チャンネル登録者数 100人。 YouTubeチャンネルの登録者数が5000人を突破すると何かが起きる…?

チャンネル登録者数1万人までの道のり

チャンネル登録者数 100人

こんにちは、セイヤです。 YouTubeを最近初めて、おかげさまでもうすぐ登録者数50人になります! 本当に見てくれている方、ありがとうございます... ! チャンネル登録者数が増えるとどうなるのか? 意外と知らない方も多いと思うので、解説してみようかと思います! 登録者数 10人 最初に登録してくれた10人は、仲のいい友達とかがほとんどでしょう。 最初は、少なくても素直に嬉しいですね。 登録者数 100人 カスタムURLというのが設定できるようになります。 覚えてもらいやすい、シンプルなURLに自分で変更することができます。 登録者数 1,000人 収益化することができます。 ただ、1000人の状態で広告をあまり張ってしまうと、動画を途中で見なくなってしまったりする人たちが増えてしまうのであまりつける人はいないみたいです。 1000人に達するまでがかなり大変なようです!がんばりましょう! 登録者数 10,000人 六本木にあるYouTube space(スタジオ) を使うことができます。 クリエイターとのつながりができたり撮影をしたりできます。 これはめちゃめちゃ楽しみ。 (渋谷ももうすぐオープン) 登録者数 100,000人 10万人で、銀の盾というトロフィー?がYouTubeから送られます。 (シルバークリエイターアワード) 登録者数 1,000,000人 100万人で、金の盾がもらえます。 (ゴールドクリエイターズアワード) 登録者数 1,000,000人 1000万人。 もうこれは、ほんとトップYouTubeクリエイターです。 ダイアモンドクリエイターアワードをもらえます。 登録者数 10,000,000人 1億人。 もうなんでも出来ます、多分。 国が作れるかもしれません。 そんな感じで、YouTubeは色々なモチベーションUPにつながるものを用意してくれているので、頑張って行ける人も多いのかなと思います。

次の

底辺YouTuberはなぜチャンネル登録者が増えないのか?

