タルタルソース 由来。 チキン南蛮の意味って南蛮渡来の食べ物ってこと!?

おすすめタルタルソース10選!フライだけでなく何につけても美味しいのはこれ

タルタルソース 由来

雑学クイズ問題 タルタルソースの「タルタル」の由来はどれ? A. タタール族によって伝わったため B. 樽で保存して作るため C. 注ぐ音が「タルタル」と聞こえたため D. 英語で「タル」がマヨネーズという意味 答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね! タルタルの意味とは?タルタルソースの語源・由来を解説! 様々な種類のソース 皆さんは ソースといえばどのようなソースを思い浮かべるでしょうか? ウスターソースやデミグラスソース、中濃ソース、とんかつソース、オーロラソースなど様々な種類のソースがありますよね。 料理や用途によっていろいろな場面で使い分けられて、 それぞれに特徴があってどれも美味しいですよね。 そこまで使用頻度の高いソースではありませんが、有名なソースの中に「 タルタルソース」というものがあります。 しかし、タルタルソースの「タルタルって何?」という人もかなり多く、 意味や語源・由来を知っている人は全然いないですよね。 タルタルソースの意味や語源由来をぜひとも学んでいってくださいね。 タルタルとはどういう意味? それではさっそく「タルタル」という言葉の意味について解説していきます。 そもそもですが、皆さんは タルタルソース自体がどのようなものなのかご存じですか? タルタルソースとは マヨネーズがベースとなったソースの一種であり、 玉ねぎやパセリといった香味野菜、きゅうりのピクルスやゆで卵をきざんで混ぜたソースのことです。 マヨネーズ自体に酢が入れられていることから酸味がありますが、さらにそこに酢やマスタードなどを加えることもあり、さっぱりとした味わいが特徴となります。 ソース以外にも「タルタル」という言葉が使われることがあり、タルタルステーキといった料理名や、料理名に「タルタル風」と付けられることもあります。 タルタルは主に素材を細かく切って混ぜ合わせる調理法という意味として使われる言葉のようです。 タルタルの語源・由来とは? 実はタルタルソースの「タルタル」という言葉の 語源・由来は諸説あり、定かにはなっていません。 今回は「タルタル」の語源・由来の諸説から4つ紹介します。 タタール族から伝わったため まず最初の説は タタール族によって作られたことが由来でタルタルとなったという説です。 タタール族とは現在の中央アジアの遊牧民族のことであり、現在もロシア連邦内に「タタールスタン共和国」を形成しています。 タタール人とよも呼ばれることがあり、タタール人は 馬肉などを香味野菜などと一緒に細かく刻んで食べていたとされています。 この 食文化がヨーロッパに伝わって、タルタルステーキなどが食べられるようになった際に「タルタル」と名付けられたとされています。 フランス語が由来となっている そもそもフランス語には最初から「タルタル」という言葉があるという説です。 フランス語で「tartar(タルタル)」とは「生の」という意味であることから、これが由来となっています。 つまり、タタール族から伝わった食文化など関係なく、最初からタルタルと呼ばれる言葉が「生の」という意味で使われていたということですね。 古代ギリシャのタルタロスから 昔はヨーロッパの人々の間ではタタール族のことを、 古代ギリシャで奈落や地獄を意味するタルタロスと呼んでいたことが由来という説です。 タタールとタルタロスは発音が似ていることと、 獰猛なタタール人のことをタルタロスに例えたんですね。 そのタルタロスから伝わったということで、タルタルという名前になったということです。 そもそも日本語の「足る」が由来 タタール族やフランス語など関係なく、そもそも 日本語の「足る」が由来となったという説です。 味が濃くソースを 少しかけるだけでたくさんの料理を食べられるから「足るソース」ということが、「タルタル」の由来となったということです。 4つの説を紹介しましたが、 タタール族に関係する記述が多かったため、結局は1つめに紹介した語源・由来がおそらく定説なのでしょう。 以上が「タルタル」の意味や語源・由来についてでした、いかがでしたか? 注目記事 それでは雑学クイズの正解発表です、答えはもうお分かりですよね? 雑学クイズ問題解答 雑学クイズ問題の答えは 「A. タタール族によって伝わったため」でした! この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。 全て解けたら雑学王かも!? 他にも、こんな雑学がお勧めです。 まとめ タルタルソースとは「マヨネーズベースのソースの一種であり、玉ねぎやパセリなどの香味野菜、きゅうりのピクルスやゆで卵をきざんで混ぜたソース」のことである。 「タルタル」の意味としては主に素材を細かく切って混ぜ合わせる調理法のことを指す。 由来は諸説あるとされているが定説は「タタール人の食文化がヨーロッパに伝わったこと」だとされている。 日本語の「足る」が由来となっている説もあるが、信ぴょう性は薄い。

次の

タルタルの意味とは?タルタルソースの語源・由来を解説!

