エルフ ローテーション。 【シャドバ】ローテーション新環境デッキレシピ集(FOH)【シャドウバース】

【シャドバ】ローテーション新環境デッキレシピ集(FOH)【シャドウバース】

エルフ ローテーション

「シャドバ最強デッキローテーションランキング」第1位:リノセウスエルフ リノセウスエルフとは、 「豪風のリノセウス」の召喚を繰り返し、 一気にリーサルまでもっていくOTKプランデッキです。 エルフカードの特性である、 自分のカードを手札に戻す効果を利用し、急速に召喚を繰り返すことができるのです。 詳しくは 立ち回り解説をご覧ください! 「シャドバ最強デッキローテーション」デッキリスト (カード名) (枚数) 豪風のリノセウス 3 自然の導き 3 対立射撃 3 ソードエンジェル・エフェメラ 3 雷鳴の軍神・フニカル 2 一角獣の巫女・ユニコ 3 機械樹の番人 3 森荒らしへの報い 3 強者の威風 3 アリアの旋風 2 ざわめく森 3 覇食帝の調理 3 森の女王・リザ 3 愛の奇跡 3 はこちらからどうぞ! 「シャドバ最強デッキローテーション」マリガン解説 先攻の場合 先攻の場合に第1優先で確保したいカードは 「森の女王・リザ」です。 リザはファンファーレおよびラストワード効果で、 「豪風のリノセウス」を高確率でサーチできます。 合わせて、リノセウスについても積極的にキープを狙いましょう。 先攻の場合は、もしリノセウスが交換前にみえているのであれば、 「機械樹の番人」も狙ってもいいかもしれません。 後攻の場合 後攻の場合でも第1優先で 「森の女王・リザ」を確保しにいきましょう。 「豪風のリノセウス」についても、同様に積極的にキープしにいきます。 そして、後攻の場合は、 「一角獣の巫女・ユニコ」を2ターン目に召喚したいところです。 ユニコは2コスト2-2の標準スタッツを誇りながら、 攻撃時の回復効果によって実質守護の役割まで果たしてくれます。 このユニコはニュートラルクラスのカードであるため、 リザのサーチ対象にひっかからないのがポイントです。 想像以上に役立ってくれるので、ぜひ採用してみてください。 「シャドバ最強デッキローテーション」の立ち回り解説 序盤 マリガン解説で述べたように、リノセウスの召喚回数を稼ぎながら、3ターン目にリザを召喚しましょう。 手札に リノセウスと バウンスカードを多めに集めるとこちらのペースにできます! 「愛の奇跡」はカードを2枚以上使用してから、アクセラレートでうちたいため 我慢です。 「自然の導き」などで、ドローを進めることを序盤にしておくと中盤~終盤が楽になります。 中盤 進化権は必ずリノセウスに使用するようにしましょう。 進化時効果で、 リノセウスはターン終了時に手札に戻ってくる効果が付与されます。 ただし、敵の攻撃力が2以下でなければリノセウスが倒されてしまうため、攻撃する相手には注意が必要です。 または、ただ 進化だけして手札に戻すといった戦法も有効な場合があります。 敵に強力な守護がいる場合は 除去札や 突進札で対処しましょう! 終盤 最後はリノセウスを大量展開しましょう!最高の爽快感を味わえます。 敵のターンの時点で、 次の自分ターンにおけるある程度の動きを決めておくと安心です。 「シャドバ最強デッキローテーション」第2位:自然ビショップ 自然ビショップは、 「ナテラの大樹」によって、 「森の参謀・ムニャール」や 「報復の白き刃・アニエス」のカウントダウンやコストを下げ、疾走打点でリーサルを狙うデッキです。 こちらは ナテラの大樹をいかにたくさん回すかが勝利への鍵を握っています。 リノセウスエルフと同様に、1ターンに多くのカードを使用するので、考える時間が足りなくなってしまいがちなので注意が必要です。 相変わらずクルトは入っているので、安心してください!笑 「シャドバ最強デッキローテーション」 第3位:自然エルフ こちらは上記2つのデッキより使いやすいのが素晴らしいところです。 自然ビショップ同様、 ナテラの大樹をいかに回すかが重要となります。 敵を除去しながら盤面を整えていく戦法を得意としている、いわゆるミッドレンジロイヤル型のデッキです。 このローテーション環境における 「エルフ」の最大の強みは、 リノセウスエルフか自然エルフか相手にとってマリガン時点では不明だということです。 以下、本記事のまとめです。 リノセウスエルフ・自然ビショップ・自然エルフはどれも一線級•

