アレックス カルーソ。 レブロンも太鼓判、レイカーズのチームメートから『GOAT』と呼ばれるアレックス・カルーソ

レイカーズは選手層が厚い、ベンチメンバーで注目の若手選手〜クック、カルーソ〜

アレックス カルーソ

写真=Getty Images レイカーズのアレックス・カルーソはファンから愛されている選手だ。 チームメートのレブロン・ジェームズやアンソニー・デイビスほどの華はないが、主にセカンドユニットの一員として試合に出場し、時折ビッグプレーを観せてくれる。 そんなカルーソにチームメートが付けたあだ名がGOAT(Greatest Of All Time、史上最高の選手)だ。 最初にカルーソをGOATと呼んだのはレブロンだったという。 「レブロンは声をかけるたびに僕を『GOAT』と呼ぶんだよ。 最初の数回は戸惑ったけど今では日常の一部だ」 カルーソとレブロンの友好的な関係はコートの上でも相乗効果となって現れている。 2人のコンビネーションプレーで特に有名なのが、カルーソからの股抜きパスを受けたレブロンがダンクを叩き込むプレーだ。 レブロンはカルーソとの息のあったプレーを自画自賛した。 「僕とAC(カルーソの愛称)のコンビネーションは抜群だ。 アレックスは後頭部に目が付いてるみたいだったね。 彼からのパスを決められてよかった。 チームにとっても重要なプレーだった。 ファンも喜んでいたし、あのプレーに絡めてよかったよ。 このチームには素晴らしいコンビネーションがあるんだ」 実際にGOATと評されるレブロンからGOATと呼ばれ、ファンからも絶大な人気を誇るカルーソだが、人気だけが独り歩きする状況に本人は苛立っていたと『The Official Lakers Podcast』で語った。 「僕のやっていることが全てツイートされたり報道されたりするところまでいってしまったから、イライラが爆発寸前だった。 バスケットボール全体にフォーカスしてほしかった。 僕らはコートの上で成功を収めていたから、そのことについて報じてほしかったんだ。 試合中の僕のプレーではなくてね」 現在開催中の『NBA 2K Players Tournament』に参加した元レイカーズのデマーカス・カズンズは、対戦相手のアンドレ・ドラモンドから何故カルーソがレイカーズファンから愛されているのかを聞かれ、このように答えた。 「ACはGOATなんだよ。 理由なんかない。 彼はGOATだ」 バスケット・カウント.

次の

【NBA2K20 MyTEAM】序盤に活躍できるおすすめシューター3選手を紹介(無課金ユーザー向け)

アレックス カルーソ

マイケル・ジョーダンを主演としてバスケットボールをファンタジーやコメディと融合させ、1997年に公開された映画『スペース・ジャム』の続編が、『スペース・ジャム:ア・ニュー・レガシー』というタイトルになることが、日本時間の今月始めに明らかになりました。 『スペース・ジャム:ア・ニュー・レガシー』の主演はロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェームズで、その他にも彼の親友であるクリス・ポールや、チームメイトのアンソニー・デイビス、カイル・クーズマも出演します。 しかし一方で、同じくレイカーズでプレイするアレックス・カルーソは、同作品に出演しないことを『ESPN』のザック・ロウ記者に語っています。 カルーソの今シーズンの人気ぶりを見れば、彼がハリウッドデビューすることに期待を寄せていた人々は少なからずいたでしょう。 事実、今年のオールスター投票ではポール(505,901票)とクーズマ(446,095票)の合計を上回る票数を、カルーソ(1,284,932票)は獲得しています。 彼が出演しないことには、次のような理由が考えられるかもしれません。 同作品の公開は2021年予定ですが、撮影の大半は2019年の夏に終わっていました。 2018-19シーズンの時点からカルーソの存在は徐々に知られていましたが、彼はそのシーズンで25試合しか出場しておらず、人気が爆発したのは今シーズン(2019-20シーズン)です。 当時のカルーソは2way契約を結んでいた選手でもあっただけに、ジェームズや映画のプロデューサーたちは彼がどれだけ印象深い選手になるか、まだ予想できなかったのでしょう。 そしてオフシーズンまで選手は映画の撮影に参加できないため、今年の夏は多少のチャンスがあったのかもしれませんが、それも新型コロナウイルスの影響で期待できそうにありません。 熱狂的なカルーソのファンには気の毒ですが、彼の演技を観られるのはしばらく先になりそうです。

