大丈夫 歌詞 radwimps。 RADWIMPS 大丈夫 (Movie edit) 歌詞&動画視聴

大丈夫 (Movie edit) RADWIMPS 歌詞情報

大丈夫 歌詞 radwimps

2019年11月27日発表、の「 天気の子 complete version — EP」。 この作品に収録された「 大丈夫」についてを独自に考察してゆきます。 新海誠監督の「天気の子」のとして多大な支持を集めました。 に合わせて発表された「大丈夫 Movie edit」ではなく後に発表された完全版のをご紹介します。 新海誠監督の言葉のとおりにの「大丈夫」はストーリーの要の部分を歌っているのです。 そのため解釈の基軸を「天気の子」に合わせて考察するのが王道かもしれません。 しかし音楽サイトのOTOKAKEですから 「大丈夫」に宿る普遍的なメッセージを汲み取りたいです。 「天気の子」に関しての説明やストーリーとの絡みは必要最小限の説明にとどめます。 「天気の子」のあらすじはすでにリスナーもご存知でしょう。 映画のストーリーを超え出たと「大丈夫」の本当の真価に迫ります。 大丈夫という日常会話に不可欠なこの言葉の深さを読み解いていきましょう。 僕と君のふたりがともに 生きてゆくのに必要な相互理解とは何かが浮き彫りになるはずです。 それでは実際のをご覧ください。 思い通りにゆかない日々 足掻くことしかできないけれど 歌い出しの歌詞です。 まず歌が始まって伴奏も同時にスタート。 イントロはありません。 アコースティック・の割と朴訥とした素朴なアルペジオが美しい。 野田洋次郎は流れるように歌詞を口にしているのです。 そのため歌詞を区切って流れを断ち切る真似はしたくないのですが考察のためにやむなく区切りました。 申し訳ございません。 水の中という歌詞の舞台設定は「天気の子」のストーリーに由来します。 ただここであまり映画の内容に踏み込むのは避けましょう。 もっと普遍的な楽曲として「大丈夫」の姿を浮かび上がらせるために考察します。 時間の流れに急き立てられるように毎日が過ぎゆくのです。 語り手の僕はこの流れに合わせることにかなり手こずっています。 日々の 生活でアップアップしている様子が見て取れるでしょう。 社会生活の闇の部分はどこまで続いているのか見当も付きません。 暗い水底とは僕が暮らす生活が中々安定せずに安心することもできない状況であることを指します。 しかし生きることを続けてゆかねばなりません。 簡単にギブアップすることは社会の水底に沈むということを意味します。 若い僕はスマートに泳いで水面をゆくような芸当ができないのです。 ですから僕ができることは 今この瞬間も足掻くことしかありません。 少しでも前へ向かう意志を確かに持って徐々に歩を進めるのです。 一筋縄ではいかない社会の中でもがいている僕の姿は多くのリスナーの共感を獲るでしょう。 過酷な生活の中で語り手の僕は散々足掻いてみせます。 それは必死に生きるということです。 僕の我武者羅さを感じてください。 しかしそこには僕が予め算段した 見積もりを超えた現実が待っています。 どう頑張っても現実の方が予想を凌駕した状況を作り出してしまうのです。 これでは生きてゆくこと、生命を繋ぐことぐらいで生活はいっぱいいっぱいでしょう。 いつでも期待したような明るい未来など訪れてはくれないのです。 若いリスナーはこの日本社会が希望に満ちていた時代を知りません。 リスナーだけでなく野田洋次郎自身も 明るい未来を予測していた日本社会を知らないのです。 20世紀に描かれた「夢の21世紀の予想図」はいつまで経っても実現しません。 その当時の人々はこの経済的成長や科学の進歩によって明るい未来が来ることを純粋に信じていました。 ただし、どこかで慢心があったのでしょう。 この国は「失われた30年」と呼ばれる停滞と衰退の波に飲まれています。 若いリスナーはこの「失われた30年」の只中でゆっくり衰退してゆく社会が普通と感じるでしょう。 