生理前 胸の張り いつからいつまで。 生理前の胸の張りはいつからいつまで?なくなると妊娠の可能性は?

生理前に胸が痛い時の原因や期間!対処法や乳がんとの関係も!

生理前 胸の張り いつからいつまで

月経前症候群(PMS)が発症する直接の原因は不明ですが、女性ホルモンのひとつである 黄体ホルモン(プロゲステロン)が関係しているのは確かとされています。 黄体ホルモンは、子宮内膜を厚くして妊娠しやすい体を作るホルモンです。 排卵後の黄体期に多く分泌され、妊娠に備えて、食欲を増したり、基礎体温を上げたり、体の水分の排出を抑えたりするなど、体の中でいろいろな現象を誘発します。 妊娠が成立しないと、黄体ホルモンの分泌は急激に減り、不要になった子宮内膜を体の外に排出する月経が起こります。 この 黄体ホルモンの増減が、体に何らかの作用をして、むくみや張り、頭痛などのさまざまな症状を引き起こしていると考えられています。 症状に応じて薬を処方される場合もあります。 イライラが強い場合は精神安定薬、むくみには利尿薬、頭痛などの痛みには鎮痛薬などです。 漢方薬も効果が認められ、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、加味逍遥散(かみしょうようさん)、抑肝散(よくかんさん)などが使われます。 また、西洋ハーブのひとつであるチェストベリーも効果が認められ、要指導医薬品として購入することができます。 これらの治療で改善しない場合は、 低用量経口避妊薬(EP配合剤)によるホルモン療法を行います。 いわゆるピルですので、毎日規則正しく飲まないと、かえってホルモンバランスを崩してしまうので注意が必要です。 また、高血圧や肥満のある人、喫煙している人などは、まれに血栓ができやすくなる危険性が高まるので、使用できない場合もあります。 のみ始めに吐き気や乳房の張り、頭痛などの副作用が現れることがありますが、通常は継続するうちにおさまります。 副作用がつらい場合は、自己判断で中止せず医師に相談してください。 うつ症状がある場合は、抗うつ薬を生理前の短期間に限って使うこともあります。 副作用について眠気が出る場合がありますが、重大な副作用は報告されていません。 また、抗うつ薬はずっと飲んでいるイメージがありますが、PMSの治療時に使い場合は月経前の短期間だけに使用します。

次の

【医師監修】妊娠期の胸の張り|いつまで?痛みは?時期別原因&対策を解説|cozre[コズレ]子育てマガジン

生理前 胸の張り いつからいつまで

妊娠初期の自覚症状のひとつに、胸の張りがあります。 胸がいつもより熱っぽく感じたり、ずしっと重く感じたり、突っ張ったような軽い痛みを伴ったりする症状です。 いつから胸の張りを感じるようになるのかは気になるところですね。 まず、妊娠成立の流れを見てみましょう。 卵巣から卵子が排卵され、精子と出会って受精し、受精卵は子宮に向かって移動します。 そして、子宮に到達した受精卵が子宮内膜に着床した時点で、妊娠は成立します。 一般的に、胸の張りはこの排卵の時期から生じるといわれています。 つまり、妊娠の成立前から胸に違和感を感じる人もいるのです。 胸の張りは個人差が大きく、なかにはまったく変化を感じないという人もいます。 逆にいつもの生理前の胸の張りとは少し違うと感じることもあるようですね。 胸の張りを感じるのは、乳腺の発達のためといわれています。 乳腺は、出産後に乳汁を分泌するための大切な組織です。 乳腺の増殖や発達には、2種類の女性ホルモンの分泌が関係しています。 女性ホルモンは、女性らしい身体をつくる「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と妊娠を維持する「プロゲステロン(黄体ホルモン)」にわかれ、どちらも妊娠後に分泌量が上昇します。 プロゲステロンは、生理前の黄体期にも分泌が増えます。 プロゲステロンは乳腺を活発に刺激する働きがあります。 乳腺内の血管を拡張する作用があるので、乳房が内側から押され、胸の張りにつながるといわれています。 このため、妊娠中や生理前には胸の張りを感じる人が多いのです。 生理が始まるとプロゲステロンの値が低くなるので、胸の張りの症状は治まります。 しかし、妊娠初期の場合はプロゲステロンの分泌が増え続けるため、胸の張りはしばらく続くことになります。 安定期に入って胸の張りが落ち着いた人が、妊娠中期~妊娠後期になって再び胸の張りを感じることがあるようです。 これは、身体が自然と産後の授乳の準備をしているからです。 妊娠8~9ヶ月でプロゲステロンの分泌はピークを迎え、エストロゲンは出産後まで増え続けます。 母乳を作る乳腺をプロゲステロンが発達させ、母乳が通る乳管をエストロゲンが発達させます。 また、母乳分泌に関係している「プロラクチン」というホルモンも増加して乳腺の発達を助けるため、胸の張りを感じる人が多くなります。 妊娠中期から後期にかけては、張るだけではなく、胸がサイズアップする人も多いようです。 また、胸が衣類でこすれたり少し触れられたりするだけで、痛みを感じることもあります。 入浴や運動などで身体が温まると、胸の張りを強く感じることがあります。 胸の血管が広がり、乳腺が刺激されることがあるからです。 妊娠中は身体を冷やさないために、厚着をしたり長湯をしたりする人もいますが、胸の張りがひどいときは避けたほうが良いでしょう。 入浴の際は熱いお風呂に長時間浸かることは避け、温めのお湯にしましょう。 シャワーも胸に直接あてないように気をつけてみてください。 胸を洗うときには強く洗わずに、柔らかいタオルや手で優しく洗うと良いですね。 妊娠初期の胸のマッサージは乳腺への刺激になり、痛みや張りが悪化することもあるため控えてください。 痛みが続いて張りやかゆみが酷いときは、病院で相談してみましょう。

次の

妊娠超初期の胸の張りはいつからいつまで?ない場合もあるの?

