神奈川 県 人口。 神奈川県の将来人口推計、2020年~2045年、統計

神奈川県の市町村の人口ランキング(平成30年)

神奈川 県 人口

年齢(3区分)別人口 平成31年1月1日現在の総人口は918万1625人で、これを年齢(3区分)別にみると、年少人口(0から14歳)が110万6141人、生産年齢人口(15歳から64歳)が570万4254人、老年人口(65歳以上)が228万8304人となっています。 平成30年1月1日現在の調査(以下「前年調査」という。 )と比べると、総人口で1万8346人増加し、その内訳は、年少人口が1万898人の減少、生産年齢人口が684人の増加、老年人口が2万8560人の増加となっています。 年齢(3区分)別人口の構成比は、前年調査に比べ、年少人口は0. 1ポイント低下し12. 1ポイント低下し62. 3ポイント上昇し25. 全国値と比べると、生産年齢人口では3. 1ポイント高く、老年人口は3. 1ポイント低くなっています。 年齢別人口及び構成比 総人口 年少人口 (0から14歳) 生産年齢人口 (15から64歳) 老年人口 (65歳以上) 全国 12632万人 (100. 0%) 1538万人 (12. 2%) 7532万人 (59. 6%) 3562万人 (28. 2%) 神奈川県 918万人 (-%) 111万人 (12. 2%) 570万人 (62. 7%) 229万人 (25. 年齢階級別人口 年齢(10歳階級)別人口は、40歳代が147万3665人(人口構成比16. 男女別にみると、40歳代が男女とも最も多くなり、男性が75万5533人(男性に占める割合は16. 性比 総人口における性比(女性100人に対する男性の数)は99. 4で、前年調査と比べ、0. 1ポイント低下していますが、全国値(94. 8)と比べると4. 6ポイント上回っています。 年齢(5歳階級)別人口でみると、25から29歳が110. 4と最も高く、次いで20から24歳の109. 0となっています。 平均年齢 平均年齢は45. 91歳で、前年調査に比べ0. 27歳上昇しました。 男女別にみると、男性は0. 25歳上昇して44. 64歳、女性は0. 28歳上昇して47. 16歳、女性が男性より2. 52歳高くなっています。 調査結果概要 調査結果をご覧になりたい方は、ご希望の資料名をクリックしてください。 平成31年統計表 概要参考表• 年齢3区分別人口(神奈川県、地域、市区町村)• 【第1表】年齢(各歳・5歳階級)別、男女別人口(神奈川県、地域、市区町村)• 【第2表】年齢(各歳・5歳階級)別異動人口(神奈川県、地域、市区町村)• 過去のデータはこちら.

