ウバッグ。 ウーバーイーツ配達バッグ(ウバッグ)の代わりに使える自前バッグを紹介

ウバッグを使わないで自前バッグ配達するのはおすすめしない理由

ウバッグ

Uberの業務に使用するため購入 Good👍 緑バッグや通称しゃくれ黒と比較しても軽いうえに、強度も過不足無い アルミ内装で小バッグ無しでの保温性能もある程度ある(但し過信は禁物) 外側両サイドにネットポケットがありちょっとした収納に使いやすい 肩ベルトのクッションがよく、幅も広いため背負ったときの負担が少ない Bad👎 拡張機能がバッグ下側にしかない(所謂しゃくれ状態) 拡張するときは仕切りをタテに入れている場合外さないといけない 天蓋の留め具がベルクロ(マジックテープ)で固定力自体はあるが、それ故に開け閉めしづらい 細かい不満点はあるが、今までのバッグの中では最も使いやすいように思う 自分の場合、バッグ内レイアウトは割り切って上段だけ使うようにし、固定は詰め物でカバー 拡張時のみ下段を使用する、といった運用をしています 2020. 15 追記 現在は仕切り板は使わず、15Lのソフトクーラーバッグをいわゆる小バッグ的に使用 保温もばっちりだし、きちんと詰め物使えばほぼ商品破損はありません Uber eats配達員として購入。 以前の物より防水性などが進化しているとの事。 リュック型バッグとしてはかなり大きいです。 使い勝手はかなり改良されている様ですが、まだまだ改良点はありそうです。 皆さんがおっしゃる通り、中の仕切り板が便利ではありますが、マジックテープ式でこれが非常に強力で取り外しに四苦八苦します。 上蓋もこれに同じく、密閉性はありますが素早く開け閉め出来ない等、、、 下半分だけ拡張して大きいピザ到着も収納出来るなど、よく考えられてはいると思います。 今後更に進化した物が作られるかも知れませんが、現時点ではこれがベストでしょうか(これに代わる物もなかなか無いのでは)。 後は、各個人で色々工夫するしかないと思います。 Uber eatsで稼働する為に今は初期投資として4000円必要ですが、自分はUber eats本部からのインセンティブで指定期間内の初回配達で4000円バックがありました。 戻ってくるとも思ってなかったので非常に有り難かったです。 折からのコロナの影響で配達が遅れているようです。 遅延1回で到着までに9日かかりました。 翌日に届く人もいるので運次第ですね。 バッグ自体はまずまず丈夫。 ただ、ベルクロの位置が若干ずれていて蓋がしっかり閉まらない。 食品の配達に使用するので、その辺はしっかりしてほしいですね。 【追加レビュー】 100回ちょっと配達しましたが、早くもベルクロがぼろぼろになりつつあります。 カチャッと閉まるタイプにしてもらいたい。 あと、間仕切りで上下2段にして上の段にちょっと重いもの(ココイチのカレーなど)を載せると、かなりの確率で底が抜けます。 寿司などは見るも無残な状態になります。 改善点はたっぷりあると感じた次第です。 【追加レビュー2】 220回配達した時点でベルクロが剥げました。 購入してから1か月経っていません。 通常使用です。 耐久試験をやっていないのでしょうか?何百、何千回と開け閉めすることを前提に作られているとは思えません。 返品か交換できるのかな?.

