あのねママ聞いてお手伝いをするから。 新宿二丁目を救うために、奔走する人たちがいる。老舗バーの“ママ”になった私の想い

子どもに「お手伝い力」をつけさせて、ママの時間を15分有効に|子育て情報メディア「KIDSNA(キズナ)」

あのねママ聞いてお手伝いをするから

産後の手伝いどうしよう・・産後の家事が不安なママへ。 家事代行サービスを利用してみるのは・・・? こんにちは!LEIです。 産前から準備しておきたい!産後の生活をより良いものにする企画。 産前準備シリーズ第4段。 今日は、「利用して良かった!この家事代行」と題して、 わたしの産後の生活をかなり楽にしてくれた、家事代行サービスについてお話します。 「家事代行サービス・・・」て敷居が高いように思われるかもしれませんが、 家事代行サービスの市場規模は、約980億円(経済産業省が2012年に発表した統計)。 将来的には約6,000億円にまでになると言われています(数年後に約6倍・・・ってどんだけ) 事実、家事代行サービス各社では、産前・産後に特化したプランも用意されているところもあり、空前の家事代行サービスブームにあります。 一方、厚生労働省の統計によると、 家事や育児を頑張りすぎて産後鬱になるママは、10人に1人居ると言われているくらいですから。 「まだ大丈夫」「産後ダイエットになるし」なんて無理して子育てや家事をしようとすると、産後うつまっしぐら・・・なんてなりかねません(わたしがそうでした・・・失笑) 産後の身体は思うように言うこと聞いてくれない・・・ でも赤ちゃんの世話や最低限の家事はしないといけない・・・ わかってるんですけどね。 産後3か月くらいは、本当に無理は禁物。 ママの身体は子育てをするためにも、何よりも大事です。 「産前の今使わなくても・・・」と思うけれど、産前の時間がある今だからこそ、リビングはもちろんのこと、普段掃除できないお風呂やキッチン、トイレなどの水廻り。 そしてコンロなどの火廻り、網戸やサッシなどの窓際などを徹底的にキレイにしてみてください。 生まれて間もない赤ちゃんと生活するのに、ほこりがたまってるのって、何かと気になるのは・・・わたしだけ? 一度利用しておくと、スタッフさんも家の勝手がわかってくださってるのと、顔見知りになってるので、産後利用するときに、子育ての悩みなどかなり親身に相談に乗ってくれます(本物の「お母さん」みたいで安心できるんですよ・・・これが) あ、もちろん「「そんな馴れ馴れしく相談なんていらない」って場合でも大丈夫です。 そもそも家事代行サービスってどんなことをしてくれるの? 家事代行サービスとは、 わたしたちが日ごろ行っている家事、いわゆる掃除や料理、洗濯などの一般的な家事をわたしたちに変わってしてくれるサービスです。 最近では、「子どもの塾の送り迎え」「体調不良時の病院の付き添い」など、家事代行と言うよりも、「ベビーシッター」としての役割をするサービスを提供する、家事代行サービス会社も増えています。 わたしはまだベビーシッターの利用はしたことはないんですが、海外では当たり前のように利用されてますよね(日本では抵抗があるんでしょうか)。 ちなみに、わたしは数ある家事代行サービスの中でも、 casy(カジー)を利用しています(理由は下記参照)。 実際に利用してみた!わたしのcasy利用体験記 実際にわたしがCasyを利用したとき、お試しで2時間利用しました。 対応してくださったのは、スタッフのYさん(いつもお世話になってます)。 家政婦歴40年超という、掃除のエキスパート・・・ その腕前は以下の通り。 汚れてる(汗) 特に利用して良かった!と思ったのが、キッチンとお風呂! キッチンは・・・ミルクや離乳食など、赤ちゃんの口に入るものを作るとなると、キッチン台やシンクの汚れが気になるし、コンロにこびりついた汚れなども気になってくる・・・ お風呂は赤ちゃんと一緒に入る時に、やっぱり床とか汚れが気になるんですよね・・・ ・・・いや、本当に利用してて良かった。 わたしがcasyをおすすめする理由3つ 1.スタッフの質がかなり高い(プロ意識が高くて親切) おそらくどこの家事代行サービスでも、スタッフ採用時には面談や試験を行っていると思います。 わたしがCasyをおすすめする理由の1つが、スタッフの採用時の試験内容が日経DUALに載せられていたのを読んで、 「普通に掃除するだけじゃないのね・・・」と、自分が納得出来るものだったから。 会社の一社員として、名刺やマニュアルが手渡されて社内教育がしっかりしていると感じられたんです。 そんな「会社を代表して掃除をします」と言うスタッフさんなら、安心ですよね。 2.訪問スタッフのプロフィール(評価)が事前に確認できる 他の家事代行サービスにあるんでしょうか?(見たことないですが) Casyは利用3日前くらいになると、 訪問スタッフのプロフィールとその人の仕事の評価が送られてきます。 「どんな人が来るのか」「その人の仕事ぶりはどんなものなのか」事前にわかっていると安心出来ますよね(特に小さい子どもが居る家庭なら尚更) 画像は我が家の担当スタッフYさん。 家事歴42年。 家事と子どもが大好きで、ずっと家政婦として働いて来られたそうで、我が家に来て頂いたときも、掃除しながら子どもの相手をしてくれています。 3.朝8時から夜8時まで幅広い時間帯で対応可能 これが本当に助かるんです。 わたしが初めて利用したのが、朝9時(早いかな・・・とも思ったんですが) どうせなら、朝掃除する前の汚いところを見ていただいて(汗)「すみません、ウチこんなに汚れてますが・・・」ってところで、あるがままの我が家を見ていただきました。 って言っても、相手はプロですから、多少の汚れや散らかし具合なんてなんのその。 「大丈夫ですよ!お任せくださいな!」ってあれよあれよと言う間にキレイにしてくださいました・・・ (脱帽) 産後10日ほどで、実家から大阪の自宅に戻り、互いの両親にはヘルプを出せず、まわりにママ友も居ない状況で、子育ても、家事も、何でも自分でしないといけない状況に追い込まれて、わたしは産後うつになりかかっていました。 そんなとき、casyのYさんには本当に自分の母親のように助けられました・・・ あの時、casyを使っていなかったら、孤立無援状態で、完全に育児ノイローゼになっていたと思います。 「人に家事を頼むなんて!」と全く家事代行サービスに無縁だったわたしでも、実際に利用してみると、掃除の技術はもちろんのこと、スタッフさんの人柄に助けられました。 産後の家事心配だな・・・と思う人は、まず登録してみることをおすすめします。

