お寺 夢 占い。 妙法寺のよく当たる占い!おすすめ占い師さんも紹介します♪

【お寺の夢占い】意味23選!寺院の夢は悩みから逃れたい心の表れ?

お寺 夢 占い

スポンサードリンク 「占い」の夢占い 基本的な意味 【占いの夢占い】は、 夢の中で占いが印象的な夢のことを指して解説していきます。 夢占いとして「占い」は、 何かにすがりたい気持ちがあらわれているものとして読み取ることができます。 また 結果を知りたいという願望や、 事実を追及する心が基本的な夢の考え方となります。 例えば試験の結果や、恋愛の行く末など、自分で考えてもよく分からないのですが、それでもどのような結果になるのか知りたいという気持ちが強くなっている時に見る夢ということです。 それともう一つの心理的側面として、固定概念にとらわれず、柔軟な思考を持ち、色々なことを楽しめたり信じることができるということも読み取ることができます。 1.例えば、願望をあらわす占い結果が出た場合 例えば、占いの結果で「宝くじが当たる」というものだった場合は、あなたがそうであって欲しいという願望がそのまま夢の中の占い結果としてあらわれています。 実際にそのようなことが起こるという意味では無く、あくまでも自分自身の願望が結果となっている、と読み取るようにしましょう。 2.例えば、不安をあらわす占い結果が出た場合 例えば、占いの結果で「死」を暗示するような者であった場合は、潜在意識の中に「死に対する不安」が隠されているということになります。 もちろん実際に死が訪れると言うことでは無く、あくまでもあなたの心の不安が夢の占い結果としてあらわれていると読み取るようにしましょう。 実際の占いは未来を導き出す者だという認識があるかもしれませんが、夢の中で見た占い結果は、あくまでもあなたの深層心理をあらわしていると考えることができるのです。 占い師が結婚を暗示した夢占い 夢で見た占い師が結婚を暗示した場合は、あなたの中に 結婚に対する願望があるということを意味しています。 実際に結婚に繋がるような出来事がある、ということではなく、あくまでも願望を表しているので、自分の気持ちを知ることができるタイプの夢として読み取ることができます。 ですが、あなたの深層心理の中に「結婚」を意識する部分があるため、自然とそのように行動を取っていると考えることもできます。 予知夢ではないですが、潜在意識によって突き動かされている行動や思考というものが存在しているため、 予知夢ではないが、実際に結婚に繋がるかもしれないと受け取るようにしましょう。 占い師が結婚を暗示するというイメージを見られていることから「結婚の夢」にもあなたの深層心理が隠されているかもしれません。 こちらも合わせてご覧ください。 これまでは人に頼ったり、判断を任せるようなことが多かったかもしれませんが、これからは自分で物事見つめ、自分自身で判断して行こうという気持ちがあらわれていると読み取ることができます。 総合的にまとめると『 自主性や自立心が育つ予兆』としてあらわすことができ、とても良い兆候なのでその気持ちを大切にするようにしてください。 あなたの潜在意識も後押しするような状態が整っているので、自身を持って前に進むことでとても良い結果に繋がることでしょう。 占いの本が印象的な夢占い 占いの本が印象に残る夢を見たときは、 手軽に先のことを知りたいという深層心理が働いていることを意味しています。 未来のことは誰にも分からないと言いますが、今あなたが努力していたり不安に感じている将来にたいして、どのような結果が待っているのかを手軽に知りたいという心理状態のときにこのような夢を見る場合があります。 夢占いとしては忠告的な意味合いがあり、 簡単に結果が出るとは思わず長期的に努力を積み重ねるようにというメッセージが込められています。 確かに結果を早く知りたいという焦りなどの気持ちがあるかもしれませんが、今やるべき事に集中して将来に繋がるように地道に努力する気持ちを大切にするようにしてみましょう。 占いの夢 まとめ 占いの夢は、 基本的にあなたの願望や不安など潜在的に感じている内容が結果としてあらわれることがあります。 そのため、実際の占いと同じように未来を知るためのものではなく、あなたがどのように感じているのかを知ることができると受け止め、それを生かせるように意識することが重要です。 運に全てを委ねるという考え方を、運を引き寄せてそれを活用するという意識を持つことで、それに伴った結果に繋がるので覚えておくと良いでしょう。 また、占いの夢というイメージを抱かれていることから「手相の夢」と合わせてお読み頂くことでさらに夢の意味を知ることができるかもしれません。

次の

【夢占い】お寺の夢の意味は?神社・お坊さん・行くなど状況別に解説!

