国民 健康 保険 料 月額 平均。 国民健康保険料が高い理由は?安くする方法・高額な自治体などを紹介

65歳からどうなる?年金受給者の国民健康保険、2020年4月改定

国民 健康 保険 料 月額 平均

20代 30代 40代 50代 男性 3,196 3,978 4,038 4,702 女性 3,064 3,976 4,911 3,925 平均 3,130 3,977 4,474 4,313 この表から、 医療保険に支払う保険料の月額保険料は、3,000円~5,000円となり、最も高いのは40代女性ということがわかります。 女性の場合、女性特有の病気に備えるという意味で、 「女性向け保険」というものがあり、通常の医療保険より保険料が割高になるためにこのような結果となったと考えることができます。 保険に加入しなきゃと思っているけど、まだできていないという方は、この機会にやってしまうのがおすすめです。 ほけんROOM相談室なら LINEですぐに相談予約ができますので、ぜひ 無料相談に申し込んでみてください! 女性の場合で、同じように平成28年の「生活保障に関する調査」(生命保険センター調べ)によるデータを見てみると、 トータルの保険料の平均は年間17. 4万円(月1. 45万円)となっています。 ちなみに、女性の各年代を総合した医療保険の保険料は、約3,970円となっており、 保険料全体に占める医療保険の割合は、約27%となっています。 つまり、男性に比べ、女性のほうが医療保険に重きを置いているということが推察されます。 また、男性と同様に、女性の場合も、医療保険の保険料総支払い額に占める割合が、あまりにも平均に比べて高すぎるようであれば、現在加入している保険を一度見直してみても良いかもしれません。 50代女性の医療保険についてはこちらで詳しく解説していますので、ぜひ読んでみてください。 医療保険の適正価格を考える場合、 1日あたりに必要な入院日額と入院日数を元にして検討することが重要なポイントになります。 医療保険の加入の際には、1日あたりの入院保障の金額によって、保険料が違ってくるのです。 また、保険会社によって医療保険の計算方法が異なりますが、入院日数から手術の給付金額が連動して計算される仕組みの医療保険も販売されています。 また、入院に際しては、医療費以外にもお金がかかることがあります。 例えば、あまり知られていませんが、必ず必要になるものとして、食事代があります。 また、個室を希望する場合は差額ベッド代も自費負担として必要になります。 他にも家族の交通費やパジャマなどの身の回り品、お見舞いのお返しが人によって必要になることもあります。 会社に勤めている方であれば、会社での保障があったり、有給休暇等で、休んでいる間も給与を受け取ることができますが、個人事業主の方の場合はそうではありません。 個人事業主の方は入院や手術をした場合、収入に直結する場合が多いため、医療保険は会社員に比べ手厚くしておく必要があるかもしれません。 また、主婦が入院した場合、収入については特に問題にはならないと考えられますが、家事が滞ることにより、家事代行を頼んだり、外食が増えるなど、思わぬ出費増も考えられます。 