株価が上がったことで経済は好調と勘違いする人も多いはずです。 実際は公的資金注入で株価を維持しています。 まさに採算度外視のような発想で目先の株価を維持するのに中央銀行が汲々としているのです。 重大なモラルハザードが起きているのに若い方にとってはこれこそが日常になっています。 株価が好調でも私たちの賃金は上がりません。 生活はいつもぎりぎりで貯蓄する余裕がないのです。 しかしそれが 私たちの暮らしのスタンダードであるので問題視する気さえ失せました。 ただ、当たり前に生活するのが苦しい。 巨視的な視点で社会を見るとこうしたメカニズムにも気付けるかもしれません。 警鐘を鳴らしている人はたくさんいます。 ただ、そうした人こそ 現状に抗って足掻いているようでハラハラして見ていられない聞いてられない。 私たちはチャンネルを変え、周波数を変えます。 あるいはブラウザのタブを閉じて好きなYourのために新しいタブを開くのです。 しかし明日というもの、 未来というものは土砂降りの雨に沈み込むのでした。 君との出会いの瞬間は 重い責任を負って生きる君 雨がやまない異常気象が続く東京の街。 僕こと16歳の森嶋帆高と君こと天野陽菜とが出会います。 「大丈夫」はこの ふたりの生き様のようなものを歌詞の骨にしました。 映画「天気の子」に関しての考察は紙幅の関係などでこの記事では取り扱えません。 映画と楽曲「大丈夫」との相関で必要最小限な情報だけを添えていきます。 僕は未来が見えない生活の中で漫然と日々をやり過ごしていました。 こうした残念な状況では生活のすべてにケチが付きます。 自分の言葉にどの程度の意味があるのだろうなどと考え始めるでしょう。 僕は 自分の言葉など水の中の気泡に過ぎないとまで表現します。 実りのない生活の中では自分の存在意義も分からなくなるのです。 僕は身の回りの事象についての愚痴しか口にしませんでした。 しかし君こと天野陽菜との出会いで生活感が一変するのです。 君とともに充実した生活が始められる。 そうした確信をどこかで抱いたはずです。 というのもまず君が背負っているものの重さ。 その人智を超えた非情なくらいに 厳しい責任を負って生きる君の姿に目を啓かされたのです。 繰り返しますがこの君が背負っているものの具体的な内容についてこの記事ではあえて触れません。 楽曲「大丈夫」を「天気の子」の作品世界を超越した普遍的なものとして扱いたいのです。 共感力で惹かれ合った 自分が若かった頃、あるいは今青春時代を生きている人へ尋ねましょう。 自分自身よりも重い責任感を持っている人々に接した際にどのような感慨を抱くでしょうか。 あの頃、もしくは今、若いうちから 責任を背負って生きている友人・知人に気圧されたことがあるはず。 彼・彼女は気負いもなく世界を相手に格闘しています。 何か重いものを背負っていることがその人の生き方にまで昇華している。 若い自分と歳がさして変わらない人が 宿命のようなものと対峙しているのを見ると心を揺り動かされます。 僕が君を見たときもそうしたセンセーションを感じました。 華奢な体格なのにまるで世界をすべて一身で背負い込んでいるような君の様相に驚愕するのです。 君は世界の重みで壊れてしまわないかと心配になるでしょう。 ここで僕は君のために自分も力を貸せないかと考え始めます。 壊れそうな君の姿に胸が塞がれる想いがしたからです。 しかし誰しもが僕のような選択をするとは限らないでしょう。 自分から世界を背負い込む性格を不憫に思いはすれど自分は付き合いきれないと感じる人もいるはずです。 僕という感受性の持ち主がいないとこの楽曲「大丈夫」の世界は始まらなかったはず。 日々に倦んで愚痴を吐くしか能がないと自嘲した 僕にも潜在していた共感力があった証拠です。 悲劇的・宿命的な重みを背負う君の姿に涙を流せるだけの共感する力。 人と人を結ぶための大切な力であり想像力を背景にした能力です。 共感力は 地球の裏側の不幸のことを考えて幸せを祈ることさえできる人間に備わった眠れる力でしょう。 ドラマの本編が始まる.

