ヤマト ビジネス メンバーズ 料金。 ヤマトビジネスメンバーズに申し込みました。

クロネコメンバー割

ヤマト ビジネス メンバーズ 料金

ご注意ください• クロネコメンバー割は、ヤマト運輸でのみチャージ・ご利用いただけるオリジナル電子マネーです。 コンビニエンスストアなどでのチャージ・お支払いはできません。 宅急便コレクトなどの代金引換、運送保険のお支払いはできません。 「クロネコメンバー割」の種類 「クロネコメンバー割」には宅急便送料の割引率が異なる2種類の電子マネーがあります。 集荷・配達時セールスドライバーに確認する セールスドライバーが持つ専用端末にて残高・履歴をご確認いただけます。 ご自宅などへの訪問時にカードをご提示のうえ、「クロネコメンバー割の残高 (履歴)を確認したい」とお伝えください。 対象サービス サービス ご利用可能なお荷物 備考 発払い・着払い・複数口 着払いには割引が適用されません。 発払い・着払い 着払いや、包装資材の購入には割引が適用されません。 割引対象は宅急便運賃です。 クール料金には割引が適用されません。 片道・往復 包装資材の購入には割引が適用されません。 片道・往復 包装資材の購入には割引が適用されません。 片道・往復 割引対象は宅急便運賃です。 空港手数料や、手ぶらサービス料金には割引が適用されません。 タイムサービス料金には割引が適用されません。 発払い・着払い お支払いはできますが、割引は適用されません。 保険のお支払いにはご利用いただけません。 発払い お支払いはできますが、割引は適用されません。 よくあるご質問(FAQ).

次の

ヤマトビジネスメンバーズについて

ヤマト ビジネス メンバーズ 料金

ヤマト運輸のに申し込んでいる最中です。 法人か個人事業主なら無料で登録でき、事業用ならではのサービスが豊富です。 自宅で開業するひとり税理士でもOKでした。 前の勤務先でも便利だったので、加入しました。 私にとってのメリット• 梱包資材も無料• 有料で箱ごととかしてくれるそうです。 ネコポス(旧メール便)で送れる これらは主に物理的なメリットです。 もっと大量に荷物を送られる方は、データ管理などソフト面で多様なサービスを活用できると思います。 また、今はバックオフィス業務に力を入れてみえます。 登録が済んだら体験してみます。 申し込みは、• ウェブか電話で問い合わせ• ウェブだと送信後電話打ち合わせで業態やサービスの確認をする• ドライバーさんが書類を届けてくださる• 記入して提出• お客様コードと仮パスワードをドライバーさんより通知してもらう• (今、4の途中です。 ) ネコポス、機密文書リサイクルサービスは別途申込用紙を記入します。 頂いたちらしをご紹介します。 (全部ホームページに載っている内容です。 ) webだけでは申し込みは完結しないですが、ビジネス向けサービスですし、セールスドライバー(ヤマトさんでの呼称)さんの主要な仕事の一つでもあるのだと思います。 大口の利用者だけでなく、小口利用の一人で仕事をしている人にとってもありがたいサービスです。

