された日を含めて90日。 d払いは、dポイントで還元。 「キャッシュレス・消費者還元事業」における主要な決済事業者 8月19日時点 JR東日本のSuicaは、JRE POINTで還元。 ポイントは対象となる決済の翌月上旬頃に1カ月分まとめて還元する。 JRE POINT登録済のSuicaが必要となる。 大手私鉄系の「PASMO」は、この還元事業のために新たに「PASMOキャッシュレスポイント還元サービス」を立ち上げ。 対象店舗でPASMOで決済すると、決済額に応じてポイントが貯まる。 なお、参加には専用サイトでの登録が必要。 還元事業の6カ月間を3期にわけて還元を行なう。 また、PASMOのカードの上限は20,000円で、残高との合計が2万円を超えてしまうと還元を受けられなくなる。 例えば、PASMOの残高が19,500円の場合、500円を超えた還元はできなくなってしまうため、残高に注意する必要がある。 交通系ICでは、manacaやTOICA、ICOCA、はやかけん、SUGOCA、PiTaPaも還元事業に対応予定だ。 nanacoは、nanacoカードやnanacoモバイルの使用に対し、nanacoポイントで還元。 利用翌月の15日にnanacoポイントで還元し、nanacoポイントから電子マネーnanacoに交換し、店舗等で支払い可能になる。 事前エントリーは不要。 WAONは、「消費者還元WAON」で還元。 カードなどに直接付与されず、イオン店舗などに設置されているWAONステーションや、イオン銀行ATM、ファミリーマートに設置されているFamiポートなどで受け取る。 1カ月間の還元上限は15,000WAON。 楽天Edyは、電子マネーのEdyで還元。 Famiポート、Edyの赤いチャージ機、楽天Edyアプリなどでの受け取り処理を行ない、通常のEdy電子マネーとして利用できる。 1回あたりの還元額は最大2,500円分。 支払日から30日を目処にEdyを付与。 受け取り期限は付与日から90日間としている。

