古文単語 覚え方。 古文単語の覚え方完全版!

古文単語の覚え方のコツを解説!邪道ルートと王道ルート、どっちでいく?

古文単語 覚え方

あなたが古文単語を覚えられない原因 古文単語が覚えられない原因は主に3つあります。 複数の意味のある単語が多い まず、古文単語の特徴として、1つの単語に複数の意味のあるものが多いです。 あいまいに覚えているとせっかく知っている単語なのに、本文を読み違えていってしまうことも少なくありません。 また、せっかく 意味は知っていても文脈に合わせた意味を選べていない人も多いです。 古文単語に苦手意識を持っている人の多くがこの悩みを抱えているのではないでしょうか。 複数の意味のある単語を覚えるのに 有効な勉強法として、後に紹介する例文で単語の意味を覚えることです。 今の勉強法でうまくいかないなという人はぜひ試してみてくださいね。 現代語に近いからとなんとなくで勉強してしまう 文章によっては古文単語を知らなくても何となく意味が取れるものもあります。 ですがそれで読めた気になってしまうと、古文単語の暗記をしっかりせずにフィーリングで読んでしまうクセがついてしまうことも。 中途半端に現代語の意味でも読めてしまうため、単語の暗記に身が入りづらいというのも覚えにくい原因でしょう。 たしかに英語とちがって、単語を知らないと全く意味が分からないということは少ないでしょう。 ですが、問題を解くとなると単語の知識がないとほとんど解けないものばかりです。 そのため、正確な単語の知識は古文の力をつけていくうえで必要不可欠。 古文も外国語を勉強する感覚で、単語などにも触れていくようにしていきましょう。 現代語の意味と混同してしまう 古文単語の中には現代語でも使うが意味が今と全く違うというものも少なくありません。 それなので、そうした違いをしっかり理解して勉強していかないと現代語の意味で読んでしまい話が分からないなんてことも。 このように 現代語とそっくりだけど意味がまったくちがうものがあるというのも覚えにく原因の1つ。 そうした単語は普段から注意して勉強を進めていく必要がありますね。 効率の良い古文単語の覚え方 ここではぼくが実践していた古文単語の勉強法を紹介していきます。 特に、古文単語の勉強法がぜんぜん分からないという人はぜひマネしてみてください。 例文で古文単語を覚える方法 よく英単語の勉強法でも「例文の中で覚える」というのを聞いたことがある人もいるでしょう。 この勉強法は古文単語の暗記でもかなり有効です。 例文で古文単語を覚えることには次の3つのメリットがあります。 1:文中での実際の使われ方が分かる 古文単語を覚える目的は古文を読めるようになることです。 それなので、 単語の意味を覚えても文章の中で分からないと意味がありません。 また、助動詞とくっついたり、語尾が変わったりして、単語帳の見出し語と形がちがうなんてこともしばしば。 実際に文章を読んで単語の意味を思い出しやすくするためにも、例文での意味の暗記はとても効果的です。 2:文法も同時に学べる 古文の中では単語はいろいろな助動詞とくっつき、単語自体も変化していきます。 例文で覚えていけば、そういった文法事項に触れていく機会も多くなっていきますよね。 ちょっと理解があやしい文法があればその場でチェック。 そうすれば、 普段の単語の勉強のなかで文法も復習することができます。 3:有名な文章に触れられる 古文は英語と比べると読んだことがある文章が入試に出やすい科目です。 例文で様々な文章に触れていけば、本番で覚えたフレーズに出会う確率が高まります。 ぼくもたまたま覚えていた例文の一部が入試の現代語訳に出たという経験をしました。 そのため単語帳にのっているような有名な例文を覚えていくことが、入試での得点につながる可能性がかなり高くなります。 古文単語を例文で覚えるメリットを紹介してきました。 例文で覚える勉強法は古文の総合力を底上げできるので個人的にはかなりおすすめの勉強法です。 