難しくて毎回保険を考えるのが後回しになっているという方は、この機会に面倒な保険を片付けてしまいましょう! ほけんROOM相談室なら LINEで気軽に相談予約ができますので、ぜひ 無料相談に申し込んでみてください! では、実際にケガや病気で入院したときの経済負担はいくらぐらいと考えればよいのでしょうか? ここからは、病気やケガによって、ご主人が入院したときの一般的な経済負担を全国の平均で計算してみることにします。 ケガや病気の症状によって、入院日数は変わりってきますが、各自治体の国民健康保険給付状況から推測されるデータによると、全国の入院日数の平均は18日前後となっています。 また、入院1件あたりの額は約52万円で、3割が自己負担であったとしても、約16万円となります。 このデータから考えると、1日あたりの自己負担額は、おおよそ1万円前後ということが推測されます。 しかし、これはあくまで保険診療の額であって、前項でご紹介したような自己負担が必要な部分は含まれていません。 また、自営業者の場合は、収入も途絶えてしまう場合も考えられ、その場合は、月収分も経済負担に算入する必要があるかもしれません。 ただし、ここまでの計算は、あくまで平均値からの算出金額であり、この金額に対して、国が公的に補償してくれる制度も存在します。 ここからは、公的保障でまかなえる部分を考えてみたいと思います。 医療保障を考える場合に、一番身近なのは、病院へ行った際、支払う医療費は全額ではなく、1~3割分ですむというものです。 この制度は、 国民皆保険制度として知られており、残りの7割の金額は国や健康保険組合が補填するという制度になっています。 入院した場合にもこの制度は適応され、治療費や手術費用はその負担割合分を支払えばすむことになります。 また、このほかにも非常に重要な公的保障制度があり、それが 「高額療養費制度」と呼ばれるものです。 この制度は、治療に際し、その金額が高額になった場合、ある一定金額以上は国や健康保険組合が補填してくれる制度です。 例えば、1か月の入院や治療に約100万円かかった場合、年収約370~770万未満の方は約9万円の自己負担額ですみます。 この制度を活用できた場合、1か月あたりいくら治療費がかかったとしても、毎月約9万円の自己負担となり、これを1日あたりに換算すると約3,000円の自己負担ですむということになります。 ここまで、「医療保険の保険料平均から見る保険の選び方」をテーマに解説してきましたが、いかがでしたか? この記事のポイントは、• 医療保険の保険料は年代によっても違うが、おおよそ3,000円から5,000円位である• 医療保険の保険料は、性別や年代によって差が出ており、最も高い保険料を払っているのは40代女性である• 医療保険の適正な保険料については、入院や手術によって必要となる経済的負担と、公的な保障のバランスから考えることが重要となる でした。 新しく医療保険を選んだり、今入っている保険を見直すとなると、入院日額などをどのように設定すればよいかわからないというのも理解できます。 自分と同じような年齢・性別の人がどれ位の保障を設定し、保険料としていくら位支払っているかといったデータを知ることで、保険設計の一つの指標とし、納得の行く保険選びをしたいものですね。 ほけんROOMでは、他にも読んでおきたい保険に関する記事が多数掲載されていますので、ぜひご覧ください。 また、 忙しくて毎回保険を考えるのが後回しになっているという方は、この機会に面倒な保険を片付けてしまいましょう! ほけんROOM相談室ならLINEで気軽に相談予約ができますので、ぜひ無料相談に申し込んでみてください!.