お寺 夢 占い

悩み事をほっとけない!そのストイックな心が答えを導きだすかも? お寺が印象的な夢は、 「内省」「勤勉」などを表します。 夢占いでは神社の象徴する「信仰心」「救済」などと同一視されるケースが多い寺ですが、異なる点が幾つかあります。 もっとも判断を左右する大きなポイントが、本堂に安置された「仏像」を目にしたか否かです。 神社は「神道」に沿った神仏を祀る場所ですが、寺は「仏教」の教えに基づいた修行の場でもあります。 一見、似たような施設に見えますが、神社が神の力を頼りしようとする他力本願な心理傾向を表すのに対して、寺の場合は仏教の教えに従って己を律する自立心を前面にした解釈となります。 従って寺を訪れる夢の場合は、何らかの問題や悩みを解決するために、あなた自身の内に答えを求めようとする「内省」の意味合いが強いと言えます。 中には本堂に存在する仏像と対面する例などもありますが、詳しくは下記のそれぞれの項目をじっくり参照してください。 関連する神社の夢は、を別途参照してください。 その後の細かいシチュエーションの解釈はともかく、寺の門や本堂の外観を眺めた際の印象を思い出してみましょう。 明るく清潔な印象を感じる夢なら、あなたが感じる不安や迷いに救い手が伸びることを暗示しています。 逆に暗くて嫌な印象を感じる夢だった場合は、問題が非常に深刻であることを指します。 ただし、暗い印象を感じる夢の場合は、対峙する問題に対する先入観を含む可能性があるため、必ずしも先行きが悪いとは限りません。 お坊さんは、あなたにどんな言葉を投げかけたでしょうか?お寺を訪れる夢は、少なからず悩みや不安を抱えているケースが多く見られるため、夢に登場したお坊さんは、あなたに何らかの助言を与えている筈です。 また夢の中での会話やアイテムは、現実の世界とは異なる間接的な答えを示す場合があります。 奇妙なフレーズや、印象深いアイテムを手にしていた場合は、その象徴の意味も一緒に調べてみる必要があります。 墓石の劣化具合にも注目してみましょう。 まだ新しいお墓なら、比較的最近の記憶に関する出来事を指します。 もちろん、古いお墓ならずっと昔の記憶を意味します。 また墓地の夢診断ページと重複しますが、この墓石が意味する「過去」の事象は、新しい場合はインターネット上の書き込みやSNSなどを含みます。 関連する墓地の夢は、を合わせて参照してください。 修行中の印象も思い出してみましょう。 もしも辛い、苦しいと感じる夢なら上記に加え、さらに身を引き締める必要があります。 逆に修行を楽しんでいる様子なら、気持ちを引き締めることによるポジティブな事象が、予想よりも早く表れることを暗示しています。 またいずれの内容であっても、寺で修行を積む夢は罪悪感による内省を含む可能性があります。 しかし仏像ないし神仏の類は、存在そのものが象徴の権化でもあるため、一概にひとつの意味に限定することは難しいと推測します。 当然ですが、お寺は仏教施設であるため仏教に教えに沿った仏像が安置されているのが一般的です。 しかし、明治以降の神仏習合によって神や仏の定義が曖昧となり、仏教とは異なる密教の神々が祀られているレアケースがあります。 もしも奇妙な仏像と出会う夢を見た場合は、その神仏について詳しく調べてみましょう。 意外な縁が繋がるかもしれませんよ。 本堂へと続く階段を駆け上がる夢なら、悩ましい状況が少しずつ好転することを暗示しています。 本堂に到着後の出来事は他の項目も参照してください。 階段は降りる場合は、降りきった場所が重要なポイントです。 階段を降りて本堂に到着する夢なら、問題解決に向けて、やや他力本願な姿勢を意味します。 またお寺を後にした際に階段を利用した場合は、問題解決に向けて本格的に物事が動き出すことを暗示しています。 一般的に階段を降りる夢はあまり良くないケースが多く見られますが、お寺で目的を果たしたケースに限れば、問題とはならないと推測します。 関連する階段の夢は、を合わせて参照してください。 遭遇した相手が奇妙なフレーズを口にしたり、一緒にお参りをする、などの行動を取った場合は可能性がより高まります。 また知人がお坊さんとして登場した場合もあなたの助けになることを暗示しています。 夢の中で口にした言葉や行動に注目してみましょう。 関連する友達の夢は、を合わせて参照してください。 誰かが鐘を鳴らす場合は、あなたの焦点を集める問題に関連する人物に注目が集まることを指します。 問題解決に向けてリーダーシップを発揮してくれることが期待できますが、もしも鐘の音が小さければ、過度な期待はしないほうがよさそうです。 あなた自身が鐘を鳴らす夢なら、上記の他人のケースとは逆にあなた自身に注目が集まることを指します。 鐘の音の大きさが自信の度合い示すため、音が小さければ前途多難なスタートになるかもしれません。 また除夜の鐘が鳴る夢は、環境が大きく変化する前触れです。 対象が悩み事であれば急展開を迎える可能性が濃厚です。 立派な寺院が建造される夢なら吉夢と言えます。 他に印象深い仏像や人物が登場する夢なら、あなたの自己実現を助けるヒントを投影している可能性があります。 ただし完成した建物がボロボロだった、などの不備が生じる夢の場合は誤った判断を下すケースが考えられるため要注意です。 それは以前悩んでいたことに対して救済を求めた対象であるケースが多いと推測します。 また既に廃墟となった寺院であれば過去の記憶を巡る事象を指しますが、寺が崩れ落ちて廃墟となる夢だった場合は問題が悪化することを指すため注意が必要です。 関連する廃墟の夢は、を合わせて参照してください。 最近の投稿• カテゴリー• 572• 132• アーカイブ•

