駿台 予備校 お茶の水。 駿台予備学校(お茶の水校)向けの学生会館/東京の学生会館総合情報サイト 学生会館ドットコム

駿台予備学校

駿台 予備校 お茶の水

駿台予備校御茶ノ水校ってどうよ? ちなみに私は都内の進学校と言われる学校に通っていました。 高2にもなると、ちらほら予備校に通う友達もでてきて 東大志望の友達は駿台を選ぶ傾向にありました。 三大予備校の中では駿台はレベルは一番高いと思います。 というか、 東大、国立志望なら駿台! って感じですね。 親が話してましたが全体の保護者会なども東大合格には、という話しが多かったようです。 まず、現役浪人を分ける前に駿台全体のことを書きます。 ・最強講師陣 駿台は何といっても講師陣がいいです。 密度の濃い授業で学校の授業とは比べ物になりません。 (そりゃもちろん学校にもよりますが) 特にお茶の水三号館の先生方の講義は 論理的で、物事を根本から理解させて くれます。 公式の使い方や、小手先のテクニックといったことではなく、 その公式の背景に何があるのか、どういった考え方でこの公式が生まれたのか、 などなど、テストで点が取れることだけの勉強でなく、学問として教えていただけるのが 本当に良いと思います。 私の恩師は授業中にこう言っていました。 「入学試験なんだから、大学に入った後に困らない勉強をせにゃあいかん。 」 まさにその通りだと思います。 苦労して大学に入ってもその後の授業が 全くわかんないのでは意味がないですよね。 (有名大学に入れば、後は遊びたいという ことだけを考えている人は、小手先の勉強をしてぺらっぺらの人生を歩めばよいのです。 ) それに勉強は理解してできるようになればものすごく楽しいです。 そういった勉強の楽しみを教えてくれるのも濃厚な授業ができる講師の先生方の力量だと思います。 ちなみに・・・ 河合塾の単価授業を受けたことがあるんですが、三時間の問題解説の 時間がものすごく退屈で、解答を読めばわかるようなこといつまでもだらだらと やっていました。 駿台の先生と比較してしまいますが、あれが授業なの?と思うほどでした。 それが河合塾の看板教師の一人ということで驚きました。 河合塾は文系の講師は評判はいいようですが、理系はおすすめできない ですね。 ・座席指定制、自習室 次にシステム的なことです。 駿台は座席指定制になっていて他塾のように毎回自分の席を選ば なければいけないといったわずらわしさは皆無です。 実際、授業のたびに自分で席を選ぶことってなかなか大変ですし、こういった細やかな配慮はありがたかったです。 あとおすすめは 自習室はかなり良い環境だと思います。 駿台の自習室には二つのタイプがあります。 開放教室と専用教室です。 開放教室は普段は授業で使う空いてる教室を自習室として開放しているものです。 広いとこで勉強したいひとむけですね。 専用自習室と比べると周りの受験生に自分の勉強姿をさらしているような 感じなので、周りの受験生がいい監視役になってくれるような気がしますね。 (まあ、みんな自分の勉強に夢中で私のことなんか誰もみていないのですが…笑) 次に専用自習室ですが、これは自習室専用の部屋に 少し大きめの机が広がっている自習室です。 とにかく静かで緊張感が凄いです。 慣れてくれば心地よいのですが、慣れるまでは息をするにも気を使うような部屋です。 しかし、それだけ静かな分、勉強の気を散らすものは存在しないです。 どちらの自習室を使うかは好みですが、どちらのタイプでもまわりの受験生の気迫が すごくて、勉強せずにはいられない環境がよかったです。 今までは学校の図書館を利用していましたが、駿台の緊迫した自習室は 授業がない日も通ったものです。 また、お茶の水には、一号館、二号館、三号館、八号館 の四つの校舎があって、駿台生であればどこの校舎でも自習室を利用することができます。 