次の

代金引換決済|決済サービス|ECビジネスのトータルパートナー|ヤマトフィナンシャル

ヤマト ビジネス メンバーズ 料金

ヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸株式会社ではビジネス向け会員制サービスのポータルサイト「ヤマトビジネスメンバーズ」を運営している。 EC事業者にとっても押さえておきたいサービスなので、改めて、ここで紹介したい。 ヤマトビジネスメンバーズとは? ヤマトビジネスメンバーズは2012年1月に開始したビジネス向け会員制サービスのポータルサイトだ。 送り状を簡単に発行する機能やご利用運賃の履歴確認、請求書や納品書といったビジネス書類を簡単に作成・送信できる機能など、さまざまなサービス・機能をクラウドで提供しているのだ。 また、2017年12月からは荷物の「送る」「受け取る」をより便利にする多彩なサービスや機能をさまざまなクラウドサービスと連携できるAPIを公開し、多くの法人・個人事業主が活用している。 ヤマトビジネスメンバーズに必要なものは? 大前提として、ヤマト運輸と月払などの掛売契約をしている法人・個人事業主が対象となる。 具体的には、法人・事業主が契約すれば、ログインID(お客様コードと仮パスワード)を発行できるようになっているので、このログインIDを使うわけだ。 ログインIDはお客様コードと仮パスワード 上記にある通り、普段、ヤマト運輸を利用している事業者にはおなじみであるが、配送契約時に「お客様コード」が発行されおり、それに加えて、担当営業店より発行する「仮パスワード」が必要となる。 「お客様コード」を知らないという人も落ち着いて。 請求書またはクロネコカードを見ると記載があることに気づいていただけるだろう。 そして「仮パスワード」については弊社営業店にて発行作業が必要となるので、担当営業店もしくはセールスドライバーへ確認するといいだろう。 2018年4月のリニューアルで更に使いやすく 登録の仕方はご理解いただけたと思うので、これで心置きなく使えるはずだ。 ちなみにこのサービス、2018年4月にリニューアルされたばかり。 以前から使う人のために、そのポイントを下記にまとめてみた。 1)お客さまに最適なサービスをレコメンドする新機能「For You」 ヤマトビジネスメンバーズに登録している事業者の属性や利用の履歴からお客さまの日々の業務にあわせて最適なサービスを自動で提案する。 2)宅急便などの日々の発送個数・料金を分かりやすく表示する「ダッシュボード」 トップ画面で、宅急便などの配送サービスの出荷数量や利用料金を表示するので、経営の指標のひとつとして、一目で実績を確認できる。 3)ワンクリックで簡単に集荷の依頼ができる「カンタン集荷」 わざわざ電話を掛けなくても、ワンクリックで簡単に集荷の依頼ができる。 その他、送り状の発行など荷物を出荷するための機能に加え、ヤマトグループ各社が提供する法人のお客さま向けの多彩なサービスを提案。 ヤマトビジネスメンバーズとのログイン連携などにより利便性を向上させ、お客さまが抱えるさまざまな課題を解決していくとした。 ヤマトビジネスメンバーズサイトに掲載されるヤマトグループ各社の主なサービス ではヤマトグループ各社にはどんなサービスがあるのかということになりそうなので、下記に代表的なものをまとめてみた。 ネットショップに不可欠な配送や決済機能などをヤマトグループがまとめて提供する。 これまでヤマトロジスティクス株式会社が提供していた、オフィスに設置し日々の書類の廃棄できる「ECOポスト」と保管期限が終了した書類などをまとめて廃棄するのに最適な「ECOラック」を、ヤマトビジネスメンバーズを通じて申し込むことできる。 (URL) 使いこなせるかどうかは別としてよく検討してみる価値はある 分かっていそうで分かっていない可能性のある「ヤマトビジネスメンバーズ」。 改めて、その使い方を示しながら、ここ最近、利便性が高くなった機能について触れ、イメージを掴んでもらった上で、ヤマトグループの総力を結集して、事業者たちの力となろうとしていることを映し出してみた。 これで、「ヤマトビジネスメンバーズ」の概要は掴めたと思う。 日頃、配送企業としてだけヤマト運輸を使っているのであれば、それはまだ使いこなしているとは言い難い。 いざ調べてみて思ったことだが、ヤマト運輸は一般のお客様にも事業者にも常に、自分たちの企業の持つノウハウでどれだけ付加価値をつけるかにこだわっているように思える。 今一度、ヤマトビジネスメンバーズを使って、自らのビジネスの躍進に繋げられないか検討してみていただきたい。 それがもしかしたら、自ら販売する商品の付加価値すらもあげて、安売り競争に巻き込まれることなく、勝ち組につながるのかもしれないのだから。

次の