フィナンシャルプランナー二級 よく分かる。 ファイナンシャルプランナーとは

FP3級は誰でも受かる?難易度や合格率、効率的な勉強法や実技試験について

フィナンシャルプランナー二級 よく分かる

(写真=PIXTA) FP資格の中でも難関とされているのが、「FP1級」と「CFP」だ。 FP1級の主催は金融財政事情研究会(きんざい)と日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(FP協会)で、学科試験は共通の問題だが、実技試験が異なる。 前者は一般社団、後者は特定非営利活動法人だ。 合格後登録することがないため、明確な資格保有者数はわからないが、2002〜15年度で両団体合わせて3万4000人ほどが合格している。 CFPはFP協会だけが主催していて、2016年5月1日時点で2万535人の認定者がいる。 2つの資格には、大きな違いが3つある。 1 受験資格 FP1級は実務が必要 FP1級で学科試験を受けるためには、条件がある。 「実務経験5年以上」もしくは、「2級合格者で実務経験1年以上」であることだ。 CFPも受験には前段階のAFPの取得が必要になるが、AFPは2級試験が審査試験を兼ねているので、改めて準備が必要になるわけではない。 資格取得のゴールを1級合格にするなら、実務経験を積まなくてはいけないので、キャリアを考える参考にしてほしい。 FP1級の学科試験は、CFPに合格して認定者になるなど条件を満たすと免除になるので、よく調べて受験しよう。 2 資格取得後のコスト FP1級はコスト不要 FP1級は国家資格なので、取得すれば一生の資格となり、ランニングコストはかからない。 常に最新の知識を持っておくためには、自分で勉強をする必要がある。 CFPは日本FP協会が認定している民間資格なので、年会費がかかる以外にも、資格更新の費用がかかる。 更新は2年ごとで、30単位分(およそ30時間相当)の学習が義務付けられ、そのための受講費用も必要だ。 そのお陰で、CFPの知識はいつも新鮮で、仕事に直結する情報を得ていることができるのがメリットだ。 3 国際的な資格かどうか FP1級は国内だけで通用 FP1級、CFPともに難関資格なので取る意味自体も大きいが、FP1級は日本だけで通用する資格だ。 一方CFPは国際資格なので海外でも通用する。 国内だけで仕事をするのであれば、FP1級があれば十分だが、グローバル社会で働くことを考えると両方取るのが一番だ。 ・ ・ 朝から晩までみっちり勉強? 実際どのくらい勉強するのか 筆者はFP1級を取る前、2級受験の勉強時間は休日のみ、家事や育児の空いた時間を勉強に充てるだけだった。 提案書作成も含めて3カ月足らずで終了し、自分でも合格できると分かるレベルまで到達できた。 しかし、1級はまったくレベルの違うものだった。 何が違うかというと、求められる知識の深さも、覚える数字の量も違う。 実技問題はかなり特殊なケースを想定したものもあり、何より選択肢が増えたことが厳しかった。 FP1級を取得しても収入は上がらない? 独立を考えている人はFP1級・CFPを取ったことで自信を持てると思う。 実際、筆者も独立を具体的に視野に入れることができた。 FPとして独立しても、2級と1級で仕事の単価が変わるわけではないので、すぐに収入が大幅にアップすることはあまりない。 だが、仕事の紹介は受けやすくなる。 同じ単価ならどちらの資格を持っている人に依頼したいかは明らかなので、結果的に収入に影響することもあるだろう。 特に公共の仕事などは有利と考えられる。 筆者の場合、FP1級合格後に独立したため、2級のときと比べて、仕事でこれが変わったという変化はわからない。 ただセミナー講師の仕事は、FP1級とCFPを保有しているからこそ、依頼されるのではないかと考えている。 1級の凄さは金融業界では知られているため、会社員が取得した場合、資格手当の額が上がり、昇給や昇格にも影響を与えるだろう。 FPの認知度は相当高くなってきたので、1級となれば社内セミナーなどの講師に抜擢される可能性も高い。 講師の実績などがあれば、人事考課に良い影響も期待できる。 FP1級はかなりの難関資格だ。 だからこそ取る意味がある。 筆者の経験をもとにご紹介したが、何の資格を取得するか悩んだときには、参考にしてみると良いだろう。 小野 みゆき FP1級技能士・CFP・社会保険労務士・1級DCプランナー。 企業で経理・人事業務を経験した後、司法書士事務所で不動産・法人・相続登記業務を経験。 生命保険・損害保険代理店などを経て2014年にレディゴ社会保険労務士・FP事務所を開業。 登録FP ・ ・•