次の

【シャドバ】バフエルフでローテーション18連勝のデッキレシピ!ローテーション環境のミッドレンジエルフの新境地が開けたかも?!デッキコードあり!【シャドウバース】

エルフ ローテーション

今回のローテーション環境では、スタンダードとダークネス・エボルヴのカードが使えなくなります。 いわゆるスタン落ちに近いでしょうか。 そんな中、実際これまで使っていたカードで使えなくなるカードって具体的になんだろう?という疑問が湧きましたので、一旦まとめてみたいと思います! 同じような疑問を持っている方の参考になればと思います。 ちなみに、全部挙げると数も多くややこしいと思うので、個人的にランクマッチでこれまでみかけたことあるなーくらいのレベルのカードを挙げてみたいと思います。 使えなくなる主なカード一覧 基本的にスタンダードとダークネス・エボルヴのカードが使えなくなるんですが、プライズカードの一部も使えなくなる可能性があるとのことで、このあたりははっきりしていないです。 ということでここでは、スタンダードとダークネス・エボルヴのカードのみ挙げますね。 個人的に影響が大きいかなと思うカードは赤太字にします。 ニュートラル• エンジェルスナイプ• ベルエンジェル• ユニコーンの踊り手・ユニコ• 忌むべき悪魔の像• 研磨の魔法• 光の道筋• 新たなる運命• シールドエンジェル• ヒーリングエンジェル• リザードマン• エンジェルバレッジ• 烈火の魔弾• ウルズ• ハンプティダンプティ• デモンストライク• 冥府への道• ゴブリンマウントデーモン• エクスキューション• 死の舞踏• 天翼を食う者• アテナ• ガブリエル• インペリアルマンモス• ギルガメッシュ• ルシフェル• アークエンジェル・レイナ• オーディン• ダークエンジェル・オリヴィエ• サタン コメント アグロ対策でほぼ入ってくる《ユニコーンの踊り手・ユニコ》がいなくなる影響が大きいかもしれませんが、以降の各クラスのリストを見るとアグロデッキ自体組みにくくなるんじゃないかな、という感じがするのでさほど痛手はないかもしれません。 むしろ、何かしらの悪さを生み出し続けてきた《新たなる運命》が落ちるのが大きいかもしれません。 あとは、コントロールでのお守り《サタン》が無くなるのは切ないです。 なんだかんだコントロール勝負って不毛に長くなりすぎることありますし、ライブラリアウト対策としても優秀な《サタン》がなくなってしまうと選択肢が狭まるかな、という印象です。 エルフ• ベビーエルフ・メイ• 自然の導き• フェアリーサークル• ダンジョンフェアリー• フェアリーブリンガー• ワンダーエルフメイジ• ブレスフェアリーダンサー• リノセウス• エルフバード• エルフの少女・リザ• 妖精のいたずら• 翅の輝き• まどろみの森• アーチャー• ワルツフェアリー• カニバルフラワー• エンシェントエルフ• エルフプリンセスメイジ• 千年妖弧・ユエル• 収穫祭• エルフプロフェテス• ロビンフッド• 深緑の守護者• クリスタリアプリンセス・ティア• 森の意志• フェアリービースト• フェアリープリンセス• 太古の森神• エルフナイト・シンシア• フォレストアケロウ• エルフキング・ヴァルト• 根源への回帰• ローズクイーン• 白銀の矢 コメント エルフらしさのコンボパーツがごっそり無くなります。 