次の

配達員はウバッグよりも自前のバッグを使った方がいいかもしれない

ウバッグ

プロジェクト本文 排尿障害でウロバッグ(採尿バッグ)を使用している方へ 外出用のおしゃれなショルダータイプのウロバッグカバーをつくりました。 わたしは、北千住で鞄の工房を営んでいます。 あるとき、ウロバッグを使用している方から、ウロバッグカバーのオーダーメイド依頼がありました。 そのお客様と何度かやり取りさせていただき、使用感をインタビューし、改善したりしていくうちに、他にもこういった製品を求めている方がいらっしゃるのを知りました。 そこで、機能性とビジュアルの両面を追求したウロバッグカバーを、より多くの人に届けたいと考えました。 普段は採尿バッグをベッドサイドに固定していらっしゃる方が、ちょっとした外出をされるときに、 採尿バッグを取り替えず、そのままこのカバーに入れるだけで簡単に持ち運べます。 500ml〜2500mlの採尿バッグに対応。 カバーの内側に付いているマジックテープで、採尿バッグ本体と導尿チューブを挟んで固定できます。 カバーの中でバッグが安定して歩きやすくなりますし、体を動かしても導尿チューブが遊ばず、見えにくくなります。 カバーの底にファスナー口が付いているので、採尿バッグの残量確認や、排尿コックの取り出しが出先でも気軽に出来ます。 カバー本体の上に伸びている蓋がスグレモノで、服とカバーの間の導尿チューブをスマートに隠してくれます。 しっかりした芯が入っているので折れません。 ズボンやスカートから出た数センチの導尿チューブをこの蓋で隠し、さらに丈が長めの羽織りモノを着れば、かなりさりげなく隠せると思います。 さらに、つくりにこだわって、ご自宅の洗濯機で丸洗いしても、型くずれしにくいような工夫を施しています。 端正な織柄が縁飾りとしてもきれいです。 15年前から消臭布の開発を始め、グラフト重合法を使って完成させたのが「ノン臭繊維」です。 なんと、綿100%で、洗っても消臭機能が劣化しない素材なのです。 特殊加工により消臭剤を含ませた糸で織りあげた布は、致死量の約2倍のアンモニアを約10分でほぼ無臭にすることが検査結果で証明されています。 以下、消臭の仕組みについて、オオヤブさんのウェブサイトから転載させていただきました。 アンモニアの臭いもこんなに少なくなるなんて、まさにウロバッグカバーにぴったりの素材です。 詳しくは、 仕様 〈サイズ〉 大きさ:W 33. 5cm 長さはS・M・Lからお選びいただけます。 〈予定販売価格〉16,500円(税込) リターンのプロダクト ウロバッグカバー〈ブルー縞〉 ブルー系の爽やかなカラーリングの消臭布を使用。 太めの縞柄がしゃれています。 モスグリーンの真田紐を合わせています。 明るい色味なので、全体の印象がぱっと明るくなります。 ウロバッグカバー〈レッド縞〉 渋めの暖色系の縞柄の消臭布を使用。 ちょっと目を引くおしゃれ感です。 ウロバッグを恥ずかしがらない、堂々とした佇まいがかっこいい色味です。 やはり、赤い色は気分も上がります。 ウロバッグカバー〈ネイビー〉 落ち着いたネイビーの消臭布を使用。 無地ですが、細かいムラ感のある織地で、飽きのこない色です。 品のいいデニムのような風合い。 定番のネイビーはシックに着こなせます。 今回、モデルをしてくださったのは、東京北千住にある高正工務店の棟梁、高橋正直さん(84歳・身長168cm)と、大和田公子さん(80歳・身長145cm)です。 高橋正直さんが、3年ほど前に当工房を訪ねてくださり、ウロバッグカバーをオーダーしてくださったご本人です。 高橋さんは、胃がんや甲状腺がんなど、いくつかのご病気を患われたのをきっかけに、数年前から排尿障害に。 とっても気丈かつおしゃれな方で、いつも様々な場所へ颯爽とお出かけされています。 そこで、気軽に使えて見た目にも良いカバーが欲しいというオーダーでした。 いつもおしゃれな高橋さんに合わせ、同時に使いやすさにも考慮してできたのが、このウロバッグカバーなのです。 ご協力ありがとうございました!素敵なおふたり! 渡邊鞄の紹介 このウロバッグカバーをデザイン・製造しているのは、東京の下町・北千住にある老舗の鞄工房。 1953年に、北千住でハンドバッグの製造業を始めた先代の後を継ぎ、1973年より、OEM製造を営む。 一ヶ月に2000本のハンドバッグを製造する。 2004年より、「渡邊鞄」という屋号で、自らデザインしたバッグの製造、卸売、小売を始める。 2014年に、北千住の工房を自分で改装し、店舗を開店。 小売業を始める。 わたしは、生まれも育ちも北千住。 鞄職人の初代だった父は、着物のおしゃれや、小唄が趣味でした。 母はよく、古典の俳句や和歌を教えてくれました。 そのせいでしょうか、いつしか江戸の文化に憧れと親しみをもち、父から受け継いだ鞄づくりは、はや40年になります。 渡邊鞄では、ひとつひとつを手づくりで仕上げています。 そのため、まったく同じものをご提供することはできません。 お客様とのご縁を感謝しながら、素材選びから丁寧に、真心をこめて製作いたします。 工房が店舗を兼ねています。 実際に鞄を見てみたいという方、お気軽にお越しください。 リターンのお届けスケジュールと注意点 ご支援いただいたリターンは、11月中に製造し、発送する予定です。 支援者数が多数になり、材料の発注などが追いつかなかった場合は、11月以降のお届けになる場合も考えられます。 また、デザインなどが僅かに変更する場合がございます。 ご了承ください。 支援者:0人 お届け予定:2019年11月 このプロジェクトは、 All-In方式です。 FAQ Q. 支払い方法は何がありますか? A. クレジットカードの決済はいつ行われますか? A. 「All-or-Nothing」では募集期間中に目標金額を達成した場合、「All-In」では目標金額の達成・未達成に関わらず、プロジェクトは成立となります。 募集期間内にプロジェクトが成立した場合のみ、支援金の決済が実行されます。 募集期間内にプロジェクトが成立しない場合は、支援金の決済は実行されません。 その場合はプロジェクトオーナーに支援金は支払われず、選択したリターンの発送(履行)もありません。 プロジェクトに関する質問はどうすればいいですか? A. プロジェクト内容に関するご質問やご意見は、プロジェクトオーナーへCAMPFIREのメッセージ機能をご利用ください。 間違って支援した場合はどうなりますか? A. 選択したリターンの変更・キャンセル・返金は一切受け付けておりません。 リターンの変更・キャンセル・返金については、各プロジェクトオーナーへ直接お問い合わせください。

