生理中 太りやすい。 【生理中こそダイエットチャンス?!】生理中の2つのポイントとは?

生理周期を把握して賢くダイエット

生理中 太りやすい

生理中のダイエットは意味がない?生理前に体重が増える理由があります 生理前になると、イライラして甘いものが食べたくなったり、食欲が止まらなくなったりして「これまでのダイエットの成果が水の泡に」ということも多いようです。 生理前の食べ過ぎで脂肪がついて太ってしまった……と思いがちですが、生理前はホルモンの関係で体内の「水分量」が増えることで一時的に体重が増加します。 この時期に増える体内の水分量は2000mlにもなるといわれているので、2kg前後体重が増えるのは当然といえるでしょう。 もし、生理前後の体重が3~4kg以上増えてしまった、生理が終わっても増えた体重が戻らない場合は、生理前の食欲増加による食べ過ぎ、生理中の気分の落ち込みによる運動不足やストレス、生理前の便秘が解消されない等が原因の可能性があります。 また、生理前に体重が増えたり、体がむくんで重く感じるのは、月経前症候群(PMS)の一部でもあります。 生理周期を利用することで、ダイエットに差をつけましょう。 生理中(1日目~7日目) 生理中の約7日間は、体重が落ちにくい期間なので無理なダイエットはNG。 無理な食事制限や激しい運動はストレスをためることになり逆効果です。 この時期は体重を減らすよりも現在の体重をキープすることを意識してダイエットをしていきましょう。 生理後~排卵期(8日目~14日目) 生理後から排卵日までの約7日間は、代謝もよく一番痩せやすい期間なので、この生理後の1週間に集中してダイエットに取り組めば結果もついてきます。 排卵後(15日目~21日目) 排卵後の約7日間は、ダイエット期で落とした体重がリバウンドしないように定着させていく時期。 ダイエット期のバランスのよい食事を引き続き心がけ、ストレッチなどの軽い運動もプラスしていきましょう。 生理前(22日目~28日目) 生理前の約7日間は、便秘やむくみなどが起こりやすく、余分なものをため込みやすい時期です。 ダイエットの効果が出にくい生理前は、排出に役立つ食材を取り入れて体を排出モードにしていきましょう。 体が必要としているものを拒んで無理に「食べない」ことを続けていると、体は飢餓状態を感じて食べたものを体の中に蓄積し、極力エネルギーを消費しないように代謝の力を落としてしまいます。 普段はご飯などの主食の量をセーブしている人も、生理前は食欲に従って主食をきちんと食べましょう。 血糖値が下がりやすい生理前は、食事回数を増やすことでなるべく血糖値を一定に保つようにすると、空腹感が強くならないので無駄な間食や過食を防げます。 一気にたくさんの量を食べることを防ぐため、朝食と昼食の間に1食、昼食と夕食の間に1食を入れて、1日計5回の食事がベストです。 四六時中食べないように食欲をコントロールするのではなく、体の欲する時に欲するものを与えてあげ、心身のリラックスをはかりつつ、ダイエットを頑張る時と休憩する時のメリハリをつけることが、女性のダイエットを成功させる秘訣です。 すると代謝を低下させて、水分や塩分、脂肪を溜め込みやすくします。 女性ホルモンは2つのバランスが大切。 大豆に含まれるイソフラボンは、特にそのエストロゲンと似た働きをします。 豆乳には、小腸での脂肪吸収を抑えてくれる「大豆サポニン」、基礎代謝を活発にする「大豆たんぱく質」、むくみの原因となるナトリウムを排出する「カリウム」、腸内環境を整え老廃物の排出をサポートする「オリゴ糖」が豊富なので、必要以上に体に水分を溜め込まなくなります。 生理前の体重増加を防いで、異常な食欲や体のだるさを抑えることもでき、ダイエットはもちろん、PMSの抑制にもつながります。 生理前豆乳ダイエットの期間は、生理が始まる7日~10日前から生理が来るまで。 なるべく無調整の豆乳を1日200ml、食前や間食時に飲みます。 摂り過ぎは逆に生理不順等を起こすので注意しましょう。 生理前の運動におすすめ ダイエットの効果を出すには、生理前であっても運動、エクササイズ、筋トレは積極的に行いましょう。 ただし、生理前に体調がよくない人は、過度な運動はストレスになることもあります。 気分転換を兼ねた、軽いウォーキングなどから最適な運動量を探りましょう。 生理前2週間にやると効果的な運動は、ゆったりとしたペースの20分以上のジョギング。 自転車で30分走ったり、短時間でも高い運動効果を得られる水泳や水中ウォーキングは、血流が良くなってマッサージ効果も得られるため、生理前のむくみ解消にもおすすめです。 個人差もありますが、一般的に生理中は血行が滞りやすく、むくんだり、冷えやすくなります。 血行が良くなるだけでなく、運動がストレス解消になることも。 ただ、生理中はどうしても貧血になりやすいので、慣れない激しい運動、極端にキツイ運動は避けたほうがよいでしょう。 生理後から排卵前の徐々に骨盤が閉じていく時期は、骨盤が締まっていくことで体がよく動き、運動の効果が出やすいチャンス期。 逆にこの時期に骨盤が閉じていかない人は、なかなかダイエットが成功しません。 排卵後から生理前の徐々に骨盤が開いていくこの時期は、骨盤が開くと眠気や食欲が強くなるため、ついつい食べ過ぎになりがちです。 この時期に骨盤が開かないと、生理不順や肌荒れになる可能性もあります。 骨盤の状態と生理による体調の変化に適したエクササイズはダイエット効果だけでなく、生理痛や生理不順、ひどい冷え症、低体温に悩んでいる方には特におすすめです。