ますますニュートラル軸が進みそうな予感…… ロイヤル• ニンジャエッグ• ヴァンガード• 最前線• 師の教え• 不屈の兵士• パレスフェンサー• ケンタウロスヴァンガード• 歴戦のランサー• メイドリーダー• ルミナスナイト• プリンセスヴァンガード• 勇敢なる旗手• ガンナーメイド・セリエ• 兵士徴集• 渾身の一振り• 鉄壁の城塞• フェンサー• ノーヴィストルーパー• スニッピーガーデナー• ネイビールテナント• わがままプリンセス• スウィフトペネトレーター• 冷酷なる暗殺者• ホワイトパラディン• ジャイアントスレイヤー• 勇敢たる騎士• カースドジェネラル• 闇を纏う暗殺者• ヴァンガード・レイサム• ミラージュディフェンサー• 激励の舞• 軍師の妙策• パーシヴァル• ノーブルナイト• ロイヤルセイバー・オーレリア• アサルトコマンダー• アドバンスブレーダー• 騎士王の威光• アドミラル• 海底都市王・乙姫• ツバキ• アルビダの号令• フロントガードジェネラル• コウガクノイチ• レイジングジェネラル• ドラゴニュート・シャルロット• アレキサンダー• レオニダス コメント 兵士ー指揮官シナジーがだいぶ無くなります。 また、アグロ要素が強くなる要因のカードもことごとく無くなるので、アグロはなくなるのかなと思います。 コントロールロイヤルをやる上での《フロントガードジェネラル》落ちは痛いですね。 どんなデッキでも入ってしまう《アルビダの号令》落ちもロイヤルにとってはきつそうです。 今の環境でもツライ立ち位置にあるので、また返り咲いて欲しいです。 ウィッチ• 実験開始• くず鉄の練成• ペンギンウィザード• クラフトウォーロック• ルーキーアルケミスト• スカラーウィッチ• 古き魔術師・レヴィ• 虹の輝き• 雄大なる教え• 炎熱の術式• ルーンガーディアン• ガトレットヒーラー• ベビーウィッチ・エミル• 魔力の蓄積• 変成の魔術• 魔女の雷撃• 氷像の召喚• 錬金術の代償• 結界魔術師• 上級アルケミスト• ルーンブレードサモナー• マーリン• デュアルウィッチ・レミラミ• 地列弾• ファイアーチェイン• 錬金工房• フレイムウィッチ• エンシェントアルケミスト• 太陽の巫女・パメラ• 運命の導き• ゴーレムプロテクション• 冬の女王の気紛れ• 白霜の風• 魔導の力場• マスターアルケミスト• ジュエルゴーレム• ウィッチクラフト・マギサ• シャドウウィッチ• 破砕の禁呪• 双璧の召喚• アルケミックロア• ノノの秘密研究室• アークサモナー・エラスムス• ミスリルゴーレム• 次元の超越 コメント 一番大きいのはやっぱり《次元の超越》落ちでしょう。 このカードと、後述する《封じられし熾天使》が無くなるのでコントロール潰しが難しくなります。 なんとなくローテーション環境は遅めになりそうですよね。 ドラゴン• アイボリードラゴン• 大嵐のドラゴン• サンドストームドラゴン• ファイアーリザード• ドラゴニュートスカラー• 変化する魔術師• ムシュフシュ• 荒牙の竜少女• ワイルドハント• 竜の伝令• ドラゴニュートフィスト• ドラゴンナイト・アイラ• トリニティドラゴン• ドラゴニュートプリンセス• スカイドラコ・エチカ• プリズンドラゴン• エースドラグーン• 鉄鱗の竜人• 竜巫女の儀式• 竜呼びの笛• グリムリーパー• リヴァイアサン• デスミストドラゴン• ジークフリート• ノクシャスアロードラゴン• 竜化の秘法• 竜の知恵• 海剣竜• ライトニングベヒモス• クイーンサーペント• 鳳凰の庭園• 騎竜兵• ダークドラグーン・フォルテ• 竜化の塔• ハイドラ• ネプチューン• ジルニトラ• オーブドラゴン• ファフニール• 連なる咆哮• ジェネスシスドラゴン コメント 疾走系が無くなる以外はさほど影響なさそうな印象です。 《ドラゴンナイト・アイラ》がなくなりますが、PPブーストカードは新パックでも追加されますしなんとかなるんじゃないでしょうか。 というか、今がPPブーストを簡単にできすぎてる感は否めないです。 アグロが減ると容易にPPブーストできてしまうので、そういう意味ではドラゴンが暴れそうな気もし無くないですね。 ドラゴンがダメージを受けるのはバハムート降臨が落ちてからですかね。 