次の

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達、電動ミニベロにウバッグ用リアキャリアとソーラーモバイルバッテリーを装備したら快適すぎる!

ウバッグ

プロジェクト本文 排尿障害でウロバッグ(採尿バッグ)を使用している方へ 外出用のおしゃれなショルダータイプのウロバッグカバーをつくりました。 わたしは、北千住で鞄の工房を営んでいます。 あるとき、ウロバッグを使用している方から、ウロバッグカバーのオーダーメイド依頼がありました。 そのお客様と何度かやり取りさせていただき、使用感をインタビューし、改善したりしていくうちに、他にもこういった製品を求めている方がいらっしゃるのを知りました。 そこで、機能性とビジュアルの両面を追求したウロバッグカバーを、より多くの人に届けたいと考えました。 普段は採尿バッグをベッドサイドに固定していらっしゃる方が、ちょっとした外出をされるときに、 採尿バッグを取り替えず、そのままこのカバーに入れるだけで簡単に持ち運べます。 500ml〜2500mlの採尿バッグに対応。 カバーの内側に付いているマジックテープで、採尿バッグ本体と導尿チューブを挟んで固定できます。 カバーの中でバッグが安定して歩きやすくなりますし、体を動かしても導尿チューブが遊ばず、見えにくくなります。 カバーの底にファスナー口が付いているので、採尿バッグの残量確認や、排尿コックの取り出しが出先でも気軽に出来ます。 カバー本体の上に伸びている蓋がスグレモノで、服とカバーの間の導尿チューブをスマートに隠してくれます。 しっかりした芯が入っているので折れません。 ズボンやスカートから出た数センチの導尿チューブをこの蓋で隠し、さらに丈が長めの羽織りモノを着れば、かなりさりげなく隠せると思います。 さらに、つくりにこだわって、ご自宅の洗濯機で丸洗いしても、型くずれしにくいような工夫を施しています。 端正な織柄が縁飾りとしてもきれいです。 15年前から消臭布の開発を始め、グラフト重合法を使って完成させたのが「ノン臭繊維」です。 なんと、綿100%で、洗っても消臭機能が劣化しない素材なのです。 特殊加工により消臭剤を含ませた糸で織りあげた布は、致死量の約2倍のアンモニアを約10分でほぼ無臭にすることが検査結果で証明されています。 以下、消臭の仕組みについて、オオヤブさんのウェブサイトから転載させていただきました。 アンモニアの臭いもこんなに少なくなるなんて、まさにウロバッグカバーにぴったりの素材です。 詳しくは、 仕様 〈サイズ〉 大きさ:W 33. 5cm 長さはS・M・Lからお選びいただけます。 〈予定販売価格〉16,500円(税込) リターンのプロダクト ウロバッグカバー〈ブルー縞〉 ブルー系の爽やかなカラーリングの消臭布を使用。 太めの縞柄がしゃれています。 モスグリーンの真田紐を合わせています。 明るい色味なので、全体の印象がぱっと明るくなります。 ウロバッグカバー〈レッド縞〉 渋めの暖色系の縞柄の消臭布を使用。 ちょっと目を引くおしゃれ感です。 ウロバッグを恥ずかしがらない、堂々とした佇まいがかっこいい色味です。 やはり、赤い色は気分も上がります。 ウロバッグカバー〈ネイビー〉 落ち着いたネイビーの消臭布を使用。 無地ですが、細かいムラ感のある織地で、飽きのこない色です。 品のいいデニムのような風合い。 