水漏れ修理 料金 相場。 水道の水漏れ修理を料金と口コミで比較!

水漏れ修理の価格相場

水漏れ修理 料金 相場

水回りのトラブルについて 「トイレの水が流れなくなった」「お風呂のシャワーが出なくなった」など、水回りのトラブルは緊急性が高いものが多いといわれています。 トラブルが起こる前に、普段とは違う違和感があったら早めに調べておくことが大切です。 ここでは、水回りのトラブルの中で比較的多い症状と、修理にかかる費用の相場価格についてみてみましょう。 トイレのトラブルについて 「トイレの詰まり」や「水が流れない」、「水位が上がる」などのトラブルは、ほとんどの場合、ティッシュペーパーなどの異物を流してしまうことが原因で起こります。 このようなトラブルがおきてしまったら、まずラバーカップを使ってみましょう。 大抵のトラブルは解消しますが、それでも改善しない場合はトイレ修理業者に依頼しましょう。 浴室のトラブルについて 浴室のシャワーヘッドや蛇口はパッキンなどのゆるみによる水漏れが多く、またバスタブは排水栓や排水口の詰りによるトラブルが多いようです。 他には、蛇口の老朽化などにより、蛇口そのものを交換することもあります。 シャワー付き蛇口をリフォームする場合の価格相場は約3万円~(工事費込み)ですが、グレードが高いものはかなり高額になることもあります。 台所のトラブル 台所で多いトラブルは、シンクの詰りとシンク下のパイプ結合部分の水漏れです。 排水溝の水が流れなくなる原因として、排水口に流れた微量の油が、排水管にへばりついて酸化することなどがあります。 洗面所のトラブル 洗面所でもゴムパッキンの劣化、ホースの破損、ゴミのつまりなどが原因で蛇口の水漏れが多いです。 また、脱水時に糸くずやゴミが流れていく洗濯パンの詰りなどもトラブルの原因になります。 水回りの修理の相場費用について ・トイレ修理費用の相場…トイレの詰りは約5000円~約5万円、配管洗浄は約1万5000円~約4万円、トイレの水漏れは約4000円~約1万2000円。 ・浴室修理費用の相場…シャワーヘッドの水漏れや排水口の詰りは約4000円~、蛇口の水漏れは約1000円~。 ・台所の修理費用の相場…シンクの詰りは約4000円~、シンク下のパイプ交換は約6000円~。 ・洗面所修理費用の相場…洗濯パンの詰りは約4000円~、蛇口の水漏れやパイプ交換は約1000円~。 自分でできる水回りの修理 水回りの修理は、資格を持ったプロの作業員でなければ行えない工事もあれば、資格がなくても行える比較的簡単な修理もあります。 そこで、自分でできる修理とプロに修理を任せなければならない修理についてそれぞれ見ていきましょう。 パッキンの交換ならDIYでもできる トイレタンクからの水漏れや、シャワーヘッドからの水漏れの場合、給水管に取り付けられているパッキンの老化が原因になっているケースがあります。 このパッキンはホームセンターなどで購入することができ、交換作業自体もあまり難しくないためDIYで行える修理だと言えるでしょう。 また、台所や洗面台に取り付けられている蛇口がのレバーから水漏れしている場合、レバーを動かして温水と冷水を調整するタイプの蛇口であれば、レバーの内部に取り付けられたカートリッジの劣化が原因で水漏れが起こっている場合があります。 このカートリッジの交換作業もDIYで行える修理でしょう。 専門業者に依頼すべき工事 水道や下水道の給水経路に触れる修理は、専門的な知識が必要なだけでなく、修理が失敗すれば周囲にも被害が及ぶことから、水道技術管理者などの適切な有資格者のみしか行えません。 このような箇所はDIYでは修理を行わず、異常を感じたらすぐに専門業者に修理を依頼するようにしましょう。 しかし、有資格者がいないにもかかわらずこのような作業を行う悪徳修理業者が存在するのも事実です。 ホームページ等に資格保有の記載がある業者を選んだり、水道局指定の業者を選ぶことで安心して修理依頼することができるでしょう。 水回り修理業者に依頼するときの注意点 水回りの修理を依頼するときに失敗しないために、気をつけたいことがあります。 ではどのようなことに注意しながら業者を選んだらよいのでしょうか。 