古文の勉強にある程度時間を取れるよという人はぜひためしてみてください! ゴロで古文単語を覚える方法 「古文単語が全く頭に残らない。 」 「古文の勉強にあまり時間をかけることができない。 」 「できるだけ楽しく古文単語を覚えたい。 」 こんな悩みを持っている人たちにおすすめなのが「ゴロ」で古文単語を覚える方法。 この「ゴロで覚える方法」のメリットは 頭にかなり残りやすく、苦手な人でも続けやすいところ。 古文単語の勉強が苦痛だという人でも始めやすいはずです。 しかし、この「ゴロで覚える方法」にはデメリットもあります。 古文単語は1つの単語に複数の意味があるものかなり多い。 ゴロで覚えるとなるとどうしても複数の意味のうちカバーできないものが出てきてしまいます。 そのため、2次試験や私大入試で古文を使う人、古文を得点源にしていきたい人には少し物足りません。 ゴロで慣れてきたら、ゴロではカバーできなかった単語の意味を確認するようにしていくと力がよりついていくはずです。 自分の目指すレベルを考えながら、ゴロでの勉強だけでいいのか、もう少し肉付けしていく必要があるのか検討していってください! おすすめの古文単語帳 ここでは「例文で覚える方法」や「ゴロで覚える方法」に適した単語帳を紹介していきます。 どれもいい単語帳なので気になったらぜひ使ってみてください! 読んで見て覚える重要古文単語315 古文単語帳の中でもかなり有名な参考書である「古文単語ゴロゴ」。 ゴロはインパクトのあるものが多く、1度みたら頭から離れないというものも多いです。 また、ゴロだけでなくイラストものっているので、イメージで覚えることができるのもいいところ。 普通の単語帳と比べるとかなり楽しみながら勉強することのできる1冊。 ただし、上でも書いたように、しっかり力をつけたい人はゴロゴが終わったらほかの参考書で勉強する必要あり。 また、下ネタのようなゴロもわりと多いので苦手な人は避けた方がいいかもしれません・・・ 古文がかなり苦手だったり、時間をかけず基本的な意味を早く覚えたいという人におすすめの1冊! 古文単語ゴロゴ手帖 ゴロゴの文庫サイズ版。 かなりコンパクトになっているので、移動時間などのスキマ時間での勉強に最適です。 ただ、普通のゴロゴよりもイラストが少なかったりするので、自分の好みに合わせて選んでみてください。 古文の苦手はスタディサプリで克服 実は古文が苦手という受験生は意外にも多いです。 メイン科目ではない割には暗記量が多く、そこまで多くの時間がかけられないのが原因でしょう。 あとは古文のあの文章に馴染めない人も多いでしょう。 しかし、古文も英語同様で、 正しいルールと核心をついた知識を理解すれば、驚くほど暗記量が減ります! そんな 古文を担当するのは 授業はとても元気ハツラツ!親しみやすいイメージの岡本先生。 自分がもともと古文が苦手だったこともあり、わからない受験生目線に立った授業は人気爆発! スタディサプリでは本当にわかりやすい授業を展開してくれます。 このように現代文、古文の苦手はスタディサプリ でピンポイント撃破することが可能です。 今すぐ、登録しましょう! ・すぐ勉強に飽きてしまう ・受験勉強がつまらなくてしょうがない ・ついついゲームやテレビを優先してしまう ・E判定からの逆転合格を狙っている ・1日10時間以上勉強ができない ・やる気はあるけど行動に移せない ・いくら勉強しても偏差値が上がらない こんな悩みを抱えていませんか? これらの悩みを解決するために「楽しく毎日10時間勉強して自然と偏差値を爆上げする方法」題して「 Enjoy Study Method」を無料で配布しています。 高学歴な学生ライターを率いる当メディアの叡智を結集した2万文字にも及ぶ限定コンテンツです。 LINE にご登録いただければすぐに無料で閲覧することができます。 ぜひ、今すぐ登録してください!.

