もう 二度と 食べる こと の ない 果実 の 味 を。 もう二度と食べることのない果実の味をネタバレ【迸る15歳の性!】

もう二度と食べることのない果実の味を~甘くて苦い、15歳の衝動~のネタバレ!

もう 二度と 食べる こと の ない 果実 の 味 を

17歳で「女による女のためのR-18文学賞」で鮮烈なデビューを飾った作家・雛倉さりえさんの最新作『もう二度と食べることのない果実の味を』(通称:たべかじ)が4月16日に刊行されました。 CanCam. jpでは大型試し読み連載を配信。 危険な遊びへ身を投じたふたりの運命、そして待ち受ける結末とは……。 『もう二度と食べることのない果実の味を』第20話 週明けの今朝、担任から実力テストの答案が返却された。 用紙をひらいた瞬間、すうっと背筋がつめたくなった。 「冴、どうだった?」 いつもの調子で声をかけてきた由佳子は、わたしの顔をみると、気まずそうに口をつぐんだ。 結果は、さんざんだった。 今まで五科目で四百点を切ったことは一度もなかったのに、今回は三百五十点にもとどいていない。 黙って用紙をみせると、由佳子はびっくりしたようだった。 「えっ、ぜんぜん取れてるじゃん。 落ちこむことないよ。 平均もこえてるし、大丈夫だって」 大丈夫なんかじゃない。 叫びたいのをぐっとこらえて、唇を噛む。 平均なんてどうだっていい。 姉よりも、上か下か。 わたしにとっては、それがすべてだ。 帰りのバスにゆられながら、膝に置いた答案用紙をぼんやりと見おろす。 紙面は、空とおなじ朱色に染まっていた。 ずっと、どこかで過信していた。 たしかに夏休みの勉強は、計画通りに進まなかった。 それでも、今まで勉強したことは、多少なりともわたしのなかにきちんと積みあがっているはずだ。 そう信じていた。 信じたかった。 けれどテストは、磨き抜かれた鏡のように、目を背けていた自分の姿をうつしだす。 すみずみまで。 容赦なく。 家のドアをあけると、肉の焼ける匂いがした。 キッチンに立つ母がふり返る。 「おかえり。 今日は生姜焼きよ」 うん、と力なく答えて席につくと、玄関の方で物音がして、父があらわれた。 三人がそろったところで、料理の皿がはこばれてくる。 いただきます、と手を合わせて、それぞれ箸を手に取った。 「あの」 食事が半分ほど済んだところで、わたしは言った。 「今日、実力テストが返ってきたんだけど」 父は手を止めて、顔をあげた。 「そうか。 どうだった?」 どうせいつか話さなければならないのなら、早い方がいい。 わたしは覚悟を決めて、足元のリュックから答案用紙を引っぱりだし、ひらいて見せた。 父の顔が、一瞬、けわしくなった。 用紙を覗きこんだ母の表情が、さっと曇る。 このひとたちは慣れていないのだ。 自分たちの期待が、裏切られることに。 食卓に、しばらく沈黙が落ちる。 最初に口をひらいたのは、父だった。 「やっぱり、今からでも塾に行った方がいいんじゃないか」 わたしは首を横に振った。 「お姉ちゃんは、ずっとひとりで勉強してたから」 「でも……」 「いいじゃない」 母が、優しくわたしの手をにぎった。 「冴がそうしたいって言うなら、もうちょっと様子を見ても」 ね、と母は微笑んでみせる。 「今まで冴ががんばってきたこと、お母さんは知ってるから」 わたしは、まっすぐ母の顔をみつめた。 口元はゆるんでいるけれど、褐色の瞳は微かすかにゆれている。 母も、ほんとうは不安なのかもしれない。 わたしの成績が、さらに落ちてしまわないか。 握りしめた答案用紙が、くしゃりと音をたてて潰れる。 斜めに跳ねあがった赤い線は、ぱっくりひらいた傷口のようにもみえた。 あくる日の昼休み。 授業が終わると、わたしはリュックから財布を取りだした。 「あれ、どうしたの?」 お弁当の包みをひらきながら、由佳子が訊ねる。 「ごはん買いに行くの。 今日、お母さんが寝坊しちゃって」 朝、居間におりたときはびっくりした。 いつもなら朝食の匂いにみちた明るい部屋が、今朝はカーテンすら開かれないまま、死んだように静まり返っていたのだ。 途方に暮れて立ち尽くしていると、ばたばたと階段をおりてくる母の足音がきこえた。 きっと、ただの偶然だ。 昨日のできごととは関係ない。 それでも、どこかで母に責められているような気がして、差し出された昼食代を、わたしはうつむいたまま受け取った。 教室を出たわたしは、下足場で靴を履き替えた。 九月に入っても、蝉の声は途切れない。 陽ざしはあい変わらず凶暴な眩さで、グラウンドを白く灼いている。 額に噴き出す汗をぬぐいながら校舎に沿って歩いてゆくと、巨大な工場のような体育館がみえてきた。 すぐそばの購買部には、ぽつぽつと人が集まっている。 ほとんどが教師だったけれど、一人だけ、白いカッターシャツの生徒がいた。 見慣れた横顔に、どきりとする。 「……土屋くん?」.