次の

神奈川県の市町村別人口ランキング

神奈川 県 人口

表を印刷 番号 市区町村 平成27年 人口 人 H22~H27 人口増減率 % - 全国 127,094,745 -0. 75 - 神奈川県 9,126,214 0. 86 1 横浜市 3,724,844 0. 98 2 横浜市 鶴見区 285,356 4. 84 3 横浜市 神奈川区 238,966 2. 37 4 横浜市 西区 98,532 3. 86 5 横浜市 中区 148,312 1. 56 6 横浜市 南区 194,827 -0. 68 7 横浜市 保土ケ谷区 205,493 -0. 55 8 横浜市 磯子区 166,229 1. 83 9 横浜市 金沢区 202,229 -3. 37 10 横浜市 港北区 344,172 4. 46 11 横浜市 戸塚区 275,283 0. 35 12 横浜市 港南区 215,736 -2. 56 13 横浜市 旭区 247,144 -1. 57 14 横浜市 緑区 180,366 1. 54 15 横浜市 瀬谷区 124,560 -1. 85 16 横浜市 栄区 122,171 -2. 16 17 横浜市 泉区 154,025 -1. 07 18 横浜市 青葉区 309,692 1. 77 19 横浜市 都筑区 211,751 5. 21 20 川崎市 1,475,213 3. 49 21 川崎市 川崎区 223,378 2. 78 22 川崎市 幸区 160,890 4. 33 23 川崎市 中原区 247,529 5. 82 24 川崎市 高津区 228,141 4. 96 25 川崎市 多摩区 214,158 0. 12 26 川崎市 宮前区 225,594 3. 07 27 川崎市 麻生区 175,523 3. 29 28 相模原市 720,780 0. 46 29 相模原市 緑区 173,612 -1. 46 30 相模原市 中央区 269,888 1. 09 31 相模原市 南区 277,280 1. 07 32 横須賀市 406,586 -2. 81 33 平塚市 258,227 -0. 98 34 鎌倉市 173,019 -0. 74 35 藤沢市 423,894 3. 48 36 小田原市 194,086 -2. 14 37 茅ヶ崎市 239,348 1. 82 38 逗子市 57,425 -1. 50 39 三浦市 45,289 -6. 33 40 秦野市 167,378 -1. 63 41 厚木市 225,714 0. 58 42 大和市 232,922 2. 08 43 伊勢原市 101,514 0. 47 44 海老名市 130,190 1. 94 45 座間市 128,737 -0. 54 46 南足柄市 43,306 -1. 62 47 綾瀬市 84,460 1. 55 48 葉山町 32,096 -2. 04 49 寒川町 47,936 0. 55 50 大磯町 31,550 -4. 49 51 二宮町 28,378 -3. 88 52 中井町 9,679 -3. 31 53 大井町 17,033 -5. 22 54 松田町 11,171 -4. 33 55 山北町 10,724 -8. 84 56 開成町 17,013 3. 93 57 箱根町 11,786 -14. 92 58 真鶴町 7,333 -10. 70 59 湯河原町 25,026 -6. 79 60 愛川町 40,343 -4. 15 61 清川村 3,214 -7.