次の

ダイエットは2週間が勝負?!生理周期と痩せやすい時期の関係

生理中 太りやすい

生理後はダイエットが成功しやすい 女性の体は「 エストロゲン」と「 プロゲステロン」という二種類の女性ホルモンでコントロールされています。 そして、これらはダイエットの成功にも大きく関係しています。 女性ホルモンの分泌と生理のサイクル 女性の体のリズムは4つのサイクルに分けられます。 生理中 人によって差はありますが、生理中の約一週間はエストロゲンとプロゲステロンが一定量分泌されます。 生理後 生理終了直後から排卵までは、エストロゲンの分泌量が増加し、プロゲステロンの働きが抑えられます。 排卵 排卵後、約3~5日はプロゲステロンの分泌量が増加します。 生理前 排卵後から次の生理が始まる前の期間はエストロゲンの分泌量が減少し、プロゲステロンが優位に働きます。 痩せやすいのは生理後 女性特有のリズムの中で、一般的に痩せやすいと言われるのは生理後です。 そのため、生理後から排卵までの間に集中してダイエットを行う人もいます。 反対に生理前はダイエットに向いておらず、食事制限や運動をしても思うように痩せられないことも多いです。 生理後に痩せやすい理由とは? 生理後に痩せやすい理由は、エストロゲンの働きが活発化するためです。 エストロゲンは妊娠を成立させるために、心身を整える作用があるので、生理後は体調が良くなり、集中力が上がってダイエットの効果が現れやすいと考えられています。 その一方で、生理前に分泌量が増加するプロゲステロンは血糖値を下げるインスリンの働きを妨げる作用を持っています。 血糖値が安定しなければ、食欲のコントロールが難しくなるので、暴飲暴食に走ってしまう人も珍しくありません。 また、生理前はPMS(月経前症候群)の症状が現れる人も多いです。 PMSの症状には個人差がありますが、むくみや過食が起こると体重が減りにくくなり、イライラや不安を感じれば、ダイエットを続けるのが難しくなります。 よって、ダイエットを成功させたい人は生理後から食事制限や運動を行うのがおすすめです。 スポンサーリンク 生理後のダイエットの口コミ 生理周期を意識して、生理後にダイエットを始めた人の口コミを確認したところ、多くの人が減量に成功しています。 食事制限と運動を並行して行った場合は1ヶ月で1~3kg、6ヶ月で5~7kg痩せている人が多いです。 また、生理後だけ集中してダイエットをしている人の口コミでは「食事制限や運動が苦手でも続けやすい」という意見も目立ちます。 食事制限や運動に苦手意識がある人は「排卵まで」と明確に期限を決めてダイエットすることで、ストレスが抑えられているのでしょう。 その一方で、生理前に体重が増加した人は生理後にダイエットを始めても「大きな効果を得られなかった」と感じることが多いようです。 生理前に暴飲暴食をして3kg程度太ってしまった人はダイエットを頑張っても、前の月の生理前と体重が変化しないことも珍しくありません。 さらに、PMSの症状で腹痛や食欲減退などが現れる人は「生理が終わって体調が落ち着くと、食欲が増して痩せられない」と感じることもあるようです。 生理後のダイエットを成功させるためのポイント 生理後にダイエットを始める場合は食事と運動にこだわってみましょう。 食事 生理後でも極端な食事制限は危険です。 とはいえ、生理が終わっても暴飲暴食していれば痩せられません。 ダイエットを成功させたい人は4つのポイントを意識して食事を摂りましょう。 鉄分を摂る 生理後は貧血になる人が多いです。 貧血とは、血液中の赤血球やヘモグロビンが減少した状態を意味します。 血液には体の隅々まで酸素や栄養素を運ぶ働きがあります。 したがって、貧血になると、酸素や栄養素が不足し、細胞の働きが悪くなって運動機能が低下したり、代謝が落ちたりする可能性が高いです。 また、貧血になって血液の流れが悪くなると、老廃物や水分を回収できず、むくみも起こります。 したがって、ダイエットを成功させるためには、貧血を予防することが大切です。 貧血の予防には、食生活の見直しがおすすめです。 特に、ヘモグロビンの元となる 鉄分を含んだレバーやカツオなどの食べ物を摂ると、生理後でも貧血の予防を期待できます。 