ネクロマンサー• スカルビースト• スケルトンファイター• 集団埋葬地• 悪霊の饗宴• ソウルコンバージョン• スカルウィドウ• ワイト• レッサーマミー• デッドリーウィドウ• ダークコンジュラー• 死への近道• 幽体化• 死者の帰還• 纏わりつく亡霊• ラビットネクロマンサー• スケルトンナイト• スパルトイ• ネクロエレメンタラー• マダムリッチ• 死を追う者• スパルトイソルジャー• ボーンキマイラ• ソウルハント• 汚れた再生• 腐の嵐• 死の一閃• 魂の再利用• 死霊の宴• スカルライダー• ワイトキング• ファントムドラゴン• 再生の呪印• ファントムハウル• ソウルグラットン• 魂飢の亡霊• ケルベロス• デストロイヤーズコマンダー• カローン• ケリドウェン• 死都の女王• デスタイラント• 死の祝福• カースドソルジャー• 蝿の王• ソウルグラインダー• デュエリスト・モルディカイ• プルート• 骸の王• アンドラス コメント アグロネクロのキーパーツがことごとくなくなります。 スタンダード環境でも美しいくらいのアグロ性能でしたもんね。 また、どんなデッキでも入りうる《ケルベロス》や《死の祝福》も消え、《ネフティス》デッキやラストワードネクロのフィニッシャーの《デュエリスト・モルディカイ》も消えます。 墓場を溜めるカードが若干ダークネス・エボルヴに偏ってたせいもあってか、ネクロマンスしにくくなるかもしれません。 結果、《魔将軍・ヘクター》も使いにくくなるかも? ただ、新しいシステムの「葬送」や「リアニメイト」ができるので、またこれまでと違うネクロマンサーが見れるんじゃないでしょうか。 楽しみです。 ヴァンパイア• 蠢く死霊• 呪剣の吸血鬼• 貴き血牙• 鮮血の花園• リリム• ブラッドウルフ• 吸血姫・ヴァンピィ• リミルの秘密• 眷属の召喚• 鮮血の口付け• メデューサの魔眼• 吸血鬼の古城• キラーデビル• サキュバス• 復習の悪魔• ミッドナイトヴァンパイア• ヴァンパイアライカン• 仮面の殺戮者• デモンコマンダー・ラウラ• ソウルミニデビル• ブラッドレイジ• 漆黒の契約• 裁きの悪魔• ソウルディーラー• ラビリンスデビル• 夜の群れ• ヴァンパイアバード• エリニュス• ビーストドミネーター• ブラッディ・メアリー• 獰猛な捕食• ディアボリックドレイン• メデューサ• クイーンヴァンパイア• アルカード• フリアエ• アザゼル• 黙示録• セクシーヴァンパイア コメント 《フォレストバット》軸がことごとく消え、アグロパーツも奪われてしまいます。 また、コントロールで強かった除去カードや回復カード達も…… 一応復習ヴァンパイアは生き残れそうかなという気がしなくもないですが、うーん…… ビショップ• 詠唱:白翼への祈り• 詠唱:聖なる願い• 詠唱:夢想の白兎• ラビットヒーラー• マイニュ• 天界の忠犬• 僧侶の聖水• 詠唱:異端審問• 守護の陽光• 詠唱:聖獅子の牙• 詠唱:神域の守護者• 詠唱:天喰らう聖竜• 詠唱:神鉄の翼• 詠唱:獣姫の呼び声• 見習いシスター• 教会の護り手• プリズムプリースト• ホーリーメイジ• スカイスピリット• スレッジエクソシスト• 治癒の祈り• 詠唱:神鳥の呼び笛• 詠唱:禁じられた儀式• エイラの祈祷• ダークオファリング• 詠唱:清浄の狐• 詠唱:死の宣告• クレリックランサー• シュラインナイトメイデン• 翼の王子• レディアンスエンジェル• アークビショップ・レリア• ムーンアルミラージ• カグヤ• 天空の守護者・ガルラ• テミスの審判• スカルフェイン• ジャンヌダルク• 封じられし熾天使• 光輝ドラゴン コメント 強力な詠唱アミュレットがじゃんじゃか落ちます。 あとは《天空の守護者・ガルラ》も。 これによって、ダークネスエボルヴ環境からパワーのあった疾走ビショップはローテーション環境では姿を消すことになると思います。 そして、同じダークネスエボルヴからできたデッキタイプの字句となる《エイラの祈祷》も無くなり、特殊勝利の《封じられし熾天使》も無くなってビショップ大丈夫かよ!?と心配になります。 さいごに いかがだったでしょうか。 これを見るととんでもなくローテーション環境が魔境になりそうでわくわくしています。 とても楽しみですね!.