次の

無職で収入がない人の国民健康保険料は月々いくら?計算方法を解説

国民 健康 保険 料 月額 平均

国民健康保険料はなぜ高い? 会社の健康保険は負担分が半額 まずは、会社員などが加入する健康保険と比べて、国民健康保険の保険料が高い理由について解説します。 会社員であればほとんどが加入する会社の健康保険では、 従業員と会社側が保険料を折半することになっています。 半額を会社が負担しているため、負担が軽くなっているのです。 一方、国民健康保険の保険料は 全額自分で支払う必要があるため、高額と感じる人もいます。 国保加入者の平均所得が低い 国民健康保険の保険料が高い原因の1つとして、加入者の平均所得が低いことが挙げられます。 国民健康保険の加入者は、年金所得者や無職の人が一定の割合を占めており、その他は農林水産業従事者、自営業者、扶養家族といった人たちで構成されています。 そのため、会社員などが加入者である健康保険と比較した場合、国民健康保険の加入者は、平均所得が低くなる傾向があるのです。 国民健康保険では、被保険者である加入者から徴収する保険料が運営の資金源です。 加入者の多くを占める低所得者層の保険料を補うために、中所得層の保険料負担が大きくなってしまうことが国民健康保険の割高感を生んでいると言えます。 国民健康保険料を払えない理由 退職後無職になり払えない 会社員である間は会社側が健康保険料を半額負担してくれますが、退職して無職になると国民健康保険に加入しなければならず、保険料の全額を自己負担することになります。 その他にも、会社員時代には給与から天引きされていた 住民税や 年金の支払いをしなければなりません。 そのため、給与所得以外の収入(不動産所得や株式所有による所得等)が得られる場合を除くと、ある程度の貯金や退職金が無い人は生活が苦しくなることも考えられます。 国民健康保険料が支払えない理由の1つは、退職後に次の就職をせず、 無職になる人がいるためと言えます。 会社の健康保険は退職後も 任意で継続加入できることがありますが、その場合、保険料は 全額自己負担となります。 「会社の健康保険を任意継続した場合と、国民健康保険へ新たに加入する場合の保険料を比較し、負担が軽い方を選択する」という方法は、保険料を安く抑えるためには有効な手段といえるでしょう。 自営業や個人事業主である 国民健康保険に加入している自営業者や個人事業主などは、国民健康保険料の他にも様々な税金を支払わなければなりません。 会社員が給与天引きされている所得税や住民税だけでなく、 個人事業税や 消費税についても納める必要があるためです。 自営業や個人事業主には、会社員のように 給与所得控除がないため税金の負担は重くなる傾向にあります。 そのため、 税金と保険料の支払いが負担になっていることも考えられます。 母子家庭で生活が困窮 国民健康保険を支払うことが困難な人の中には、母子家庭という家庭状況が影響している場合があります。 多くの自治体では、母子家庭に対する手当支給や就労支援などのサポートを行っていますが、すべての家庭が十分な生活水準に達しているとは限りません。 子供が大きく成長するにつれて 食費や学費などの支出も増加し、国民健康保険や各種税金の支払いが滞ってしまうケースもあるでしょう。 国保が高い自治体ランキング 年収200万円の場合 「 介護保険に未加入かつ年収が200万円である単身世帯」という条件で、国民健康保険の保険料が高い自治体ランキングは、1位広島県広島市、2位兵庫県神戸市、3位北海道函館市、4位大阪府東大阪市、5位宮城県仙台市となっています。 1位の広島県広島市では保険料年額が325,335円で、最安の静岡県富士市との差額は、165,615円にものぼります。 また、保険料が年間所得の16. 参考: 年収300万円の場合 それでは次に、 年収300万円の単身世帯の場合の国民健康保険が高い自治体のランキングを見てみましょう。 (その他の条件は、先ほどの年収200万円のランキングと同様です) 1位広島県広島市、2位兵庫県神戸市、3位北海道函館市、4位大阪府東大阪市、5位宮城県仙台市となっています。 年収200万円の場合と同じ自治体がそれぞれの順位を変えずランクインしていることが分かります。 ちなみに、国民健康保険が最安の自治体も、年収200万円の場合と同じ静岡県富士市です。 国民健康保険料を安くする方法 法人化する 自営業者や個人事業主が国民健康保険料を少しでも安くするためには、 法人化することがひとつの手段です。 ある程度の収入があるのであれば、法人化することによって、厚生年金と協会けんぽなどといった社会保険に加入することができます。 この場合、法人の代表者1人であっても社会保険への加入は可能であり、従業員の雇用の有無は問いません。 国民健康保険料が世帯人数によって増減することに対し、社会保険の健康保険料は、世帯の人数に関係なく被保険者の収入によって決定します。 そのため、家族の人数が多い人ほど負担が軽減されると言えます。 配偶者がいる場合には、妻(または夫)を 第3号被保険者とし、保険料の負担を軽くすることも可能です。 二世帯住宅は世帯合併 自治体によっては、国民健康保険で世帯ごとに「 平等割」と言われる保険料を課しているところがあります。 該当する地域に住んでいる人は、 世帯を2世帯から1世帯にまとめることで、国民健康保険の平等割部分(数万円程度)を節約できることがあるのです。 しかし、世帯を合併することにより、利用中の制度や扶養について影響を及ぼすことがあるため、メリットとデメリットを事前にしっかりと理解しておくことが重要です。 窓口に相談して対策を 国民健康保険がどうしても支払えない場合、正当な理由があれば支払いを 免除あるいは減額するよう申請することが可能です。 正当な理由とは、災害、失業、病気等により、収入が前年度と比較して著しく減少していることなどを指します。 申請先は市区町村役場の国民健康保険取り扱い窓口で、保険料の減免については一定の審査があります。 まとめ 国民健康保険料が高額と感じる理由や支払うことが困難なケースについて、それぞれ考えられる理由を述べてきました。 将来的に高齢化が進み、国民健康保険料がさらに増大することも考えられるため、制度や負担軽減の方法に関する理解を深めておきましょう。 【保険ONLINE】の無料相談サービスです。 ご自宅でオンラインでお金・家計・生命保険などの相談が無料でできます。 対象は、20~59歳の方です。

