吉本 混沌 さん。 吉本社長が「さんまさん」「松本さん」…公の場でも敬称に違和感「上下関係おかしい」/芸能/デイリースポーツ online

吉本興業の大崎洋社長とダウンタウンやさんま、暴力団との関係は

吉本 混沌 さん

雨上がり決死隊・宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号・田村亮らへのパワハラ発言をめぐる岡本昭彦・社長の会見は、グダグダな内容以外にも気になった点があった。 「さんまさんに『芸人のことを考えてやってほしい(中略)』と言われました」 「松本さんからは『(中略)俺も手伝う』とおっしゃっていただきました」 この発言には、視聴者にはわからない吉本興業の「厳然たる序列」が表われている。 「吉本にいる6000人の芸人の中で、この2人だけは別格。 カリスマとして君臨する大崎(洋)会長に対等に意見できるのは、この2人しかいません。 加藤(浩次)や宮迫クラスの人気芸人にも威圧的に接する岡本社長すら、2人には頭が上がらない」(吉本関係者) それを裏付けたのが、2011年に引退した島田紳助の騒動に関する発言だ。 「ほんまは大先輩がいるんやけど、現状として(明石家)さんまと松本(人志)が大崎に一番近くて、吉本の中で一番二番のギャラを取ってるイコール力じゃないけども、力のある二人が動かないかんと思って動いてるんやし、すごいええことやと思うわ」(『文春オンライン』7月24日付) だが、今回の騒動で表に出てくるのは、さんまより松本をめぐる話ばかり。 なぜなのか。 松本は吉本のお笑い養成所・NSC(吉本総合芸能学院)時代に若手マネージャーだった大崎氏に才能を見いだされた。 大崎氏は、ダウンタウンの漫才を初めて見た衝撃を〈今までそんなもん見たことがありませんでした。 「あ、こいつら連れて吉本辞めたほうがええんちゃうかな」と思いましたね〉(『文藝春秋』2019年4月号)と振り返っている。 お笑い評論家のラリー遠田氏が解説する。 しかし売れっ子になって東京に進出すると『ガキの使いやあらへんで!』などさまざまな人気番組を立ち上げ、吉本が企画・制作から番組作りに関わるという現在につながるビジネスモデルを築いていった。 また、彼らが売れたことで慣例だった厳しい師匠への弟子入りの必要がなくなり、養成所入りを希望する若手が爆発的に増えた。 「大崎会長以下、岡本社長も藤原寛副社長も幹部は軒並みダウンタウンのマネージャー経験者。 今田耕司、東野幸治など彼らに続いて大阪から東京に進出して成功したダウンタウンファミリーこそが主流派です。 松本が大崎会長について「うちの兄貴なんで、いなくなったら僕は(吉本を)辞めます」(7月21日放送のフジ系『ワイドナショー』)と明言すると、加藤が翌日、「大崎会長は松本さんとずっとやってきた同志だと思うが、僕は後輩ながら言わしていただきますけど、会社のトップなんです。 今の会長、社長の体制が続くなら僕は辞める」(日テレ系『スッキリ』)と訴えた。 加藤さんはロンブー亮を可愛がっていたこともあり、非主流派を代表して声を上げたのではないでしょうか」(同前) 亮とともに会見した宮迫は1990年代はじめ、ナインティナインらと「天然素材」という吉本若手芸人のアイドル的グループとして世に出ており、やや異色の経歴だ。 「天然素材が解散した後、ナイナイはすぐ東京に出て売れっ子になったため、あまり派閥色がない。 それに対して宮迫は松本さんにかわいがられて東京での足がかりを得て主流派になった。 ナイナイの岡村が6月末のラジオで宮迫について『ちょっと変わってしまった』と言っていたのは、そうした背景もあるのではないか。 しかし、宮迫にすれば松本さんと親しいからこそ今回、救済に動いてもらえたわけですから、やはり立ち回りがうまい」(前出・吉本関係者) 皮肉なことに、宮迫を守るために松本が動き、亮を守るために加藤が動いた結果、解決策をめぐる考えに乖離が生まれ、期せずして両者の路線の違いが表面化してしまったのである。