チャンネル登録者数 100人

これらの事はトップYouTuberであれば皆当たり前にできている事ばかりです。 底辺じゃなくとも、登録者がなかなか増えないとお悩みのかたもぜひ参考にしてみてください。 他の人と同じことをしている ここ最近はGoogleがお金をかけてYouTuberを宣伝していることもあり、YouTuberの数は急激に増えてきています。 以前から活動を続けていたYouTuberでも競争に負けて再生数を稼げなくなっている今、チャンネル登録者を増やすことはさらに難しくなっています。 ここまで競争が激しい状況の中で、他の人と同じようなことをしていてはチャンネル登録者は増えません。 では、どうすれば他の人と同じにならないのでしょうか? 他にどんなチャンネルがあるのかを知る まず大切なのが他にどんなチャンネルがあるのかを知る事です。 どんなジャンル、どんな題材、どんな演出があるのかを知ることで、自分が他の人と同じにならないように心がけましょう。 とにかく目立つ チャンネル登録ボタンを押してもらうには、他とは違うオリジナリティを出すなどして、積極的に目立つ必要があります。 奇抜なファッション、特徴ある話し方、高い編集技術、マニアックな題材など、目立つには様々な方法があります。 どうやったら目立てるのかをきちんと考えてみてください。 ヒカキンさんの真似をしてコンビニのジュースを普通に商品紹介しているようなチャンネルでは、まず目立つことなどできないでしょう。 自分の特技や才能を利用する YouTube上で目立つには自分の特技や才能を利用するのが良いでしょう。 ヒカキンさんも初めのうちは、ヒューマンビートボックの特技を上手く利用してチャンネル登録者を伸ばしました。 料理、絵、スポーツなどその人の特技をうまく利用すると、それだけで他のチャンネルと差別化が図れる場合があります。 動画を作るときには、誰に見てもらうのか?何を伝えたいのか?どんな反応をしてほしいのか?を明確に考えておく必要があります。 それができていな動画はとても多く、そのうような独りよがりな動画は誰も見てくれません。 まずは以下のことを意識してみましょう。 伝えたい事を明確にする あなたが動画で表現したいこと、伝えたいことは事前に決めてから撮影や編集を行いましょう。 底辺YouTuberの動画というのは、だらだら話してたりしていて、結局何を伝えたいのか分からないまま終わってしまうパターンが多く見られます。 シンプルな構成にする よくあるのが、いくつものを要素を動画内に詰め込みすぎているパターンです。 YouTubeの動画というのは出来る限り短いもののほうが良いとされています。 短くかつシンプルな構成にして、視聴者がどんな動画なのかすぐ分かるような構成にしましょう。 見やすい映像を作る 多くのトップYouTuberは話の間の沈黙部分をカットしたり、紹介する商品をアップで写したり、文字テロップを入れるなどして動画に多くの工夫を凝らしています。 すべては視聴者に動画を見やすくするためであり、視聴者をつなぎとめて視聴者維持率を上げる効果もあります。 視聴者維持率が高い動画というのは検索結果で上位に表示される可能性が高くなり、必然と再生回数も伸びていきます。 ブランディングができていない 底辺YouTuberでよく見られるのが自分のチャンネルをきちんとブランディングできていないケースです。 チャンネル登録者が欲しいのでれば、そのチャンネルがきちんと運営されていることを示し、登録するだけの価値があることを示す必要があります。 チャンネルのブランディングを行うには以下のようにします。 チャンネルアイコン、チャンネルアートを設定する 案外、チャンネルアイコンやチャンネルアートをきちんと設定していないチャンネルは多いものです。 チャンネルの第一印象を決める大事な看板のようなものですので、必ず設定しましょう。 決まりのフレーズや決まりの映像を使う Googleが公式に推薦している事でもありますが、動画内で決まりのフレーズを使ったり、決まりのオープンニング映像、決まりのエンディング映像を使うことはチャンネルを視聴者に覚えてもらう意味でも大変重要なことです。 ジャンルを明確にする なんの一貫性もなく適当に動画をアップするのではなく、何かひとつ明確なジャンルや特色がわかるようすることも大切です。 ジャンルを絞り、料理なら料理、ゴルフならゴルフでそのジャンルがすぐ分かるようなチャンネル作りを心がけましょう。 SNSを上手く利用する 多くのトップYouTuberはTwitter上にもアカウントを持ち、そこで視聴者と交流をもったり、他のYouTuberとの関わりを持っています。 Twitterは当然ながら自分の動画を宣伝する場にもなりますが、様々な人と関われる場でもあります。 自分のチャンネルに興味があるひとを交流を持ちながら宣伝を行うことで確実にチャンネル登録者は増えていきます。 関連記事 爆発的な再生数の多い面白い動画を作ってもチャンネル登録に繋がらない 何故なら、高評価は押してもチャンネル登録をしないという人が多いから 明らかに法に触れるか触れないくらいのグレーな動画じゃないと圧倒的な視聴者数やチャンネル登録者が獲得できないという世の中の観る人の側の価値観が間違っている これは作る側もそう また、そういう動画じゃないとチャンネル登録をしないといった人が明らかに多いし、そういう風潮にあるのは、真面目に視聴者を多く獲得できる良い動画を作っても、結局グレーな動画の方にチャンネル登録者に向くというまじめにやっているYOUTUBERの努力が報われないという結果を生んでいる どう考えても、こんなくだらない動画にどうしてチャンネル登録が数千数万数十万というチャンネル登録者が多いのか疑問に思うチャンネルも多い ゲーム実況にしたって、ただその場、その状況を言っているだけで、雑談の話など一切ないつまらない実況動画も多い あるいは、大人気の声優に似ているというだけで爆発的な再生数とチャンネル登録者数が多いのも疑問がある.

次の

【YouTube】チャンネル登録者100人突破!期間や動画投稿本数は?ド素人がこれまでにやったこと!

