翻訳 英語 おすすめ。 本を読んで勉強すれば翻訳者になれるの? おすすめの本は?

おすすめ!英語翻訳アプリと長文翻訳のツールはコレ!

翻訳 英語 おすすめ

たったこれだけ!英語を最短で話せるようになる60フレーズとは? あなたがもし英語がスラスラ話せたとしたら、なにをやってみたいですか? だれと話したいですか? どこに行きたいですか? 今、たくさんの企業が英語が話せる人を求めています。 そんなとき、英語が話せる人は優遇されます。 正しい学習方法でしっかり努力すれば、日常英会話は60日間で効果が表れます。 今なら60日間続けて効果がなければ 【 全額返金保障】がついているので安心して取り組むことができます。 英語の翻訳アプリっていろいろあるけど、どんなアプリが正確に訳してくれるのか気になるところですね。 数ある翻訳アプリの中で正確で使いやすいもの、また英語の学習に役立つ機能などをお伝えします。 もくじ• 英語翻訳アプリ google翻訳 まず有名なアプリとしてはgoogle翻訳アプリです。 こちらのアプリはなんとスマホに向かって英語や日本語を話すだけで自動で翻訳してくれる優秀なアプリです。 さらに他の翻訳アプリにはない面白い機能として 「リアルタイム翻訳」 というものがあります。 まず、Google 翻訳をインストールしてアプリ内のカメラマークをタップします。 スマホのカメラを翻訳したい言語にかざすと・・・ なんとアプリが文字を認識して翻訳された言葉が写しだされるという驚きの機能なんです。 今までは一度カメラで撮影して文字を翻訳するという機能だったのですが、カメラをかざすだけで写っているものをどんどん翻訳してくれます。 まさにSF映画さながらの時代になってきましたね~ ただこちらのカメラ機能の翻訳は正確さにバラつきがあるのですべてが正確に翻訳されるわけではありません。 英語翻訳アプリ LINE翻訳アプリ」 さて次にご紹介する英語翻訳アプリは 「LINE翻訳アプリ」です。 みなさんもたぶんLINEは普段からお友達や家族との連絡手段に使われていると思います。 このLINEに実は素晴らしい翻訳機能があったのをご存知ですか? いつものようにラインを送る感じで日本語を送信すると一瞬で翻訳してくれるおすすめの翻訳アプリです。 使い方は、LINE公式アカウント 「LINE英語通訳」を友だち登録します。 あとは「LINE英語通訳」を相手に翻訳したい言葉をいつものようにメッセージを送るだけですぐに翻訳された言葉が返信されてきます。 さらにグループトークに入れると同時通訳もしてくれるんです。 例えば、外国の友達とLINEでトークするときは ・あなた ・友達 ・LINE英語通訳 でグループを作ります。 するとお互いの言葉をLINE英語通訳が翻訳してくれるという優れた機能があります。 あなた専用の通訳がいる感じですね! LINEを日頃から使っている人は友だち登録しておくといざというときに使える英語翻訳アプリです。 英語の翻訳だけでなく他の言語も翻訳してくれます。 もちろん完ぺきな翻訳にはならないときもありますが、英語翻訳の手助けとして参考にできるのではないでしょうか。 英語翻訳アプリ Weblio翻訳 次は辞書でおなじみのWeblioの翻訳アプリです。 この英語翻訳アプリの 最大の特徴は発音です。 翻訳アプリなのに発音もしてくれるので意味を確認しつつリスニング・シャドウイングにも使えるおすすめの翻訳アプリです。 スピーカーマークをタップすると翻訳して英語をネイティブの発音で聞くことができます。 文法が間違っていてもすごくナチュラルなネイティブ英語で発音してくれるのでそれだけでこの英語は正しいのではないかという風に思ってしまうほどです。 1つの文章に対し、 似ている例文も示してくれる機能があるのでただ翻訳して満足するだけでなく他のパターンや言い回しを勉強することができます。 一度翻訳した文はその後も履歴が残っているので、「この翻訳なんだったかな~」と忘れてしまった時でも、その翻訳をすぐに見て、復習することができます。 何度も繰り返すことで脳は記憶を留めやすくなります。 発音だけでも繰り返し聞いてみる、スピーキングしてみるのも効果的です。 このような特徴を持ち、ただの翻訳アプリ以上に便利な機能がついている英語翻訳アプリがこのWeblio翻訳アプリです。 一単語一単語発音してくれる機能もあるので、発音練習、リスニング練習のでも非常に役立つアプリになります。 