詳しく見ていきましょう。 指定水道工事店かどうかをチェック 水回り修理業者の候補を選ぶ場合、まずチェックしておきたいのが、指定水道工事店かどうかです。 指定水道工事店とは管轄する地域の水道局から水道工事をしてもいいと認められた業者のことです。 しかし、実際に営業している修理業者のなかには、この指定水道工事店の認定を受けていない業者もあります。 修理の内容次第では指定水道工事店でなくてもできる工事がありますが、修理工事のトラブルを避けたいのならば指定水道工事店に修理を依頼するようにしましょう。 料金体系をチェック 広告では安い修理費用を謳っておきながら、実際には高い修理費用を請求されたといったトラブルがよく聞かれます。 そうしたトラブルを避けるためには、業者の料金体系をしっかりとチェックすることが大切です。 修理費用が安いと思われる広告では基本料金のみが表示されていることが多く、実際に見積もりを依頼してみると、部品代や出張費などが上乗せされることが少なくありません。 見積もりを依頼するときには、料金体系についても事前によく確認するようにしましょう。 また工事前に見積もりを提示しない、または突然訪問してきた業者などは悪徳業者であることがほとんどです。 口車に乗せられることなく、こうした業者とは契約を結ばないようにしましょう。 水道管の漏水について知っておきたいこと 水回りの修理やリフォーム工事は、目に見えるものばかりではありません。 水道メーターから蛇口までの、水道管やパッキンなどの破損や亀裂が原因で、漏水していることもあります。 水道料金が急に高くなったという場合には、水道管を調べてもらう必要があります。 水道管の修理や水道管交換のためのリフォーム費用は、程度によって変わりますが、簡単なものだと約7000円から工事できるものもあります。 修繕工事施工報告書について 意外と知られていないものに「修繕工事施工報告書」というものがあります。 これは水漏れが原因で、水道料金が上がってしまった際に、水道料金が増えてしまった部分の一部を減額してもらえるという制度です。 注意点は、水漏れが判明したら、すぐに修理工事してもらう必要があることです。 速やかに業者に修理工事してもらい、必ず修繕工事施工報告書を作成してもらいましょう。 アフターサービスの確認 水漏れの修理は、パッキンなどの調整や交換で簡単にできるものが多いのですが、複雑な水道管工事などでは、修理しても再び水漏れが起こることもあります。 そのような時に、アフターサービスが充実している水道業者に依頼しておけば安心です。 工事を発注する前にアフターサービスについても確認しておきましょう。 水回りリフォームに対応する優良な会社を見つけるには? ここまで説明してきた水回りリフォームは、あくまで一例となっています。 「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって 「大きく異なる」ことがあります。 そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず 「比較検討」をするということ! この記事で大体の予想がついた方はへ行きましょう! 「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」 「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。 」 そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。 大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国800社以上が加盟しており、水回りリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。 一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。 後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!.