次の

大丈夫 (Movie edit) 歌詞『RADWIMPS』

大丈夫 歌詞 radwimps

今回紹介するRADWIMPSの「大丈夫」は、映画「君の名は。 」で爆発的ヒットを記録した新海誠監督の新作映画「天気の子」の挿入歌として使用された楽曲です。 公式で紹介されているあらすじは 「あの光の中に、行ってみたかった」 高1の夏。 離島から家出し、東京にやってきた帆高。 しかし生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく見つけた仕事は、怪しげなオカルト雑誌のライター業だった。 彼のこれからを示唆するかのように、連日降り続ける雨。 そんな中、雑踏ひしめく都会の片隅で、帆高は一人の少女に出会う。 ある事情を抱え、弟とふたりで明るくたくましく暮らすその少女・陽菜。 彼女には、不思議な能力があった。 といったものです。 映画を見た後はきっと 帆高の真っすぐ過ぎる想い に感動すること間違いなしで、 これから考察を行っていく「大丈夫」も、そんな帆高の真っすぐな想いが、歌詞に映されているように感じました。 歌詞考察の中で映画のネタバレは、 ございませんのでご安心下さい。 さっそく楽曲の考察に移っていきます。 楽曲名「大丈夫」とは 「大丈夫」とは あぶなげがなく安心できるさま。 強くてしっかりしているさま。 という意味になっています。 圧倒的な安心感を伝えるための言葉で、日常の中では、相手を気遣う際に疑問形で使ったり、自分の無事を知らせるために口にしますね。 シンプルながらに心強い言葉「大丈夫」 この楽曲名が歌詞の内容と どう関与しているのでしょうか。 歌詞 時の進む力は あまりに強くて 足もつかぬ水底 必死に「今」を掻く 足掻けど未来は空っぽで いつも人生は 費用対効果散々で 採算度外視、毎日 僕はただ流れる空に横たわり 水の中 愚痴と気泡を吐いていた だけど 世界が君の小さな肩に乗っているのが 僕にだけは見えて泣き出しそうでいると 「大丈夫?」ってさぁ 君が気づいてさ 聞くから 「大丈夫だよ」って僕は慌てて言うけど なんでそんなことを言うんだよ 崩れそうなのは君なのに 安い夢に遊ばれ こんなとこに来た この命の無目的さに 腹を立てるけど 君がいると 何も言えない 僕がいた 君がいれば 何でもやれる 僕がいた 世界が君の小さな肩に 乗っているのが 僕にだけは見えて かける言葉を探したよ 頼りないのは 重々知っているけど 僕の肩でよかったら 好きに使っていいから なんて言うと 君はマセた 笑顔でこの頭を 撫でるんだ 取るに足らない 小さな僕の 有り余る今の 大きな夢は 君の「大丈夫」になりたい 「大丈夫」になりたい 君を大丈夫にしたいんじゃない 君にとっての「大丈夫」になりたい 世界が君の小さな肩に乗っているのが 僕にだけは見えて 泣き出しそうでいると 「大丈夫?」ってさぁ 君が気づいてさ 聞くから 「大丈夫だよ」って 僕は笑って言うんだよ 何が僕らに降りかかろうとも きっと僕らは大丈夫だよと 僕は今日から君の「大丈夫」だから 作詞:野田洋次郎 スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 時の進む力は あまりに強くて 足もつかぬ水底 必死に「今」を掻く 冒頭の歌詞は• 時の儚さ• 足がつかない 落ち着かない様子• 必死に足掻く などの心情が強調されて綴られており、 切羽詰まった情景 であることが、ただただ連想させられる。 足掻けど未来は空っぽで いつも人生は 費用対効果散々で 採算度外視、毎日 僕はただ流れる空に横たわり 水の中 愚痴と気泡を吐いていた だけど 費用対効果とは、主にビジネスで使われる言葉で かけた費用に対して、どのくらい効果があるか。 と、いった意味を持つ言葉。 採算度外視とは、 利益が出るかどうかを考えないさま 金銭を費やすさま気前よく・奮発して などの意味を持ちます。 つまり、これら二つのビジネス用語を組み合わせることで 「全力で取り組むものの、なかなか結果に結びつかない」、主人公の空を切るさまを演出しているのです。 何に対して右往左往しているのか。 それは、以降の歌詞で明らかになります。 世界が君の小さな肩に 乗っているのが 僕にだけは見えて 泣き出しそうでいると 作詞:野田洋次郎 「世界」という膨大な大きさを連想させる言葉と、対照的に綴られる 「君の小さな肩」 このテクニックにより とてつもなく重い重圧が圧し掛かっている ことが分かるようになってます。 君が背負うものの大きさや、君の過剰すぎる負担に、いち早く気付いた主人公は、君の周りでのたうち回っています。 その後の展開は、日常の中でもかなりあるあるなのではないでしょうか。 「大丈夫?」に対して「大丈夫」と応えるのは、もはや脊髄反射レベルですよね。 なんでそんなことを 言うんだよ 崩れそうなのは 君なのに 作詞:野田洋次郎 ふと「大丈夫」と答えた主人公でしたが、 崩れそうなのは君なのに すなわち 声を掛けるべきは僕だったのに と、やるせない感情に包まれています。 2番に続きます。 安い夢に遊ばれ こんなとこに来た この命の無目的さに 腹を立てるけど 君がいると 何も言えない 僕がいた 君がいれば 何でもやれる 僕がいた 安い夢とは、• くだらない夢• 取るに足らない夢 を表す際に使われる言葉。 それこそ、主人公の夢は 「君に勇気づける声をかけること」なのですが、第三者からみると、おそらくは取るに足らない出来事に違いありません。 使命を果たせない自分 命の無目的さ に、どうしようもない葛藤をしているのです。 取るに足らない 小さな僕の 有り余る今の 大きな夢は 君の「大丈夫」になりたい 「大丈夫」になりたい 君を大丈夫にしたいんじゃない 君にとっての 「大丈夫」になりたい 作詞:野田洋次郎 どこにもいけない感情を、 「君に対する決意」という形で昇華させます。 それが、感動のラストフレーズ。 ここかなりグッときますよね。 君を大丈夫にしたいんじゃない 君にとっての 「大丈夫」になりたい 意味が深く、考え方が素敵すぎます。 ラスト全体を解釈すると、.