次の

吉本興業の大崎洋社長とダウンタウンやさんま、暴力団との関係は

吉本 混沌 さん

闇営業に端を発した、吉本興業のタレントと経営陣との対立。 雨上がり決死隊の宮迫博之さんやロンドンブーツ1号2号の田村亮さんが契約解消と報じられたものの、田村さんに関しては誤報で、宮迫さんは後に処分撤回となる。 また、ダウンタウンの松本人志さんは7月21日にフジテレビ「ワイドナショー」にて大崎洋会長が辞めるなら自分も辞めると語った。 しかし翌22日朝に日本テレビ「スッキリ」で加藤浩次さんが経営陣の刷新を求め、それがなされなければ自分が辞めると宣言。 同日14時すぎより行われた岡本昭彦社長の記者会見では、大崎会長と岡本社長の報酬50%カットを発表したものの辞任は否定、23日夜行われた大崎会長と加藤さんの3時間におよぶ話し合いは平行線……と、なんとも混沌とした状況が続いている。 そんな中、とある『Twitter』ユーザーは23日に 社長が辞める 宮迫さんが辞める 松本さんが辞める 加藤さんが辞める いろいろ出てるけど、これを一発で解決できるのは、もう上島竜兵さんの「じゃ、オレが辞める」しかないと思う。 とツイートを行った。 「上島『なんで全く関係ないのに俺が辞めなきゃいけねぇんだよ! 帽子叩きつける 」』一同『爆笑』」 「どーぞ。 どーぞ。 ですね。 あと竜ちゃんが怒って地団駄踏んで、みんなが飛び上がって一件落着ですねw」 「それいい!! でも、ダチョウ倶楽部の所属してる事務所、太田プロ…」 といった返信が寄せられ、翌24日お昼の時点で「いいね!」が9万を超えるなど大反響となっていたようだ。 また、他のユーザーは、加藤さんが「今後も話し合いを継続」と語った24日「スッキリ」の番組放送中に 吉本の件、松本が動き、さんまがバックアップし、加藤が吠え、島田紳助が語り、岡本社長が冗談を言ってる中、どんどん問題の方向性がズレて終わらいので、結果発表する事が出来ず、沈黙ゴリラ化している浜田が可哀想。 最後は結果発表で〆て欲しい とツイート。 こちらも同日お昼の時点で「いいね!」が1万を超えるなど反響を呼んでいた。

次の

吉本隆明

吉本 混沌 さん

プロフィール ではざっくりですが、混沌さんのプロフィールにつてご紹介していこうと思います。 名前(本名): 1. 当山廣樹(とうやま こうき)? 2. 江東登(えとう のぼる)?• 芸名: 混沌さん• 生年月日: 1999年5月11日• 年齢: 20歳• 出身地: 沖縄県 那覇市• 趣味: ヒーローショー観賞、カラオケ• 特技: 平成仮面ライダーの変身、ウルトラマンの知識• その件で一時期この混沌さんは炎上していました。 本名については 現在2種類情報が出ていたので正直分かりません。 いずれ本名もわかると思いますが、今はこの2択が出ています。 このヒプマイさんは 2017年9月2日にプロジェクトが開始され、そこから 大ブレイクした声優グループとなっております。 メインのファン層はおもに女性がメインとなっております。 歌のジャンルは ヒップホップがメインとなっており、人気声優と言う肩書もありますが、同時にかなりの イケメンぞろいと言うのもあり、人気のが出た理由でもあります。 混沌さんのブレイクのきっかけ 混沌さんがブレイクするきっかけになった理由は、 一枚の写真からとなっております。 その理由としては、この撮影されている場所が カードショップなのですが、何を隠そう混沌さん、 かなりのカードゲーム好きなのです。 これによりネット所では「 カードゲームをするキモオタ」とネットでいじられ、そこからTikTokにて例の 「混沌と混沌の間で」を歌ってバズったのです。 ちなみに混沌さんなんと伝説を残しているとの噂があり。 ただほかにも炎上材料があって、それが1月15日に行われたオフ会にて、現在は動画を削除されていますが、この時謎の1混沌と言う謎の言葉を作ってその 1混沌を2,000円で売っていたことから現在大炎上しているということです。 ただこういった声も上がっています。 あの人のラップ、オリジナルなんかと 思ってたらあれヒプマイの曲なんねww 知らんかったわ。

次の