チャンネル登録者数 100人

チャンネル登録者と1か月の収入の金額の目安 YouTubeのチャンネル登録者数ごとの月間収入の目安 レベル チャンネル登録者数 1か月間の収入 概要 スタート ~100人 なし 体験入学 ビギナー 100人~ 数十円 初心者 ミドル 1,000人~ 1千円 初心者の中ではトップ 準アマチュア 1万人~ 5千~3万円 いよいよ中級者へ アマチュア 5万人~ 3~10万円 中級者レベル エキスパート 10万人~ 10万円~ 中上級者の域 準プロ 30万人~ 30万円~ 上級者へ プロ 50万~ 50万円~ 完全に専業 スター 100万人~ 100万円~ スター選手 神 300万人~ 500万円~ トップユーチューバー YouTubeにおけるチャンネル登録者数とその段階での1か月あたりの収入(月額報酬)の目安はこのようになる。 当たり前だが、ファンの数が多ければ多いほど大きな収益が入ってくる。 ユーチューバーが職業として認識されるようになった今日では、月収が数百万円というレベルになっている大物もいる。 >> 実際のところはチャンネル登録者数よりも再生回数や直帰率の方が広告収入の金額と直接関係するものの、固定客の目安を知る上では重要な指標。 チャンネル登録者数と再生回数は基本的に比例するからこそ、これら多いほどYouTubeにて獲得できる収入額が大きい。 1,000人以下は初心者 初心者レベルのチャンネル登録者と収入の目安 100人:初心者としてのスタートライン 300人:初心者の平均 500人:毎日数回は見てくれる視聴者がいる 700人:初心者の最終段階 YouTubeのチャンネル登録者数は1,000人以下というレベルは「初心者」に該当する。 まだ、多くの人が動画を見てくれているとは言い難い。 収入に関しても、広告を貼るための条件は満たせない。 Google AdsenseをYouTubeで利用するための最低基準が次のようになっている。 チャンネルの過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間• チャンネル登録者が 1,000 人 このように、チャンネル登録者数が1,000人に満たない数では広告すら貼れない。 もし動画を投稿する際にコストがかかっているのであれば、完全な赤字になるだろう。 スタート:100人以下 100人に満たない人はまだスタートラインに立っている状態になる。 ユーチューバーともいえるレベルではない。 ビギナークラスになる。 体験入学程度と考えてよいだろう。 これからどんどん頑張らないと、YouTubeで継続的に動画をアップロードすることすら難しくなってしまう。 ただし、「誰もが最初は初心者」という言葉がある通り、初めては例外なくみんなこのレベルからスタートする。 始めたばかりでチャンネル登録者数が少ないのは当たり前なのも確か。 恥ずかしいことでは決してない。 ビギナー:100人から 100人以上ならやっとビギナーに入る。 とはいえ、それでもまだまだ初心者であることには変わりない。 毎日のように動画をアップロードしている場合でも、このレベルならまだ「YouTuber(ユーチューバー)」とは到底言えない。 収入もゼロに等しい。 そもそも広告を導入できる条件をまだ満たせないエリアにある。 1,000人からは中級者へレベルアップ 中級者の基準となるのはおそらくYouTubeのチャンネル登録者数が1,000人以上になった場合になると考える。 この辺りになると、いよいよ収益を手に入れる方法が出てくる。 専業ユーチューバーとして活動するのは無理だが、ちょっとした副業としては条件を満たすはず。 中級者レベルのチャンネル登録者と収入の目安 1千人:初報酬、いよいよ中級者 5千人:小学生の1か月のお小遣い 1万人:中学生・高校生の1か月のお小遣い 5万人:子供たちがもらうお年玉くらい 7万人:大学生のアルバイト代くらい ミドル:1,000人から チャンネル登録者数が1,000人に達すれば、YouTubeの動画に広告を貼れる条件を満たす。 したがって、広告収入が獲得できるようになる。 このレベルは「ミドル」といえるだろう。 初心者の範囲は卒業していよいよ中級者の仲間入りを果たすこととなる。 ただし、収入の金額は1か月あたり数十~数百円程度に過ぎない。 