次の

新宿二丁目を救うために、奔走する人たちがいる。老舗バーの“ママ”になった私の想い

あのねママ聞いてお手伝いをするから

父は私がまだ幼い頃、会社勤めの傍ら、休日に会社には内緒で訪問販売をやってた。 (子供の玩具とか女性向けのファッション用品とか) 母が私を産んだ後大病し、私は祖母の家で暮らし、父は母の医療費のために金稼ぎに奔走してた。 ある時、父は東京から鈍行で半日ほどの某県にセールスに行ったという。 商店の少ない田舎町で、売れ行きはわりと好調だったが、スタートが遅かったのですぐに夜になってしまい、その地域の唯一の宿だという民家のような民宿に泊まることにした。 民宿に向かう道の途中、その地域一番の分限者 金持ち らしい大きくて古めかしい立派な家を遠くに見かけ、 『明日は一番にこの家にセールスかけよう』 と思ったという。 民宿では、寡黙な中年の三姉妹が料理やら布団やら出してくれたという。 酒が入るとお喋りになる父は、料理を下げに来た姉妹相手に、病気の妻への心配やら、女房子供と離れて暮らす寂しさ、早く手術費を稼いで家族一緒に暮したいという話をした後、 「明日はあの大きな立派なお宅にセールスするつもりだ」 と言ったらしい。 するとしばらくして三姉妹が並んで入って来て、神妙な顔で 「あの家に行くのはやめなさい」 と言ったらしい。 「あの家には私達と同じ年頃の男がいる。 あの家の息子だが、あの家は血の近い結婚をするせいかあの男は頭がおかしい。 子供の頃から動物を殺したり、他の家の子供を川から突き落としたり首絞めたりした。 」 「お刀自(高齢の婦人)に厳しく躾けられて家族には手を出さずに暮らしてるようだが、あの家に出入りしてた手伝いの娘はある日急にいなくなった。 」 「訪問販売の男があの家に入って行って、一向に出てこないこともあった。 それは何度もあった。 」 「地元の人間もあの家の中には行かない。 あの息子と家で二人きりになったらお仕舞だ。 だからあんたも行ってはいけない」 という話だったらしい。 三姉妹の厳しい顔を見て、この話は本当かもと思ったと父は翌日すぐ東京に戻ったという。 その後副業も違う仕事に換えた。 結果としてもっと早くお金が貯まり、母は手術し、回復後には何とか家族一緒に暮らせるようになった。 「訪問販売やってると、『知らない人間なんか家に上げたら怖いから』なんて言われるんだけど、『知らない人間の家に上がる』っていうのも怖いよなって気づいたらもうあの仕事は嫌になった。 」 「社長が言ってたんだけど、実際、訪問販売やってて仕事行ったままフラッといなくなる奴は多いらしい。 自分の意志で、仕事に飽きてとかお金や商品持ち逃げしようとかで、フラッといなくなったとかならまだいいんだけどね。 すっかり消息絶った人間にはもう理由は訊けないから」 と言ってた。

次の

【ムカつく話】Aママの家に遊びに行った後、メールが来た「うちに泥棒が入ったみたい。警察に通報するから、迷惑かけるかも」私、疑われてる?? → その後、とんでもない修羅場に・・・

あのねママ聞いてお手伝いをするから

That's right. あのね ママきいて You know, mom, listen to me おてつだいをするから I'll help you to do our chores. I'll be a good girl あのね、ママきいて You know, mom, can you do me a favor? ランドセルはピンクがいい I want a pink school backpack. Every parents buy a backpack called ランドセル for their children to ready to enter elementary school. The girl must be excited. kantan ni yakusu to o tetsudai wo suru kawari ni , watasi ha pinkuiro no randoseru wo kah! te hosii. 「 ano ne 」 ha omo ni kodomo ga sitasii otona nitaisite chuui wo hiku tame no maeoki koko de ha , randoseru no iro wo jibun no kibou no iro ni si te hosii toiu ganbou wo chiisai ko ga okaasan enkyoku teki ni euphemism hanasi te iru joukyou. eigo de ha 1 tsu me no ano ne ha 「 you know what? 」, 2 tsu me no ano ne ha 「 this is hard to say , but 」 ga chikai imi da to omoi masu. かんたん に やくす と お てつだい を する かわり に 、 わたし は ぴんくいろ の らんどせる を かっ て ほしい。 「 あの ね 」 は おも に こども が したしい おとな にたいして ちゅうい を ひく ため の まえおき ここ で は 、 らんどせる の いろ を じぶん の きぼう の いろ に し て ほしい という がんぼう を ちいさい こ が おかあさん えんきょく てき に euphemism はなし て いる じょうきょう。 えいご で は 1 つ め の あの ね は 「 you know what? 」、 2 つ め の あの ね は 「 this is hard to say , but 」 が ちかい いみ だ と おもい ます。

次の