次の

『スペース・ジャム』の続編にアレックス・カルーソは出演せず

アレックス カルーソ

経歴 [ ] プロ入り前 [ ] 、を走る列車の中で母が突然産気づき、たまたま乗り合わせていた医師、のおかげでなんとか出産できた。 彼の本名は、その医師の名前にちなむ。 17歳の時にに移住。 当時はの黄金時代であり、それを見てに興味を持ち始めたという。 プロ入りとツインズ時代 1967年-1978年 [ ] にと契約した。 にメジャーデビュー。 1年目は137試合に出場し、. 292、8、51でに輝く。 にはが新監督に就任し打撃も向上。 332で初のとなった。 からは4年連続で首位打者となる。 ・は再び2年連続で首位打者となった。 特に1977年は注目され、前半戦を終わって. 394の高打率を維持。 の以来の4割打者誕生なるかと期待されたが. 388に終わった。 しかし自己最高の14本塁打、100打点を挙げのを受賞した。 に二塁から一塁にコンバートされる。 エンゼルス時代 1979年-1985年 [ ] エンゼルス移籍後、ヤンキース戦でバットを振るカルー 背番号29・1979年 に4対1のでに移籍。 、古巣ツインズ戦にて史上16人目の通算3000本を達成。 同シーズンまでに3053安打まで記録を伸ばし、同年限りでエンゼルスを自由契約となる。 翌、オファーがなかったこともあり、シーズン中に現役を発表した。 引退後 [ ] カルーの引退表明を受けて、最後にプレーしたエンゼルスは1986年8月12日にカルーの背番号『 29』をエンゼルス史上、選手として初のに指定し、さらにに古巣ツインズでもカルーの背番号『 29』は2人目の永久欠番に指定された。 、資格取得1年目で入りし、殿堂プレートのカルーはツインズの帽子を被っている。 2008年 からまで永久欠番『 29』を背負ってエンゼルス、からまでで打撃コーチを務め、や、らを育てた。 エンゼルスでのコーチのみならず、90年代のカルーはマイナーチームや、MLB主催の少年野球教室でもコーチ・講師として指導を行った。 9月に娘のミッシェルがと診断された。 のを探したものの見つからず、翌4月に18歳で亡くすという悲劇があった。 に古巣のツインズとエンゼルスが戦ったではを務めた。 、故郷パナマの「エスタディオ・ナシオナル・デ・パナマ」が「」に改称された。 詳細情報 [ ] 年度別打撃成績 [ ] 137 561 514 66 150 22 7 8 210 51 5 9 7 1 37 4 2 91 12. 292. 341. 409. 750 127 492 461 46 126 27 2 1 160 42 12 4 2 2 26 1 1 71 11. 273. 312. 347. 659 123 504 458 79 152 30 4 8 214 56 19 8 6 0 37 0 3 72 7. 332. 386. 467. 853 51 204 191 27 70 12 3 4 100 28 4 6 0 0 11 0 2 28 1. 366. 407. 524. 931 147 632 577 88 177 16 10 2 219 48 6 7 6 3 45 1 1 81 23. 307. 356. 380. 736 142 591 535 61 170 21 6 0 203 51 12 6 9 2 43 9 2 60 11. 318. 369. 379. 748 149 657 580 98 203 30 11 6 273 62 41 16 7 6 62 9 2 55 16. 350. 411. 471. 882 153 690 599 86 218 30 5 3 267 55 38 16 13 3 74 9 1 49 17. 364. 433. 446. 879 143 617 535 89 192 24 4 14 266 80 35 9 7 10 64 18 1 40 10. 359. 421. 497. 918 156 687 605 97 200 29 12 9 280 90 49 22 8 6 67 14 1 52 12. 331. 395. 463. 858 155 694 616 128 239 38 16 14 351 100 23 13 1 5 69 15 3 55 6. 388. 449. 570 1. 019 152 651 564 85 188 26 10 5 249 70 27 7 2 6 78 19 1 62 18. 333. 411. 441. 852 110 493 409 78 130 15 3 3 160 44 18 8 8 3 73 7 0 46 9. 318. 419. 391. 810 144 612 540 74 179 34 7 3 236 59 23 15 9 3 59 7 1 38 15. 331. 396. 437. 833 93 421 364 57 111 17 1 2 136 21 16 9 10 2 45 7 0 45 8. 305. 380. 374. 754 138 612 523 88 167 25 5 3 211 44 10 17 16 4 67 5 2 49 9. 319. 396. 403. 799 129 536 472 66 160 24 2 2 194 44 6 7 3 3 57 9 1 48 15. 339. 409. 411. 820 93 378 329 42 97 8 1 3 116 31 4 3 5 4 40 1 0 39 8. 295. 367. 353. 720 127 518 443 69 124 17 3 2 153 39 5 5 9 1 64 9 1 47 8. 280. 371. 345. 716 :19年 2469 10550 9315 1424 3053 445 112 92 3998 1015 353 187 128 64 1018 144 25 1028 216. 328. 393. 429. 822• 各年度の 太字はリーグ最高 タイトル [ ]• 7回:1969年、1972年、1973年、1974年、1975年、1977年、1978年 表彰 [ ].

次の