翻訳アプリを使ってより正確な翻訳をする3つのポイントとは? すべて無料で使える便利なアプリですが機械翻訳は おかしな翻訳結果になることが多いと思っている人もいるでしょう。 ちょっとしたポイントを押さえれば今までよりも正確な翻訳をしてくれます。 英語翻訳アプリ使う際になるべく正確に翻訳するポイントをお伝えします。 1、必ず日本語に主語をつける 日本語の文章に必ず 「私は、私が、彼が、彼女が」といった主語をつけて文章を作ります。 普段話すときは主語をつけない場合でも必ず入れるようにしてください。 日本語は主語を省略して話すことが多いですが、英語は必ず主語をつけるのが正しい文法です。 話すときは省略することもありますが、翻訳するときは 必ず主語をいれるようにすると、翻訳の精度が上がります。 2、漢字が使える部分には、ひらがなではなくなるべく漢字を使う ・聞いたことがない ・効いたことがない 上の2つの文章はどちらも「きいたことがない」ですが、まったく意味が違ってきますよね? 翻訳アプリが認識しやすいように意味の分かる 漢字を使ってみてください。 3、文章はなるべくシンプルに 翻訳する日本語や 英語ははなるべく短く、シンプルにすることが正確に翻訳するコツです。 ポイントとしては接続詞で一旦区切って訳すといったイメージです。 接続詞が2つ以上で長い文章になると正確な翻訳にはならない可能性が高いと思ってください。 また、せっかく主語や動詞、目的語をしっかりと入力しても、修飾語が多い文章は翻訳の正確さに欠けます。 長い文章は意味の分かる箇所で一旦区切って、翻訳する文章をわけることで正確な翻訳結果が表示されやすくなります。 長文を翻訳する場合ってどうするの? 論文や長い記事を英語に翻訳したりする時に上記のような方法では、かなり時間がかかってしまいます。 そういう場合は翻訳アプリより がおすすめです。 これは翻訳の機械翻訳と人間の翻訳者によって蓄積された翻訳メモリのデータを使った翻訳支援のためのツールです。 ファイルアップロードやアクセス先の全文翻訳長文テキストの貼り付け動画(字幕)アップロードなどを翻訳することができます。 txt ・Word(. doc) ・リッチ テキスト(. rtf) ・Open Office. odt ・Wikipedia ・knol ぜひ論文などの長文翻訳でお困りの方は試してみてくださいね!! しかし、英語は翻訳だけ上達しても全体的なレベルアップにはなりません。 リスニング力をつけることも、英語力をアップするには、とても大切です。 リスニング力を効果的につけるおすすめの方法とは? 最近注目を集めているのが、「音声のみで英語を学べるコンテンツ」です。 人気の理由として、テキストブックを使って学習する時のように手がふさがることもなく、動画のようにずっと見ている必要もない、などが挙げられます その中でも、Audibleという聞くコンテンツを知ってますか? オーディブルとは、Amazonが提供している「朗読サービス」です。 プロフェッショナルのナレーターによる本の朗読を聞くことができ、世界中で人気となっています。 Audibleは、本を文字ではなく音声で楽しむ、いわゆる「オーディオブック」を配信しているamazonのサービスなんです。 オーディオブックとは、通常の『読む本』ではなく、ナレーターが朗読する文章を『耳で聴いて楽しむ本』です。 専用アプリはiOS、Android、Window10に対応しており、Amazonからオーディブルのコンテンツを入手すると、アプリインストールの案内がメールに届きます。 使い方は簡単! 本を再生すると上記のような画面になり、 スピード調整、早送り、巻き戻しを使いながら洋書を聞くだけだ。 は、Kindleの洋書のリスニング版と思ってください。 オーディブルでは、会員にならなくでもオーディオブックを単品で購入することが可能なんです。 現在は世界で40万タイトル以上が配信されているようです。 最初の30日間は無料で利用ができ、無料体験中に、継続するか、退会するかを決めてください。 もし体験利用してみて気に入らない場合はいつでも退会が可能ですが、30日以内に退会しないと料金がかかってしまうので注意が必要です。 音声スピードを0. 75〜3倍速まで調整できるため、速くて聞き取れない英語も聞きやすく調整できます。 