いびき を 止める 方法。 いびきの原因と対策は? いびき防止グッズを使った対処法

恥ずかしすぎる「女性のいびき」あなたの眠りは大丈夫?

いびき を 止める 方法

「自分のいびきが心配」 「友だち、彼氏や彼女、旦那さんや奥さんのいびきを止めたい」 この記事はそんな方に向けて書いてます。 いびきで離婚や別居、人間関係に亀裂が入るのは有名な話です。 自分で気づいて対策することは少なく、ほとんどは両親、彼氏や彼女、旦那さんや奥さんの指摘されて認識します。 それでも「いびきをかいてる」と分かっただけでも運が良いです。 パートナーや友人のイビキに悩まされている多くの人は、相手を傷つけたくないので指摘できず悩んでいます。 知らない間にアナタへの憎しみを溜め込んでいたら(汗) 今回は自宅で簡単にできるイビキ防止法をご紹介します。 改善されない場合は病院での治療もご検討ください。 治療は耳鼻咽喉科や睡眠時無呼吸症候群(SAS)対応の病院で行います。 By: もちろん人間は寝ている間にコップ1杯分の汗をかきますので、そのせいで喉が乾くことは考えられます。 まずは寝る前に水を飲む習慣をつけつつ、朝起きたときの喉の乾きを確認してみましょう。 いびきを防止する枕とか、寝方とかはすべて鼻呼吸にならないようにして気道を確保する手段なのです。 太ってないのにいびきをかきます 太ってる人はいびきをかきやすいのは間違いありません。 特に肥満体型で二重あごになると、寝てるときにお肉で気道がせまくなり、風のうなりのようにいびきをかきます。 その他に、太ってる人の舌は面積が広いことが多く、寝る姿勢になると気道をせまくすることも原因になりえます。 ただし、 体型だけ決まりません。 太ってないのにいびきをかく人もいます。 いびきの主な原因は「口呼吸」なのです。 女性のいびきはホルモンが原因? By: 「父親、ダンナ、彼」のいびきがウルサイ。。。 という女性の声をよく耳にしますが、いびきに性別は関係ありません。 寝ている間にいびきをかく比率は、男:女=2:1と言われてます。 女性でも大いびきをかく人はいます。 「自分は大丈夫!」と思っている人は注意してください。 実は自分もイビキをかいて寝ている可能性があります。 ホルモンといびきの直接的な関係はありません。 ただ、閉経の影響で体系が変化し、肥満体型になることで、いびきをかきやすい状態になることはあります。 いびきを調べるアプリはあるの?おすすめは「いびきラボ」 「いびきの調べ方を教えて!」 「ダンナのいびきを録音したい(証拠)」 とお考えの人もいるかもしれません。 パナソニックやソニー、オリンパス等で音声を録音できるボイスレコーダー(ICレコーダー)が発売されていますが、 スマホがあればアプリで計測、録音できますよ。 いびきを録音、測定できるアプリはiPhone用、Android端末用と豊富にあります。 中でもオススメは「いびきラボ」という無料で使えるアプリです。 どの時間帯にいびきが激しいかも測定できます。 いびきを止める(軽減する)方法 鼻づまりで口呼吸になると、空気の通り道がせまくなり、いびきをかきやすくなります。 鼻づまりを改善するグッズを紹介します。 いびきを止める薬はあるの? 鼻づまりで口呼吸になると、空気の通り道がせまくなり、いびきをかきやすくなります。 ドラッグストア(薬局)では鼻づまりを軽減、防止するための薬が販売されています。 スプレータイプなど過去にまとめた記事があるので、そちらをご覧ください。 