それぞれに(若干ですが)雰囲気が変わってくるので私も気分転換を兼ねて、よくいろんな自習室を転々としていました。 ちなみに、3号館の銀杏自習室は席間が広くて環境がよくて 一番人気の自習室です。 私もとても気に入ってましたが、人気ゆえにすぐうまってしまう 自習室でもありました。 ・立地(?) またこれは駿台自体には何の関係もないことですが、駿台御茶ノ水のあたり は明治大学のリバティタワーがあるいわゆる学生街です。 美味しいラーメン屋さんや、有名な豚丼屋さんなど安く食事ができる ところが多く、駿台帰りに友達と約束してご飯を食べに行ったり、 お昼ご飯を食べに行ったりもしていました。 あの辺にあるお店は全部一回は行ったことがあるといっても過言ではないですね。 いまでは楽しかった思い出の一つです。 (そのせいで受験期間中の私の体重は激増したんですが、 それはまた別の話) ちなみに「豚野郎」というお店の豚丼は是非食べていただきたいです。 安くてすごくおいしいんですよ。 駿台から歩いて5分程度のところにあります。 駿台の現役生ってどんな感じ?(現役フロンティア) では、ここから、現役生からみた駿台について少し話そうかなと思います。 現役生は平日、六時から九時までの授業です。 (五時からのものもあります) 学校の後に行く感じですね。 スポンサーリンク 学校で勉強して駿台でも勉強して、家に着くのは大体10時です。 まあ、そのころにはつかれきってて、ご飯食べて爆睡って感じの1日です。 授業は科目ごとに分かれていて、クラスがSa、S、Hの三つに分かれています。 学力別でテストの成績によって決められます。 ちなみに私はSaでしたが、偏差値65以上の高校 はSaといった感じでした。 ちなみに偏差値62の高校の友達はSaは落ちたと話してました。 一概には言えませんが、国立早慶レベルを目指すならSa,でGMARCHIだと Sといった感じでしょうか。 そこら辺の詳しい説明は、駿台公式HPでどうぞ。 現役生からすると少し駿台はアウェイなように感じます。 浪人生の数もそうですが、圧倒的な存在感の大きさの所以では ないでしょうか。 これも慣れの問題だとはおもうのですが、フロンティアホール(休憩所)も 浪人生が多くいて、なかなか落ち着く環境ではないです。 正直、初めのうちは浪人生が怖いというのが正直な感想です。 といっても何かされたわけではないのですが、浪人生同士で固まって 話していることが多かったので1人でいる私にとっては 勝手に威圧感を感じていたのかもしれないですね。 私も駿台でお昼ご飯を食べるのが怖くて、外に食べに行くか、休日は 昼から行くかでした。 さすがに今考えると気に過ぎだったような気もしますね。 浪人生は現役生のことなんか全く気にも留めていないですからね。 1人でも、フロンティアホールでご飯を食べている人もかなりいますし、 これは私が自意識過剰なだけかとおもいます。 駿台の費用って? 駿台は3大予備校の中では一番費用が高いです。 駿台>河合>東進 って感じです。 駿台の高卒生クラスの場合だと、大体年間100万程度かかります。 それ以外に夏期講習と冬期講習などはこの金額とは別にかかります。 大体1講座20000円程度で、平均で夏期講習と冬期講習で30万 かかると考えておけばいいと思います。 つまり 年間130万程度ですね。 テキスト代などは含まれていますので、それ以外にかかることはないですよ。 でも予備校ってかかりますよね~。 なんであんな大きい教室で大人数教えているのに、1人の学費があんなにかかるんだか。。。 質問などもあまりできる環境ではないし、大人数で教えられることに不安がある方だったら、 とかいいですよ。 かの有名な Z会がやっているんですが、全ていいとこどりしたらこういう形になったというシステムです。 