次の

水漏れ修理の価格相場

水漏れ修理 料金 相場

水回りのトラブルについて 「トイレの水が流れなくなった」「お風呂のシャワーが出なくなった」など、水回りのトラブルは緊急性が高いものが多いといわれています。 トラブルが起こる前に、普段とは違う違和感があったら早めに調べておくことが大切です。 ここでは、水回りのトラブルの中で比較的多い症状と、修理にかかる費用の相場価格についてみてみましょう。 トイレのトラブルについて 「トイレの詰まり」や「水が流れない」、「水位が上がる」などのトラブルは、ほとんどの場合、ティッシュペーパーなどの異物を流してしまうことが原因で起こります。 このようなトラブルがおきてしまったら、まずラバーカップを使ってみましょう。 大抵のトラブルは解消しますが、それでも改善しない場合はトイレ修理業者に依頼しましょう。 浴室のトラブルについて 浴室のシャワーヘッドや蛇口はパッキンなどのゆるみによる水漏れが多く、またバスタブは排水栓や排水口の詰りによるトラブルが多いようです。 他には、蛇口の老朽化などにより、蛇口そのものを交換することもあります。 シャワー付き蛇口をリフォームする場合の価格相場は約3万円~(工事費込み)ですが、グレードが高いものはかなり高額になることもあります。 台所のトラブル 台所で多いトラブルは、シンクの詰りとシンク下のパイプ結合部分の水漏れです。 排水溝の水が流れなくなる原因として、排水口に流れた微量の油が、排水管にへばりついて酸化することなどがあります。 洗面所のトラブル 洗面所でもゴムパッキンの劣化、ホースの破損、ゴミのつまりなどが原因で蛇口の水漏れが多いです。 また、脱水時に糸くずやゴミが流れていく洗濯パンの詰りなどもトラブルの原因になります。 水回りの修理の相場費用について ・トイレ修理費用の相場…トイレの詰りは約5000円~約5万円、配管洗浄は約1万5000円~約4万円、トイレの水漏れは約4000円~約1万2000円。 ・浴室修理費用の相場…シャワーヘッドの水漏れや排水口の詰りは約4000円~、蛇口の水漏れは約1000円~。 ・台所の修理費用の相場…シンクの詰りは約4000円~、シンク下のパイプ交換は約6000円~。 ・洗面所修理費用の相場…洗濯パンの詰りは約4000円~、蛇口の水漏れやパイプ交換は約1000円~。 自分でできる水回りの修理 水回りの修理は、資格を持ったプロの作業員でなければ行えない工事もあれば、資格がなくても行える比較的簡単な修理もあります。 そこで、自分でできる修理とプロに修理を任せなければならない修理についてそれぞれ見ていきましょう。 パッキンの交換ならDIYでもできる トイレタンクからの水漏れや、シャワーヘッドからの水漏れの場合、給水管に取り付けられているパッキンの老化が原因になっているケースがあります。 このパッキンはホームセンターなどで購入することができ、交換作業自体もあまり難しくないためDIYで行える修理だと言えるでしょう。 また、台所や洗面台に取り付けられている蛇口がのレバーから水漏れしている場合、レバーを動かして温水と冷水を調整するタイプの蛇口であれば、レバーの内部に取り付けられたカートリッジの劣化が原因で水漏れが起こっている場合があります。 このカートリッジの交換作業もDIYで行える修理でしょう。 専門業者に依頼すべき工事 水道や下水道の給水経路に触れる修理は、専門的な知識が必要なだけでなく、修理が失敗すれば周囲にも被害が及ぶことから、水道技術管理者などの適切な有資格者のみしか行えません。 このような箇所はDIYでは修理を行わず、異常を感じたらすぐに専門業者に修理を依頼するようにしましょう。 しかし、有資格者がいないにもかかわらずこのような作業を行う悪徳修理業者が存在するのも事実です。 ホームページ等に資格保有の記載がある業者を選んだり、水道局指定の業者を選ぶことで安心して修理依頼することができるでしょう。 