バジリスク テーブル。 バジリスク絆2のテーブルの仕組み

【バジリスク絆】テーブルNを踏んで地獄のような展開に。。。ヤメ時も解説します!

バジリスク テーブル

どうも! 今回はバジリスク絆2のテーブルシステムについて解説をしたいと思います。 初代の絆は内部システムがかなり複雑でしたが、絆2もそれを継承している部分も多くあります。 しかし最大の違いは絆2が6号機で有利区間という制約の下で作られていることです。 そのため、前作よりもかなり簡素化された部分もあると思います。 現時点ではまだわからない部分も多い絆2ですが、現状分かっている情報からテーブルの仕組みについてみていきましょう。 バジリスク絆2のテーブルの仕組み 下の図は、テーブルとかモードの大まかな流れをイメージ化したものです。 順番に見ていきましょう。 有利区間移行時にテーブルが抽選される(設定差あるはず)。 上の例ではテーブルSとなる• 最初は0スルーなので、テーブルSの0スルーはモードCと決定される• 1スルーしてモードはAに再セットされる• 2スルーしてモードCに再セットされる• AT当選または天井到達で有利区間は終了する• 新たな有利区間が開始しテーブルAが選択された。 テーブルAの0スルーなのでモードAにセットされた。 (以下続く) という具合です。 大まかな流れは初代絆と大体同じですが大きく異なるのは有利区間の有無です。 有利区間があるため、• 前回のテーブルを参照することができなくなり、テーブル抽選は一律の確率での抽選になった テーブルは有利区間ごとに一つ選択される 絆2は6号機のため、有利区間が終了するときにテーブルを含めたすべてがリセットされます。 まずはここを押さえておきましょう。 有利区間が終了するタイミングは、リセット時、AT終了時、天井BC終了時のいずれかになります。 有利区間が終了するといったん非有利区間に落ち、すぐにまた有利区間に移行します。 そして有利区間に移行するときにテーブルが抽選されます。 テーブルは16種類ありその中の一つが選択されます。 一度選択されたテーブルは有利区間が終了するまで変わりません。 途中で変わることはありません。 テーブルによってスルー回数ごとのモードが決まる 有利区間移行時にテーブルを抽選しているということはわかったものの、テーブルとは一体何なのでしょうか? テーブルは「スルー回数ごとのモード」を決定します。 まだ絆2のテーブルの詳細が出ていないのですが、ここではイメージを掴むために初代の絆のテーブル表を見てみましょう。 下の表をご覧ください。 テーブルがAからZまで26種類あり、スルー回数は0回から10回まであります。 それぞれにAからEまでのアルファベットが書かれていますね。 これがモードです。 たとえば、テーブルAの0スルーならモードAスタート、9スルー後にモードDスタートになるという具合です。 テーブルは有利区間スタート時に決まってしまうので、ある程度ここで展開が決まってしまうといっても過言ではないのです。 繰り返しになりますが、上記は初代絆のテーブル表であり絆2のものではありません。 絆2のテーブル表が公表され次第更新しますのでご了承ください。 絆2に関しては16種類のテーブルがあるそうです。 初代の26種類から減ってはいるもののそれでも結構な数ですね。 テーブル移行 ー 初代との違い 初代絆はテーブルの移行にも複雑な仕組みがありました。 有名なところでいえば、地獄テーブルNを抜けた後には必ず天国テーブル Y・Z が来るとか、上位テーブルは入りづらいかわりにループしやすいといったように、テーブル移行にもシナリオがありましたし、そこに設定差もついていました。 初代絆のテーブルはAT終了時に移行するので、これは相当長いスパンでの展開を作るシステムとなっています。 しかし6号機では有利区間という制限のためこの仕組みは実現できません。 有利区間は1500G継続するか2400枚払い出したら終了しなければならず、有利区間がリセットされる時は前の有利区間から何かを引き継ぐことができないため、前回のテーブルを参照して次のテーブルを決めたりすることはできません。 初代絆では、偶数設定かつ高設定 4や6 ほど上位モードをループしやすく、序盤からモードCが来るテーブルを移行しやすいという特徴がありました。 絆2は前回のテーブルを参照こそできないものの、安定したテーブルの選択率が高くなっていることが予想されます。 モードはAT当選率に影響する テーブルが決まるとモードも決まってきます。 先ほどの全体図を見ていきましょう。 有利区間移行時にテーブルが決定され、同時にそのテーブルの0スルー時でのモードがセットされます。 上の例をみてみましょう。 ここではまずテーブルSが選択されたので、0スルーでモードCがセットされます。 そのあとBCに当選してスルーしました。 テーブルはSのままで変わりませんが、スルー回数が0から1になりました。 すると台はテーブルSの1スルーのモードを参照します。 テーブルSの1スルーはモードAなのでそれをセットします。 途中、チャンス役というフラグを引くとモードアップの抽選をしますが、ここで上がったモードは次のBCを引くまで有効で、もしBCをスルーしてしまうとまた次のスルー回数の初期モードがセットされます。 このようにモードが決定するわけですが、絆2ではモードがA〜Dの4つがあり、Dに近づくほどAT当選率が上がります。 モードDはBC当選でAT確定するため、これ以上のスルーはありえないため、ここがスルー回数天井となります。 ちなみに初代絆ではモードEという、高継続ATが確定するモードがありましたが、それは絆2ではなくなったようです。 モードが高い時は、高確状態や超高確状態に上がりやすく、それに伴い画面上にも強い演出が出やすくなります。 絆2でもここまで大きな差があるかはわかりませんが、モードによって挙動が全く違うということはあると思います。 今回はテーブルとモードの概要を簡単にまとめてみました。 また新たな情報がわかったら更新したいと思います。