次の

無職で収入がない人の国民健康保険料は月々いくら?計算方法を解説

国民 健康 保険 料 月額 平均

まず最初に・・・ これから国民健康保険料の計算仕方を細々と書いていきますが、あなたが住んでいる市区町村の役所の国民健康保険課に問い合わせをすれば保険料がどれぐらいになるのか1~2分で計算してくれるので、自分で計算するのが面倒な人はこの記事を特に見る必要はありません。 前年の所得を算出する まずは保険料のもとになる「 前年の所得」を算出します。 前年の所得が分からない場合は、会社を退職時に交付された源泉徴収票、個人事業主などで確定申告をしたことがある方なら確定申告書Aに記載されているので確認して下さい。 前年の所得から基礎控除額を引く 前年の所得が分かればそこから基礎控除額の33万を引き算して下さい。 その額のことを「 基準総所得金額(基準額)」と呼びます。 所得が33万円以下であれば基準額は0円になります。 住んでいる市区町村を確認 国民健康保険の保険料は所得が同じでも、住んでいる市区町村によって保険料が異なりますので、自分の住民票を置いている市区町村を確認して下さい。 まー、考えなくても分かりますよね・・・ 笑 4. 保険料を算出する 保険料を算出する材料は揃いましたので、ここからは具体的に保険料の算出をしていきます。 保険料の算出方法は各自治体によって異なりますが、ここでは大半の自治体で行われている方法で算出していきます。 3つのカテゴリから保険料は成り立っている 基本的には「 医療分」「 支援分」「 介護分」の3つの保険料を合せた保険料を支払うことになります。 それぞれの詳細は説明しませんが、覚えて欲しいこととして介護分に関しては40歳~64歳までの介護保険第2号被保険者しか該当しませんので、それ以外の被保険者は支払う必要はないです。 保険料の賦課方法 保険料の賦課方法は、これも各自治体によって異なりますが「 所得割」「 資産割」「 均等割」「 平等割」の4つの賦課方法があり、3つのカテゴリでそれぞれ計算します。 所得割 所得割は先ほど計算した所得に応じて発生する保険料です。 所得が多い人ほど所得割分の保険料は高くなります。 資産割 資産割は持っている土地や家の価値によって保険料が変わります。 資産を持っていなければ0円です。 均等割 均等割は所得に関係なく被保険者一人に平等にかかる保険料です。 ですので嫁や子供を扶養としている場合でもそれぞれに均等割分の保険料が発生します。 会社の健康保険の様に扶養が増えても保険料が変わらないといったことがないのが、国民健康保険のデメリットとも言えますね。 平等割 平等割は1世帯辺りにかかる保険料です。 ですので、一人暮らしの場合でも5人暮らしの家庭でも平等割の保険料は同じです。 各自治体により保険料率は異なる 各自治体(市区町村)によって保険料率が異なります。 ネットで「 〇〇市 国民健康保険料」などの検索ワードで検索すれば簡単に調べることは可能です。 但し、保険料率は毎年変わるので出来れば市や区のホームページから見た方が確実です。 保険料には限度額がある 国民健康保険の保険料には限度額が存在します。 限度額は毎年見直しされていますが、基本的に下がることはありません・・・泣 ちなみに平成26年度は年間67万円(介護保険第2号被保険者は81万円)になります。 例を挙げてみよう 言葉だけズラーッと書いても分かりにくいので例を挙げてみます。 ここでは浪速の街「大阪市」で考えてみましょう。 大阪市の保険料の算出方法はこの様になります。 (平成26年度) 【医療分】 所得割 8. 遊び盛りの若者 【23歳扶養者なし、前年所得:320万円】 医療分• 09%• 均等割:19,879円• 平等割:32,949円 合計:285,011円 支援分• 79%• 均等割:7,038円• 平等割:11,665円 合計:98,776円 介護分 合計:0円 年間の保険料 383,787円 1. 結婚を夢見るOL 【33歳扶養者なし、前年所得:430万円】 医療分• 09%• 均等割:19,879円• 平等割:32,949円 合計:374,001円 支援分• 79%• 均等割:7,038円• 平等割:11,665円 合計:129,466円 介護分 合計:0円 年間の保険料 503,467円 1. 一家を支える大黒柱 【54歳扶養者2人、前年所得:500万円】 医療分• 09%• 平等割:32,949円 合計:470,389円 支援分• 70%• 平等割:11,665円 合計:158,869円 介護分• 79%• 平等割:9,525円 合計:140,000円(上限) 年間の保険料 769,258円 高くない?? この計算結果を見たほとんどの人がそう思っているでしょう。 私もサラリーマンを辞めて自営業を始める際に、国民健康保険に加入して最初の請求が来たときはその金額を見て腰が砕けそうになりました。 まー、他の自治体に比べて大阪市は税率が高いので他の地域だともうちょっと安くなる可能性の方が高いですが、それでもサラリーマン時代の健康保険料に比べるとかなり割高になります。 保険料を支払うのが困難な場合は、自治体によっては減免制度もあるので支払うことを諦めずにまずは役所に行って相談してみましょう。

次の