オーディブルを使った英語学習法 では、小説からビジネス、テクノロジーまで、自分の好きなジャンルの本や、すでに読んだことのある本を英語で聞くことができるので、あなたの好きなものを選ぶことができます。 英語のリスニング力を鍛えるには「多聴」が欠かせませんが、それを気軽にできてしまうのがです 1. とにかく繰り返し何度も聞く リスニング中は主に3つのことを同時に行なっています。 ・音を聞き取る ・単語を理解 ・文法を理解 これは日本語でも全く同じです。 ですが、日本語は聞き慣れているので、全ての作業を意識せずに自動で行ってくれます。 繰り返しリスニングを行うと ・音を聞き取る ・文法を理解 この2つを自動化するトレーニングになり、繰り返し聞くことで、英語ならではの発音の変化に慣れることが可能です。 シャドーイングをする シャドーイングとは、音源通りに声に出して追っかけていく練習です。 基本、英文は見ないで行い、同時通訳のプロを目指す人たちの基本中の基本トレーニングです。 シャドーイングは、「耳」と「口」を使って「音声」と「意味」を結びつける練習なので、オーディブルのコンテンツは最適です。 シャドーイングの効果は、「音声」と「意味」を結びつけること、そして単語と文法の知識を「自動化」することの2つに加えて、定型表現を使えるようにする効果があります。 退会しても購入したコンテンツは残るので、無料体験だけ試してみてコンテンツをゲットする裏技もできます。 無料体験期間内に退会すれば翌月から月額1500円が課金されることないため、実質無料でを1冊手に入れることができます。 まずはお試しでオーディオブック1冊をリスニングしてみましょう。 を1冊手に入れることができます。 もし、あなたが英語がスラスラ話せたら 何をしたいですか? どこに行きたいですか? 誰と話したいですか? 英語なんて別に話せなくても日本に住んでるから関係ないよ。 と思ってる方も本音は「英語がスラスラ話せたらカッコイイ!世界が広がるし人生変わるんだろうな」と思っているでしょう。 私が以前、英語の勉強をしていたとき、このまま続けてほんとに英語が話せるようになるのか。 毎日ヘトヘトになるまで英語の勉強をしても、ほとんど英語が話せない。 頑張って努力したのに、それが間違った方向だったら・・ 時間のムダで終わってしまいます。 どうせやるなら効果のある勉強をしたいですね! ただ、どんな素晴らしい方法でも続けなければ効果はありません。 今なら60日間続けて、もし効果がないと感じたら 全額返金保証がついているので、安心して取り組むことができます。

次の

Excite Translator

翻訳 英語 おすすめ

翻訳でほかと差を付けたいなら「ケースクエア」 翻訳会社ランキングで1位となった「ケースクエア」を徹底解剖。 ケースクエアで翻訳依頼をすると、ほかよりもワンランク上の翻訳になる理由に迫りました。 翻訳の正確性・信頼性が非常に高い ケースクエアの強みと言えば、 取引先が豊富なこと。 内閣府や文部科学省などの公的機関や、研究所、有名大学や、誰でも知っているような大企業などからの依頼を多く引き受けています。 これほど ハイレベルな専門性とクオリティを求める多くの組織から信頼を得ているのは、やはり 翻訳とサービスの質が非常に高いという証拠。 このサイトで載せている以上に多くの実績を持っているので、ぜひ公式サイトをチェックしてみてください。 英語に特化している 翻訳レベルが高い理由は、2つあります。 一つ目は、 英語を専門にしている点。 英語だけを取り扱っていることで、実績が積み重なり、英訳・和訳が強くなるのです。 その分野・専門の経験者がいる 二つ目は、 各専門分野で実務経験のある翻訳者がいる点。 翻訳者のなかには、技術、医療、法律、金融…などの道で経験を積み重ねた人が多いため、専門性が高く、なかなかニュアンスが伝わりにくい用語でも、ケースクエアなら 「伝わる翻訳」に仕上げてくれます。 また、翻訳スタッフが日々海外の情報を収集しており、知識レベルや技術に対する向上心も強く、翻訳の質を高めています。 コストパフォーマンスが良い 翻訳のクオリティがこれほど高いのにも関わらず、料金は 英訳1文字・和訳1ワードともに10円~。 さらに、 初回割引や 大量翻訳の割引があるなど、割引制度も豊富に揃っています。 また、レスポンスが早いのも魅力の一つ。 