まとまった収益額とは言えない。 準アマチュア:1万人から 1万人のチャンネル登録者数を獲得すれば、いよいよ「アマチュア」の領域へと突入する。 副業として、あるいはお小遣い稼ぎとしてYouTubeに動画配信を行っていくのであれば、概ね十分な金額になってくる。 最低でも中学生や高校生のお小遣いの金額にはなるはず。 最近は小中高校生でも自称ユーチューバーとして頻繁に動画を載せる人たちが増えているが、おそらくほとんどの人達はこのレベルで満足する。 学生としては満足のいく収入が獲得でき、再生回数もまとまった数値になるためだ。 アマチュア:5万人から 5万人を超えてくると、数万円の収益が入る。 高校生までの学生ならここまでくると100%満足するに違いない。 大学生のバイト代くらいの金額になる。 大学生としてユーチューバーを目指している人も、この領域に突入すると報酬の面では概ね満足するの行くものになる。 アマチュアユーチューバーとしては1つのゴールにもなるかもしれない。 ただ、専業ユーチューバーを目指しているのであればまだまだ上がある。 ここで満足して動画の投稿を怠るようになってはいけない。 あくまでも趣味や楽しみとしてYouTubeに動画を投稿している人だけがゴールに設定できる水準。 つまり、「アマチュア」として活動する場合の最終目標になるという意味だ。 エキスパート(中級者の上位) 中上級者レベルのチャンネル登録者と収入の目安 10万人:パート社員の1か月分の給料くらい 20万人:大卒初任給くらい 30万人:中堅社員の基本給くらい ここからは本格的にYouTubeへの動画投稿による収入で暮らしていくことを目指している人の1つの目標になるレベルになる。 チャンネル登録者数が十数万単位になってくると、月額報酬も最低限度の生活ができるくらいのものになりやすい。 ユーチューバー界でもある程度は名前が知られるようにもなる。 エキスパート:10万人から YouTubeのチャンネル登録者数が10万人以上になると「エキスパート」のレベルと判断できる。 中級者では上位ランクになってくる。 広告による収益も月10万円から20万円ほどは入ってくることが多くなる。 再生回数によっても異なるため、正確な目安とまではいかないものの、平均だとパート社員から正社員の1か月分の基本給並みになる。 ちょっとした有名ユーチューバーともいえる。 ここまで達成できる人は少ない。 ほとんどの人はこの手前で終わってしまい、いつの間にか動画をアップしなくなる。 個人で取り組んでいる人なら、ここを1つのゴールとして考えてもいいかもしれない。 しかも、エキスパートレベルになると再生回数が伸ばすためのコツも身についてくる。 ただ、UUUMに所属していて世間一般で広く知られているような有名ユーチューバーの一員になりたいという気持ちがある人なら、もっと上を目指したい。 プロユーチューバー、それは50万人から 上級者レベルのチャンネル登録者と収入の目安 50万人:正社員の1か月の所得 100万人:会社役員、上場会社の管理職クラス 200万人:大衆車1台分、大企業の役員クラス 300万人:中位クラスの自動車1台分 400万人:高級国産車1台分 500万人:高級外車1台分、億万長者 チャンネル登録者数が50万人以上からは「専業ユーチューバー」になってもOKな領域になる。 獲得できる収入も正社員の基本給とボーナスを含めた1か月あたりの給料と同じ程度かそれ以上になる。 ユーチューバーとしての1つのゴールにもなる目安ともなる。 プロユーチューバーとしても名乗ることができるだろう。 どんな動画を投稿していようと、YouTubeにおける成功者なのは確か。 プロ:50万人 チャンネル登録者数が50万人に達成すれば、収入は小さく見積もっても1か月あたり30万円になると考えられる。 サラリーマンの1か月分の給料を獲得することができる。 生活もおおむね支障なく遅れるレベルになるはず。 このレベルに達すればもはや「プロ級」と判断できる。 専業ユーチューバーとして動画の投稿で食っていく1つの基準にもなる。 「好きなことで、生きていく」というキャッチフレーズがあるが、これを実現できる最低限の目安もチャンネル登録者数=50万人という数値ではないか。 上級者のボーダーラインもこの辺りになると考える。 今後はYouTubeへの動画の投稿を辞める理由が見当たらない。 