三井 物産 配当。 三井物産(株)【8031】:株式/株価

三井物産|株配当と株主優待の権利確定日はいつ? (TYO:8031)

三井 物産 配当

三井物産のみんかぶ目標株価は「1,764円」で【買い】と評価されています。 みんかぶリサーチによる株価診断では【割安】 理論株価 1,834円 、証券アナリストによる予想では【買い】 予想株価 1,846円 、個人投資家による株価予想では【売り】 予想株価 1,456円 と判断されています。 三井物産は、【商社、鉄鉱石、攻めのIT経営銘柄】などのテーマ銘柄です。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

三井物産の2020年3月期の決算速報&2023年3月期までの中期経営計画を発表

三井 物産 配当

三井物産 を評価してみました。 鉄鉱石、原油の生産に強みがあります。 景気敏感性が高そうなセグメント構成ですが、長期保有対象としてはどうでしょうか? この記事では、• 直近の四季報の数値を独自の計算式に入れて5段階評価をしています。 長期投資するメリットがあるかの視点での12項目を評価しています。 総合商社銘柄に特化した評価方法になっています。 12個の5段階評価を考慮し、最終的なランクをつけています。 (Sランク~Dランク)• 最後に主観的なコメントもしています。 三井物産 とは 7大総合商社のひとつです。 7つのセグメントで構成されていて、収益のほとんどを金属資源、エネルギー、機械・インフラで出していて、これらを中核分野として取り組んでいます。 鉄鉱石、原油の生産 に強みがあります。 ユニークなところでは CoCo壱番屋 をインドに進出させるプロジェクトがあります。 長期ではキャピタルゲインも狙えるかも。 Aランク : 安心できる優良銘柄。 長期投資での候補にできる。 購入後のチェックは必要。 Bランク : 依然優良銘柄だが、気になるところもある。 こまめにチェックして買い時と売り時を考える必要がある。 Cランク : 長期投資の対象としてはちょっと難しい銘柄。 購入にはより詳細な調査と分析が必要。 Dランク : 長期投資の対象としてはかなり難しい。 (優待が良ければ保有も可) コメント 良いポイントとしては、純利益率が高めなところと、長期で高配当を維持できているところです。 悪いポイントとしては、業績と配当に安定感が無いところと、借金が多めなところです。 過去に何度か減配をしています。 平均的な評価結果でした。 自己株買いもしていて、株主還元に積極的です。 リーマンショック時影響 過去の景気後退局面であるリーマンショック時にどうだったかを確認し、今後の景気後退局面での予想をします。 また、赤字ではないけど減配の年もあったりもして、傾向がわかりにくいです。 全体的には業績に連動して配当を出す傾向かと思います。 大減配や無配はありませんでした。 セグメント的に景気敏感性が高そうな銘柄です。 今年の石油価格暴落の影響を受けそうです。 重要: 総合商社銘柄は高配当で魅力的ですが、現在は重要な転換点にいると思うので、次の決算をよくよく確認してから判断したほうが安全だと思います。 まとめ• 長期で高配当株になっている。 純利益率が高め。 過去の傾向から、景気後退期で減益すると減配する可能性は高い。

次の

三井物産 【8031】銘柄評価。おすすめな高配当株か?

三井 物産 配当

Contents• 経営成績サマリー 2020年3月期年間実績 早速ですが上記が今期の三井物産の2020年3月期の年間実績です。 ですが、キャッシュフローをみるとこちらはしっかりとプラスになっているのでここは非常に素晴らしいポイントです。 スポンサードリンク 2021年3月期の業績予想は? 三井物産は今期の業績予想も行なっておりましたが、個人的にはここが一番衝撃でした。 ただ、利益が半分になっているにも関わらず配当金を80円と下げないのはさすがです。 ただ、配当性向が75. 2021年3月期のセグメントごとの当期利益の予想を見てみると、残念ながらほぼ全てのセグメントで業績が下がっていることが見て取れます。 さらに驚くことにエネルギーのセグメントは一切利益が計上されていません。 おそらく、これは今の原油価格が暴落して予想が立てられないことが起因しているかと思います。 なので、この暴落が回復すれば少しは業績が回復するかと思います。 こうやってみると本当に商社は景気に左右されやすい銘柄であることが見て取れますね。 2023年3月期までの中期経営計画は? 今回、三井物産は2023年3月期までの中期経営計画も発表しました。 こちらをみるとわかると思うんですが、 2020年3月期と2023年3月期の当期利益はほとんど変わっていません。 三井物産も今回の影響が回復するには相当な期間がかかるということを予想しているように見えます。 また、上記グラフから三井物産は現在の収入の多くを資源分野で賄っていますが今後は非資源分野に主力をおくように見えます。 やはり、今回のように原油暴落やコロナの影響は資源分野がメインの三井物産にとっては大きな痛手であったようにみえます。 まずは、是非業績回復に専念してほしいですね。 スポンサードリンク 三井物産の今後の配当金は? 三井物産はさらに今後の配当金に関しても発表しています。 なんと現在の80円の配当金を下限として2023年まで維持すると宣言しています。 これは非常にすごいことだと思います。 コロナの影響や原油の影響がいつまで続くか不透明な中、配当金の下限を宣言するのは正直予想外でした。 現に7大商社の一つである双日は今期の配当金を未定にしています。 なんとか原油暴落やコロナの影響が早く落ち着いて業績を戻してほしいです。 また、今回の決算の最も良かったポイントは減配の宣言をしなかったことにあると思います。 普通これだけ当期利益が下がれば減配は必須かと思いましたが、今回の決算では減配の記述が一切なく、80円の配当金を下限とするとありました。 三井物産の株主は比較的、配当金を目的に株を買っている人が多いと思います。 なので、個人的にはこの文言は株主にとって非常に心強い文言かと思います。 逆に双日に関しては今期の配当金は未定なので正直力の差が垣間見れたように見えます。 双日の決算に関しては下記を参照してください。

次の