水回り修理業者に依頼するときの注意点 水回りの修理を依頼するときに失敗しないために、気をつけたいことがあります。 ではどのようなことに注意しながら業者を選んだらよいのでしょうか。 詳しく見ていきましょう。 指定水道工事店かどうかをチェック 水回り修理業者の候補を選ぶ場合、まずチェックしておきたいのが、指定水道工事店かどうかです。 指定水道工事店とは管轄する地域の水道局から水道工事をしてもいいと認められた業者のことです。 しかし、実際に営業している修理業者のなかには、この指定水道工事店の認定を受けていない業者もあります。 修理の内容次第では指定水道工事店でなくてもできる工事がありますが、修理工事のトラブルを避けたいのならば指定水道工事店に修理を依頼するようにしましょう。 料金体系をチェック 広告では安い修理費用を謳っておきながら、実際には高い修理費用を請求されたといったトラブルがよく聞かれます。 そうしたトラブルを避けるためには、業者の料金体系をしっかりとチェックすることが大切です。 修理費用が安いと思われる広告では基本料金のみが表示されていることが多く、実際に見積もりを依頼してみると、部品代や出張費などが上乗せされることが少なくありません。 見積もりを依頼するときには、料金体系についても事前によく確認するようにしましょう。 また工事前に見積もりを提示しない、または突然訪問してきた業者などは悪徳業者であることがほとんどです。 口車に乗せられることなく、こうした業者とは契約を結ばないようにしましょう。 水道管の漏水について知っておきたいこと 水回りの修理やリフォーム工事は、目に見えるものばかりではありません。 水道メーターから蛇口までの、水道管やパッキンなどの破損や亀裂が原因で、漏水していることもあります。 水道料金が急に高くなったという場合には、水道管を調べてもらう必要があります。 水道管の修理や水道管交換のためのリフォーム費用は、程度によって変わりますが、簡単なものだと約7000円から工事できるものもあります。 修繕工事施工報告書について 意外と知られていないものに「修繕工事施工報告書」というものがあります。 これは水漏れが原因で、水道料金が上がってしまった際に、水道料金が増えてしまった部分の一部を減額してもらえるという制度です。 注意点は、水漏れが判明したら、すぐに修理工事してもらう必要があることです。 速やかに業者に修理工事してもらい、必ず修繕工事施工報告書を作成してもらいましょう。 アフターサービスの確認 水漏れの修理は、パッキンなどの調整や交換で簡単にできるものが多いのですが、複雑な水道管工事などでは、修理しても再び水漏れが起こることもあります。 そのような時に、アフターサービスが充実している水道業者に依頼しておけば安心です。 工事を発注する前にアフターサービスについても確認しておきましょう。 水回りリフォームに対応する優良な会社を見つけるには? ここまで説明してきた水回りリフォームは、あくまで一例となっています。 「費用・工事方法」は物件やリフォーム会社によって 「大きく異なる」ことがあります。 そのとき大事なのが、複数社に見積もり依頼して必ず 「比較検討」をするということ! この記事で大体の予想がついた方はへ行きましょう! 「調べてみたもののどの会社が本当に信頼できるか分からない…」 「複数社に何回も同じ説明をするのが面倒くさい...。 」 そんな方は、簡単に無料で比較見積もりが可能なサービスがありますので、ぜひご利用ください。 大手ハウスメーカーから地場の工務店まで全国800社以上が加盟しており、水回りリフォームを検討している方も安心してご利用いただけます。 一生のうちにリフォームをする機会はそこまで多いものではありません。 後悔しない、失敗しないリフォームをするためにも、リフォーム会社選びは慎重に行いましょう!.