対応してくれるコーディネーターもキメ細やかな対応をしてくれるので、コミュニケーションロスなくスムーズに依頼から納品へと進められます。 個人・法人関わらず、 試訳(トライアル翻訳)や見積もりが無料ですので、ぜひ試してはいかがでしょうか。 そのため、安さだけを求めて翻訳を依頼してしまうと、後から後悔する結果になってしまうということもありえます。 実際、大幅なやり直しとなってしまった結果、料金が割高になってしまったという場合は少なくありません。 しかも、やり直しでさらに工数もとられてしまうということになります。 こうした事態を避けるためには、料金とそれに見合ったサービスを提供している翻訳会社を探すことが大切です。 値段だけで判断して依頼するのではなく、グレードによるサンプルが紹介されているかや、アフターサービスが整っているかなども欠かさずチェックをしてから、その上で依頼する翻訳会社を決めるようにしましょう。 高いところに依頼して、安いところで再修正したものよりも高くなってしまうようであれば、あまりハイクオリティにこだわらない場合は安い会社で妥協してしまいます。 また、翻訳会社探しは、望んでいる品質を満たしてくれる翻訳会社を見つけることが必要でしょう。 高品質すぎると依頼料が高くなり、安くて品質が低いところだと、再修正で結果的に高くついてしまう場合があります。 翻訳会社探しで失敗しないためには、依頼する内容がどのくらいの品質の翻訳を望んでいるのか、また、同クオリティの中でもどこの翻訳会社が安いのかといった入念なリサーチが必要になります。 さらに、アフターサービスでどこまで修正を行ってくれるかなどもチェックしておくと、修正を依頼する時にも安心です。 たとえば、参考程度に使いたいものに、一流の翻訳者を依頼するのはどう考えてもコストがかかりすぎてしまいます。 ある程度意味がわかればいい場合、翻訳の品質を下げてコストを下げるといった工夫をすると、よりコストに見あった品質の翻訳会社を探しやすくなります。 依頼前に必要としている品質をある程度明確にしてから、翻訳会社を探すようにするといいでしょう。 翻訳の品質を決める要素 翻訳の品質というのは、具体的にどうやって判断すればいいのかわからない人も多いです。 簡単なチェックポイントを紹介しますので、翻訳会社を探す際の参考にしてみましょう。 翻訳の品質チェックポイント• サンプルを確認する 翻訳のクオリティ 翻訳会社の多くは、サンプルをホームページに表記しています。 こうしたサンプルを確認して、どの程度のクオリティで翻訳がされているのかを大まかにチェックしましょう。 また、依頼の際はこちらの意図からぶれないよう、翻訳文書の用途やどういった人を対象としているのかを明確に伝えます。 そうすることで、修正が必要となってしまう可能性を下げることができます。 スムーズな訳文であるかどうか 訳文が自然かどうか 翻訳で重要なことは、読んでスムーズに文章が意味していることを理解できるかどうかです。 低価格帯の翻訳会社にありがちな例として、一応意味は理解できるが、読んでて違和感があるクオリティとなってしまうことがあります。 日本語の表現方法は世界的に見ても豊かなため、他言語を日本語に翻訳する際には翻訳者のニュアンスで表現が大きく変わることも少なくはありません。 サンプルを確認して、求めているクオリティに達している翻訳会社に依頼するようにしましょう。 用語や文章の正確性 専門用語が正確か 専門的な文章を翻訳してもらう際は、専門用語をどれだけ正確に翻訳できるかというのが重要になってきます。 そのため、依頼する分野に対して専門的な知識を持っている翻訳者が居る翻訳会社を選ぶ必要があります。 校正では主に、下記のようなところをチェックします。 表記や訳語を統一しているかどうか• 文章として読んでいて違和感がないか• 誤字脱字がないか 業種に合わせてふさわしい文章となっているかを確認し、必要があれば修正をするという作業をしています。 校正にも様々なクオリティのものがあって、出版もできるほどのクオリティに仕上げるよう依頼もあればその逆もあります。 多少の誤字脱字があっても、読んで意味が理解できる程度でいいという場合は、校正にかかるコストを下げるために校正を簡略化してもらったり、省略してもらったりすることもできます。 また、校正が必要かどうかの判断が難しい場合などは、まず納期とどの程度のクオリティを求めているかを事前に相談してみるといいでしょう。 納期が近くてなるべく急いで欲しい場合にも、校正の程度を調整して対応しても貰えます。 校正は、翻訳の後に入るチェック作業です。 納期までに余裕がない時は、しっかりと相談しておくともしもの時も安心です。