次の

古文単語って覚えにくくない?なぜ覚えにくいのか・覚え方のコツを塾長が伝授

古文単語 覚え方

古文はその国語の中でも、現代文より配点が低い分野です。 入試問題の中で、古文の配点はほんの一部に過ぎません。 その古文の中でも、古典文法や古文常識といった要素がたくさんあり、古文単語はそのうちの1つでしかありません。 つまり 古文単語は、受験全体で見ると、さほど重要度は高くないという事です。 ですから英単語と違って、古文単語はできる限り時間をかけずに、スピーディに覚えていきましょう。 「語呂合わせ」でスピーディに覚えてしまいましょう。 そこでおすすめなのが、 古文単語ゴロゴです。 イラストとゴロで、楽しくスピーディに単語が覚えられるんです。 お風呂に入っているときや、電車に乗っているときなどに勉強することで、息抜きにもなります。 私も受験生の時、古文単語ゴロゴを使っていましたが、 通常の単語帳の5倍以上のスピードで覚えられました。 古文単語ゴロゴで、ゴロ合わせで単語を覚えるときのポイントは2つ。 ・イラストをフル活用すること ・CDを聴くこと イラストをフルで活用すること プロの漫画家の方が、ゴロのイメージをコミカルなイラストで描いてくれています。 例えば「驚く=目を覚ます」という古文単語であれば、「おっと六時(おどろく)だ!」とびっくりしている男性のイラストが笑 このイラストの情景をリアルにイメージしましょう。 「やべえ!六時だよ!遅刻しちまうよ!!」と言っている男性を、頭に描いてみてください笑 自分が横から見ているようなイメージや、自分あたかも体験したようなイメージを描くと、印象に残りやすくなります。 ちょっと馬鹿らしいですが、息抜きがてらやってみましょう。 >> CDを聴くこと 古文単語ゴロゴには、ゴロの音声を読み上げてくれるCDがついています。 目で見るだけでなく、音で聴くことで記憶に定着させましょう。 ゴロと音声は、とても相性が良いんです。 古典文法の助詞や助動詞も、替え歌で覚えている受験生が多いのではないでしょうか。 それと同じで、古文単語のゴロも、音で聴くととても覚えやすいんです。 電車やバスの中、寝る前などに聴いて、頭から離れなくなるくらいまで定着させましょう。 出題頻度の低い単語は、最悪覚えられていなくても、受験に落ちる原因になる可能性は極めて低いですからね。 古文単語ゴロゴでは出題頻度順にA,B,Cとランクが分けられていますから、Aランクの単語から覚えていきましょう。 そしてAランクの単語が完璧に覚えられたら、Bランクの単語へと移っていってください。 出題頻度が高い古文単語を完璧に覚えきるまでは、先へ進んではいけません。 基礎からしっかりと固めて、一歩一歩進んでいきましょう。 6日後には、8割近くを忘れてしまうとのこと。 つまり1回覚えただけでは、まったく得点につながらないんですね。 ではどうすれば良いか。 それは 何度も何度も目に入れて、長期記憶にしまい込むことです。 長期記憶にインプットできれば、そう簡単には抜けていきません。 キーワードは 「一度の暗記にかける時間は短く、回数を多く」です。 暇さえあれば古文単語帳をチラ見するくらいの気持ちで、何度も目に入れましょう。 入試本番は時間との戦いになりますから、古文単語を見たらすぐに訳を思い出せるようにしなければいけません。 ゴロでインプットしたら、それ以降は単語単体で思い出す練習を繰り返しましょう。 古文単語ゴロゴの巻末には、単語リストが掲載されています。 そちらを活用しても良いですし、暗記カードを自分で作ってもOK。 古文単語をそれぞれ単体で見て、瞬時で訳を言えるようにトレーニングしましょう。 たとえば「あさまし」という単語。 ・驚くほど素晴らしい ・あまりにひどい という、全く逆の意味が含まれています。 どちらの意味で使われているかは、文脈から読み取らなければいけないんですね。 文脈を読み取れているか、そして単語の意味を複数覚えているかという2つの力を問うことができるので、出題されやすいです。 ですので 1つの単語に対して、複数の意味を覚えておく必要があるんですね。 実際に問題で問われると、なぜか出てこない。 また古文単語を見ても、「あれ、どんなゴロで覚えたんだっけ・・・」となってしまい、せっかくゴロを覚えても意味が出てこないこともあります。 そうならないように、 古文単語帳で覚えた後は、友達や家族にテストをしてもらったり、自分で別紙でチェックテストを行ったりしましょう。 古文単語をそれぞれ単体で見たときに、しっかりと訳が思い出せるのかをチェックしてください。 「あれ、意外と覚えられてないじゃん・・・」ということに、ここでやっと気づきます。 覚えられていなかった単語にはチェックをつけ、重点的に覚えるようにしましょう。 その時に、「あれ、覚えたはずなのに思い出せない」というケースもあると思います。 その単語はあなたにとって苦手で、記憶に定着しにくい単語なんです。 今まで以上に気を付けて覚えないと、またすぐにその単語は記憶から抜けてしまうでしょう。 ですから 苦手な古文単語は、単語帳にチェックをつけるなり、ノートにまとめるなりして、目に触れる回数を増やすようにしてください。 また模試や過去問で、単語帳には出てこなかった古文単語が出題されることもあるでしょう。 こうした古文単語は、単語帳には載っていなくても、また出てくる可能性は大いにあります。 全ての単語を覚えていてはキリがないので、 模試や過去問で直接、問題として問われた古文単語のみ、ノートにまとめておきましょう。 そうすることでさらに、知識量が増えていきますよ。 ここまでお伝えした覚え方を実践すれば、古文単語は間違いなくあなたの記憶に定着します。 古文の偏差値も上がり、入試本番でも得点できるでしょう。 だからこそ気合を入れて、きちんと覚えてください。 ちょっとでも甘えがあると、記憶への定着はガクンと落ちてしまいますからね。