次の

もう二度と食べることのない果実の味を 3巻 ネタバレ<ついに一線を越えた!?>: 漫画 もう二度と食べることのない果実の味を ネタバレ<結末・最終回>

もう 二度と 食べる こと の ない 果実 の 味 を

もくじ• 『もう二度と食べることのない果実の味を』のあらすじネタバレ 中学生の少女 山下冴は、毎日勉強にいそしむ受験生。 なにかと歳の離れた秀才の姉と比較され、それを重荷に感じながらも、明るい未来を信じて勉強に打ち込んでいます。 恋したい! 十代を謳歌したい! なんて思いもせず、朝も早くから学校へ行って勉強にいそしむ 冴(マジえらい)。 そんな 冴にも気になる存在となっているのが、同じクラスのメガネ男子 土屋です。 といっても「恋心」というのではなく、自分と同じように毎日勉強に打ち込む 土屋くんの姿を見ると、自分は正しいと言ってくれているようで、 冴は親しみと共感を覚えるのでした。 そんなある日、夏休み前の大掃除の日に、 土屋くんと二人っきりになる機会が訪れます。 掃除場所を決めるくじ引きで「理科準備室」の当番になった 冴たちですが、途中、他のクラスメイトたちは体育館の掃除に呼ばれ、その場には 冴と 土屋くんの二人だけになってしまいました。 ふいにやってきた、おいしいシチュエーション😍 が、ウブな 冴のこと、毎日会っているのにまともに話したこともない 土屋くんと二人きりになって、ちょっとドギマギ。 でも 土屋くんに、 同じ班に山下さんがいてくれてよかった なんて言われて、微妙だった空気もほどけていきます。 そしてここから、 一気にふたりの距離が縮まる出来事が。 二人で理科準備室を掃除する最中、 冴が足元の段ボールにつまづき、 薬品棚へぶつかってしまいます。 倒れかかる薬品棚 とっさに 土屋くんが棚を抑え、落下物から 冴をかばいます。 が、彼はそのせいで 頬や手に軽い傷を負ってしまいました。 メガネを外す 土屋くん。 初めて見るその 素顔に、 冴は 胸の高まりを覚えます。 痛みに耐える彼の表情、そして気づけば彼の手を取りいたわっていたけれど、 男に触れている状況も初めてで、それらを意識すると・・・ 経験したことのない情動が 冴を衝き上げました。 土屋くんの 負傷した手、血の伝う頬に口をつけ、舌を這わせる 冴。 やがて 互いの唇が触れ合い、ついには 深く絡ませあうキスへ・・・ 15歳という多感な時期だからこその 繊細な昂りってありますよね。 勉強だけやっていれば間違いないと思っている 真面目な女の子と、どこのクラスにも1人はいる 真面目な草食系メガネ男子が、ひょんなことから二人だけになって、秘めた情動が溢れ出す・・・ このあと、2人はどうなるのか。 続きは本編で読んでみてください。 2人の キスや エッチのシーンは、 なんとも言えない独特の色気があってイイです🥰 是非無料で読んでみてくださいね。 『もう二度と食べることのない果実の味を』を無料で読む方法 『もう二度と食べることのない果実の味を』は、 U-NEXTを利用すると無料で読むことができます。 U-NEXTでは「31日間の無料トライアル」に申し込むと、 漫画に使える600円分のポイントがもらえます。 その場ですぐポイントがもらえて『もう二度と食べることのない果実の味を』を読みはじめられます。 31日以内に解約すればお金は一切かかりません。 とてもお得なのでぜひ利用してみてください。 もし「使い続けないな」と思ったら、31日前に解約すればOKです。 違約金なども一切ありません。 ですが、U-NEXTは漫画だけでなく、雑誌や映画、ドラマも見放題ですごくお得なサービスです。 1日あたり70円ほどの利用料で、 見放題に加え毎月1200円分の特典ポイントがもらえるので、そのまま利用するのもオススメです。 31日間無料で試して、継続するか検討してみてくださいね。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