定番のネイビーはシックに着こなせます。 今回、モデルをしてくださったのは、東京北千住にある高正工務店の棟梁、高橋正直さん(84歳・身長168cm)と、大和田公子さん(80歳・身長145cm)です。 高橋正直さんが、3年ほど前に当工房を訪ねてくださり、ウロバッグカバーをオーダーしてくださったご本人です。 高橋さんは、胃がんや甲状腺がんなど、いくつかのご病気を患われたのをきっかけに、数年前から排尿障害に。 とっても気丈かつおしゃれな方で、いつも様々な場所へ颯爽とお出かけされています。 そこで、気軽に使えて見た目にも良いカバーが欲しいというオーダーでした。 いつもおしゃれな高橋さんに合わせ、同時に使いやすさにも考慮してできたのが、このウロバッグカバーなのです。 ご協力ありがとうございました!素敵なおふたり! 渡邊鞄の紹介 このウロバッグカバーをデザイン・製造しているのは、東京の下町・北千住にある老舗の鞄工房。 1953年に、北千住でハンドバッグの製造業を始めた先代の後を継ぎ、1973年より、OEM製造を営む。 一ヶ月に2000本のハンドバッグを製造する。 2004年より、「渡邊鞄」という屋号で、自らデザインしたバッグの製造、卸売、小売を始める。 2014年に、北千住の工房を自分で改装し、店舗を開店。 小売業を始める。 わたしは、生まれも育ちも北千住。 鞄職人の初代だった父は、着物のおしゃれや、小唄が趣味でした。 母はよく、古典の俳句や和歌を教えてくれました。 そのせいでしょうか、いつしか江戸の文化に憧れと親しみをもち、父から受け継いだ鞄づくりは、はや40年になります。 渡邊鞄では、ひとつひとつを手づくりで仕上げています。 そのため、まったく同じものをご提供することはできません。 お客様とのご縁を感謝しながら、素材選びから丁寧に、真心をこめて製作いたします。 工房が店舗を兼ねています。 実際に鞄を見てみたいという方、お気軽にお越しください。 リターンのお届けスケジュールと注意点 ご支援いただいたリターンは、11月中に製造し、発送する予定です。 支援者数が多数になり、材料の発注などが追いつかなかった場合は、11月以降のお届けになる場合も考えられます。 また、デザインなどが僅かに変更する場合がございます。 ご了承ください。 支援者:0人 お届け予定:2019年11月 このプロジェクトは、 All-In方式です。 FAQ Q. 支払い方法は何がありますか? A. クレジットカードの決済はいつ行われますか? A. 「All-or-Nothing」では募集期間中に目標金額を達成した場合、「All-In」では目標金額の達成・未達成に関わらず、プロジェクトは成立となります。 募集期間内にプロジェクトが成立した場合のみ、支援金の決済が実行されます。 募集期間内にプロジェクトが成立しない場合は、支援金の決済は実行されません。 その場合はプロジェクトオーナーに支援金は支払われず、選択したリターンの発送(履行)もありません。 プロジェクトに関する質問はどうすればいいですか? A. プロジェクト内容に関するご質問やご意見は、プロジェクトオーナーへCAMPFIREのメッセージ機能をご利用ください。 間違って支援した場合はどうなりますか? A. 選択したリターンの変更・キャンセル・返金は一切受け付けておりません。 リターンの変更・キャンセル・返金については、各プロジェクトオーナーへ直接お問い合わせください。

次の