添削とマンツーマンのオンラインのマンツーマンの指導が受けられるというシステムです。 とにかく無駄がない。 難関大を目指すためのシステムになっていますが、わからないところはマンツーマンで聞いてあとは自分でテキストなどをこなして いけるので、自分のペースでグングン進めていける感じがいいと思います。 価格もとても安いですので駿台などの予備校が遠い、という方にも最適だと思います。 正直通学だけでも疲れてしまいますからね。 駿台予備校の高卒生ってどんな感じ?(駿台浪人生) では、浪人生視点で少し話をします。 ちなみに私は現役のころは慶應は合格して、早稲田は失敗。 かなり悩んだんですけど、やはりずっと希望していた国立 にまた挑戦しよう思いました。 高卒は先ほどの現役生とは打ってかわってめちゃめちゃアットホームです。 (個人差はあります)全然塾という感じではなく、学校ですね。 担任という管理職もありますし、ロングホームルーム もあります。 先生に質問に行くのも現役の時よりはるかに気楽でしたし、 受験で不安になったらアドバイザーなどが親身になって話してくださいます。 しかも、クラス制度でみんなで同じ授業を受けるんです。 これは現役の時では考えられませんでした。 ただ、そのぶん、受けたくもない授業があったりして、友達と一緒にさぼってました。 さぼるといっても自習室へ行って自分の好きな科目の勉強をします。 さすがに浪人で授業さぼって遊ぶほどのメンタルはないですね…笑 とにかく友達もできる環境ですし、みんな自分と同じレベルなので、 何もストレスを感じることなく勉強できました。 駿台の高卒生は一番上のクラスだと、私のように早慶は合格したけど 東大に失敗したから、という人が多いので学力も4月の時点で かなりある人ばかりでした。 他の予備校だと浪人生のレベルの差がかなりあるみたいですね。 なので授業も飽きてしまうというような話を友達から聞きました。 あと、鉄緑会で現役で東大失敗した人が駿台の御茶ノ水や市ヶ谷の上位クラス に来るという傾向もあります。 その場合駿台からそのままあがってきた高卒生と鉄緑会とで ちょっとした派閥みたいなものもあったりします。 学力がある浪人生にとっては駿台はいいと思います。 駿台のスタッフについて 決まりがしっかりし過ぎているせいか、一度生徒証を忘れて自習室に行ったら 生徒証がないとダメと帰らされたことがあります。 忘れる自分がいけないのですが、そのくらい。。。 という 気持ちはありましたね。 組織が大きいので決まりに忠実なところはちょくちょくあって、 面倒だなと思うことは多々ありました。 まとめ 私の率直な感想ですが、やはり駿台に行っててストレスフリーで勉強 できたのは、高卒ですね。 何より楽しかったですし、成績もちゃんと伸びました。 私の二つ目の母校といえるくらいです。 ただ、現役生からすると少し窮屈なところもあるかもしれません。 でも、アドバイザーやクラスリーダーという 生徒たちの面倒を見てくださる方は、優しく親身になってくださいます。 勉強面からそれた話が多くなってしまいましたが、駿台は言うまでもなく 勉強する環境として必要なものがすべてそろっています。 駿台でちゃんと勉強すればいくらでも成績は伸ばせると思います。 (もちろん本人にやるきがあればですが。 ) 駿台をべた褒めする形になってしまいましたが、私は心から駿台に通ってよかったと思います。 勉強をするだけなら近くの図書館でもよいのですが、駿台は人間的な成長もさせてくれる 場所だと思います。 公式の使い方や受験の小手先のテクニックを教えるだけの授業をしている 予備校も多いと聞きます。 公式はどうしてこうなのか?をしっかりと教えてくれたレベルの高い 講師のいる駿台予備校に通ってよかったと思っています。