次の

水漏れ修理の価格相場

水漏れ修理 料金 相場

蛇口の水漏れが起こった時の応急処置 水道の蛇口から水漏れが発生しているのに気づいたとき、すぐに水道修理業者に電話したくなりますが、まずしなくてはいけないことが2つあります。 どこから水漏れが発生しているか特定する• 蛇口への水の供給を止める 水が吹き出しているのであれば、急いで水道修理業者に連絡する必要がありますが、ポタポタとしずくが垂れているくらいでしたら、まずは落ち着いて 水漏れ箇所の特定をしてください。 水は低いところに流れますので、実際に水が垂れている場所と水漏れ箇所が必ずしも一致するわけではありません。 水漏れ箇所が分かったら、念のため写真や動画を撮っておきましょう。 次にするべきことは、 蛇口への水の供給を止めることです。 水の流れを止めないと、ずっと水が漏れ続けますので、どんどんと水道料金が増えていきます。 では水の供給はどうやって止めるのでしょう?まずは蛇口が設置してあるシンクや洗面台の下部を調べてください。 おそらくそこに 止水栓があるはずです。 止水栓のレバーを回せば、そこで水の供給を止めることができます。 近くに止水栓が見つからない場合には、家全体への水の供給を止めます。 水道のメーターボックス近くに 元栓が設置されていますので、そのレバーを回して家への水の供給を止めましょう。 蛇口の水漏れは自分で修理することもできる 水漏れは業者に依頼して直してもらうのが確実ですが、DIY慣れしている人なら、わざわざ業者にお願いしなくても自分で直せることもあります。 水漏れの原因はいくつもありますが、自分で直すことができるのは下記の2点です。 パッキンの劣化• ねじの緩み 蛇口のハンドルやレバーには、水の流れを止めるためにパッキンが使われています。 パッキンはゴムで作られていますので、 10年程度で劣化が始まります。 このパッキンの劣化によって水漏れが発生している場合には、パッキンを交換するだけで簡単に直ります。 パッキンはホームセンターなどで購入可能ですので、同じ形のものを購入して交換しましょう。 また、パッキンを固定している部品のねじ部が緩んでいる場合にも、パッキンが十分に働かずに水漏れにつながることがあります。 こちらはドライバーなどの工具で増し締めするだけで、水漏れを止めることができます。 業者に依頼するときの目安 水漏れも状態によってはDIYで直すことができますが、自分で直そうとして余計に水漏れを悪化させてしまうというケースもあります。 そうならないようにするには、やはり専門知識をもった水道修理業者に依頼したいところですが、どのような状態であればDIYではなく業者に依頼すべきなのでしょう。 勢いよく水漏れが発生している• 水漏れの発生箇所を特定できない• 修理箇所の取り外しができない• 自分で直せる自信がない このような状態にある場合には、自分でなんとかしようとせずに水道修理業者に連絡してください。 勢いよく水漏れが発生している場合には、 蛇口のどこかに亀裂が入るなどの大きなトラブルを抱えている可能性があります。 水漏れの発生箇所が分からない場合も、蛇口そのものが壊れている可能性も考えられます。 こういうときは修理の難易度がかなり高くなるため、 専門家に任せてしまいましょう。 明らかにパッキンから漏れているような場合でも、ネジがきつくて自分で取り出せないことがあります。 また、手先があまり器用でなく直せる自信がないという方も、無理に自分で何とかしようとするのではなく、確実に直してもらえる業者に依頼しましょう。 蛇口の水漏れを業者に依頼したときの費用 蛇口の水漏れを業者に依頼するときに気になるのは、どれくらいの費用が発生するのかということですよね。 相場がわからないと、業者が出してきた見積もりの妥当性も判断できません。 そのため、ここでは蛇口の設置場所ごとに、修理にかかる費用相場をご紹介します。 5万~5万円 パッキン交換であれば、場所がどこでもそれほど費用に変わりはありません。 交換に手間がかかるタイプの蛇口ほど費用は上がりますが、それでも 1. 5万円程度あれば直してもらえます。 一方で蛇口そのものの交換になると、場所ごとに違いがあります。 基本的な考え方としては、作業費に 1万~2万円ほどかかり、そこに蛇口本体の価格が加わります。 