次の

神奈川県の人口総数番付

神奈川 県 人口

全国の生産年齢人口(15~64歳)は、 2015年から2045年までの30年間で約214万人減少の見込みです。 神奈川県では、 生産年齢人口(15~64歳)は、2015年から2045年までの30年間で約130. 5万人減少の見込みです。 人口減少、少子高齢化の更なる進行は、産業・経済ほはじめ、地域社会や県民生活に深刻な影響を及ぼすことが考えられます。 平成30年12月に成立した改正入国管理法により、新たな在留資格が加わり外国人労働者の受入れが大幅に緩和されることになりました。 これにより、平成31年4月の改正法施行から5年間で35万人の外国人労働者の受入れが予測されます。 この背景には、日本における激しい少子高齢化があり、人口減少や労働力不足に直結し、業種を問わず人手不足は深刻な問題となっていきます。 各都道府県においても同様で、本サイトは各都道府県における外国人労働者の状況をご説明したいと思います。 神奈川県の外国人労働者数 外国人雇用状況は、すべての事業主に、厚生労働大臣(ハローワーク)へ届け出ることを義務付けています。 届出の状況から下記内容を取りまとめしましたので、ご覧ください。 外国人労働者を雇用している事業所及び外国人労働者の概要 ・ 令和年度10月末現在の 外国人労働者数は 79,223 人となり、前年同期比9,823人、14. 2%の増加し過去最高となりました。 ・外国人労働者を雇用する事業所数は13,924 か所で、前年同期比1,322 か所、10. 5%の増加し過去最高となりました。 外国人労働者数(人) 事業所数(所) 平成30年 79,223 13,924 平成29年 69,400 12,602 平成28年 60,148 11,061 平成27年 51,854 9,894 平成26年 46,906 8,906 外国人労働者の属性 外国人労働者の国籍別 国籍別にみると ・中国が最も多く 21,347 人であり、外国人労働者数全体の26. 9%を占めています。 ・次いで、ベトナムが 13,094 人(同 16. 5%) ・フィリピンが 10,831人(同 13. 7%)の順となっています。 特に、ベトナムについては対前年同期比で 2,887 人(28. 3%)と大きく増加し、また、インドネシアについては同 465 人(28. 0%)、韓国については、同 552 人(20. 1%)の増となっています。 8%を占めています。 ・次いで、「専門的・技術的分野の在留資格2」21. 3% ・「資格外活動(留学)」を含む「資格外活動」18. 3% ・「技能実習」 12. 3%となっています。 「資格外活動(留学)」の外国人労働者数は、11,505 人と前年同期比で 1,523人(15. 3%)増加し、「技能実習」は 9,776 人と前年同期比で 2,103 人(27. 4%)増加しています。 「専門的・技術的分野の在留資格」も、16,893 人と前年同期比で 2,610 人(18. 3%)増加しています。 在留資格別 平成30年 平成29年 外国人労働者総数 79,223 69,400 専門的・技術的分野 16,893 14,283 特定活動 1,752 1,162 技能実習 9,776 7,673 資格外活動 14,464 12,622 身分に基づく在留資格 36,308 33,655 不明 30 4 外国人労働者の産業別 産業別の割合をみると ・「卸売業、小売業」が 18. 3% ・「製造業」が 17. 2% ・「宿泊業、飲食サービス業」が 16. 2%の順となっています。 各産業の占める割合をみると、「卸売業、小売業」は前年同期比で 11. 5%増加し、「製造業」は同 4. 3%増加、「宿泊業、飲食サービス業」は同 10. 5%増加、「建設業」は同 18. 0 農業、林業 214 0. 3 漁業 11 0. 0 鉱業、採石業、砂利採取業 10 0. 0 建設業 6,729 8. 5 製造業 24,600 31. 1 電気・ガス・熱供給・水道業 22 0. 0 情報通信業 3,046 3. 8 運輸業、郵便業 3,647 4. 6 卸売業、小売業 10,524 13. 3 金融業、保険業 163 0. 2 不動産業、物品賃貸業 330 0. 4 学術研究、専門・技術サービス業 3,580 4. 5 宿泊業、飲食サービス業 8,885 11. 2 生活関連サービス業、娯楽業 1,565 2. 0 教育、学習支援業 2,716 3. 4 医療、福祉 2,594 3. 3 複合サービス事業 65 0. 1 サービス業(他に分類されないもの) 9,442 11. 9 公務(他に分類されるものを除く) 716 0. 9 分類不能の産業 364 0. 5 外国人労働者を雇用する方法とは 外国人労働者を雇用する方法は特定技能制度を使う方法と外国人技能実習生制度を使う方法があります。 特定技能は、2019年4月1日よりスタートした新たな外国人労働者を受け入れる制度です。 創設の目的は「 不足する人材を確保する外国人向けの残留資格」です。 特定産業分野 14分野 が、決まっていますので下記以外の業種は雇用できません。 、、、、、 、、、、、、、、のみです。 外国人技能実習生制度は、2017年11月1日よりスタートした制度で、技能実習制度の目的・趣旨は、我が国で培われた技能、技術又は知識(以下「技能等」という。 )の開発途上地域等への移転を図り、当該 開発途上地域等の経済発展を担う「人づくり」に寄与するという、国際協力の推進です。 「特定技能か技能実習制度か」の検討は、各々のメリットとデメリット等特徴を比較して決定されると良いでしょう。 神奈川県各市町村の登録支援機関 横浜市 ・・・・・・・・逗子市・・・・・・・・南足柄市・・葉山町・・・二宮町・中井町・大井町・松田町・山北町・・箱根町・真鶴町・湯河原町・・清川村 参考資料(入国在留管理局) 東京出入国在留管理局 東京出入国在留管理局は,東京都,神奈川県(横浜支局が管轄),埼玉県,千葉県,茨城県,栃木県,群馬県,山梨県,長野県,新潟県を管轄し,本局,3支局及び12出張所(横浜支局管下の1出張所を含む)で構成されています。

次の