次の

英語の翻訳ができる10サイトを実践比較!最も使いやすいのはGoogle翻訳

翻訳 英語 おすすめ

仕事から日常生活まで、外国人の方とコミュニケーションを取る機会や、英語の文書を目にすることも多くなりました。 気軽に英語を日本語に翻訳できるツールとしてスマートフォンの翻訳アプリは便利で、人気になっています。 いろいろな翻訳アプリがあるため、どのアプリを使うべきか迷う方も多いでしょう。 ここでは、スマートフォンで使える英語翻訳アプリの上手な選び方のポイント4つと、おすすめ10製品を紹介しています。 ぜひ製品選びに役立ててください。 英語翻訳アプリの4つの選び方のポイント 英語翻訳アプリは有料から無料アプリまでいろいろな製品がリリースされています。 そのため、自分が英語翻訳を行う用途やシーンに応じたアプリを選びましょう。 どの英語翻訳アプリをダウンロードすべきか分からない方のために、知っておきたい英語翻訳アプリの選び方4つのポイントを解説します。 自分のスマートフォンの対応OSか 英語翻訳アプリは、スマートフォンやタブレットにダウンロードして使用します。 当然、ダウンロードするデバイスのOSに対応していない翻訳アプリは使用できません。 AndroidまたはiOSどちらかに対応しているものを選び、その後はデバイスのOSバーションに対応しているかを確認しましょう。 Android対応のものはGoogle Playから、iOS対応のものはAppStoreからダウンロードします。 もしもOSのバージョンが古い場合は、合わせてOSのアップデートも忘れずに行っておくと、スムーズにダウンロードができます。 英語以外の言語にも対応しているか 英語翻訳アプリの中には、英語以外にも中国語、韓国語、フランス語やドイツ語などほかの外国語翻訳にも対応しているものもあります。 翻訳アプリをどのように使うかで、英語のみのものか、英語以外の言語にも対応しているかを選ぶようにしましょう。 たとえば、ビジネスシーンや店頭接客などで幅広い外国人の方と交流したり、英語以外の文書に目を通したりする場合には対応言語が多言語のものが便利です。 一方で、英語の洋書を読んだり、勉強したりなど翻訳する言語が英語に限定されている場合は、英語のみのものがシンプルで使いやすいでしょう。 アプリに搭載されている機能や使い方で選ぶ 英語翻訳アプリは製品によって使い方が異なります。 翻訳したい単語や文章を音声入力して、通訳のように使えるものもあれば、カメラで単語や文章を静止画として撮影すると、そのまま翻訳できるもの、コピペで翻訳するものなど多彩です。 翻訳を行うシーンに合わせて、自分が使いやすい翻訳方法のものを選ぶとよいでしょう。 さらに、英語翻訳アプリは海外旅行や日常生活などで使える会話フレーズが充実、辞書機能に特化しているなど製品によって特徴が異なってきます。 自分が翻訳で欲しい機能のある翻訳アプリを選びましょう。 無料アプリや体験版から使うのもおすすめ 英語翻訳アプリは、有料のものから無料のものまであります。 初めて英語翻訳アプリを利用するときには、気軽にダウンロードできる無料アプリのものから試してみて、自分に合っているものを選ぶのもよいでしょう。 また、有料アプリのなかでも機能が制限されている無料やLite版、体験版をリリースしているものもあります。 まずは無料や体験版で試してみてから、欲しい機能を付与したいと思ったら有料に切り替える、といった使い方もできます。 英語翻訳アプリのおすすめ10製品を紹介 英語翻訳アプリは、製品によって対応OSと対応言語、使い方や特化した機能、無料か有料かが異なります。 英語翻訳を行うシーンで、これらのポイントを踏まえると使いやすい英語翻訳アプリが選べるでしょう。 これらの選び方のポイントを踏まえて厳選した、英語翻訳アプリのおすすめ10製品を紹介します。 初めて英語翻訳アプリを利用してみたい方も、製品選びに役立ててください。 Google• Google翻訳• 迷ったらこれ!音声からカメラまで使える• Googleがリリースしている無料翻訳アプリ「Google翻訳」。 