次の

FP3級は誰でも受かる?難易度や合格率、効率的な勉強法や実技試験について

フィナンシャルプランナー二級 よく分かる

こんにちは、マリです。 今回のテーマは 「タックスプランニング」、つまり 税金に関する科目です。 「税金」と聞くと、イヤなイメージを持たれる方も多いのではないでしょうか(笑 たしかに、国や地方に対し、大切なお金を納めなければならない税金を、よろこんで支払っている人は少数派でしょう。 さらに、税金の制度は複雑で、分かりにくいことが多いのも、悪いイメージを助長している気がします。 しかし、わが国の治安が良く、安心して暮らせるのは税金のおかげです。 国や地方公共団体が様々な活動をして、社会を維持していくためになくてはならないお金です。 また、税金に関する知識を身に付けることは、賢い節税を実現することにも役立ちます。 このように、世の中のためにも、FPとしての顧客のためにも、そしてあなた自身のためにも役立つのが税金(税制)に関する知識なのです。 以下では、FP技能士2級・3級の試験で問われるタックスプランニングの内容とポイント、勉強法についてご説明します。 タックスプランニングの科目を上手に攻略するためにも、ぜひチェックしてみてくださいね。 <FP技能士2級と3級の試験科目(共通)>• ただし、試験科目は同じでも、それぞれの科目における範囲・深さが2級と3級では異なります。 FP3級では、個人や個人事業主に対する内容が主ですが、2級では、中小事業者(中小企業、法人)に対するファイナンシャルプランニングの内容も扱います。 カンタンにいえば、 個人相手のFPが3級、個人に加えて会社の相手もできるFPが2級 という感じです。 試験科目が同じでも、内容の範囲や深さに大きな差がある、ということが実感できると思います。 3級のタックスプランニングは所得税が中心、2級は所得税に加え、法人税や消費税も出題される それでは、タックスプランニングの出題は、2級と3級では、どう違うのでしょうか? カンタンにいえば、3級は所得税が中心、2級は所得税に加え、法人税や消費税も出題されます。 2級・3級とも、学科試験においては「タックスプランニング」で10題出題されます。 3級は10題とも所得税の関連がほとんどです。 たまに我が国の税制総論が1題出題されたりします。 3級では、個人住民税や個人事業税も学びますが、これらはここ数年出題されていません。 一方の2級ですが、こちらも所得税関連が中心なのは3級と同じですが、出題数は10問中7問程度。 残り3問は法人税や消費税などが出題されます。 タックスプランニング• わが国の税制• 所得税の仕組み• 各種所得の内容• 損益通算• 所得控除• 税額控除• 所得税の申告と納付• 個人住民税• 個人事業税• 法人税• 法人住民税• 法人事業税• 消費税• 会社、役員間および会社間の税務• 決算書と法人税申告書• 諸外国の税制度• タックスプランニングの最新の動向 上記のうち、 黒文字の部分(1~9、17)は2級と3級で共通の出題範囲、 赤字 10~16)は2級のみの出題範囲です。 また、2~7が2級・3級とも出題の中心となる所得税関連の項目です。 特に初心者の方に多いのが、 「所得税だけ覚えれば良いなんて、ラクかも?」 という考えです。 しかし、一度でもテキストを開いてもらえば分かるのですが、所得税の対象となる所得は、以下のとおり10種類にも分類されます。 利子所得、配当所得、不動産所得、事業所得、給与所得、譲渡所得、一時所得、雑所得、山林所得、退職所得 タックスプランニングでは、様々な所得が、上記10種類のどれに分類されるのか判断できるようになる必要がありますし、さらに、それぞれの所得に対して所得税の計算方法なども覚える必要があります。 以上のような細やかな知識を積み上げることにより、所得の発生から所得税の申告・納税まで、一連の流れが理解できるようになります。 ここは頑張って覚えることが必要です。 しかし、それを乗り越えれば、タックスプランニングの科目に関して、かなり理解が深まります。 まずは、10種の所得の知識から、自分のものにしていきましょう。 FP・ファイナンシャルプランナー試験で出題されるタックスプランニングの正しい勉強方法や勉強のコツ ファイナンシャルプランナー(FP)の試験に合格するために、ここではタックスプランニングの勉強方法やコツについて説明していきます。 所得の種類が多くあるなど、暗記中心の科目なのは間違いないですが、ただ単に暗記するだけでは、すぐに忘れやすいですし、そもそも勉強が無味乾燥でつまらなくなります。 そこで 「理解をしながら覚える」ことを心掛けましょう。 「所得税の計算の仕組み」や「非課税となる所得」など、「なぜ、そうなのか?」を考えながら覚えると、理解が進みます。 たとえば、• 通勤手当に課税するのは適切ではないため、一定額まで非課税とする など、フムフムと、うなづきながら学習すると記憶に残りやすくなります。 出題されやすい「ひっかけ」ポイントをおさえる 3級の学科は2択または3択、2級は4択と、いずれもマークシート方式です。 そこでは、「あれ?」と思う、ひっかけ問題のような選択肢がよく出題されます。 たとえば、マンションなど不動産を賃貸した場合の所得は不動産所得に分類されます。 これは、賃貸の規模が大きくなる、いわゆる「事業的規模」になっても、所得の分類は変わりません。 こうした事実に対し、よく試験において 「不動産の賃貸は、事業的規模で実施すると、不動産所得ではなく、事業所得になる」 という選択肢が頻出しています。 所得控除と税額控除を混同しない 特に初心者の方が混同しやすいのが 所得控除と税額控除 です。 そもそも、所得とは次の式で表されます。 所得 = 収入 ー 必要経費 会社のような表現をすれば、「収入とは売上に近い」ものであり、「所得とは利益に近い」もの、といえます。 所得控除とは、この所得からマイナスするものです。 具体的には、医療費控除・生命保険控除・配偶者控除などがありますが、いずれも個人が生活する上での必要経費だと考えてよいでしょう。 所得税の計算では、所得控除を引いた所得を元に、所得税率を乗じて所得税を計算します。 一方の税額控除は、計算された所得税の金額を、直接マイナスするものです。 税額控除には住宅ローン控除や配当控除などがあります。 税額控除は、支払うべき所得税の金額からダイレクトにマイナスするものですから、税金の金額に対する影響が大きくなります。 ここでは、 税額控除の方が、税金の金額が大きくマイナスになるので嬉しい! と覚えておいてもらえれば大丈夫でしょう。 FP・ファイナンシャルプランナー試験で出題されるタックスプランニングの頻出論点は? タックスプランニングにおいても「満点ではなく、60点を確実に狙う戦略」を取るべきです。 まずは、2級・3級共通の頻出論点を見てみましょう。 <2級・3級共通の頻出の論点>• 各種所得の内容• 所得控除• 所得税のしくみ• 所得税の申告と納付• 税額控除• 損益通算 と、所得税については、ほぼすべてを押さえる必要があります。 以上に加え、2級では 「法人税」と「消費税」も頻出となっています。 極論すれば、上記の対応を徹底すれば、それ以外の論点はカンタンに見ておくだけで、十分合格点は取れるでしょう。 なお、ファイナンシャルプランナーの3級の試験は基本的な事柄だけ押さえておけばOKですが、2級に合格するにはもう一歩踏み込んだ勉強が必要です。 また、「時間がないから」と言って、テキストを読むだけでは、「どのように出題されるか(出題形式)」が分からず、本番で失敗することになります。 一捻りも二捻りも加えた形で出題されるため、何が問われているのか整理しながら問題集や過去問を解いていきましょう。 過去問や問題集を解くことで、 「どんな論点が問われやすいのか」 「どのような表現で問われるのか」 が理解できるようになります。 まとめ 以上のように、ファイナンシャルプランナーの試験で出題されるタックスプランニングについてまとめました。 顧客のファイナンシャル・プランニングを成功させる上で、タックスプランニングの知識は欠かすことはできません。 ぜひ、「タックスプランニング」を攻略して、顧客から頼られるファイナンシャルプランナーを目指してください。