次の

大丈夫 歌詞 RADWIMPS( ラッドウインプス ) ※ gma.cellairis.com

大丈夫 歌詞 radwimps

時の進む力は あまりに強くて 足もつかぬ水底 必死に「今」を掻く 足掻けど未来は空っぽで いつも人生は 費用対効果散々で 採算度外視、毎日 僕はただ流れる空に横たわり 水の中 愚痴と気泡を吐いていた だけど 世界が君の小さな肩に 乗っているのが 僕にだけは見えて 泣き出しそうでいると 「大丈夫? 」ってさぁ 君が気付いてさ 聞くから 「大丈夫だよ」って 僕は慌てて言うけど なんでそんなことを 言うんだよ 崩れそうなのは 君なのに 安い夢に遊ばれ こんなとこに来た この命の無目的さに 腹を立てるけど 君がいると 何も言えない 僕がいた 君がいれば 何でもやれる 僕がいた 世界が君の小さな肩に 乗っているのが 僕にだけは見えて かける言葉を探したよ 頼りないのは 重々知っているけど 僕の肩でよかったら 好きに使っていいから なんて言うと 君はマセた 笑顔でこの頭を 撫でるんだ 取るに足らない 小さな僕の 有り余る今の 大きな夢は 君の「大丈夫」になりたい 「大丈夫」になりたい 君を大丈夫にしたいんじゃない 君にとっての 「大丈夫」になりたい 世界が君の小さな肩に 乗っているのが 僕にだけは見えて 泣き出しそうでいると 「大丈夫? 」ってさぁ 君が気付いてさ 聞くから 「大丈夫だよ」って僕は 笑って言うんだよ 何が僕らに降りかかろうとも きっと僕らは「大丈夫」だよと 僕は今日から君の「大丈夫」だから 目次• 歌詞考察の前に 『大丈夫』のMVが2019年11月4日にネット上で公開されました。 同年11月27日にリリースされる「天気の子 complete version」 に収録されています。 動画再生回数は 公開から2日で70万を超える大人気ナンバーとなっています。 今年7月19日に上映された 映画「天気の子」のために制作された楽曲の1つでありMV公開前から高い人気を得ていました。 同映画は 夏休み映画ランキング3週連続1位を獲得し、 公開18日間で興行収入60億円を突破しました。 映画を何度も観た人や、自宅で見返す人などその人気は未だ衰えていません。 今作『大丈夫』は映画においてもたいへん重要な位置と意味を占めています。 その点は映画の生みの親である 新海誠監督のコメントからも理解できます。 新海監督「僕はもう、帆高や陽菜の側じゃなく、彼らを見守る須賀というキャラクターと同じ大人の側です。 それでも帆高や陽菜に寄り添いたい。 激しすぎる、まぶしすぎる、痛すぎる若い感情を物語のエンジンにして、10代や20代の観客に『これは自分たちの映画だ』と思えるものを届けたい。 世界はこんなになってしまった。 でも、何の根拠も保証もないけど『大丈夫だ!』と若者には言ってほしい。 僕もそれを聞きたい。 そんな思いを込めました」 2019年7月21日付朝日新聞 より 上記コメントで注目したいのが 「映画のラストシーンに込めたかったことがすべて「入っていた」という点です。 映画に関する裏話では、当初この楽曲は新海監督からダメだしされ、映画とのイメージに合致しないとのことだったようです。 しかし再度、同曲が話題にのぼり再検討されることになり、映画のラストシーンを汲み取っていると新海監督が判断し採用されたようです。 ですからコメントの「入っていた」というフレーズにはここまでの流れすべてが包含されているんだと筆者は感じました。 