立川志らく 再婚。 立川志らくの嫁、酒井莉加は元アイドル!学生結婚し離婚した元嫁には子供も

立川志らくは談志の息子なの?かわいい嫁と子供の名前や再婚の噂は本当?

立川志らく 再婚

3歳から15歳まで大阪の児童劇団に所属• 15歳の時に東京の芸能事務所に所属し神戸から東京の学校へ通いながら芸能活動• 週刊誌「プレイボーイ」「ヤングマガジン」「ヤングジャンプ」などのグラビアに出演(1997年)• CM「カゴメ六条麦茶」のCMに出演(1998年)• アイドル活動(2000年)• 現在の夫である立川志らくさん監督の映画「SF小町」に出演(2001年)• その後数々の舞台に出演 現在は舞台女優として活動しているほかに、立川志らくさんの弟子(19人)を仕切る「おかみさん」としても活動しています。 そして、立川志らくさんとの間にできた、 二人のお子さんの母親でもあります。 舞台女優としても活動し19人のお弟子さんの面倒を見て、自分自身のお子さんの育児も頑張るとても素敵な女性ですね。 そして、 元アイドルと言うことで、見た目もとても美人! 言うことなしですね。 韓国とのハーフ 立川志らくさんが身内は「韓国系」と話していたことがあり、そんなことから志らくさんの奥さんが韓国人とのハーフだということが判明。 しかし、実は志らくさんの嫁である、酒井莉加さんは自分自身が韓国人とのハーフだったことは志らくさんと 結婚するときの婚姻届けで知ったんだそう。 それは、2010年11月17日の酒井莉加のブログに記載されていました。 私、実はハーフなんです。 戸籍を見て初めて知ったの。 よくハーフでしょ。 と言われるのが日本人ですよ。 と適当に答えてた。 結婚する時初めて知った、私の秘密。 父親が韓国人、母親が日本人。 本当の父の名前は キム(金)です。 子供がイジメに合わないようにと 名前を変えてたらしい。 だから、韓国の血が濃いのです。 陰口が嫌だから、すぐ本人にキレてしまう癖も 辛い物に強いのも 結構悩みを自分でこらえるのも 意外と純粋なベタな恋愛が好きなのも 韓国人の血が流れてるからなんです 頭悪いふりして だけど人を見てしまう癖も 父親譲り。 談志師匠のファンだったパパは パンクなんです。 昔モテた話をひたすら酔っぱらって 何回も同じ話をする 韓国人のパパは いまやハゲ親父だが カッコいいのだ。 歯をクイシバッテ生きているのだ。 私は最近岡部だいごさん(演出家であり役者さん)が父親に似ている感じがしてならないのだ。 自分自身が韓国人とのハーフだったと戸籍を見て知ったのはビックリかもしれませんが、今でもお父さんとは良い関係を築けているようですね。 その後もAKB48がデビューをし、結局ほとんど表に出ることなく、解散。 しかし、 事務所の倒産によりアイドルとしての活動は終了し女優として現在も活動していくこととなりました。 立川志らくと嫁 酒井莉加は再婚だった 立川志らくさんは、実は過去に1度離婚歴があるんです。 それは、まだ日本大学芸術学部演劇学科に在籍していたころで、学生婚だそう。 元奥さんはとても体の弱い方だったんだそうですが、 二人の間には3人のお子さんがいたそうです。 今のお子さんと合わせて、志らくさんには お子さんが5人いることになりますね。 しかし、2000年11月6日の浅草キッドの水道橋博士さんのブログで、「志らく師匠から離婚したと聞かされた」と書いてあったことから離婚が判明。 理由は明かされていませんが、きっとまだ若いうちの結婚でしたから何かと経済面などの不安があったことからの苦渋の決断かもしれませんね。 馴れ初め 志らくさんの離婚後、2002年公開された立川志らくさんが監督のつとめた映画「SF小町」に酒井莉加さんが出演したことで二人は交際に発展しました。 初めの頃は、酒井莉加さんの方が積極的に志らくさんを食事に誘っていたんだそうですよ! そんな、二人の馴れ初めについて志らくさんは、 パパ活なんてしなくたって、私の妻は18歳年下だもん。 パパみたいなものです(笑) と話していました。 結婚 そんな二人は、 2002年に交際に発展し、4年間同棲をし2006年に結婚をしました。 しかし、 きちんとした志らくさんからのプロポーズの言葉はなく、ある日玄関のドアに婚姻届けが貼ってあったんだそう。 志らくさんらしいですよね(笑) それに、酒井莉加さんがサインをして提出し結婚が成立したんだそうですよ。 そして、こちらが結婚式の時の画像です。 当時の志らくさんの年齢は43歳、奥さんは25歳。 二人の歳の差は18歳になりますね。 43歳にして20代の奥さんを迎えるとは、志らくさんも隅に置けないですね! さらに、志らくさんの奥さんは結婚当初、プロフィールに 「志らく依存症」と書いてあったこともあり、志らくさんのことが相当好きだったと言えますね。 現在でも、こんな風に、 「立川志らくの嫁」ときちんと記載していることから、まだまだラブラブ健在と言うところでしょうか。 立川志らくと嫁 酒井莉加の足にはタトゥーも 立川志らくの嫁である酒井莉加さんには、 足に大きなタトゥーがあることを公表しています。 その足に入れてあるタトゥーがこちら! 実は、 このタトゥー結婚後に入れたそうです。 このタトゥーのことは、立川志らくさんはあまりよく思っておらず、インスタなどに載せることも良く思っていないんだとか。 18歳も年が離れているので、ちょっと受け入れがたい部分もあるんでしょうね。 しかし、このタトゥーによって夫婦仲が悪くなったとは思えないので、きっと志らくさんが仕方なく容認しているのかも。 今回の奥様の不倫に対しても、酔った勢いだと話していますし、離婚する気もないと話していることから、これからも志らくさんが奥さんを支えていくんでしょう。 志らくさんのことですから、大人の寛大な気持ちで奥さんを包み込んでいくつもりなんでしょうね。