多言語対応、音声入力からカメラ撮影、手書き入力、テキスト入力と柔軟な使い方ができます。 シンプルかつオフラインでも使用可能。 GoogleがリリースしているGoogle翻訳サイトのアプリ版である「Google翻訳」。 英語を始め、文章翻訳なら103の外国語に対応しています。 同時に2か国語の翻訳も可能。 音声入力翻訳から、メニューや看板などをカメラで撮影して静止画での翻訳もできます。 欲しい機能がそろっているだけでなく、シンプルで使いやすい無料アプリのため初心者にもおすすめ。 また、オフライン環境でも使用できるのでいつでも使える翻訳や辞書アプリとしても活用できます。 Intellectual Flame Co. , Ltd. 音声通訳• 無料(有料Pro版あり)• 音声入力に特化した正確な英語翻訳アプリ• 音声入力に特化した、双方の同時通訳も可能な英語翻訳アプリの「音声通訳」。 聞き取りが正確で早口言葉も瞬時に聞き取り、ネイティブ発音による翻訳が可能です。 音声入力のみのシンプルな使い方が特徴の英語翻訳アプリが「音声通訳」です。 翻訳機のような使い方ができ、スマートフォンに向かって日本語で話すだけで、瞬時にネイティブ発音による翻訳された音声が流れます。 また、相手の外国語を日本語へ翻訳もできるので、同時通訳も可能です。 音声入力のみですが、その分聞き取りの正確さが魅力。 早口言葉も正確に聞き取って翻訳できるので、相手の言葉が聞き取りにくい場合でも、スマートフォンに向かって話しかけてもらうだけで翻訳できます。 LINE• LINE英語通訳• 無料通話アプリがそのまま翻訳アプリに• ダウンロードの必要なく、LINEをすでに持っていれば友だち登録のみで利用できるようになる「LINE英語通訳」。 英語以外の外国語通訳アカウントもあるため、やり取りしたい外国語で選べます。 無料で通話やメッセージが送れるだけでなく、いろいろなコミュニケーションツールとして便利な「LINE」。 LINEをすでにダウンロードしている方なら、公式アカウントで「LINE英語通訳」を友だち登録するだけで、英語翻訳アプリとして利用できるようになります。 テキスト入力で翻訳ができるだけでなく、海外の方とLINEを使用するときにグループトークでLINE英語通訳を入れておき、相手が入力した英語を自動翻訳してやりとりも可能。 英語翻訳のほか、中国語、韓国語などいろいろな公式アカウントがあるため、使いたい外国語で選べるのも便利です。 Weblio• Weblio 英語翻訳• 収録単語数はピカイチ!英語学習にも使える• オンライン辞書サイトWeblioのアプリ版ともいえる「Weblio 英語翻訳」。 対応言語は英語のみだが、単語と例文の収録が豊富で辞書機能に特化。 英語学習にも活用できます。 規模の大きなオンライン辞書サイトとしても著名な「Weblio」のリリースする英語翻訳アプリが「Weblio 英語翻訳」です。 対応している言語は英語のみですが、収録している単語数や例文の数は秀逸。 翻訳結果の音声読み上げ機能もあるため、リスニングやスピーキングの勉強にも。 単語の種類に応じてフォルダ登録もできるので、英語学習にもぴったり。 日々の勉強から入試対策、TOEICや英検などの資格対策と、学生から社会人まで幅広い英語学習のサポートアプリとしても心強いです。 NTTドコモ• はなして翻訳• キャリアがドコモなら電話通話の翻訳も可能に• リニューアル後、キャリアフリーで利用可能になった「はなして翻訳」。 音声入力やカメラ撮影による翻訳に加えて、NTTドコモユーザー限定ではあるが、電話通話の翻訳機能も搭載されています。 大手携帯電話キャリアであるNTTドコモがリリースする英語翻訳アプリが「はなして翻訳」。 リニューアルによってNTTドコモ以外のキャリアの方でも利用可能になり、AndroidにもiOSにも対応するようになりました。 ボタンをタップして画面に向かって話しかける音声通訳、カメラ撮影による画像の翻訳に加えて、NTTドコモを利用している方限定になりますが、電話通話の翻訳機能も搭載。 海外の方との通話や、ホテルや航空券などの予約などを電話で行うときにも便利です。 Excite Japan• エキサイト翻訳• 再翻訳機能や豊富な多言語対応が魅力• 翻訳サイトのアプリ版「エキサイト翻訳」。 翻訳内容を翻訳し直せる再翻訳機能や、シェアやコピーに便利なシェアアイコンなどの機能も充実。 