毎日あるいはそれに匹敵するくらいの頻度でアップロードしていくのが好ましい。 そして、クオリティーの高さもこの領域では追求される。 テレビ番組並みの編集力も問われる。 100万人はもはや有名ユーチューバー チャンネル登録者数が100万人に達したのであれば、それは完全100%有名ユーチューバーの証拠になる。 顔出しで動画を投稿している場合、街中ではだれか知らない人から声掛けされる目安にもなる。 簡単に言えば芸能人レベルともいえる。 収入は毎月100万円以上は入ってくる。 最低でも軽自動車1台分の金額が収益として入ってくるため、いつでも好きなものを買える人生が送れる。 チャンネル登録者数が300万人を超えると、有名中の有名ユーチューバーになるだろう。 あなたを知らない人はほとんどいないと言っても過言ではない。 1か月に普通車1台分は余裕で買えるほどの金額にはなる。 しかも、収入源はYouTubeへの投稿だけではなくなるだろう。 企業とのタイアップもかなり多くできる。 先方からオファーが殺到する目安にもなる。 もはや「神」の領域とも言える。 流れる広告の種類によっても収入は変動 YouTubeにおける広告収入は視聴者の元で流れる広告の種類、表示回数、クリック回数によっても変動する。 大きく分けて、YouTubeでは以下の種類の広告が配信される。 インストリーム広告• オーバーレイ広告• サイドバー広告 これらの3つが誰もが目にする媒体。 YouTuber(ユーチューバー)にとっては貴重な収入源。 チャンネル登録者数が多いことに越したことはないが、以下の3つでは得られる金額の大小が変わってくる。 インストリーム広告 最も広告収入が多いといわれるのがこのインストリーム広告。 インストリーム広告とは、 ある動画が再生される前または再生途中にて全画面で流れるCMのことです。 CMの長さは短いもので5秒、中ぐらいで15秒、30秒、長いものだと1分から3分ほどで広告配信主によってバラツキがある。 「スキップ」ボタンが付いていてCMが流れ始めてから5秒後に飛ばせるものとスキップ不可で完全に飛ばせないものがある。 後者の場合だとCMが一旦流れはじめると15~30秒ほど待たないといけない。 動画の本篇が流れるのを止めてまでCMが出現する性質上、広告配信者によっては宣伝効果が高く、さらにYouTuberへ入る収益の金額も3つの中で最も大きい。 特にスキップ不可の広告、2回連続で流れる広告は収益額はそうではない媒体よりも高い傾向。 しかし、視聴者にとっては「邪魔」と感じることが多い媒体でもある。 特にスキップ不可のもの、CMが2回連続で流れるものは不評。 YouTuberにとっては「神」の存在で、視聴者によっては「邪魔物」なのがこのインストリーム広告ではないか。 オーバーレイ広告 オーバーレイ広告とは、 動画の下のエリアに出現する広告のこと。 しかし、しばらくすると再度登場してくる。 テキストのみのタイプ、画像のタイプ、簡易的な動画(アニメーション)のタイプがあるが、いずれも動画の下に表示されるという点では同じ。 ほとんどのオーバーレイ広告ではクリック報酬型となっている。 視聴者が広告をクリックして広告のウェブサイトへアクセスすることで収入が生まれる。 インストリーム広告に比べるとクリックされた分しか報酬が出ないのが多いため、収益性はやや低い。 しかし、動画の再生時間が長いものだと短い動画に比べてクリック率が上がり、まとまった収入につながる。 サイドバー広告 サイドバー広告とは、PC画面では右側(サイドバー)の関連動画一覧の上側、スマホ画面では下側の関連動画と動画本篇の間に表示される広告のこと。 視聴者の目線上に位置する動画本篇上の位置ではないために視認性が低い。 オーバーレイ広告と同じくクリック報酬型が多いものの、サイドバーにあることでクリック率は低い。 YouTuberにとって収益性が悪いことから、あまり重要視されてはいない。 一方で関連動画を豊富に出しているYouTuber、そもそも再生回数が多いYouTuberには広告をクリックするポテンシャルの母数(視聴者数)が多いため、サイドバー広告から獲得できる収入も少ない金額ではないはず。 また、サイドバーに表示される広告と関連性のある内容の動画をアップロードしている場合は、そうではない動画よりもサイドバー広告のクリック率が高い。

次の