タンパク質を摂る 血液、筋肉、ホルモンなどを作るタンパク質の摂取も欠かせません。 厳しい食事制限でタンパク質が不足すると、貧血を起こしたり、ホルモンバランスが乱れたりして、痩せにくくなります。 また、運動をしても筋肉を構成するタンパク質が足りなければ、筋肉量は増加しません。 さらに、タンパク質不足で筋肉量が減ると、ダイエットを終えた後にリバウンドする可能性も高いです。 ダイエットを成功させたい人は低タンパク高カロリーのささみなどを積極的に食べて、タンパク質不足を予防しましょう。 炭水化物は摂りすぎない 炭水化物はエネルギーの元となる重要な栄養素ですが、摂取しすぎて余った炭水化物は脂肪として体内に蓄積されます。 ダイエット中は炭水化物の摂りすぎに注意し、脂肪の蓄積を防ぎましょう。 ただし、全く炭水化物を摂らなければ、エネルギー不足に陥ります。 健康的に炭水化物を制限したい人は夜だけ主食を抜いたり、間食を控えたりするのがおすすめです。 食べる順番にこだわる 食事は野菜、肉や魚、炭水化物の順番で摂りましょう。 この順番で食事を摂ると、血糖値の急激な上昇を抑えられて、脂肪の蓄積を予防できます。 関連記事 運動 痩せやすい生理後は食事制限とともに運動をして効率的に体重を落とすのがおすすめです。 生理後の短期間で体重を落としたい場合は、無酸素運動(筋トレ)と有酸素運動を続けて行うのが良いでしょう。 無酸素運動 無酸素運動は短時間で筋肉に大きな負荷をかけるため、筋肉量を増やす効果を期待できます。 筋肉量が増えれば、筋肉を維持するためにエネルギーが使われて基礎代謝が高まります。 特に、スクワットなどの広範囲の筋肉を鍛えられる筋トレはダイエットにおすすめです。 広範囲の筋肉を鍛えて基礎代謝を上げておけば、カロリーの消費量が増えるため、ダイエットを止めても太りにくく、リバウンドのリスクも下げられます。 有酸素運動 有酸素運動は長時間に渡って体を動かすため、脂肪の燃焼を期待できます。 有酸素運動で脂肪の燃焼が始まるのは運動開始後20分経ってからだと考えられているので、ダイエットを成功させたい人は 30分以上体を動かすと良いでしょう。 有酸素運動にはウォーキングやジョギング、水泳、ヨガなどさまざまな運動が含まれます。 消費カロリーで運動を選ぶのも良いですが、自分に合った運動を見つけて、ストレスなく継続することがダイエット成功への近道です。 関連記事• 運動の順番 無酸素運動で代謝を高めた後に有酸素運動を行えば、効率的に脂肪を燃焼できて、短期間でダイエットを成功させられる可能性が高いです。 生理後のダイエットの注意点 生理後は心身ともに安定していて痩せやすいですが、ダイエットで無理をすると、生理前や生理中に体調を崩したり、リバウンドしたりする可能性があります。 生理後のダイエットで失敗したくないなら、2つの点に注意しましょう。 無理をしない 生理後の厳しい食事制限でストレスを貯めると、生理前や生理中に暴飲暴食することがあります。 また、短期間で痩せすぎてしまうと、体調を崩して生理が止まったり、体が脂肪を貯め込もうと働いたりする可能性も否定できません。 暴飲暴食でリバウンドしたり、体へ負担をかけたりしないためにも、生理後は無理なダイエットを行わず、少しずつ体重を減らすのがおすすめです。 1ヶ月の減量制限を体重の5%程度にとどめておけば、ダイエットに失敗しにくくなります。 睡眠不足は避ける 睡眠中は筋肉を成長させるホルモンの分泌量が増加します。 生理後に体調が良くなっても、睡眠が不足すると、運動の効果を十分に得られないので、ダイエット中は良質な睡眠を取ることを心がけましょう。 ぐっすりと寝られないと感じている人は毎日の就寝・起床時間を決めたり、朝起きた時に太陽の光を浴びたりすると、体内時計を整えられて良質な睡眠を取れます。 まとめ PMSや生理痛などの不快症状がなくなり、エストロゲンの分泌量が増加して心身が安定する生理後はダイエットに適した期間です。 食事制限や運動の効果も得られやすいので、痩せたい人は生理後からダイエットを始めましょう。

次の

生理中に体重が増える!太るのは仕方がない?対策はある?