次の

【東大受験】理1合格した息子が浪人中通った駿台予備校体験記

駿台 予備校 お茶の水

ご確認ください。 東日本駿台が誇る一流の講師をまとめたページです。 ただし、残念ながら下位 を担当する講師は二流以下であることが多い もちろん全員ではない• ここでは主に東日本に出講する講師と、を担当する講師を取り上げています。 東日本にも関わる の講師は「 」にまとめてあります。 それ以外の の駿台のみに出講する講師については を参照してください。 駿台をお辞めになった講師や、 のみに出講するようになった講師については を参照してください。 各科目 一覧• の特徴• 駿台では伝統的に講師のことを「師」と呼んでいる。 このでも、引用文を除いて講師の敬称は師で統一している。 例えば「大島師は〜」「師の授業は〜」などのように用いる。 授業進度を報告する用紙には担当講師欄に既に師という文字が印刷されていて、それぞれの講師の名前を、「師」という言葉の脇に記入するようになっているなど、駿台の事務方でも実際に使われている例は数え切れない• 自作の の自分の名前に師と付す講師もいて自称でも師を用いることもある。 その師曰く、我々は受験生を教導する「師」である自身に誇りを持っているからとのこと。 師というの講師がおり、彼は師師である。 余談だが関西ではそこまでを「師」と呼ぶ風潮はなく、 でも「師」と「先生」の2呼称があり統一されていない。 アカデミックな雰囲気を感じさせる講師が多い。 伝統的に大学院の博士課程まで行って そうでなくても修士課程まで進んで に行きついた講師が多いことが主要因である。 また、昭和の昔に大学の専任教授と予備校講師を兼任しやすかったことも、アカデミックな雰囲気を持っているという駿台の気風を作るのに大きく作用している。 加えて、博士課程の大学院生・大学院を出たものの大学や研究機関にまだ正式に就職してない人・作家などの文化人がバイトとして教鞭をとるケースがままあることも、アカデミックな雰囲気を醸成する要因であろう。 単なる受験勉強におわらない真の意味での勉強・学習をさせようとしている講師が多い。 ある講師曰く「入試のためだけではない、その先の大学での学問にもつながる学習をしてほしい」「 将来の学問につながるように、単なる入試対策に終わらないような 教科の枠を超えた普遍的な学力が身に付くような、知的好奇心を刺激するカリキュラムを作成している」とのこと。 駿台の は人材も豊富で多種多様である。 知識量が豊富であったり、ユニークな経歴をお持ちの方が多い。 大学レベルの専門性に触れる講師、間違いであるにも関わらず一般に教えられていること批判して正確なことを教える講師、大学の教員として大学生として備えて欲しいことを教える講師、もちろん熱血タイプの講師もいて、講師によって授業の特徴も様々である。 人気講師の特徴として以下のようなことが挙げられる。 あくまで指標であり、以下の特徴に当てはまっていても人気講師ではないこともある。 においてで毎回締め切り講座を出せる。 は数多くの人気講師が集まるので講師評価が最もシビアであり、また他校舎と比べて教室も大きめなので、そこで締め切りを出すことは、様々な講師の中から多くの生徒に選ばれているということであり、有力な指標の1つにはなるだろう。 「レベルが高い講座を締め切る講師」の方がより正確かもしれない。 また、設置数が少ないが分野としては重要なもの 例えば、の「 の攻略」など は締め切られることが多いので、上記の通りあくまで指標である。 東大進学塾に出講している。 ・で最上位 に出講している。 講習の受け持ちコマ数が多い。 講習で をもっている。 を担当している。 映像講座を担当している。 映像授業の一部を駿台HPから見ることができる。 駿台教育研究所の教育セミナー 高校教員向けのセミナー に担当を持っている。 駿台の通期の宣伝動画に出演している。 様々なメディア媒体・講演に出演している。 ただし、人気だからといって自分に合うとは限らないので注意しよう。 人気講師は高齢化が進んでいる。 現在の人気講師の多くは、今の受験生が生まれる前からすでに人気講師だったというベテラン講師である。 や など一部の教科を除き 新たな人気講師が必ずしも台頭しているわけではないので、50歳も半ばから60歳を過ぎたベテラン講師が未だに多くのコマ数を持ち、現役バリバリであることが多い。 すでに高齢者の域に達しつつある講師を酷使している感のある教科もある。 還暦どころか、 飯田師、山本師のように古希を超えてもまだまだ現役の講師も少なくない。 