シロツメクサ 花冠 作り方。 シロツメクサの花冠(王冠)の作り方・編み方を解説【初心者向け】

シロツメクサの花冠の作り方。簡単なコツや最後の止め方を紹介♪

シロツメクサ 花冠 作り方

Table of Contents• シロツメクサとは? シロツメクサは誰もが一度は目にしたことがある、なじみのある花です。 その時は、生のシロツメクサではなくて乾燥したシロツメクサを使用します。 現代でいう、梱包材やクッション材の役割ですね。 箱に詰められた草、そして白い花、なので【シロツメクサ】という花名が名づけられました。 花言葉 シロツメクサの花言葉は 【幸福、約束】など、幸せを表す言葉を表しています。 しかし、シロツメクサの花言葉は、葉の枚数によって変わります。 シロツメクサの葉はクローバーです。 それでは、どんな花言葉があるのかみてみましょう。 一年中咲いているイメージがあるのではないでしょうか? 開花時期は4月から12月と長いです。 短いと作りづらいです。 初めに、2本のシロツメクサを交差させて持ちます。 交差させた部分を指でしっかり押さえます。 上の茎をくるりと巻き付けます。 巻きつけた茎が一番上にくるようにして、2本まとめて持ちます。 ・3本目も同じ順番で巻き付けます。 3本目の茎が一番上になるようにまとめます。 これを好きな長さまで繰り返し、編み込んでいきます。 好きな長さまで編めたら、最初の花を最後のまとめた茎部分の上に乗せます。 編み込んだ花をまとめるのに1本花を用意して、繋げて結びます。 余った茎は、編んだ冠の隙間に埋めていって、目立たないようにします。 三つ編みにして好きな長さまで編みます。

次の

【ひかげ菜園】シロツメクサの利用方法

シロツメクサ 花冠 作り方

今回は大人用でボリュームのあるシュシュを作るので、幅13㎝、長さ80㎝で布をカットしました。 ボリューム感は好みなので、長さ60~80㎝位の間でお好みのサイズに合わせて下さい。 2、表を中側にして半分に折り、ずれないように待ち針でとめる。 3、 両端を5㎝程残して、輪になっていない方を、縫いしろ1㎝位の所で真っ直ぐに縫います。 ミシンが無い場合は、手縫いでも大丈夫です! 両端を最後まで縫わないように注意して下さいね。 最後まで縫ってしまうと、表に返しにくくなります。 4、両端を約5㎝残して縫いました。 5、片端から布を引っ張り出して、表に返します。 表に返りました。 6、縫い目が真ん中に来るようにします。 6、返し口用に残した両端を、縫い目を上にして、写真のように広げて合わせ、まち針でとめます。 7、端から1㎝位のところをミシンで縫います。 手縫いでもOK) 8、広げると、丸い輪っかになります。 9、ゴム通しにゴムを入れ、返し口からゴム通しでゴムを入れていきます。 このとき、ゴムより布の方が長いので、ゴムが全部布の中に入り込まないように注意して下さい。 ゴムの端を洗濯ばさみやクリップ等で布と挟んで、抜けないようにしておくと安心です。 10、ゴムが通ったら、しっかりと結びます。 11、返し口をまつり縫いで閉じます。 両端を5㎝ずつ開けているので、縫う長さは約10㎝になります。 まつり縫いしたところが気になるようなら、内側に持ってくると、外側より、よりクシャクシャっとなっているので、縫い目がほとんど目立ちません。 もう少し時間はかかりますが、手縫いでも簡単に作ることができます。 ゴムの長さは髪の量で調節して下さいね。 ゴムの長さより布の長さが約2.

次の

楽しいことを今すぐやってみる

シロツメクサ 花冠 作り方

今回は大人用でボリュームのあるシュシュを作るので、幅13㎝、長さ80㎝で布をカットしました。 ボリューム感は好みなので、長さ60~80㎝位の間でお好みのサイズに合わせて下さい。 2、表を中側にして半分に折り、ずれないように待ち針でとめる。 3、 両端を5㎝程残して、輪になっていない方を、縫いしろ1㎝位の所で真っ直ぐに縫います。 ミシンが無い場合は、手縫いでも大丈夫です! 両端を最後まで縫わないように注意して下さいね。 最後まで縫ってしまうと、表に返しにくくなります。 4、両端を約5㎝残して縫いました。 5、片端から布を引っ張り出して、表に返します。 表に返りました。 6、縫い目が真ん中に来るようにします。 6、返し口用に残した両端を、縫い目を上にして、写真のように広げて合わせ、まち針でとめます。 7、端から1㎝位のところをミシンで縫います。 手縫いでもOK) 8、広げると、丸い輪っかになります。 9、ゴム通しにゴムを入れ、返し口からゴム通しでゴムを入れていきます。 このとき、ゴムより布の方が長いので、ゴムが全部布の中に入り込まないように注意して下さい。 ゴムの端を洗濯ばさみやクリップ等で布と挟んで、抜けないようにしておくと安心です。 10、ゴムが通ったら、しっかりと結びます。 11、返し口をまつり縫いで閉じます。 両端を5㎝ずつ開けているので、縫う長さは約10㎝になります。 まつり縫いしたところが気になるようなら、内側に持ってくると、外側より、よりクシャクシャっとなっているので、縫い目がほとんど目立ちません。 もう少し時間はかかりますが、手縫いでも簡単に作ることができます。 ゴムの長さは髪の量で調節して下さいね。 ゴムの長さより布の長さが約2.

次の