次の

酒井莉加【立川志らく・嫁】不倫の相手は誰と誰?韓国ハーフの噂も!

立川志らく 再婚

名前:酒井莉加(さかいりか) 生年月日:1981年5月26日 出身:兵庫県 酒井莉加さんは現在、「謎のキューピー」という劇団で 演出家として活動しています。 この劇団は立川志らくさんが脚本を務めており、夫婦で舞台制作に携わっているようです。 酒井莉加 さんは母親の勧めで 3歳から15歳まで大阪の児童劇団に所属 しており、夏休み 返上で芝居のレッスンに明け暮れていました。 過去には映画 「エコエコアザラク」「ミナミの帝王」や、CM 「六条麦茶」などに出演した経歴があり、それ以外にもモノマネ番組にも出演経験があります。 ただ、演者を心の底から楽しんでいたと言うよりかは、 母親の期待に応えたい、という意識のほうが強かったとコメントしており、後述のアイドル転向はそれが理由だと思われます。 酒井莉加のアイドル時代の画像と、アイドルを辞めた理由 そして15歳の頃、1990年代後半から2000年にかけてのアイドルブームの波に乗り、当時では斬新なITアイドル(ネットアイドル) 「LINK LINK LINK」というアイドルグループに所属。 引用: 中尾としえさん、山咲レオナとの3人で、「ラリホ~~~!」という曲でメジャーデビュー。 今考えると色々ツッコミどころのあるグループですが、さほどテレビに注目されることなく、いつの間にか解散してしまっていたようです。 当時はハロプロ全盛期であり、 モーニング娘。 やデビューして間もない AKB48、Perfumeなどが市場を席巻し、熾烈な競争を繰り広げていた真っ最中。 酒井莉加はブログで韓国人ハーフを告白していた 立川志らくさん自らが 「身内は韓国系」という通り、 酒井莉加さんは韓国人の父親と日本人の母親に生まれたハーフです。 それは、 2010年11月の酒井莉加さんのブログで唐突に告白されており、 本人も結婚するときに戸籍を見て初めて知ったというのだから、色々な意味でショックも大きかったと思います。 私、実はハーフなんです。 戸籍を見て初めて知ったの。 よくハーフでしょ。 と言われるが日本人ですよ。 と適当に答えてた。 結婚する時初めて知った、私の秘密。 父親が韓国人、母親が日本人。 本当の父親の名前は キム(金)です。 子供がイジメに合わないようにと 名前を変えてたらしい。 引用: また、この日のブログでは父親が立川談志のファンであったことも触れており、立川志らくさんの熱烈なファンである酒井莉加さん同様、家族ぐるみで立川一門のファンだったようですね。 結婚前の戸籍確認の時点で判明したのであれば、立川志らくさんもそれを承知の上で結婚したのでしょう。 何かと炎上しやすい日韓の関係について、ニュース番組「ひるおび」で立川志らくさんは、 「私は韓国に対してヘイトは持っていない」 「我々が批判しているのは韓国人ではなく、韓国政府ですからね」 とコメント。 周囲に忖度しない発言から敵も味方も多い印象ですが、日韓の国交問題については良くも悪くも注目されてしまう存在なのかもしれません。 立川志らくと酒井莉加は再婚だった? 酒井莉加さんは2006年に、落語家の立川志らくさんと結婚、6歳と2歳になる二人の女の子を出産しています。 立川志らくさんが1963年生まれなのに対し、奥さんの酒井莉加さんは1981年と、 二人の年齢差はなんと18歳差。 実は、立川志らくさんは 学生時代に結婚した元嫁と3人の娘がいます。 当時落語家として駆け出しだった立川志らくさんは、身体の弱い元嫁のために、早く2ツ目に昇進しようと躍起になっていた時期でもあったようです。 その後、理由は明かされていませんが、 2000年に離婚。 夢や目標に脇目も振らず没頭していたことや、生活の優先順位を考えた末の決断だったのかもしれません。 立川志らくと酒井莉加の馴れ初めは? 立川志らくさんと酒井莉加さんの出会いは、 2001年に公開された映画「SF小町」です。 この映画は 立川志らくさんが監督を務めていますが、酒井莉花さんもキャストとして参加しています。 その後、立川志らくさんは2003年に 「劇団下町ダニーローズ」を主宰し、舞台演出家・脚本家として公演を行いますが、酒井莉花さんもその劇団に所属しています。 2018年のバラエティ番組「東京らふストーリー」で志らくさんは馴れ初めについて、 「監督と女優という立場で、色々相談を聞いていたら結婚していた」と明かしていたことからも、この頃から二人の交際はスタートしていたのでしょうね。 結婚した当初、酒井莉加さんのブログのプロフィールには 「志らく依存症」という記載があり、彼女自身が熱烈なファンであったことも想像できます。 立川志らくと酒井莉加の二人の子供【画像】 酒井莉加さんのインスタグラムでは、日々成長する二人の娘の画像を見ることができます。 2012年9月長女 小弓(さゆみ)ちゃん 2017年3月次女 雪奈(ゆきな)ちゃん 娘さんは当然一般人なのですが、顔が隠されていたり隠されていなかったりバラバラで、両親のざっくりとした性格が反映されているように思えます。 さん sakairika26 がシェアした投稿 — 2019年 4月月7日午後6時07分PDT 上の子は小学校に上がったようですね。 直言を厭わないスタイルの志らくさんの発言や、過去のM-1審査員時のコメントでは、 「偉そうだ」「何様だ」といった SNSでの誹謗中傷が、嫁の酒井莉加さんのインスタグラムになだれ込んだ過去もあります。 娘と志らく。 本当に子煩悩なパパで良かった。