受験指導のノウハウも業界的に飽和しつつあるなかで、早くに頭角を示し、(少子化による業界規模の縮退が顕著で、講師間の生き残り競争が熾烈であったと思われる時期を生き延びたうえ、)長期にわたり予備校の第一線で活躍し続け、今なお多くの生徒から支持されるベテラン人気 に対し、若手講師が「若手」と呼ばれるうちに比肩するのはそもそも容易なことでないかもしれない。 人気講師以外の講師は玉石混淆である。 に出講していなかったり、あまり知名度が高くないからといって、それだけで質が悪い講師、不人気な講師とは限らない。 むしろ、このウィキを細かく読めばわかるが、には出講してない あるいは、あまり出講してない 講師、出講してない校舎では知名度がまったくない講師でも、出講している校舎では生徒から支持をうけているという講師も少なくない。 例えば、 師はお茶の水の出講が少なく、かつパンフの顔写真もないため一般的な知名度は低いが、、、では圧倒的な人気を誇っている。 これらの校舎には、 師や 師の通期の出講はない。 で若干ある程度。 大学の内容に踏み込むような、アカデミックな雰囲気をもった授業をする講師 いわゆる「駿台らしい」授業をする講師 はに出講する人気講師に多いことは確かだが、 校務で忙しい 学校の教師よりも各教科や入試に深く精通し、「くわしく」「わかりやすく」教えてくれる講師ということでいえば、優秀な講師は駿台各校舎に存在している。 駿台の は人材豊富である。 もちろん、相性の問題もあるが、評判の悪い講師、生徒から不人気な講師がいるのも事実である。 業界最大手の駿台の講師とはいえ、玉石混淆である。 どの予備校にも言えることであろうが、授業態度に対して厳しい講師、寛容な講師とさまざまである。 基本的には授業中に寝る、欠伸、頬杖をつく等は注意する講師が多いが、そもそもそのような行為をスルーする講師もいる。 どちらにしろ、生徒を大人として見た上でのものである。 「授業態度に厳しい」と言われる講師はただ闇雲に叱るのではなく、「緊張感のある授業をつくる」「社会に出た時に恥ずかしくないような自分をつくる」という概念に基づいて指導を行っていることが多い。 例えば、 の 師は授業態度に関して厳しいという評判があるが、師の授業の特徴である「授業の受け方」(ペン回し・頬杖・前髪をいじる・ペンを必要以上にノックするのはNG、欠伸は手を添える、シャーペン・青・赤ペン常備etc…)は、将来社会に出る上でのエチケットと、授業や の場面で提示される情報を素早く取り入れるためのものであると師自身が明言されている。 の講師でも、社会でのマナーに基づいて注意をする講師が多い(帽子を被っての受講はNGなど)。 パンフレットの写真と実物で見た目が違うことがままある。 あまり撮り直さないからである。 写真詐欺とまで言う声もある。 講師の間では、講習会で自分の講座をとるように派手に宣伝するのは下品というような風潮がある。 「講習はとらなくていい」という講師すらいる。 一部には自分の講座や著書の宣伝を派手に行う講師もいて、大抵の場合浮いてしまう 生徒が引いてしまう。 駿台生や(塾ではなく学校なのだという)駿台の気風を反映しているといえよう。 放任主義の感が強い。 もっとも、大手の予備校は大抵放任主義である。 関東と関西の講師は現在ではあまり接点がない。 かつては校舎数が少なかったこともあり関東と関西を行き来することもあったが 師が関東で授業したり、 師が京都で授業したりした 、1990年代に校舎数が大幅に増えると、その分講師の数も増え、関東と関西それぞれの地域で募集をかけるようになり、現在では関東と関西を行き来する講師はほとんどいない。 教科ごとに会議を定期的に実施するようなので、まったく接点がないわけではないが、 で机を並べて座って一定時間同じ空間を共有するのと、会議でたまにしか会わないのとでは、意思疎通の度合いが違うのは明らかだろう。 余談だが、微積分を避ける講師が多い関西のでも、ベテランの講師は山本師に感化されているためか、微積分を躊躇なく使う。 地方の校舎にはその校舎専任の講師が存在する。 専任の場合、他校舎への出講は原則無い。 (の 師、の 師など)• どの予備校にも言えることだが、出講が無いからと言って必ずしも講師が暇とは限らない。 テキスト作成やチェック、模試問題の作成、採点など多忙を極める講師も多い。 有名人気講師になると各講師のbot 非公式発言集 が出来る。 師、 師、 師、 師、 師、 師、 師、 師、 師、 師、 師など• どちらかといえば「有名」・「人気」というよりは「信者」が多ければ多いほど、といった感じであり、必ずしも有名で人気があれば作られるというわけではない。 今日の学校教育には批判するが社会に対しては保守的な立場をとる人も多い。 駒橋師、清師のように教材以外の添削 特に通期で習っていない生徒に対するもの を過剰なサービスとして拒否する傾向が近年生まれている。