ネタバレを気にされる方はこの段階でご遠慮願います。 前述の2つ目の引用部分で新海監督が述べたコメントも重要な部分だと思い太文字にしました。 今作のタイトルについて語っているといっても過言ではないでしょう。 映画でもラストに向かうにつれて「大丈夫」とはとても言えない状況になります。 誰が見てもピンチ、それを通り越して絶望的な状況です。 それでも主人公たちが「大丈夫」と自分を奮い立たせる姿について言及しているのだと筆者は感じました。 タイトル『大丈夫』とは 見出しすぐ前に記載した内容と重なるのですが、今作は映画の登場人物たちのそれぞれの視点から述べた「大丈夫」だと筆者は解釈しました。 主人公である 森嶋帆高(もりしげ ほだか)は 天野陽菜(あまの ひな) に向けて、 天野陽菜はその逆であるといった感じです。 また街全体が災害に見舞われた時にも、 天野陽菜の力を借りずに頑張っていく 住人たちの「大丈夫」とも考えられます。 この部分は先ほどの新海監督のコメントともかなりリンクすると思います。 歌詞の所々で「大丈夫」が本心ではないこと、そのフレーズの陰に不安や焦りが潜んでいることを理解できます。 そんな点も含めて歌詞全体を見て行きたいと思います。 『大丈夫』歌詞の意味 逆らえぬ時に流されて 時の進む力は あまりに強くて 足もつかぬ水底 必死に「今」を掻く 本考察では映画の登場人物である「 森嶋帆高(以下、帆高)」と「 天野陽菜(以下、陽菜)」を主軸に進めていきたいと思います。 「時」とは 「時間」のことであり 誰もその力に逆らって生きることはできません。 帆高も陽菜もそれぞれ自分の境遇でその点を感じていたに違いありません。 「足もつかぬ水底」とはどういう意味なのでしょうか。 皆さんも海で足がつかないくらい深い場所まで進んで 焦りや不安を感じた経験があるかもしれません。 そんな時、続く歌詞にあるように必死に水を 「掻く」ことでしょう。 歌詞では海水の代わりに 「今」を掻いています。 ここから帆高と陽菜が日々、 もがきながら前に進もうとしていることを理解できます。 また物語の後半で「天候を操る能力」と「犠牲」についての情報が開示されてから、2人が 「運命には逆らえない」と感じた点を「時の進む力は あまりに強く て」で表現しているのかもしれません。 採算合わない赤字人生 足掻けど未来は空っぽで いつも人生は 費用対効果散々で 採算度外視、毎日 僕はただ流れる空に横たわり 水の中 愚痴と気泡を吐いていた だけど ここでは 「帆高の人生」について論じられているように思います。 彼は家出をし、自身が夢見た職につくわけでもなくただ漫然と日々を過ごしてきました。 「費用対効果」とは、導入や運用にかかるコストと、導入により得られる 効果を金額ベースで比較したものです。 簡単に言えば 「コスパが良いか」判断する材料となります。 帆高は自分の人生が努力に見合った成果を出していないと溜め息交じりに思っていたのでしょう。 歌詞の後半からも彼が流る雲のように、流されるように実質の伴わない生き方をしていることを描写しています。 「大丈夫」の裏側 世界が君の小さな肩に 乗っているのが 僕にだけは見えて 泣き出しそうでいると 「大丈夫? 」ってさぁ 君が気付いてさ 聞くから 「大丈夫だよ」って 僕は慌てて言うけど なんでそんなことを 言うんだよ 崩れそうなのは 君なのに ここは映画の大切なシーンに関係するフレーズだと考えられます。 「僕」で表現されているのは 「帆高」だと筆者は考えます。 