次の

立川志らくの離婚歴!過去に学生結婚した元嫁とは?子供は何人?!

立川志らく 再婚

日テレ系列でやってる『笑点』…あれは落語じゃないし…。 一時期、毎週・寄席に通っていたサイト管理人「たもつ」が言いますが、残念ながら落語界は斜陽です。 ちなみに、管理人はいまでも落語が大好きで、iPhoneには1000席以上の落語が入ってます。 もちろん、これからお話する立川志らく師匠の落語も! さっき数えたら32席入ってました。 さて、その立川志らく師匠、朝のコメンテーター時などで奥さんとラブラブモードを出したりしていましたが、早速、嫁・酒井莉加さんのことを調べてみました。 9月30日から朝の情報番組のMCをやるので、ますます注目される志らく師匠。 丸裸にしちゃいますよ(笑)。 立川志らくは再婚、嫁は18歳下!! 落語界はいくつかのグループに分かれています。 落語協会、落語芸術協会、宴楽一門会、そして落語立川流。 柳家喬太郎が演目「落語大学」のなかで「立川流は宗教団体」と揶揄するように、詳細は端折りますが、立川流は、ちょっと変わった団体かもしれません。 そんな変わった団体に所属する立川志らくは、やはりちょっと変わった落語家なのかもしれません。 日本大学の後輩・三遊亭白鳥も、立川志らくをオモシロおかしく話しています。 立川志らくの変わったところと言えば、一番はそのマルチな活躍でしょう。 落語で喰えないというワケではないのです。 実は、立川志らくは関東のなかでも人気落語家の上位に入る方。 独演会のチケットもなかなか手に入らないと言われています。 いつ本業の落語をやるの?…というくらいマルチに活躍しています。 実は… そのマルチな活躍で、立川志らくは今の嫁をゲットしたようです。 「マルチはいいねぇ」を地で行っているのです。 出会いは立川志らく監督の映画!? 立川志らくの嫁・酒井莉加(敬称略)は、元アイドルです。 所属事務所がつぶれたり大変だったときに、映画出演のオファーが。 2002年公開の立川志らく監督第4弾映画『SF小町』に抜擢され、出演することになりました。 立川志らくは、地下アイドル的な活躍であった酒井莉加に、どこでどのように注目したのでしょうか。 謎です(笑)。 その後、酒井莉加は、立川志らくが2003年に立ち上げた主宰劇団「下町ダニーローズ」の女優として活躍しはじめました。 そして、2006年、めでたくゴールインと相成ります。 ちなみに、立川志らくは、日大のときに学生結婚した元嫁と3人の娘がいます。 身体の弱い元嫁のために、早く2ツ目に昇進しようと躍起になっていたものの、2000年に離婚。 立川志らくがバツ1になった理由は、これまた謎のまま…。 いずれにしても、立川志らくは、18歳年下の嫁をゲットしたのです。 家族で寅さんを観た。 私はとびとびに観てしまったけど。 長女は真剣に観てた。 やっぱり寅さんはすごい。 今日だけはもう早めに寝ます。 ようやく精算会も終わったので。 で、彼女、実は「韓国ハーフ」だというのをカミングアウトしています。 最近は更新が止まっている彼女のアメブロブログ。 