次の

ファイナンシャルプランナー【第二新卒・未経験歓迎/U・Iターン歓迎/転勤なし】(1024719)(応募資格:【第二新卒・未経験歓迎!/高卒以上】■1年以上の社会人経験が… 雇用形態:正社員)|バリューパートナーグループの転職・求人情報|エン転職

フィナンシャルプランナー二級 よく分かる

地域密着でライフプランニングをもとにしながら、保険商品や投資信託などの金融商品をご提案しているバリューパートナーグループ。 私たちが行なっているのは、単なる保険の見直しや料金比較ではありません。 まず、お客さまの家族構成やライフイベント、実現したい夢をあげて、時系列で未来の生活を整理しています。 住宅ローンや教育費、老後資金など、実現したいライフプランをもとにして、保険商品などを提案するのが当社のスタイル。 保険販売を目的としているのではなく、人生設計を実現するための手段として保険商品をご紹介しています。 そのため、お客さまのニーズに合う商品がない際は、提案せずに終わることだってあります。 それは、商品に依存することなく、お客さまの人生を考えているからこそ。 地域のチラシや広告を見て相談セミナーに訪れたり、店舗に来店したりするのは、近くに住む方々。 その地域に住む人々の相談に乗りながら、お客さまと一緒になって、かけがえのないライフプランを実現していきませんか。 金融商品のファイナンシャルプランナー【第二新卒・未経験歓迎/U・Iターン歓迎/転勤なし】特定の商品を提案するのではなく、お客さまの実現したいライフプランをお聞きし、お客さまの問題解決に適した保険商品や投資信託などの金融商品をご提案します。 入社後は、保険販売やFPの資格取得に向けた座学研修を行なったり、先輩に同行して、ヒアリングの仕方や仕事の進め方、業界動向などを教わったりします。 独り立ちまで、サポートを受けながら業務で必要な知識・スキルを身につけていきます。 必要な保障額を算出して、「お客さまが本当に必要な保障を得られる」「遺されたご家族が安心して暮らせる」ために、様々な保険会社の中から商品を組み合わせ、オーダーメイドの保障を提供します。 今回、各企業の将来を見据え、次世代の人材育成が必要であると考え、ファイナンシャルプランナーの増員を行なうことになりました。 雇用形態 正社員 勤務地・交通 勤務地により異なります。 年収は320万円~420万円を想定しています。

次の