このため、高機能な蛇口を設置している場合には、それだけ修理にかかる費用も高くなりますので注意してください。 賃貸で水漏れを起こしたときに注意すること 持ち家での水漏れの場合には、自分で業者に連絡して直してもらうことになりますが、賃貸物件の場合は、いきなり自分で業者に連絡して直してもらうと、後々にトラブルになることもあります。 例えば蛇口の交換が必要で、既存のものが廃盤になっている場合には、違う形の蛇口に置き換えることになります。 ところが、 賃貸物件は退去時の原状復帰が基本ですので、違う蛇口が付いているのは認められません。 理不尽に思うかもしれませんが、元に戻すための費用を敷金から引かれてしまいます。 そうならないようにすべきことは、大家さんもしくは管理会社に連絡を入れるということです。 水漏れが発生• 止水栓もしくは元栓を閉めて水漏れを止める• 大家さんもしくは管理会社に電話する 賃貸物件の場合はこの流れを頭に入れておきましょう。 電話した後の流れは、賃貸物件によって違います。 自分で水道修理業者に連絡して修理をし、その後に修理代を大家さんに請求するケースもあれば、大家さんや管理会社から水道修理業者に連絡して修理に来てもらうケースもあります。 経年劣化など使い方以外の理由で水漏れが発生したという場合には、ほとんどのケースで 建物の持ち主の負担で修理を行うことができます。 このため、自分で費用負担をしなくてもいいのですが、勝手に修理をした場合には、本当に水漏れが発生しているのか大家さんには分からないため、修理費用を出してくれない可能性があります。 まずは水漏れを止めて、そして次のステップですぐに大家さんや管理会社に連絡してください。 そのあとどうすればいいのかは、大家さんや管理会社に確認して、指示通りに対応しましょう。 蛇口の水漏れが起こる原因 水漏れが起こる原因として、パッキンの劣化やねじの緩みがあるとお伝えしましたが、実は、それ以外にも水漏れが起こる原因があります。 原因は発生箇所ごとに違いますので、それぞれに、どのような理由で発生するのかをご紹介します。 キッチン キッチンの蛇口には下記の3種類があります。 単水栓• ハンドル混合水栓• シングルレバー混合水栓 単水栓は古くからあるタイプの蛇口で水しか出すことができません。 このタイプの水漏れは接続部のパッキンが劣化したことによって起こります。 同様に2つのハンドルを回して水量や水温を調整するハンドル混合水栓も単純に単水栓が2つあるのと同じ状態ですので、パッキンの劣化で水漏れが起こります。 最近建てた家やリフォームしたばかりの家の多くが シングルレバー混合水栓で、レバーひとつで水量の調節や温度の調節ができます。 シングルレバー混合水栓が水漏れする原因は、内部にある バルブカートリッジの故障です。 バルブカートリッジ内のパッキンやスプリングが劣化し、水漏れが発生していますが部品単体の交換は難しいため、バルブカートリッジごと交換します。 トイレ トイレの蛇口はタンクの上部にある手洗い水栓ですので、基本的に水漏れすることはありません。 接続部もタンクないですので、仮に接続部のパッキンが劣化して水漏れが発生していても、ほとんどのケースで気づくことはありません。 ただし水漏れというよりは、水が止まらないということがあります。 これは タンク内部のボールタップが壊れていたり、フロートバルブが何かに引っかかっていて機能していなかったりするときに発生します。 タンクの蓋を開けて、内部の機構に問題が発生していないか確認してみましょう。 お風呂場 お風呂場の蛇口は下記の4種類になります。 単水栓• ハンドル混合水栓• シングルレバー混合水栓• サーモスタット混合水栓 単水栓、ハンドル混合水栓、シングルレバー混合水栓の水漏れの原因はキッチンと同じです。 単水栓とハンドル混合水栓はパッキンの劣化、シングルレバー混合水栓はカートリッジの故障により水もれが発生します。 最新のユニットバスなどで使われているのが サーモスタット混合水栓で、こちらは サーモスタットカートリッジの故障が原因で水漏れが発生します。 シングルレバー混合水栓と同じようにカートリッジを交換すればいいのですが、古いタイプのサーモスタット混合水栓の場合には、すでに廃盤になっていてカートリッジが生産されていないこともあります。 