次の

【シャドウバース】アマツエルフのローテーション最新デッキレシピ【シャドバ】

エルフ ローテーション

はじめに Twitterを散見していると度々こういった呟きが目に入る。 かつての リオードロイヤルや セクシーヴァンパイアと並び、 アマツ 死ね がサジェスト表示されるくらい現環境でヘイトを買っているデッキ、それが アマツエルフである。 運だけで3、4アマツされると思わずクソが!しょーもな!となってしまうのはよくある話。 デッキに対しての怒りやヘイト、 宗教上の理由などでアマツに触れていない方々にも、なるべく丁寧にわかりやすく、 アマツエルフについて自分の主観を用いて語っていく。 筆者については軽く、名を たかピー。 極めて一般的な、しがない オナニストだ。 直近の地方大会にて好成績を残せたこともあり、執筆するに至る。 使用デッキは アマツリオード。 余談だがこの持ち込み、 試合時間が20分もかからないのでオフラインでの長時間プレイが苦手な筆者にとってはかなり相性が良かった。 全くもってその通りで、 Bo3の数あるデッキの中で 最も安定しないであろうデッキが アマツエルフ。 当然大会が大型になってくれば、画像のようにキーカードの「 フェアリーブレイダー・アマツ」を引かない試合というものは必ず発生する。 今回は 構築、 マリガン、そして特に筆者が意識していた アマツが引けていない時の立ち回りを解説していく。 構築について まずは上記の筆者が大会で使用したデッキをサンプルに 確定枠から順を追って採用理由を語っていく。 前置きだが、アマツエルフはデッキの性質上毎ターンの トップに依存した立ち回りが求められる。 前ターンにある程度の受けを 手札と 盤面で用意する必要があるため、それらについても触れていく。 確定枠 確実に3枚採用したい枠がこちら。 こいつらの話は軽く済ませる。 マリガンで引いたら勝つ 可能性が一番高くなる。 手札に来ていない時、間違っても手札を上限9枚にするのは 絶対にやめましょう。 エンハンスに少し癖があるため、トップで引いたときになるべく使いやすくする為に前ターンでの堅実な盤面作り、 手札の1コストカードをキープする等、意識する立ち回りが増える。 フェアリー系カード群 フェアリーを増やすカードは合計で 18枚。 手札に加えられるフェアリーの総数は 30枚。 神鉄圧練法の恩恵を受けられ、使用後は相手から見えない補助打点となる。 スピリットシャインは3アマツの必須パーツ。 盤面に大きな影響を及ぼすカード類ではないので使うタイミングに注意。 フェアリー供給力は微妙だが、アグロプランが通るデッキにはマリガンキープするのを視野に入れている。 ただし 後攻てめーだけは駄目だ。 1枚で3フェアリーは破格の性能であり、基本結晶で使いたいのでマリガンに残し先1で投げる。 本体は弱いがキョウカを一応上から食える あんまり意味はない。 フェアリーウィスパラーや結晶悪戯の聖霊などが主な撃ち先であるが、アマツの為に残そう等ウマ振りせずに基本は相手の盤面除去に徹して欲しい。 重なって邪魔になった場合はフェアリー対空で手札をを圧縮する。 置かれただけで辛いクラスがそれなりにある上、アマツ後の打点補助としては最貢献しているカード。 ブルームで打点計算を狂わせるのがとにかく強い。 対面によるが後から引いても強いのでマリガンにはあまり残さない。 非確定枠 実はこちらの話の方がかなり重要であり、アマツが引けていない時の勝率に起因していると筆者は考えている。 アマツエルフを使う上で アマツを引けない試合は必ず訪れる。 