次の

お茶の水校8号館|大学受験予備校 駿台予備学校

駿台 予備校 お茶の水

【2019年度入試 合格実績】 東京大 1,345名 京都大 1,402名 北海道大 631名 東北大 709名 東京工業大 420名 一橋大 306名 名古屋大 445名 大阪大 1,081名 神戸大 834名 広島大 339名 九州大 371名 筑波大 336名 埼玉大 145名 千葉大 490名 お茶の水女子大 88名 京都工芸繊維大 252名 奈良女子大 89名 首都大学東京 東京都立大 189名 名古屋市立大 186名 大阪市立大 350名 大阪府立大 528名 兵庫県立大 305名 早稲田大 4,163名 慶應義塾大 2,982名 青山学院大 1,033名 駒澤大 312名 上智大 972名 専修大 367名 中央大 2,634名 東京理科大 4,807名 東洋大 1,254名 日本大 2,228名 法政大 2,089名 明治大 4,108名 立教大 1,382名 同志社大 4,600名 立命館大 5,233名 関西大 2,711名 関西学院大 1,483名 京都産業大 463名 近畿大 2,523名 甲南大 278名 龍谷大 723名 国公立大医学部医学科 1,940名 私立大医学部医学科 防衛医科大学校を含む 2,724名 表記の合格者数は、2019年度入試における駿台グループ関連法人の在籍生および各講習受講生の実績であり、公開模擬試験のみの受験生は含んでおりません。 なお、一人で複数の大学・学部・学科に合格している場合も、それぞれの合格者数に含みます。 詳しくは塾までお問合せください。 駿台のコース 高卒クラスの特長 講師や環境が良いのはあたりまえ。 さらに駿台は大きく進化します。 80点 講師: 4. 0| カリキュラム・教材: 4. 0| 塾の周りの環境: 4. 0| 塾内の環境: 4. 0| 料金: 3. 0 通塾時の学年:高校生 料金 料金は高いです。 講習代も含めると決してやすくはないが、それなりの結果を出してくれると思いたい。 講師 クラスに関して丁寧な説明やアドバイスがもらえた。 講師が良かった。 カリキュラム 子供が満足して通っているようなので、親としても満足している。 塾の周りの環境 自宅から電車一本で行けるのが便利。 また駅から校舎が近いので便利です。 塾内の環境 設備が整っていて、綺麗である。 自習室も充実している。 校舎がいくつもあるので席がないことはない。 良いところや要望 子供が、満足して通えることが1番大事。 受験に向けモチベーションを常に保てる授業をしてほしい。 その他 欠席しても、その後のフォローがきちんとしているのがとても評価高い。 00点 講師: 3. 0| カリキュラム・教材: 3. 0| 塾の周りの環境: 3. 0| 塾内の環境: 3. 0| 料金: 3. 0 通塾時の学年:浪人 料金 予備校としては平均的な価格なんじゃないでしょうか。 夏休み後の選択授業もあり金額はかかりました。 講師 中には、外見についてコメントする講師も行って問題だと思った。 カリキュラム 予備校としては平均的なカリキュラムだと思います。 特に問題はありません。 塾内の環境 自習できる場所があったようですが、基本は大教室での授業でした。 良いところや要望 どうしても授業が中心なので、自分で率先して勉強しようとする子には不向きかもしれません。 その他 予備校のフォローアップの体制はそれなりにしっかりしていくと思います。 浪人生 授業形式• 集団指導• 個別指導• 家庭教師• 通信教育・ネット学習 特別コース• 中学受験• 高校受験• 大学受験• 公立中高一貫校• 医学部受験• 子供英語• 映像授業• 自立型学習• 理科実験• プログラミング・ロボット 校舎からのメッセージ 駿台お茶の水校は、高1から高卒生までフルラインナップで皆さんの志望校合格をかなえます。 東大各コースを設置 8号館:医歯薬専門校舎。 メディカル系学部対応コースを設置 <所在地> 1号館:千代田区神田駿河台2-12 2号館:千代田区神田駿河台2-1 3号館:千代田区神田駿河台2-5-17 8号館:千代田区神田駿河台1-7 特徴• 体験授業• 駅近く• 完全マンツーマン指導• 送迎あり• オリジナルテキスト• 自習室完備.

次の