次の

【夢占い】占いの夢が示す12の意味。知りたい未来を象徴しています

お寺 夢 占い

Contents• 寺の夢が意味するシンボル・暗示・心理状況とは? 夢の中での寺は、主に「魂の救済」を意味しています。 寺では葬式や法事、墓守をすることが目的となっていることからきています。 今の悩み事がどのように解決していくのかを暗示してくれるでしょう。 他にも、「ブレーキ」や「深い絆」などを象徴しています。 寺はもともと仏さまから説法を聞くための場所だったことから、行動にブレーキをかけてくれるのです。 また、寺は神聖な場所であることから「浄化」の象徴にもなっています。 悩みや苦しみから解放されたいという心理状況から、浄化を意味する寺を夢に見たのかもしれません。 それでは、寺が夢に出てきた場合の読み解くポイントをご紹介します。 寺の夢を読み解く3つのポイント? :印象・感情 夢に出てきた寺の見た目に対してどのような印象をもったかを思い出してみてください。 ボロボロで暗いイメージの寺でしたか?それとも、手入れの行き届いている明るいイメージの寺でしたか? 夢の中にある寺が暗いイメージであればあるほど、魂を救済する力が弱まっています。 そのため、解決したいと思っている問題は長引いてしまうでしょう。 逆に明るいイメージであればあるほど、苦しんでいる事柄からはすぐに解放されます。 問題は解決され、悩みからもすぐに立ち直れることでしょう。 寺の夢を読み解く3つのポイント? :行動・場面 二つ目のポイントは、寺でどんな行動をしたかです。 寺でおみくじを引いていましたか?寺を参拝していましたか? 寺について信仰心をもって行動しているほど、「魂の救済」としての意味合いが強くなっていきます。 助けてくれる何かが現れる可能性が高いです。 環境が良い方向に変化したり、周りの人間が手を差し伸べたりしてくれるでしょう。 寺への信仰心が無かったなら、周囲からの助けを得られないかもしれません。 寺の夢を読み解く3つのポイント? :登場人物 寺の夢を読み解くための3つ目のポイントは、夢にでてくる登場人物はいたかです。 知り合いが出てきたならば、その知り合いとの絆が深まるでしょう。 夢での二人の距離が近いほど、一緒にいる時間が長いほど、その人との仲はよくなっていきます。 また、寺の住職や僧侶などが出ていた場合には、お坊さんの徳の高さに注目してください。 お坊さんの徳が高ければ高いほど、現状は良い方向に変わっていくでしょう。 得の低そうなお坊さんだった場合、解決には時間がかかりそうです。

次の