参考: いびきを止める「におい」は偽アロマに注意 「いびき」と「におい」は直接の関係はありません。 いびきの原因を探っていくと鼻のつまりで舌の位置が下がって口呼吸になることで、いびきをかくケースがあります。 これは鼻炎の人や口呼吸が習慣化している人に多い症状です。 鼻のつまりを緩和するにおい、香りがあります。 入手する方法は「精油」を購入することです。 ネットでアロマで検索して探すと、人工物の偽物(ニセアロマ)が紛れ込んでいることがあります。 なので「精油」で検索するのがコツです。 アロマの中でも純粋な自然物です。 鼻のつまりを緩和する香りを選んでみてください。 喉の渇きを抑えるスプレー イビキスト イビキスト(池田模範堂)のテレビCMでご覧になったことはありますか? 「寝息にマナーを」「寝息がふたりを遠ざける」、いびきで悩む人にグサッとささるキャッチコピーですよね。 喉にスプレーするイビキストを実際にドラッグストアで購入、睡眠中のいびき予防効果を2週間検証しました。 ・ ・マウスピースで鼻呼吸にする 口を閉じても舌が喉に落ち込めば気道が狭くなりイビキをかきやすくなります。 口が開かないようにしつつ、舌の位置を正しくすることで気道を塞がないようにするグッズがマウスピースです。 商品によりけりですが、マウスピースの耐久性は商品によりけりですが、長くても1~2ヶ月(毎日使用)です。 値段は1,000円~5,000円が主流。 楽天やAmazonで「いびき マウスピース」と検索すれば商品がたくさん見つかります。 口に異物をいれると吐き気がする、不快で眠れないという人もいます。 合う合わないが分かれますが、抵抗がない方には試す価値はあるかもしれません。 いびき防止の枕は高さが命!顔と寝具のラインを平行に By: いびきを防止する寝方で一番良いのは「うつぶせ寝」です。 しかしこの寝方は日本では一番少なく、慣れ親しんだスタイルを崩して今から無理に変更するのは厳しいでしょう。 うつぶせ寝はデメリットもあるので無理にはオススメしません。 仰向けに寝る方法は日本では一番スタンダートですが、横向きになるよりもいびきをかく可能性が高いです。 理由は舌の位置が下がりやすく気道が狭くなりやすいからです。 「横向き寝」はベストではありませんが、ベターないびきを治す寝方です。 寝る前のアルコール摂取はNG ふだんは大丈夫な人でもアルコールを摂取して寝ると、いびきをかく人が増えます。 夜眠れないときにアルコールをとる人もいるかもしれませんが、お泊りや旅行、結婚前の同棲などいびきが気になる場合は飲まないほうが良いでしょう。 疲れているとイビキをかきやすい 疲れてるとはいびきをかきやすいです。 寝ないと体力は回復しませんので、矛盾してるようですが「いびきが気になる日」は注意してください。 例えば友だちとの旅行前日に徹夜せず十分な休養をとらないといけません。 疲れているだけで、いびきをかく可能性は高くなります。 まとめ 「呼吸は口でするもの」と思っている人が増え、現代人の9割が日常生活で口呼吸になってると言われてます。 口呼吸が日常化してる人は性別、世代に関係なく「いびき」をかく可能性があります。 被害者だと思っていたら実は加害者でもあったといいうオチにならないように注意したいものです。 関連:試行錯誤でやっと見つけた、いびきを予防する方法を、以下のリンク先ページにまとめました。 興味のある人はチェックしてみてください。

