エクセル 日数 カウント。 Excel(エクセル)で日付の期間(日数、月数、年数)を求める|DATEDIF関数の使い方

エクセル日数計算徹底解説-上級者直伝!知ってて便利な日数の応用計算術

エクセル 日数 カウント

その場合には、セルの表示形式を「標準」や「数値」に戻すことで、日数を表示させることができます。 変な表示がされた場合には、まずは、セルの書式設定を確認してみてください。 月数を計算する 月数の計算は、月末の日付が月により28日~31日まで変動するため、ややこしいです。 そこで、状況別に計算方法を書いていきます。 日付を無視した月数の計算 日付を無視して、年・月のみを見て、次のような計算をする方法です。 日付の部分が必要なければ、書式設定で「年・月」のみ表示する設定にしてください。 1ヶ月後の(月末)日付 暦による月数計算• 月を1増やして作った日付(応当日)が存在している場合には、その日付• 月を1増やして作った日付(応当日)が存在していない場合には、その月の月末 を1ヵ月後とする方法です。 datedif関数には注意 例えば、ある日とある日の間が何日(あるいは何ヶ月)あるかを計算するための関数として、エクセルにはdatedif関数という隠し関数があります。 一見便利そうですが、datedif関数は、以下のような 非常に不安定な動きをします。 バグがある• バージョンにより挙動が違う また、月数を計算する場合、状況によって、どのように月数・年数を計算するかが大きく異なります。 そのため、datedif関数が完璧に動作をするとしても(あなたが望む)月数が計算できるとは限りません。 そこで、このページではdatedif関数を使わない計算方法を紹介しました。 まとめ 日数計算については、比較的シンプルです。 でも、月数計算については、用途により様々な計算方法がありえますので、要件を確認しましょう。 また、計算式を入れた結果が、本当に自分の用途に合うのか、確認をする癖を付けましょう。 特に、月末日付や「うるう年」関連の確認をしておかないと、足元をすくわれる可能性が高いのでお気をつけください! おすすめ記事•

次の

エクセルCOUNTIF関数で日付を指定してカウントする方法!

エクセル 日数 カウント

土日祝日を除いた、開始日から終了日までの日数を求めるには、NETWORKDAYS関数を利用します。 はじめに 営業日を求める関数としてWORKDAY関数がありますが、これは「経過日数」を求めます。 基準日から指定した日数を経過したのが営業日となります。 一方、営業日数は、開始日を含めた日数となります。 NETWORKSDAY関数は、開始日と終了日の間にある週日の日数を計算します。 日付を直接指定する場合は、ダブルクオーテーションで囲みます。 終了日 終了日の日付または、日付が入ったセルを指定します。 日付を直接指定する場合は、ダブルクオーテーションで囲みます。 祭日 国民の休日や休業日など、計算から除く日付または日付が入ったセルを指定します。 土日を除いた日付だけを計算する場合は、この引数は省略してもOKです。 wanichan. net サイト メインブログ。 ちょっとした技術メモ。 Microsoft中心。 Webサイト管理等にまつわるネタ、サイトの更新情報等を発信中。 Expression Web初心者向けガイド。 ステップバイステップで解説していきます。

次の

稼動日数を求める(NETWORKDAYS関数・gma.cellairis.com関数):Excel関数

エクセル 日数 カウント

DATEDIF関数で期間の計算 この日からこの日迄の期間を計算したい、そんな時には DATEDIF関数を使います。 ただこの関数、ダイアログボックスで表示される関数一覧には表示されない関数なんです。 そして、その期間を 年数で表示させたい場合は、「Year」の "Y"、 月数で表示させたい場合は、「Month」の "M"、 日数で表示させたい場合は、「Day」の "D"、 と、単位を自分で指定することができます。 今回は開始日(A2番地)から終了日(B2番地)までの年数を出してみたいと思います。 ここから関数の中身となる引数の指定です。 まずは期間の開始日を指定します。 開始日のセル(A2番地)をクリックで選択し、 ,(カンマ)を入力します。 同様にして、次は期間の終了日を指定します。 終了日のセル(B2番地)をクリックで選択し、 ,(カンマ)を入力します。 最後は求める期間をどの単位で表示させるのか、単位を指定します。 今回は年数を表示させたいので "Y"と入力します。 これで引数の指定は終わり。 「 」括弧でとじ、Enterキーで確定します。 開始日から終了日までの年数を求めることができました! あとは必要に応じてで他のセルにも数式をコピーすればOKです。 年数の部分は先程の単位"Y"でOKですが、 月数の部分は単位 "YM"で1年に満たない月数を求め、 日数の部分は単位 "MD"で1ヶ月に満たない日数を表示させます。 「 Year(1年)」未満の「 Month(月)」で、 "YM"、 「 Month(1ヶ月)」未満の「 Day(日)」で、 "MD"、と覚えると覚えやすいです。 こちらも、「 Year(1年)」未満の「 Day(日)」で、 "YD"、と覚えると覚えやすいです。 そして自分の目的に合わせて単位を使い分けていきます。 "Y" 指定した期間の年数(満年数)を表示 "M" 指定した期間の月数(満月数)を表示 "D" 指定した期間の日数(満日数)を表示 "YM" 指定した期間の1年に満たない月数を表示 "MD" 指定した期間の1ヶ月に満たない日数を表示 "YD" 指定した期間の1年に満たない日数を表示.

次の