次の

Suicaでオトクにポイント還元を受ける方法

モバイル suica ポイント 還元

(2) 還元されるポイント これまでは、電車・バス等の運賃はポイント還元の対象外でしたが、 10月1日から、JR東日本の在来線の利用でポイントがたまるようになります。 また、グリーン券の購入・定期券購入でもポイント還元されるようになります。 モバイルSuica iphone・android等 :50円ごとに1ポイント( 2. Suicaカード:200円ごとに1ポイント( 0. モバイルSuicaは現在は年会費税込1,050円(通常)かかるというデメリットもあります。 ただし来年2020年2月26日以降、年会費は全面的に無料になる予定ですので現在iphone等でモバイルsuicaを利用せず、普通のSuicaカードを利用している方は、乗り換えを検討する価値があると言えるでしょう。 Suicaに1ポイント1円相当でチャージしてそのまま使えるので、こまめにチャージするのもオススメです。 (4)JRE POINTサイトでの登録が必須 実は、 Suicaをそのまま利用するだけでは、ポイント還元されないのでご注意ください。 ポイント還元を受けるためには、「JRE POINT」という専用のサービスに別途登録が必要です(入会金・年会費無料は無料) 登録を忘れるとどんなに頑張ってもポイント還元の対象外となってしまいますので、忘れないよう気をつけてください。 細かい登録方法については、別途記事で解説致します。 3.キャッシュレス・ポイント還元|Suicaの場合 Suicaは、2019年10月1日から始まった「消費税増税時のキャッシュレス・ポイント還元制度」の対象になっています。 以下、還元率、対象店舗等解説します。 (1)還元されるポイントとは 電車利用のポイント還元と同様になりますが、「JREポイントへの登録」が必須です。 なお利用月1ヶ月分のJREポイントが、翌月の上旬に還元され、還元されるポイントはJREポイントの公式サイトの「会員ページ<ポイント履歴」で確認可能です。 下記のマークの有無で利用できるかどうかを判断することになります。 また当然ですが、Suica のマークが掲示されているお店である必要があります。 具体的には、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、松屋などにSuicaのマークが掲示されているのでご確認下さい。 「キャッシュレス・消費者還元事業」についてさらに詳しく解説している下記記事も合わせてご参照ください。 4.キャッシュレスでJRE POINT還元キャンペーン 次に、「キャッシュレスでJRE POINT還元キャンペーン」の解説を致しますが、その前に「JRE POINTの基礎知識」を解説致します。 (1)JRE POINTのポイント還元率と貯め方 まず、Suicaを利用したJRE POINTのポイント還元率と、ポイントの貯め方を説明します。 ポイントの還元率 【画像引用元】|JRE POINT Suicaでの購入金額100円あるいは200円 税込 ごとに1ポイントたまります。 2種類のマーク(加盟店標識)があり、どちらのマークかによって、貯まるポイントが変わります。 たとえば「NewDays」や「KIOSK」では200円で1ポイント、「acure(自販機)」は100円で1ポイントです。 黄色いステッカー(加盟店標識)が目印 【画像引用元】|JRE POINT 上記のステッカーが目印です。 このステッカー(加盟店標識)があるお店でSuicaを使うと、ポイントが貯まります。 ここで、ちょっと思い出してみてください。 このステッカー、「セブンイレブン」「ローソン」「ファミリーマート」などで見かけたことありますか? ないですよね。 実は、加盟店標識があるコンビニは「NewDays」だけなのです。 つまり、セブン・ファミマ・ローソンをはじめとして、 ほとんどのコンビニでSuicaが使えますが、買い物に使えるだけで、Suicaの場合は、ポイントが貯まるわけではありません。 セブンやファミマでSuicaを使うのは、ポイント的には非効率なので注意しましょう。 (*ただしSuica付きビューカード等でクレジットカード決済をした場合は、クレジットカードの利用ポイントは付きます) 駅ナカに設置されているNewDaysやKIOSK 売店 にはステッカーがあり、かつ、ポイント倍増キャンペーンなども展開されています。 (2)キャッシュレスでJRE POINT還元キャンペーン 「キャッシュレスでJRE POINT還元キャンペーン」とは、 2019年10月1日(火)~2020年6月30日(火)の間、駅ビル・駅ナカでのキャッシュレスのお支払いでJREポイントの還元率がアップするキャンペーンです。 通常の場合 キャンペーン中 200円で1ポイント(「NewDays」や「KIOSK」の場合) 200円(税込)につき4ポイント 100円で1ポイント(「acure(自販機)」等の場合) 100円(税込)につき2ポイント つまり還元率は2%になります。 しかも、お店がキャッシュレス・消費者還元事業に加盟店登録している場合は、さらに +2%、+5%が上乗せされます。 最大7%が還元される大盤振る舞いであることが分かります。 JREカードを利用する場合|最大5. JREカード優待店でJREカードを利用した際の還元率は下記のようにアップします。 つまり3. なお、上記で解説したSuica決済とは異なり、お店がキャッシュレス・消費者還元事業に加盟店登録していても、 +2%、+5%は上乗せされません。 JREカードを利用時の注意点 JREカードのキャンペーンは、あくまでクレジットカード決済でのポイント還元です。 Suicaの利用によるポイントではありません。 また黄色のマークしかないお店(ニューデイズ)の場合は、優待店向けのポイントがつかずに還元率は0. 黄色のマークしかないお店でJREカードを利用する場合は、カードを提示して「クレジットカードで」と言わず、「Suicaでお願いします」と言ったほうがお得になります。 6.最後に Suicaは、ただ使うだけではポイントが貯まりません。 まずはJRE POINTサイトでSuicaやビューカードを登録しましょう。 NewDaysやKIOSKといった、駅ナカのお店だけではなく2019年10月1日からJR東日本の鉄道利用や定期券の購入などでもポイントが貯まるようになりました。 「あれ?もしかしてSuicaってポイント貯めにくいのでは…?」って思った方はJREカードやビューカードを併用するのもよいかもしれません。 定期券購入にビューカードを利用すると、1. 5%のポイントがたまります。 「Suica使用+定期券購入」で年間10万円使っている方は、年間1,500ポイント(1,500円分)還元されることになります。 ビューカードを経由して定期券を購入したり、Suicaにチャージすることで、効率よくポイントが貯まります。 「Suica+ビューカード」のコラボレーションで、ポイント還元を楽しむこともいいかもしれません。

次の