どうせならアマツが引けない試合で引いたカードで勝率を上げたいと思ったのが始まりであり、ここで皆に一つ問いたいと思う。 アマツが引けていない時、皆は盤面をどうしているか? ブルームスピリットで場繋ぎしたり、しゃあなしでフェアリーを投げる事が多いのではないだろうか?その盤面、むざむざ捨てるだけじゃあ勿体無い。 どうせなら強化して打点に変える方が良い。 そこで アーボリスト・ライラに白羽の矢が立ったのだ。 6t以降でアマツが遅れる場合や神鉄オンリーの場合でも ワンチャンスが生まれる。 あればあるだけ打点補助につながると考え3枚採用。 アマツプランがそのまま成立する場合、手札の邪魔をしていたら1コストで捨て投げ出来る点も評価ポイントである。 アマツエルフはフェアリー等をため込む性質上、手札を過剰に引き過ぎると本当に大事なカードが燃えてゲームそのものが破綻する。 メイを複数採用した場合、4回プレイ毎に現れて手札を圧迫、結果フェアリーを捨てざるを得ないことになる。 またドローでメイが複数枚重なったときは逆に手札が貧弱になり、負け筋になる。 アマツエルフはドローソースが皆無なので コントロールエルフとは違い、 メイを呼んで圧縮したとしても次のドローがメイだと厳しいことを検討した結果である。 1枚採用なら手札に来ても圧迫にならず、その後のドローも弱くならない。 おまけで神鉄での打点になる。 キープせず、暇なときに捨て投げしてアマツ及びキーパーツを少しでも呼びやすくする為に採用した。 圧縮枠で3枚採用も検討していたが、圧縮の過程で3枚重なった時に逆に手札を減らせず、4ターン目以降は2回プレイの効果も相まって尚更手札が減らず、結果アマツが燃える。 なんてことも多々あったので最終的に2枚採用で落ち着いた。 後攻であれば手札次第ではキープし続け、7ターン目のユニオンバーストで打点補助する場合もあるが、基本は手札を吐き続けるデッキなのであまり現実的ではない。 筆者の持ち込みでもわかる通り、メタ対象は圧倒的に 式神ウィッチである。 式神ウィッチは通称 5クオン、5ドロシーと呼ばれるクオンを握っていなくても鬼呼びやクララ、キョウカ等で圧倒的な盤面を築いてくる。 また基本は不利対面の 妖怪ネクロの場合 5ギンセツがあり、それだけでは詰まないようにする為の一種の保険である。 採用する意味は他のカードに比べて薄く、 別のカードに変えても差し支えないと思われる。 アマツが引けない時はこいつに頼ることになる。 1、2、3でテンポ良く動けて尚且つ手札から簡単に吐けるカードはこのカードがベスト。 同じ3コストの枠に 愛の軌跡があるので比較として掲げる。 しかし不採用を決めた発端はやはり アーボリスト・ライラとの シナジーにある。 また、フェアリーを吐ききった時に打点が足りない事が多々あるのがアマツエルフだ。 6コストで使っても3コストで使っても 愛の軌跡より直接的な打点に秀でている ハンマーモンキーを3枚採用した。 マリガンについて ここからはざっくりと主要クラスを先後に分けて自分のマリガンを解説。 同じ過ぎるだろ!!!と思った方は頑張って違いを見出して欲しい。 コントロールエルフ 共通 アマツ 先 共通と同じ 後 神鉄圧練法 アマツエルフ 共通 アマツ、悪戯の聖霊 先 ブルーム 後 共通と同じ 妖怪ネクロ 共通 アマツ、悪戯の聖霊 先 共通と同じ 後 共通と同じ リオードロイヤル 共通 アマツ、悪戯の聖霊、ブルーム 先 共通と同じ 後 共通と同じ 式神ウィッチ 共通 アマツ、悪戯の聖霊 先 ウォーターフェアリー、萌芽、ブルーム 後 共通と同じ 自然ドラゴン 共通 アマツ、悪戯の聖霊 先 萌芽、ブルーム 後 共通と同じ 立ち回りについて まずなによりも先に説明しなければならないことが、自分の考え方では アマツエルフは 引きによって幾つかのプランが分かれているということである。 