その2010年11月17日に「発表します」の題名でそれを吐露しているのです。 ほぼ全文ですが、引用しますね。 私、実はハーフなんです。 戸籍を見て初めて知ったの。 よくハーフでしょ。 と言われるが日本人ですよ。 と適当に答えてた。 結婚する時初めて知った、私の秘密。 父親が韓国人、母親が日本人。 本当の父親の名前は キム(金)です。 子供がイジメに合わないようにと 名前を変えてたらしい。 だから、韓国の血が濃いのです。 陰口が嫌だから、すぐ本人にキレてしまう癖も 辛い物に強いのも 結構悩みを自分でこらえるのも 意外と純粋なベタな恋愛が好きなのも 韓国人の血が流れてるからなんです 頭悪いふりして だけど人を見てしまう癖も 父親譲り。 談志師匠のファンだったパパは パンクなんです。 昔モテた話をひたすら酔っぱらって 何回も同じ話をする 韓国人のパパは いまやハゲ親父だが カッコいいのだ。 在日に対するイジメ問題、ルーツらしさは体現すること、パパを愛している・大好きなことなど。 なお、立川志らくはテレビコメントなどで、「私は韓国政府が嫌いなのであって、韓国人が嫌いなわけではない」みたいな発言をしている模様です。 「韓国ハーフ」だから何?、娘達「韓国クウォーター」だから何??…という感じですよね。 志らくの嫁・酒井莉加はタトゥー入り!? これも驚きの噂(?)ですけど、どうもマジみたいです。 先述の酒井莉加ブログでは、2010年11月3日の記事「ゆとり教育」のなかで、タトゥー禁止のスパに子供と入ってしまったことを後悔するようなことを書いていました。 初めて道に外れたことした それはタトゥー禁止のスパに入った事 無茶苦茶緊張した 子供がいると風呂から上がれないし、係員が掃除していると上がれないし。 見つけたのはコレだけです。 元アイドルにタトゥー??? なんでも、タトゥーは立川志らくと結婚後に入れたみたいです。 どうして入れたのか、その動機はこれまた謎です。 そして、このタトゥー、足の甲だけでなく、足全体にガッツリ入っていると噂されていますが、その真偽の程も、またまた謎です。 それにしても、足にタトゥーがあって、スパに入るなんざ、酒井莉加チャレンジャーです(爆)。 まとめにかえて… さん sakairika26 がシェアした投稿 — 2019年 4月月26日午後10時48分PDT え〜と、サイト管理人(以下、「私」と記します)も吐露します。 私のiPhoneのなかには、100席を超える立川談志の落語が入っています。 立川一門でいうと、立川談志、立川談春、立川志らく、立川談笑だけで、200席を超えるものが入っています。 そうです、なにげに立川一門のファンなのです。 なかでも、志らくの落語は好きです、ハイ。 そんな好きな落語家のひとりなので、前から私生活にも少しは興味があったのですが、それはもっぱら、立川志らくの本や映画について。 今秋、朝の情報番組の帯MCをやることになったので、私生活を少し調べてみました。 情報番組MCとしての活躍も期待しています!!.

次の