中学 受験 ブログ。 かるび勉強部屋 | ぜったい合格 中学受験

中学受験(サピックス) 人気ブログランキングとブログ検索

中学 受験 ブログ

なぜブログを読んだ方がいいのか?• 受験は情報戦だから• 中学受験は孤独との戦いだから 1つ目は、 受験は情報戦だからです。 中学受験は、子どもの勉強のできる、できないも確かに大事ですが、それと同じくらい大事なのが親のサポートです。 中学受験には、やらなければいけないことがたくさんあります。 スケジュール管理や学校ごとの勉強、それにお金のことや子どもの心のケアなど…数え切れません。 これら全部を何も情報がないままにやろうとすると、パンクしてしまいます。 だから、そうした受験に関することイメージをつかんだり、やらなければいけないことをあらかじめ知っておくというのは大変重要なことなのです。 そして、それにはブログが最適なのです。 2つ目の理由は、 中学受験は孤独だから、です。 下手をすれば、公立中学に進まないお子さんは1人、2人ほどかもしれません。 そんな中、子供の勉強のサポートをするのは大変です。 教える人 先生や塾の教師 が書いているブログ• 子供の両親が書いているブログ です。 これらのブログは、それぞれ書き手によって得られる情報が異なります。 また、受験情報などをよく載せているブログなどもあります。 「中学受験のことを知りたい」、「具体的な勉強法を教えて欲しい!」という人は、このタイプのブログがオススメです。 こういったブログには、 「受験における日々のノウハウ」や、「受験傾向などの噂」が書かれていることが多いです。 また、先ほども書いた通り、中学受験は一人では辛いものになるので、共感できるブロガーさんに出会えるととても心が楽になります。 このタイプのブログでは、• 住んでいるところや子供の受験先、塾などが一緒のブログ• とても共感できるブログ を選ぶといいでしょう。 特に、自分の環境に近い人のブログは様々な情報を得られるだけでなく、「あるある!」となる確率も高まるのでおすすめです! 先生が書いているブログ では、塾の先生、講師が書いているおすすめブログを紹介します。 中学受験をわらう このブログは、「黒い講師」さんというかたによって運営されています。 開成中学や桜蔭中学など、国内でも最難関の中学の受験指導をする専門塾で講師をしたのち、今は個別の塾で指導にあたっている先生です。 内容は、受験にチャレンジしている親の本音や、難関校を受験する子どもたちが使っている参考書の紹介などです。 更新頻度が早く、1日に何件も更新されています。 また、受験生の追い込みの時期に当たる小学校6年生の最後の61日間の戦いに密着した、「塾講師にだまされるな」(主婦と生活社)という本も書かれています。 名前のとおり、ブラックユーモアを交え、受験の闇を感じることもしばしですが、 長く受験生のパパさん、ママさんに読まれているブログです。 中学受験プロ講師ブログ 中学受験ドクターという、 個別指導塾、家庭教師の会社に所属しているプロの家庭教師の方がオムニバス形式で投稿しているブログです。 内容は、お悩み相談などから各教科の成績の上げ方など多岐に渡ります。 特に、先生一人ひとりが専門の教科のことについて書いているので勉強の内容だったりについては一番信頼が置けるかもしれません。 時間があるときにちらっとみるだけでも、知っておきたい知識などがつくかもしれないのでブックマークしておくことをおすすめします。 受験ラッシュ! 講師の方が運営しているわけではないですが、非常に洗練されたブログがあるのでこちらも紹介したいと思います。 それがこの受験ラッシュです。 麻布中学や渋谷教育学園幕張など、超有名中学に合格なさった子の親御さんが、中学受験に役立つ情報や入試の情報などを書いています。 東京都内を中心に関東の中学の情報を探すならここがオススメです。 親御さんが書かれているブログ では、続いては親御さんが書かれているブログを紹介します。 理系パパの2019年中学受験奮戦記 新5年 新6年生で、SAPIXに通われるお子さんをお持ちの理系のパパさんが書かれているブログです。 2015年から更新が続いていて、今年とうとう受験ですかね。 ブログ内容は、SAPIXなどの塾関連を中心に、保護者会などのことやたまにゲームのことも書かれていて本当にブログって感じのブログです。 1投稿が短文で読みやすく、絵文字も可愛いのでブログなどを読み慣れていない人でも読めちゃいます。 二人三脚で息子と頑張るパパの姿に、共感できること間違いなし? 長女、日能研。 次女、四谷大塚。 -中学受験ママブログ- ブログの名前どうり、長女と次女がそれぞれ違う塾に通われている、ママさんが書くブログです。 実は長女さんの方は2016年に受験が終わっています。 次女さんの受験は2020年! 内容は、日能研と四谷大塚のそれぞれの受験スタイルの違いだったり、受験に役立つ情報などを掲載されています。 現役のママさんならではの意見だったり視点だったりがみてとれます。 中学受験の塾がどういうものか気になったり、 自分の子供も日能研、四谷大塚に通っているよという人は読んでみるとためになると思います。 東大卒パパの家庭学習による2020年中学受験日記 東大卒の「きらパパ」による中学受験ブログ。 ほかのブログと違うところは 、息子さんの中学受験を塾には通わずに家庭学習だけで行っているところです。 中学受験は塾に通う必要は必ずしもないですが、ほとんどの人が塾に行っていると思います。 そんな中、こういうブログがあると頼りになりますね。 アメブロでブログを書かれているので、Amebaのアカウントを持っていたり、もしくは作ったりすると気軽に質問できたり購読できて便利ですよ。 個人的には、東大卒のパパさんというだけあってか「将来こんな感じで子育てすることになるんだろうか? 」と思う場面があって興味深いです。 最後に:注目したいブログはたくさんあります まだまだたくさん紹介したいブログがあるのですが、文字数が多くなってきたので下にリンクだけ載せておきます。 もっとみたいという人がいれば、いろんなブログのランキングが観れるサイトからよく読まれているブログを見ることができます。 もし始めるなら他の方同様にアメブロやFC2ブログなどにすると、無料で始められて他の人ともコメントのやりとりをしやすくなるので良いと思いますよ!.