アマツプランが最も安定した立ち回りであり、それ以外は筆者の調整メンバーの間では ヤケクソアグロと呼ばれている。 純粋に第二のアマツであり、アマツ受けを作ると必然的に神鉄の受けになっている。 処理強要させるので、相手の強い動きを牽制できる。 あくまでアマツまでの場繋ぎ的な場面が多い。 ここでマジックミサイルが飛んできたら他のプランを模索する。 上記はブルームプランと4ライラプランの併用だがこれでかなりの打点を生み出している。 即効性のアグロが通る相手には有効だが、このプレイに踏み込む時は他より手札消費が激しい点に注意。 次に デッキ別の立ち回りについて紹介する。 基本的にフェアリーが攻撃力3以上になれば顔に行くが、回復が強いデッキタイプなので、余裕があるなら攻撃力4まで育ててOTKするのが望ましい。 アマツプランを通さなければセレスの回復、ギンセツの守護で阻害され、ジリ貧負けしてしまう。 特に意識して欲しいのが、 打点を割いて セレスを 倒すのを辞める事で、 アマツの必殺や相手のセレスが ダメージを受けている、 対空射撃等で倒せる場合を除いてセレスに付き合わず、勇気を出して顔に向かって欲しい。 アマツは1ターンで強固な盤面と打点を叩き出せるのでセレスを無視してもネクロ側は処理、守護、回復が追い付かない。 次のターンに盤面と手札の追加打点で倒せる算段がベストである。 大会ではこのデッキをメタ対象にして調整していた。 基本的に先攻ならば全てのプランが通りやすく、相手が1ターンでも甘い処理をすれば勝つ事が出来る。 しかし、有利マッチといえど5クオン展開されると厳しく、その中にクラシカルソーサラーがある場合が一番負け筋に繋がるのでなるべく優秀なスペル 使役、クラーク等 やキョウカを前ターンに出されないよう、横並びを作る際は倒されにくい体力を意識してみて欲しい。 アマツを完成させるためには手札を吐く事が重要であり、リオードロイヤルに対しては 対空射撃、 森荒らしの報いを基本的に撃てない為、それらのカードが手札に集まってしまえばアマツが完成できないからである。 フィニッシュは 神鉄圧練法の方が見込めるため、 アマツキープではなく神鉄キープの筋があると現在考察中である。 というよりも 極光の天使に対して不利である、といった方が正しいかもしれない。 自然ドラゴンには回復が多く含まれている訳ではなく、疾走でなければ極光の天使には妨害されにくいので、序盤に削ってヴァイディを置きにくくする事やテンポで有利に立ち回られているが故に極光を切らなければならない状況にする等、勿論これにはランプされにくくする目論見も含まれているので、ドラゴンには積極的に攻めに行ってほしい。 ドラゴンバスターイアンには注意して横並びを通す際はケアを考える事、相手が無理やりランプしてきた場合先4ガリュウなどが見込めるので対処できるようにしておく等、ネクロ以上にケアしたいカードが多いのも特徴である。 あとがき ここまで長らく語りましたが、マリガンやその他もろもろの確率等は専門外なので他の方の記事を参照してください。 アマツエルフは巷では運ゲー!クソゲー!4ね!と散々な評判ですが、筆者は 一切擁護しません。 使われる以上に使う側も 運に左右されるデッキはあると自負しているので。 ですが、 アマツを引けない時が必ずあるという事と、 それに対応した立ち回りがあるという事を少しでも知っていただけたら幸いです。 ここまで読んでいただきありがとうございました! たかピー.

次の