タルタルソース 由来

この記事を流し読み• チキン南蛮とは それでは、まずチキン南蛮をおさらいしていきましょう。 チキン南蛮の定義としては、鶏肉を揚げた上で、南蛮酢とタルタルソースで味付けしたものを指します。 人によっては、『鶏南蛮』とも呼ばれますが、同じ物 チキン南蛮 を指しています。 同じような物で、かしわ南蛮という蕎麦料理とは別物とされています。 いつ頃から食べられているの!? チキン南蛮が実際に食べられるようになったのはいつからなのでしょうか? 諸説あるのですが、 昭和30年~40年に作られて食べられ始めたと言われています。 発祥の地 チキン南蛮発祥の地は、 鶏肉が盛んに食べられている宮崎県だと伝えられています。 諸説あるのですが、昭和30年代に宮崎県延岡市にあった洋食店『ロンドン』にて、賄い料理として当時出されていた、鶏肉を上げて甘酢をかけた料理がありました。 その当時はまだタルタルソースはかかっておらず、その後同じ『ロンドン』で働いていた従業員である甲斐義光氏が、宮崎市に構えていた『おぐら』の二号店としてオープンした『洋食屋ロンドン』にて、昭和40年にタルタルソースをかけて販売したのが、現在の『チキン南蛮』の始まりだと伝えられています。 チキン南蛮の語源 次に、何故『チキン南蛮』と呼ばれるようになったのでしょうか。 チキンは勿論鶏肉を指す言葉なのですが、『南蛮』には何の意味は込められているのか…。 元々『南蛮』という言葉には、16世紀にインド・東南アジアを経て日本へと来日したポルトガルの方々や、ポルトガル人が持ち込んだ文化を指す意味が込められています。 そして、持ち込まれた食材を使った料理も同じ様に『南蛮料理』と言ったそうです。 その中で、鶏肉や魚を揚げた物に、唐辛子を使った南蛮酢に漬けた料理を『南蛮漬け』と呼び、チキンを付けた物を『チキン南蛮』と呼んだ事が始まりとされています。 その後、南蛮酢に漬けずにタルタルソースを使う様になりましたが、名前のみは残って今も『チキン南蛮』と呼んでいるそうです。 終わりに チキン南蛮の由来を知って食べると、尚更感慨深いですよね。 それに、タルタルソースばかりではなく、由来ともなった南蛮酢漬けにして食べ比べてみてはいかがでしょうか?.

次の

チキン南蛮の意味って南蛮渡来の食べ物ってこと!?

タルタルソース 由来

タルタルソースについて まず基本的なタルタルソースの基礎知識からです。 タルタルソースの「タルタル」はフランス語の「sauce tartare」からきています。 が、「tartare」という響き、どう考えてもフランス語ではありませんよね?この「tartare」ですが、意味合い的に「異国風の」というような感じで使われています。 この「異国風」とはいったいどこの「異国なのか?」がポイントとなります。 フランスから「異国」といえば、ユーラシア大陸かアフリカ大陸等、ヨーロッパ大陸から離れている場所ですよね。 では、いったいどこなのでしょうか? タタール人とタルタルソース ネタバレします。 古くからモンゴルおよびシベリア付近で活動していた騎馬民族に「タタール部族」という民族がいます。 いわゆる、「タタール人」です。 彼らは小さな民族です。 では、彼らとヨーロッパの接点はどこにあるかというと、チンギス=ハンやフビライ=ハンの頃を想像していただくと分かりやすいです。 いわゆるモンゴル帝国・元が世界を圧巻します。 なんせ、ヨーロッパにまで攻め込みますからね。 その頃のモンゴル帝国や元というのは、いくつもの部族が連結し、ユーラシア大陸を動き回っていました。 もちろん、タタール人も例外ではなく、騎馬民族かつ遊牧民族である彼らはユーラシア大陸に広く分布していきます。 つまり、タタール人はヨーロッパとも接点が直接的・間接的にあったわけです。 そのタタール人が食べていたもの一つに「生肉と香味野菜を細かく刻んだもの」があると言われています。 いわゆるこの「生肉と香味野菜を細かく刻んだもの」が「タルタルステーキ」としてヨーロッパに定着していくわけです。 また、その派生としてその「細かく刻んだ香味」が「タルタルソース」となっていくわけです。 実は韃靼蕎麦茶も同じ この「タタール」を中国読み、いわゆる漢字で書くと「韃靼」と書きます。 「タタール人」は「韃靼人」ですね。 彼らは「韃靼蕎麦(ダッタンソバ)」を好んでいたそうです。 彼らが「韃靼蕎麦」といっていたわけではありませんが、中国や日本からみると、「タタール」は「韃靼」となり、「韃靼蕎麦」となるわけです。 つまり、日本人がよく飲む「韃靼蕎麦茶」というのは「タタール蕎麦茶」であり、「タルタル蕎麦茶」でもあるわけです。 そう、実は「タルタルソース」と「韃靼蕎麦茶」の語源は同じだったんです。 つまり、「タルタルソース」を「韃靼ソース」とも言うことができますし、「韃靼蕎麦茶」を「タルタル蕎麦茶」ということもできます。 ですが・・・・「タルタルソース」と「韃靼蕎麦茶」というネーミングの方がしっくりきますよね、もはや。 なので、そこは触れないでおきましょう。 「タルタルソース」と「韃靼蕎麦茶」の語源は同じであり、しかもそれらの由来は「タタール人」だったという話でした。 ぜひ、タルタルソースや韃靼蕎麦茶を眼にしたときは、うんちくとして語ってみてください。 おそらく、あまり良い顔はされないでしょう。

次の