次の

いびきをかかない方法!治し方の秘訣や厳選対策グッズ公開!

いびき を 止める 方法

いびきの原因 慢性的にいびきをかく人の主な原因は、• 肥満のため起動が狭くなっている• 口呼吸している• 鼻づまり• あごが小さい・かみ合わせが悪い• 舌が大きい 他には、ストレスやアルコール、薬の影響でいびきをかく場合もあるそうです。 私はおそらく、舌が大きいんだと思います。 このような人は、寝ている時に舌が落ち込んで軌道が狭くなり、いびきをかきやすいのだとか! 自分がいびきをかいているかどうかチェックする方法 さすが現代。 スマホアプリを使って、寝ている間のいびきを計測し、録音することができます! 私が使っているのは「いびきラボ」というiPhoneのアプリです。 ちなみに基本的な機能は無料で使えるようですが、ちょっと便利ツールを使おうとすると課金が必要です。 まず、何も対策せずに計測した結果がこちら! このように、音量がグラフで表示されます… 録音されたデータも聞くことができて、自分で思ってた以上にうるさい。。。 それは… 絆創膏を口に縦に貼って、寝ている間に口が開かないようにする!! 貼り方はこちらをご参考に。 そもそもいびきをかくのは、寝ている時に口呼吸になっているからだそうです。 鼻づまりが原因になっている方の場合は、口が開かないと苦しくて無理かもしれませんね。 そうではなく、鼻呼吸ができるのに口呼吸で寝ていると、舌が落ち込みやすいらしく、絆創膏を貼って口呼吸を防ぐことによって、いびきも防ぐというものです。 私は口呼吸になっている自覚はありませんでしたが、ためしに絆創膏を貼って寝てみました。 いびき対策を行った結果 その結果がこちら! 完全になくなったわけではありませんでしたが、劇的に改善しました! 自分でもかなりびっくり。 絆創膏を口に貼っていると、寝ている間に無意識にはがしてしまうのではないかと心配していましたが、朝起きるまで特に問題ありませんでした。 さらにその翌日… 絆創膏を貼って寝るのがかわいそうと思ってくれた夫が「貼らなくていいよ」と言ってくれたので、貼らずに寝ました。 アプリは使っていなかったので実際はどうかわかりませんが、起きた時に自分が口を開けていたことに気づきました…! やはりいびきの原因は口呼吸だったのですね>< 絆創膏以外のいびき対策方法 口閉じテープ 絆創膏でも効果がありましたが、よりしっかりと口を閉じるには、こちらのアイテムが良いかもしれません。 ネットで検索すると色々でてきますが、例えばこちらなど。 誰にもバレずにいびき対策したいという方や、いびきだけでなく歯ぎしりもするという方、ストレスがたまっている方には特におすすめです。 枕を変える こういう枕も効果がありそうですよね! 絆創膏やテープを口に貼って寝るのは気持ちよく寝られないし、口の筋肉を鍛えるのも継続していかないといけません。 しかし、枕を変えることでいびきが止まるなら、デメリットは何もありませんから、我慢も必要ありませんし、夫婦円満にもなりそうです。 この「いびき枕」は、気道が開きやすく、呼吸を妨げない形状になっているそうです。 そして、高さが調節できるというのも良さそう。 5万個以上売れているということで、いびきで悩んでいる人はたくさんいるのですね。 あとは、テレビ番組の実験によると、横向きで寝るといびきが軽減されやすいそうです。 横向きで寝やすい枕なんてものもあります。 鼻づまりを治す ちなみに鼻づまりなどで鼻呼吸ができなくなっている方は、別の対策が必要と思います。 こういうのとか、売れ筋みたいです~.