次の

バジリスク絆2 モードテーブルまとめ!モード示唆・テーブル振り分けも続々判明!

バジリスク テーブル

スポンサーリンク 【バジリスク絆】テーブルNの期待値・恩恵・狙い方などまとめ バジリスク絆のテーブルNはご存じの方であれば、その印象は地獄のテーブルという印象が強いことだと思います。 しかし、この記事を見ればその印象も少し違うものになると思います。 テーブルNとは? まず、テーブルNとは… バジリスク絆の通常時は、内部状態と内部モードの2種類から管理されています。 また、内部モードはA~Eまでの5種類があり、この内部モードの移行を決めているのがテーブルと呼ばれるものです。 BC当選時にモードAほどATに当選する可能性が低く、モードEに近づくほどATに当選する可能性が高くなります。 テーブルNは、 10回連続でこのモードAが連続するテーブルなのです。 11回目は、モードDに移行するので必ずBC当選時にATに当選します。 ようするに、スルー回数天井と呼ばれる天井ですね。 スポンサーリンク テーブルNの期待値 他のテーブルと比較するためにもすべてのテーブルの期待値を見てみましょう。 テーブル別期待値 テーブル 選択割合 期待値 A 5. スポンサーリンク テーブルNの恩恵!? テーブルNには恩恵があります! テーブルNの恩恵は… 次回、 テーブルYorZ確定! よく勘違いされている方がいますが、テーブルNの天井 11回目 までハマってATに当選すると次回テーブルYorZが選ばれるわけではありません。 どういうことかというと、テーブルNであれば1回目のBCでATに当選した場合にも、同じ恩恵を受けることができます。 テーブルNの次回のテーブルはYorZに移行します。 テーブルY、テーブルZは共に1回目のBC当選で必ずATにも当選する超優秀なテーブルです。 テーブルNを打ってしまった場合であっても、次回のテーブルY. Zを消化すればトータルの期待値は十分にプラスで終わることができます。 テーブルに関しての詳しい内容は「」こちらの記事をご覧ください。 テーブルの詳細な移行率、モードの移行などバジリスク絆において重要な項目が詰まっています。 テーブルNを切り抜ける方法! できるだけ早くATに当選させることが非常に重要で、それさえできればテーブルY、テーブルZの大きな期待値を獲得することができます。 では、どうやって早くATに当選させる?• 同色BCでATへ バジリスク絆においてかなり重要とも言える同色BC! 前述した子役と瞳術揃いからのAT抽選が飛躍的にアップするのが同色BCです。 同色BCでのAT抽選確率などは、「」こちらの記事をご覧ください。 チャンス目でモードを上げる! テーブルNでモードAが連続している中でも、チャンス目でモードを上げることはできます。 モードDまで上げてしまえばAT当選が確定しますし、モードCまで上げることができればそこそこの確率でATに当選させることができます。 チャンス目をいくつか引けた際には、中途半端なゲーム数でBC当選するよりも天井まで持っていったとしても更にチャンス目を重ねていきたいところですね。 チャンス目でのモード昇格抽選につきましては、「」こちらの記事をご覧ください。 オールベルでATへ BC当選時のAT当選や、子役・瞳術揃いをしなくてもオールベルであればATに当選します。 オールベルとは、BC中にリプレイ・その他のレア役などを一切引かずに、すべて押し順ベル(8連続)で消化しきることで成立します。 詳しいオールベルの確率や恩恵は、「」こちらの記事をご覧ください。 上記にご紹介したような方法で上手くATに繋げることがテーブルNを攻略する上で一番重要なことと言ってもいいでしょう。 テーブルNで投資が50本近く行ったという話もよく聞きますね。 スポンサーリンク テーブルNを見抜く方法 テーブルNを見抜く方法は内部モードを見抜くことです。 記事冒頭の方でもご紹介しましたが、テーブルNはモードAが10回連続する地獄のテーブルです。 内部モードを見抜く方法は、内部状態の移行率を確認するなどの方法もありますが、一番簡単なのは朧BCでの月判別でしょう。 みなさんご存じの通り、朧BCの終了画面では月の形で次回のモードを示唆しています。 半月はモードC以上、満月はモードB示唆、三日月はモードA示唆となります。 ですので、朧終了画面で三日月ばかりが連続するようであればテーブルNの確率が上がります…が! 他のテーブルでも序盤はモードAがループするテーブルは多数存在します。 ここで注目していただきたいのが、7スルー以降での三日月の連続です。 テーブルN以外の7スルー以降はモードAの振り分けがないため三日月が出にくいです。 もちろんモードA以外でも三日月の振り分けはありますが、7スルー以降で2回ほど三日月が出ればテーブルNだった可能性が非常に高いと言ってもいいでしょう。 そのため、9回目のBCや10回目のBCで子役などでATに当選しまったかなという場合には、次回のテーブルY. Zをフォローするために次回BC当選まで回した方がいいです。 しかし、テーブルNは必ず見抜けるわけではありません。 当然ですが、初回BCなどで子役や瞳術揃いなどからATに当選してしまった場合などには、ほぼテーブルNを見分けることは不可能です。 テーブルNのほとんどの場合は、テーブルNと気づく前に終わっていることがほとんどだと言ってもいいでしょう。 テーブルNの狙い方 テーブルNの狙い方という言い方をしましたが、テーブルNを直接狙う意味はありません。 というのも、ここまで説明してきた通り、テーブルN自体の期待値はかなりのマイナスです。 では、どこを狙うのか! それは、テーブルNのあとの初回BCです。 前述した通り、テーブルNの恩恵として次回はテーブルY. Zに移行するため初回BCでATに必ず当選します。 ですので、11回目のBCでATに当選している台の初回BCを狙う立ち回りが重要になります。 ある程度の打ち手であればここを熟知していますので基本的に初回BCを打ち切りますが、バジリスク絆に関しては老若男女の幅広い層が着いており、テーブルという概念すら知らない打ち手も多数存在していると思われます。 基本的にBCでBBの履歴となるホールが多い印象ですので、データ表示機を確認することで11回目でATに当選している台を探すということも重要になってきます。 まとめ:【バジリスク絆】テーブルNの期待値・恩恵・狙い方などまとめ どうでしたでしょうか? テーブルNは気づく頃には巨額の投資となっている場合が多い反面、気づかずに大きい恩恵を受けていることもあるテーブルです。 たしかにモードAループはきついですが、うまく切り抜けることさえできれば次回は1回でATに当選させることができる天国とも言えるテーブルでもあります。 テーブルNをうまく利用して出玉を伸ばしていきたいですね。 スポンサーリンク•