次の

大量の古典助動詞が一瞬で覚えられる!究極の覚え方とは?

古文単語 覚え方

古文単語がなかなか覚えられない原因 ここでは『古文が苦手』『古文単語が覚えられない』という人が多い原因についてまとめたので確認しておきましょう! 複数の意味を持つ古文単語が多い まず、古文単語は複数の意味を持っているものが多いです。 しかも、英単語に比べて意味も多く5~7つほどの意味を持つ古文単語も少なくはありません。 なので、あいまいに覚えたままだと、古文単語の意味を間違えてとらえてしまい、文章自体の意味も間違って日本語訳してしまいます。 また、文章中で正しい意味を選ぶ際にミスをしてしまう人も多いです。 せっかく意味を知っていても文を違った意味で認識してしまっては点数を稼いでいくこともできませんよね。 これを解決するために後の部分で覚え方を解説していくので今の覚え方がうまくいかないという人はぜひ試してみてください。 現代語と意味が違う古文単語が多い 古文の中では現代語と全く同じ文字であっても意味が全然違う古文単語が多く存在しています。 例えば次の単語です。 あたらし 惜し 新しい(現代語) もったいない(古文単語) これらの語句は古文読解の際に出てきても現代語の意味がもう頭の中に染みついているのでなんとなく読めるようになってしまうのです。 そして、中途半端な単語の暗記になってしまいフィーリングで古文読解を進めていってしまいます。 古文は英語とは違って単語が分からないと文自体が全く読めない、ということはありません。 しかし、問題を解くということになってくると古文単語の知識は必須なのです。 古文単語を学習する際は英単語を覚えるときと同じ感覚を持っておくようにしましょう。 文法を理解していないのに単語暗記をしている これも古文が苦手、古文単語が覚えられないという人によくある共通点です。 古文単語には四段活用などの「活用形」が存在し、古文の文中に出てくる単語はほとんど活用されています。 つまり、古文単語帳に掲載されている古文単語がそのまま文章に出てくることはほとんどないのです。 しかし、そのことを知らないと、ただただ暗記をしていざ問題を解いてみると全くわからないという状態になってしまうのです。 私たちのゴールは古文単語を覚えることではありません。 古文読解で高得点を取ることです。 なので、焦る気持ちはわかりますが、単語を覚える前にはまずは簡単な文法の参考書は1冊終わらせるようにしましょう。 古文単語で大事なのは「核」 古文単語は英単語と比べても意味の多いものが多いです。 そこで効率的に覚え、できるだけ暗記量を少なくしていくためにも古文単語を覚える前には一度 「古文単語の核」を確認する癖をつけましょう。 どんな単語にも「核」は存在します。 日本語訳の方法が変わってくるのはその核の意味が状況や場面によって違う意味に変化していくからなのです。 現代語で一つ例を挙げてみます。 例えば 「やばい」という日本語があります。 これは、「すごい」という核になる意味が存在します。 しかし、状況によっては次のように意味が変わってきます。 例えば、「あいなし」という古文単語だと、核となるイメージとしては『何かいやだ』という意味を持っています。 なので、状況によっては「不快だ」「つまらない」「気に食わない」というように変わってきます。 たいていの古文単語は1つか2つの核となる意味で乗り切れるので覚える前に確認しておくことをおすすめします。 