生理中 太りやすい

ここで、一つの疑問が生まれます。 「生理中は太らないのはやはり嘘?」 確かに先述したように、一般的に排卵期から生理前、生理中は痩せにくいし太りやすい時期だといわれています。 しかしながら、実際にその時期は太らないばかりか、逆に痩せるという人も少なからずいることも事実。 実は生理と体重減少の因果関係は解明されておらず、確かな情報もありません。 今の私の意見としては、 「体質によるもの」。 同じ食事、同じ薬を服用しても、効果の出方は人それぞれであるように、生理中もまたすべての人が痩せにくく太りやすかといえば、決してそうではありません。 人間の身体は実に複雑です。 今は遺伝子検査などで、自分のカラダは糖質で太る体質なのか、あるいは脂肪、またはたんぱく質で太る体質なのかが分かるキットが販売されていますが、日頃から自分のカラダに向き合い大切にすることで、どんな時期にどのような物を摂ればどんな症状が現れるかがおのずと分かってきます。 ネットやテレビの情報に惑わされず、自分のカラダの声に耳を傾けましょう。 では酵素を多く含む食材をじゃんじゃん食べればいいのでは?というとそれだけではないことが奥深いところ。 酵素を働かせるには、「ビタミン」と「ミネラル」の力が必須です。 ビタミンについての説明はここでは省きますが、ミネラルは人での必須性が認められている9種類のミネラルがあります。 この中にはカルシウムやナトリウムの他、鉄分も含まれております。 ミネラルはチームワークで働く栄養素であるため、9種類のうちの一つでも不足してしまうとミネラル本来の働きが弱まってしまうのです。 先ほども述べたように、女性は毎月の生理により鉄が不足しがちです。 それによって ミネラルの力が発揮できず、酵素を上手く働かせることが出来ずに、脂肪燃焼もしにくいカラダとなるわけです。 鉄分豊富な食材と上手な摂り方 生理中は血行が悪くなり冷えやすくなることから ストレッチはオススメです。 ではどんなストレッチがオススメかという話になりますが、ポイントは心とカラダがリラックスできること。 筋肉が緊張しているところや気持ちいい箇所は人それぞれであり、生理中はあらゆる不調からストレスを溜めがちな為、自分が気持ちいいと思う所を重点的に伸ばすだけで身体がほぐれ生理中のストレスが緩和されます。 また、日頃からストレスを溜めやすい現代社会に生きる私たちは、自律神経のバランスも乱れやすく、さらに生理前から生理中にかけてのホルモン分泌量が大きく変化することが加わり、生理痛が強くなるなど不調を感じることが多いでしょう。 そこで、自律神経の乱れを整え、生理中のストレスから心とカラダを開放し、しかも脂肪燃焼にも繋がるとっておきの方法を紹介します。 普段、無意識に行われている呼吸は、自律神経と密接な関係があり、息を吸う時は交感神経が働き、息を吐く時は副交感神経が優位に働きます。 ストレスによって乱れた自律神経を、呼吸をコントロールすることで整えることが出来るのです。 特に長く吐くことによって、副交感神経が大きく活性化し、心とカラダの緊張を取ることが出来るだけでなく、脳がリラックス状態になり、脳内から幸せホルモンであるセロトニンが分泌されることが分かっています。 実は、呼吸はダイエットにも期待がもてます。 呼吸に関わっている筋肉の事を 「呼吸筋」と呼んでいますが、それには息を吸うときに収縮する筋肉と、息を吐く時に収縮する筋肉の2種類があり、その中にはインナーマッスルも含まれています。 長く息を吸う、吐くことが出来れば、インナーマッスルが覚醒し、お腹が引き締まるだけでなく脂肪燃焼効果もアップするのです。 呼吸法には腹式呼吸と胸式呼吸の二種類があります。 その時あなたが何を優先したいかによって使い分けることが出来ます。 ストレスから解放しリラックスするための「腹式呼吸」 お腹を膨らませながらゆっくり息を吸い、お腹を凹ませながら息を長く吐く腹式呼吸は、特に副交感神経に働きかけ優位にします。 ヨガの呼吸法として使われており、生理中のイライラや、日頃のストレスを強く感じるときに行うと効果的です。 脂肪燃焼には「胸式呼吸」 一方、胸式呼吸は腹式呼吸とは反対に、お腹を凹ませながら大きく息を吸い、息を長く吐くのですが、この吐く際に腹筋を緩ませないようにします。 ポイントは肋骨が開いたり閉じたりするのを意識すること。 ピラティスの呼吸法として有名ですね。 交感神経に働きかけ、筋肉が目覚め代謝が上がり、脂肪を燃焼しやすくなります。

次の