生理前 胸の張り いつからいつまで

生理前に胸が痛くなるのはなぜ?原因や期間!対処法も! 生理前の胸の痛みとは、乳房内にある母乳の分泌に関わる乳腺という組織の細胞が増殖することで起こるのですが、特に排卵後から生理前の期間は妊娠や出産に備えて体が変化し、出産後に母乳を出せるように乳腺が発達する時期なので胸の痛みを感じるのです。 そして、この乳腺の発達を促進させるのがプロゲステロンという女性ホルモンで、プロゲステロンは排卵後から生理が始まるまでの間に分泌量を増やし、妊娠・出産に備えた体作りには欠かせないホルモンです。 そのため、プロゲステロンが多ければ多いほど乳腺は発達して張りも強くなり、痛みを感じるとされています。 こうした生理前のプロゲステロンによる痛みは生理の1週間前から始まり、生理が始まると落ち着いてくるのですが、元々プロゲステロンの分泌量が多い傾向にある方は生理中になってもしばらく胸の痛みが続いたりと、期間には個人差があります。 ですが、生理前や生理中の胸の痛みは生理周期におけるあくまで自然な現象で、ホルモンバランスが乱れてプロゲステロンの分泌量が多くなっているだけなので、毎月のように現れるわけではありません。 ただし、毎月必ず現れ強い痛みを感じるようであれば、乳房の疾患が原因になっている可能性もあり、例えば次のような病気のことも検討しなければなりません。 ・ 乳腺症 乳腺の組織が老化して起こる ・ 化膿性乳腺炎 乳頭が細菌感染している ・ 乳腺線維腺腫、乳がん 乳腺に腫瘍ができる なので、絶えきれないほどの痛みが継続して続いているようであれば、上記のような病気のリスクも考えて、できるだけ早く婦人科を受診して検査してもらってくださいね。 生理前の胸の痛みを解消するには? 病気でない限り、生理前の胸の痛みには治療するための薬などはないのですが、あまりに痛みがひどいと生活にも支障が出てしまいますので、次のような方法で対処してみてください。 1、 胸周辺を温める 乳腺組織の中にある毛細血管を冷やしてしまうと、血行が悪くなり痛みを感じやすくなる傾向にあるので、胸の部分が大きくあいた服やノースリーブは避けて、できるだけストールやカーディガンなどの上着を羽織るなどして体を温めるようにしましょう。 2、 体をしめつけない服を着る タイトなブラジャーやショーツといった下着を身につけていることでも血行を悪くしてしまうので、生理が近くなって胸の痛みを感じる前に、ノンワイヤーの下着に切り替えることをオススメします。 3、 姿勢を良くする 猫背になっていたり、肩こりがあると、胸まわりの血行が悪くなって痛みが増してしまうので、何時間も同じ姿勢でいないようにし、軽い運動やストレッチなどを合間で行い、血行改善を意識するようにしましょう。 4、 優しくマッサージをする 冷やさない、締め付けないことと同様に、胸の周りの血行をよくするために軽く優しくマッサージをすることでも痛みを減らせるので、お風呂に入っているときなどに胸に円を描くようにしてマッサージをすると効果的なのでオススメです。 スポンサーリンク 生理前の胸の痛みを予防するには? できるだけ生理前の痛みは現れないようにしたい!という方は、ホルモンバランスが乱れてプロゲステロンが過剰分泌しないようにすることが予防策になります。 そして、具体的には栄養バランスのとれた食事を規則正しくとることが最も大切で、肉・魚・乳製品などをまんべんなく摂り、睡眠もたっぷりとってストレスをためないように心がけましょう。 また、中でも実はお肉にプロゲステロンが多く含まれているので、プロゲステロン過剰で悩んでいるのであれば、お肉の摂取量を思い切って減らしてみると効果が現れやすいそうです。 そのうえで、ウォーキングや毎朝・毎晩のストレッチ、冷えの解消に効くツボなどを押して、体を温めながら生理前を過ごすようにすると、いつもの痛みや疲れが軽減されるので、とってもオススメです。 まとめ いかがでしたでしょうか? 今回は、生理前に胸が痛い時の原因や期間、また、対処法や乳がんとの関係などについても詳しくお伝えしました。 生理前に胸が痛いのは、ホルモンバランスの乱れでプロゲステロンというホルモンが過剰に分泌されて乳腺が刺激されていることが原因となっていて、生理の1週間前から生理開始まで続くことが多いのでしたね。 ただ、しつこく強く続く痛みがあるなら、乳腺症や化膿性乳腺炎、乳がんなどの可能性も考えられるので、気になっている方は早めに婦人科で検査を行いましょう。 それから、ホルモンの乱れによる胸の痛みであれば、胸周辺を温め姿勢を良くし、マッサージをするなどすると緩和され、生理が始まる前から食習慣を正しくし、ストレスをためずにリラックスして過ごし、体を温めるように気をつけていると軽減されるそうなので、生理前は自分の体を大切にしてあげてくださいね。 スポンサーリンク カテゴリー•

次の