次の

いびきを自分で治す!おすすめは横向き寝!うるさいいびきを止める方法とは

いびき を 止める 方法

提供 「いびきを指摘されて悩んでいる」「家族のいびきがうるさくて眠れない」という人は、多いのではないだろうか。 いびきは、単に「うるさいもの」「迷惑なもの」と考えられがちだ。 しかし、放置しておくと体や心のさまざまなところにダメージを与え、最悪の場合、突然死につながるような病気のリスクも高めてしまう非常にこわいものだということは、あまり知られていない。 それだけでなく、うつ病などのメンタルの不調、EDや薄毛・抜け毛(AGA)など、思わぬところにも影響を与えることもわかってきました」という(以下、「 」は白濱医師)。 「いびきは、しっかり治療や対策をしていけば、改善が見込めます。 専門医療機関で診察を受けるのが望ましいですが、いきなり病院に行くのはハードルが高いでしょうし、なかには今のところ軽症という方もいらっしゃるでしょう。 ですので、私は病院に行く前にまず、自分でいびきを治すことを目指す『いびき解消メソッド』を考案しました」 白濱医師は、近著『睡眠専門医が考案した いびきを自分で治す方法』でいくつかのメソッドを紹介している。 加齢などに伴い舌の筋肉が衰えてくると、寝ている間に舌が喉の奥に落ち込んでしまう舌根沈下(ぜっこんちんか)という現象が起こりやすくなり、この現象により気道が狭くなると、いびきにつながるのだ。 「『いびき解消メソッド』で推奨しているのは『舌の筋トレ』です。 舌を効率よく鍛えるトレーニングで筋肉を強化することで、いびきの改善が見込めます。 1日5分程度でできる簡単なものなので、いびきが気になる方はぜひ試してみてください。 舌で歯の表面と歯茎を舐めまわす感じで。 「いくら舌の筋肉を鍛えても、寝ている間は身体中の力が抜けてしまうから、効果がないんじゃないか?と思われるかもしれませんが、心配には及びません。 2009年にブラジルのサンパウロ大学の睡眠研究チームが、舌を中心にした口周りのトレーニングを続けることが、いびきの軽減につながるという研究結果を発表し、医学的に効果がある行為と認められています」 この5つの筋トレを毎日続けることで、舌の筋肉を強化し、いびきの原因となる舌根沈下が抑制できる。 1日の中のどの時間帯でも効果は変わらないが、就寝前に行うのがルーティン化しやすくおすすめだ。 横向きの「シムスの体位」で寝るべし いびき改善の2つ目のポイントは、眠るときの体位だ。 仰向けの姿勢は、前述した舌根沈下を起こしやすい。 横向きの姿勢で寝ることが、舌の落ち込みを防ぎ、気道を広げる働きをしてくれるのだという。 白濱氏は、「いびき解消メソッド」で「シムスの体位」という姿勢で寝ることを推奨している。 シムスの体位とは、妊娠中期以降の妊婦にとってベストとされる睡眠時の体位だ。 体を横向きにして寝て、上側に来る脚のひざを曲げて前に出す体勢のことで、体の緊張がほぐれ、リラックスした状態で眠ることができる。 「シムスの体位は、妊婦さんのみに限られた寝方ではありません。 ただ体を横にするだけよりも、足を曲げることによって安定性を持たせることができるので、入眠時にシムスの体位になる癖をつけることが大事です。 睡眠の質の良し悪しといびきの発生率は相関関係にあるというデータもあり、睡眠の質を上げることがいびきの軽減につながるという。 「私は、朝食に1杯のみそ汁を飲むことを推奨しています。 みそには、必須アミノ酸の一種である「トリプトファン」という成分が含まれています。 トリプトファンは、脳に運ばれることによって「セロトニン」という自律神経の安定を促す物質に変換されます。 そしてこのセロトニンは、睡眠ホルモンの「メラトニン」の原料になります」 このサイクルには14~15時間かかるため、朝食にみそ汁を飲むと、眠る頃にちょうど睡眠ホルモン・メラトニンが作られ、質の良い睡眠をサポートしてくれるという。 我々の体や心にさまざまな悪影響を与えてしまう、いびき。 いびきを解消すること、睡眠の質を上げることは、体の免疫力を高める上でも非常に重要だ。 いびきで悩んでいる人、家族やパートナーのいびきに悩まされているという人、あるいは身近な人がいびきで悩んでいるという人は、「たかが、いびき」と軽く考えず、ぜひ真剣に向き合って改善に取り組んでみていただきたい。 【白濱龍太郎】 睡眠、呼吸器内科、在宅医療の専門クリニック「RESM新横浜」院長。 東京共済病院、東京医科歯科大附属病院を経て2013年に「RESM新横浜」を開設。 テレビ等にも出演多数、著書に『1万人を治療した睡眠の名医が教える 誰でも簡単にぐっすり眠れるようになる方法』『睡眠専門医が考案した いびきを自分で治す方法』など <文/日刊SPA! 取材班>.

次の