設定言語が多言語対応なのも魅力です。 老舗のオンライン翻訳サイトとしても知られている「エキサイト翻訳」の翻訳アプリ版。 150万ダウンロードを突破し、多くの方に使われ評価されている翻訳アプリと言えるでしょう。 翻訳に違和感を覚えたときには、再翻訳機能が便利。 訳文を翻訳前の原文と同じ言語で翻訳しなおすため、より正確な翻訳が選べるようになりました。 翻訳結果はシェアアイコンをタップすると、コピーやほかのアプリへのシェアも簡単にできます。 英語を始め多くの設定言語が選べるのも魅力です。 Penpower Technology• Worldictionary• 税込み370円(APP内課金あり)• 旅行にも便利な「かざすだけ」で翻訳可能なアプリ• 音声やテキスト入力、カメラ撮影不要でかざすだけで翻訳可能。 オフラインでも使用可能で、多言語にも対応しているため海外旅行や出張時にも活用できます。 スマートフォンのカメラを翻訳したい文字や画像に向かってかざすだけで翻訳可能な「Worldictionary」。 テキストや音声入力、カメラでの撮影は不要で、虫眼鏡のようにかざすだけで翻訳してくれます。 旅行や出張など、スピーディかつ気軽に翻訳したいときに便利です。 オフライン環境にも対応しているため、いつでもどこでも使える利便性も魅力です。 また、翻訳したものをアプリ内でさらに検索して、くわしく調べることも可能。 オフライン機能がなくなるなど、機能が限定された無料のLite版もリリースされています。 Traduko AB• 翻訳名人• 無料(APP内課金あり)• 特定のシーンでの英語フレーズがすぐに分かる• オフラインで特定シーンの定番フレーズをすぐに検索できる「翻訳名人」。 とっさのときもシーン別ですぐにフレーズを検索可能です。 課金による拡張も可能なテキスト入力の翻訳機能も付属。 病院やレストラン、ホテルなど特定のシーンでよく使うフレーズをオフラインで検索して参照できるアプリが「翻訳名人」です。 特定のシーンですぐに使いたいフレーズを探せる単語帳のような使い方もできます。 テキスト入力による翻訳機能は英語を始めとした20か国語に対応しており、APP内で課金をするとフレーズの音声読み上げも使えるようになります。 同じくAPP内課金で対応言語を50か国語まで拡張できるため、使用したい言語によって自分でカスタマイズも可能です。 Universal Projects and Tools S. 医療相談トランスレーター 音声サポート付き• 海外旅行や出張時に入れておきたい医療翻訳アプリ• 渡航先で医療措置やサービスを受けるさいに便利な「医療相談トランスレーター 音声サポート付き」。 登録した自分のデータを翻訳して医師などに提示でき、受けた治療や処方薬も記録できます。 海外旅行や出張時、ケガや病気になったり、事故や災害に巻き込まれたりするなどで急に医療機関やサービスを利用する可能性があります。 医師や看護師などの医療従事者と、患者との間のやりとりに特化した翻訳アプリが「医療相談トランスレーター 音声サポート付き」です。 あらかじめアプリ内に自分の国籍や持病、アレルギーの有無や常備薬などのデータを登録しておくと、医師や看護師などの医療従事者の国籍に合わせた言葉へ翻訳し、提示できます。 現地で受けた治療や処方薬などのデータも翻訳して記録できるので、いざというときのために持っておきたいアプリです。 Microsoft• Microsoft Translator• Windowsデスクトップでも使える• Windowsデスクトップアプリもある「Microsoft Translator」アプリ上でのライブチャットの翻訳や上下分割の同時音声翻訳もできます。 テキストやカメラ撮影翻訳はオフラインでも使用可能です。 AndroidとiOSのモバイルデバイスだけでなく、Windowsデスクトップアプリもリリースされている翻訳アプリが「Microsoft Translator」です。 音声やテキスト、カメラ撮影の翻訳に加えて、アプリ上でのライブチャットの翻訳も可能。 また、音声翻訳は画面が上下に分割され、対面での同時翻訳も可能です。 テキスト翻訳は60以上の言語に対応。 また、テキストやカメラ撮影翻訳はオフラインでも使用できます。 英語翻訳アプリを海外旅行やビジネスシーンに活用しよう.

次の