「君」で表現される人物は 「陽菜」と考えるのが妥当でしょう。 そうすると「陽菜」の肩に世界が乗っている、言い換えるならば 世界の命運が彼女にかかっているという意味になります。 注目したいのはその点を理解しているのが 「僕にだけ」つまり 帆高だけという点です。 帆高以外にも彼女の能力について知っている人はいるはずです。 しかし帆高だけが 彼女が能力を使うたび、自身が犠牲になるのを目の当たりにしています。 それは苦しいの一言では言い表せないほど帆高の心を痛めました。 それでも陽菜は意表を突くようなフレーズを彼に向けて放ちます。 「大丈夫?」 世界の命運を背負い、能力使用により自身の命が危険にさらされる状態で彼女は 彼を気遣ったのです。 そうした気遣いが大丈夫?の裏側にあるのだと解釈しました。 映画の中でも、自身が消える前に残された人の身を案じている点からも彼女が 利他的な思いを持っていることを理解できます。 対して帆高が言った 「大丈夫」は 慌てて言ったものです。 その様子から 彼女を安心させるため咄嗟に出た一言だと考えられます。 この点も彼の 彼女を優先させたい気持ちが大丈夫の裏側にあるのだと解釈しました。 自分と君に向けた大丈夫 何が僕らに降りかかろうとも きっと僕らは「大丈夫」だよと 僕は今日から君の「大丈夫」だから 映画後半では陽菜が能力を使用しなくなると街はもとの状態に戻り、雨が降り続く毎日になります。 それは災害レベルとなり多くの人たちに影響を与えていきました。 帆高が陽菜に向けて 「天気の子にならなくていい」と叫ぶシーンがありました。 彼女が犠牲にならなくても自分達はなんとかやっていけると確信していたのでしょう。 街の住人たちもなんとか自分達の生活を懸命に送っていました。 上記の点を踏まえると大丈夫とここで言っている 「僕らは」、1つに 帆高と街の住人たちを指すと解釈しました。 2つめに、帆高が働いて陽菜を養うことを必死に伝えたシーンから 帆高と陽菜の2人のことであるとも解釈できます。 歌詞の最後に 「僕は今日から君の「大丈夫」だから」という興味深いフレーズがあります。 今までは陽菜が救世主として「世界の大丈夫」として行動してきました。 そして利他的な彼女は「帆高の大丈夫」としても振る舞ってきました。 救世主の立ち位置では誰かから救われる、支えになってもらうことはなかったのでしょう。 ですからそんな彼女に帆高が 運命、能力、世界の現状すべてを忘れさせるほどに自分が守るという意志を込めて 「君の大丈夫」になると述べたと筆者は解釈しました。。 まとめ いかがだったでしょうか。 映画の感動的なシーン、そして核心に迫る点が随所に散りばめられた歌詞でしたね。 筆者も考察しながらたった3文字にこれほど多くの心情や背景があったのかと驚かされました。 何も考えずに映画を楽しむ良さもあります。 それでも主題歌の歌詞と照らし合わせながら鑑賞するのも良いと思います。 MVの大自然もさまざまな意味合いを感じました。 生活に必要なものがほとんどなくても人は生きて行ける、「大丈夫」という点が筆者には伝わってきました。 また 自然は本来、人を悩ますことなくむしろ人が生きるために、「大丈夫」なようにするシステムなのだという点も伝えているのだと考えました。 RADWIMPSの次回作と今後の活動に期待し注目していきたいと思います。 また映画「天気の子」がこれからも多くの人たちに親しまれていくことを願っています。 素敵な作品をありがとうございました。

次の