次の

バジリスク絆2 モードテーブルまとめ!モード示唆・テーブル振り分けも続々判明!

バジリスク テーブル

モード狙い考察 高モードをハイエナするというのは厳しいという印象があります。 朧BCにより半月が出た場合AT当選まで全ツッパで期待値はあると思います。 私がおすすめするのは、ゲーム数・BCスルー回数狙いの場合に朧BCで滞在テーブルを見抜く立ち回りです。 モードC以上をそれなりの確率で確定できる朧BCは優秀です。 半月の振り分けはモードC・Dにしかないので 半月時はモードCorD確定。 赤満月の振り分けはモードDにしかないので 赤満月時はモードD確定 モードCなら62. 4%の確率で半月。 モードDなら75%で半月or赤月が出てくれます。 もちろんゲーム数天井狙いで半月以上がでれば、AT当選まで打ち切りで問題無いと思います。 それ以外にも 朧BCの月の結果をテーブル別のモード移行率 シナリオ に照らし合わせれば見えてくる場合があるはずです。 これを補佐的要素として、高テーブルが期待できる場合のみ様子を見る…という形にすることで期待値を上乗せできる場面がきっとあると思います。 ) ただ、あくまで 確証がある場合のみに限定するべきだとは思います。 例えば、9連続三日月で10回目のBCで当選。 この表が詳細版となっていますが、 設定差はどんな点にあるのでしょうか? それをわかりやすくしたものが 簡易版テーブル移行率になります。 設定1は地獄テーブルに比較的移行しやすく ハマると中々抜けだせません。 設定6はループしにくいですが、 それでもループをしないわけではない点には注意。 逆に言えば、設定1のマイナスの割は 「KLM」に詰まっています。 ここに入らなければちょっといい 挙動になることがある点に注意。

次の