次の

今読んでも涙。ブログで振り返る、中学受験の当日のこと【我が家3児の受験事情・9】 — 中学・高校受験エッセイ・9

中学 受験 ブログ

通学に時間がかかる学校が敬遠される コロナ収束には、ワクチンの開発を待たなければならず、少なくとも2年はかかると考えられます。 そのため、感染リスクが高まる 「通学」に時間がかかる学校が敬遠されることが考えられます。 電車での通学が避けられない私立中学を回避し、地元の公立中学を選択するケースもあると思います。 中学受験する場合でも、通学時間が長かったり、電車の混雑区間が長くなる学校は敬遠されることが考えられます。 栄光学園• 渋幕(東京からの通学が多い)• 開成(千葉からの通学が多い)• 駒東(激混みの田園都市線) などは、熱望する受験生が多い学校ですが、立地的には敬遠する家庭が出てくる可能性があります。 全寮制の学校が敬遠される 実際に感染者が発生したと報じられたラ・サールなど、 全寮制の学校は志望者数が減ることが予想されます。 この状況で子供を親もとから離れて生活させるということに対する、心理的な抵抗も少なからず出てくるはずです。 オンライン授業などIT技術を活用できる学校が人気となる 休校が長引いた場合でも、オンライン授業を実施できそうな学校は評価が上がるでしょう。 一例ですが、以下の学校はITに力を入れているため、評価が上がるのではないでしょうか。 広尾学園• 聖光学院 受験会場の変化 来年の2月時点で、ワクチンが準備できているという可能性はほぼないため、感染拡大が防止できるような入試が求められます。 3密を防ぐために、 ・1教室あたりの人数を4分の1程度に減らす ・または大きなホールを借りて、座席の間隔を空ける ・冬でも教室の窓は開放し、その分暖房を強化 といった対策が想定されます。 このような場合、寒さへの対策が例年以上に必要になってくる可能性があります。 受験会場での昼食の中止 麻布などは試験時間が長いので、途中で昼食の時間がありますが、今の状況においては、受験会場での昼食は感染のリスクが高まります。 そのため、開始時刻を早めるなどして、昼食時間はなくなる可能性があります。 受験前のコロナ感染検査 もし、その時点でコロナ感染の簡易検査ができるようになっていれば、政府の要請で受験シーズン直前にコロナ簡易検査を実施するといった可能性も考えられます。

次の

ブログ「中学受験をわらう」 塾講師が生々しい現場の本音を暴露

中学 受験 ブログ

通学に時間がかかる学校が敬遠される コロナ収束には、ワクチンの開発を待たなければならず、少なくとも2年はかかると考えられます。 そのため、感染リスクが高まる 「通学」に時間がかかる学校が敬遠されることが考えられます。 電車での通学が避けられない私立中学を回避し、地元の公立中学を選択するケースもあると思います。 中学受験する場合でも、通学時間が長かったり、電車の混雑区間が長くなる学校は敬遠されることが考えられます。 栄光学園• 渋幕(東京からの通学が多い)• 開成(千葉からの通学が多い)• 駒東(激混みの田園都市線) などは、熱望する受験生が多い学校ですが、立地的には敬遠する家庭が出てくる可能性があります。 全寮制の学校が敬遠される 実際に感染者が発生したと報じられたラ・サールなど、 全寮制の学校は志望者数が減ることが予想されます。 この状況で子供を親もとから離れて生活させるということに対する、心理的な抵抗も少なからず出てくるはずです。 オンライン授業などIT技術を活用できる学校が人気となる 休校が長引いた場合でも、オンライン授業を実施できそうな学校は評価が上がるでしょう。 一例ですが、以下の学校はITに力を入れているため、評価が上がるのではないでしょうか。 広尾学園• 聖光学院 受験会場の変化 来年の2月時点で、ワクチンが準備できているという可能性はほぼないため、感染拡大が防止できるような入試が求められます。 3密を防ぐために、 ・1教室あたりの人数を4分の1程度に減らす ・または大きなホールを借りて、座席の間隔を空ける ・冬でも教室の窓は開放し、その分暖房を強化 といった対策が想定されます。 このような場合、寒さへの対策が例年以上に必要になってくる可能性があります。 受験会場での昼食の中止 麻布などは試験時間が長いので、途中で昼食の時間がありますが、今の状況においては、受験会場での昼食は感染のリスクが高まります。 そのため、開始時刻を早めるなどして、昼食時間はなくなる可能性があります。 受験前のコロナ感染検査 もし、その時点でコロナ感染の簡易検査ができるようになっていれば、政府の要請で受験シーズン直前にコロナ簡易検査を実施するといった可能性も考えられます。

次の