次の

『もう二度と食べることのない果実の味を』第20話

もう 二度と 食べる こと の ない 果実 の 味 を

もくじ• 『もう二度と食べることのない果実の味を』のあらすじネタバレ 中学生の少女 山下冴は、毎日勉強にいそしむ受験生。 なにかと歳の離れた秀才の姉と比較され、それを重荷に感じながらも、明るい未来を信じて勉強に打ち込んでいます。 恋したい! 十代を謳歌したい! なんて思いもせず、朝も早くから学校へ行って勉強にいそしむ 冴(マジえらい)。 そんな 冴にも気になる存在となっているのが、同じクラスのメガネ男子 土屋です。 といっても「恋心」というのではなく、自分と同じように毎日勉強に打ち込む 土屋くんの姿を見ると、自分は正しいと言ってくれているようで、 冴は親しみと共感を覚えるのでした。 そんなある日、夏休み前の大掃除の日に、 土屋くんと二人っきりになる機会が訪れます。 掃除場所を決めるくじ引きで「理科準備室」の当番になった 冴たちですが、途中、他のクラスメイトたちは体育館の掃除に呼ばれ、その場には 冴と 土屋くんの二人だけになってしまいました。 ふいにやってきた、おいしいシチュエーション😍 が、ウブな 冴のこと、毎日会っているのにまともに話したこともない 土屋くんと二人きりになって、ちょっとドギマギ。 でも 土屋くんに、 同じ班に山下さんがいてくれてよかった なんて言われて、微妙だった空気もほどけていきます。 そしてここから、 一気にふたりの距離が縮まる出来事が。 二人で理科準備室を掃除する最中、 冴が足元の段ボールにつまづき、 薬品棚へぶつかってしまいます。 倒れかかる薬品棚 とっさに 土屋くんが棚を抑え、落下物から 冴をかばいます。 が、彼はそのせいで 頬や手に軽い傷を負ってしまいました。 メガネを外す 土屋くん。 初めて見るその 素顔に、 冴は 胸の高まりを覚えます。 痛みに耐える彼の表情、そして気づけば彼の手を取りいたわっていたけれど、 男に触れている状況も初めてで、それらを意識すると・・・ 経験したことのない情動が 冴を衝き上げました。 土屋くんの 負傷した手、血の伝う頬に口をつけ、舌を這わせる 冴。 やがて 互いの唇が触れ合い、ついには 深く絡ませあうキスへ・・・ 15歳という多感な時期だからこその 繊細な昂りってありますよね。 勉強だけやっていれば間違いないと思っている 真面目な女の子と、どこのクラスにも1人はいる 真面目な草食系メガネ男子が、ひょんなことから二人だけになって、秘めた情動が溢れ出す・・・ このあと、2人はどうなるのか。 続きは本編で読んでみてください。 2人の キスや エッチのシーンは、 なんとも言えない独特の色気があってイイです🥰 是非無料で読んでみてくださいね。 『もう二度と食べることのない果実の味を』を無料で読む方法 『もう二度と食べることのない果実の味を』は、 U-NEXTを利用すると無料で読むことができます。 U-NEXTでは「31日間の無料トライアル」に申し込むと、 漫画に使える600円分のポイントがもらえます。 その場ですぐポイントがもらえて『もう二度と食べることのない果実の味を』を読みはじめられます。 31日以内に解約すればお金は一切かかりません。 とてもお得なのでぜひ利用してみてください。 もし「使い続けないな」と思ったら、31日前に解約すればOKです。 違約金なども一切ありません。 ですが、U-NEXTは漫画だけでなく、雑誌や映画、ドラマも見放題ですごくお得なサービスです。 1日あたり70円ほどの利用料で、 見放題に加え毎月1200円分の特典ポイントがもらえるので、そのまま利用するのもオススメです。 31日間無料で試して、継続するか検討してみてくださいね。 最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

次の