古文単語の効率的な覚え方 ここでは、古文単語の効率的な覚え方について4つ紹介するので覚える際は試してみてください! 例文で覚える 英語でもよく 「単語は例文と一緒に覚えると効果的」というのを聞きますが、これは古文単語を覚える際にも有効です。 この覚え方を行うことで、古文単語において大事な「単語の文中での使われ方」について古文単語ごとに学んでいくことができます。 複数ある古文単語の意味から文に合った意味を選ぶ感覚を身に着けていけます。 さらに、例文集などに載っている例文は有名なものが多いです。 なので 「 試験に出る可能性が高い文章に触れることができる」というものおすすめする理由の1つです。 私の友人でもたまたま覚えていた例文の一部が入試問題に出た、というのをよく聞きます。 それだけ例文は入試問題に出てきやすいということです。 イラストや語呂合わせで覚える この方法は使っている人も多いと思います。 「楽しく古文単語を覚えたい」「古文単語の意味が全然頭に残らない」という人には語呂合わせがぴったりです。 古文単語の何個もある意味を1つずつ覚えていくには時間、労力がかなりかかります。 なので、ただ文字を見て覚えるだけではない方法を使うことによってより効率的に覚えることができます。 人間は、ものを文字として覚えるよりも、イラストなどで覚えたほうが記憶に残りやすいという性質があります。 『ものをはっきりとイメージできるけど名前が思い出せない』ということは誰もが経験したことだと思います。 このことからもわかるように自分で文字をイラストなどと関連させて覚えることで古文単語が苦手な人でも苦を感じることなく覚えていくことができますよ。 プラスマイナスのイメージで覚える これは古文読解の際に役立つことなのですが、古文単語の覚える際は『古文単語が持つイメージ』を意識しながら暗記してほしいと思います。 例えば、 「いみじ」という古文単語では次の2つの意味を持っています。 マイナスのイメージ 飽きる この場合は、赤がプラスのイメージで青がマイナスのイメージです。 日本語訳を作っていく場合でも、イメージを持っておくと 「この古文単語はプラスのイメージだから訳すときもプラスの感じで行う」というようにニュアンスを考慮して解答を作っていけます。 このように単語それぞれには 「イメージ」というものがあるのでそれを頭に入れておくと古文読解の時に、ぎこちなく訳さずにきれいな日本語訳ができるようになるのです。 一気に覚えてしまう 上でも説明しましたが、古文単語の暗記量は300~600語程度で、英単語と比べてもかなり少ないです。 なので、古文単語を覚える際は1日10語ではなく1日40~50語一気に覚えてしまいましょう。 そして、一通り覚え終わったらとりあえず問題演習をしてみましょう。 すると、自分の知識の抜けや足りてない部分が見えてくると思うのでそれを復習する、という方法のほうが効率は格段にいいです。 寝る前の3分間や移動時間などのスキマ時間をうまく使うことができれば自然に覚えていけます。 どの教科においてもそうですが、復習にどれだけ時間を使えるかが成績を伸ばすにあたってとても重要です。 おすすめの古文単語帳 「古文単語の効率的な覚え方は一通り理解できたけど、どんな単語帳を使って覚えていけば良いのかわからない」という受験生も多いと思います。 そこで、おすすめの古文単語帳をこの記事内で紹介しています。 それぞれの単語帳の難易度やメリット・デメリットも解説しているので、ぜひ自分のレベルに合った単語帳選びの参考にしてください。

次の