カートリッジが残っていても、かなり高額な値段になっていることもあります。 この場合には、蛇口から交換することになります。 洗面所 洗面所の蛇口の種類は一見するととても多く見えますが、実際にはお風呂場と同じく4種類しかありません。 単水栓• ハンドル混合水栓• シングルレバー混合水栓• サーモスタット混合水栓 シャンプー水栓や壁付き水栓はシングルレバー混合水栓の派生品ですので、カートリッジ交換で水漏れを止めることができます。 ただし、洗面所の蛇口は デザイン性を重視しているものも多く、パッキンやカートリッジの交換方法が分からないことがあります。 そのような場合は、自分で直さずに業者に依頼して交換や修理をしてもらいましょう。 洗濯機 洗濯機の蛇口は単水栓ですので、蛇口そのものが水漏れしている場合には、水栓のパッキンが劣化しています。 それに加えてもうひとつ水漏れしやすいのが、蛇口とホースの接続部に使われている ニップルです。 蛇口にあったニップルを使っていない• ニップルが正しく装着されていない• ニップルが劣化している このようなケースで水漏れが発生します。 これまで問題なく使ってきたのに水漏れしている場合には、ニップルの劣化が考えられます。 また新しい洗濯機に交換したときや、引っ越し直後に水漏れが発生した場合には、ニップルのタイプが違うか、蛇口に合っていないニップルを使っている可能性が考えられます。 蛇口の水漏れを防ぐためにすること 蛇口の水漏れを防ぐための方法として、必ずやっておきたいのが10年に1回のパッキンやカートリッジの交換です。 設置してから10年以上しても水漏れが発生しない蛇口もありますが、それは運がいいだけで、いつパッキンが劣化して水漏れしてもおかしくありません。 できることなら、 10年に1回はすべての蛇口のパッキンやカートリッジを交換しておきましょう。 まだ使えるのにもったいないと思うかもしれませんが、水漏れが発生して慌てて業者に直してもらうよりは、費用を抑えることができます。 交換するときに予備も購入しておくと、いざというときにすぐに対応できますし、カートリッジなどは廃盤で手に入らないという状態を防いで長く使うことができます。 トータル費用を安くおさえるためには、定期的な交換を心がけてください。 寒冷地では冬場に水道管が凍結して、蛇口や水道管を破裂させてしまうこともあります。 この場合には、蛇口や水道管そのものを交換しなくてはいけなくなりますので、古典的な手法ですが、 夜間はほんの少しだけ水を流し続けるようにしましょう。 まとめ 蛇口の水漏れについて、その原因や費用について説明してきました。 蛇口で水漏れが発生した場合、そのほとんどのケースで原因はパッキンの劣化にあります。 金属である蛇口やその他の部品は簡単には壊れませんが、ゴムであるパッキンは10年で性質が劣化します。 この場合、パッキンの交換によって水漏れを止めることができますので、DIYに慣れている方なら、簡単に直すことができます。 ただし、力を入れても部品が外れない場合や、手先があまり器用ではなく自信がないという場合には、無理にDIYで直そうとせず、水道修理業者に依頼して直してもらいましょう。 また、10年毎にパッキンの交換をしておけば、パッキンの劣化による水漏れは防止できます。 トラブルが発生してから慌てるのではなく、できるだけ先手を取って、余裕があるときに対策を講じておくことをおすすめします。 リフォマ リフォームマーケット とは? リフォマ(リフォームマーケット)とは、住宅や店舗の修理、リフォーム、水漏れ修理などのメンテナンス、ハウスクリーニングなど、職人・専門家による施工が必要な作業をサイト経由で見積依頼、発注が出来るサービスです。 ユーザー(発注者)は無料でご利用頂けます。 法人様にもご利用頂けるサービスです。 リフォマの利用料金は? サイトの利用、見積りの依頼などには一切費用はかかりません。 加盟する工務店からサイトに掲載するための審査のための費用を含めた、情報掲載料を頂いております。 リフォマを通してリフォームを依頼するメリットは? 複数の工務店から見積りと提案を簡単に取り寄せる事ができるので、ご希望の施工内容が最安値でご利用頂けます。

次の