シャドー ル デッキ。 大会で結果を残した【恐竜シャドールサンドラ】デッキ考察

【シャドール デッキ】大会優勝デッキレシピまとめ

シャドー ル デッキ

最初に融合召喚したいのがこの 《エルシャドール・ネフィリム》。 特殊召喚成功時、デッキから【シャドール】カードを墓地へ送ることができます。 【シャドール】カードは墓地へ送られることによって効果を発動するものが多いため、それらのカードを墓地へ送り、効果の発動を狙いましょう。 《影霊の翼 ウェンディ》を墓地へ送ればデッキから【シャドール】モンスターの特殊召喚、 《シャドール・ドラゴン》を墓地へ送れば場の魔法・罠の除去、 《影依の原核》を墓地へ送れば墓地の【シャドール】魔法・罠の回収等、状況に合わせた【シャドール】カードを墓地へ送りましょう。 元々の攻撃力も2800と高いため、【シャドール】デッキのアタッカーとして非常に優秀。 墓地へ送られることで、デッキから【シャドール】カードをサーチし、手札のカードを墓地へ送ることができます。 デッキから手札に加えたい 《影光の聖選士》等をサーチし、手札の 《シャドール・リザード》等を墓地へ送り効果の発動を狙うことができます。 能動的にこのカードを墓地へ送る方法としては、このカードをエクストラモンスターゾーンに融合召喚し、そのまま 《グラビティ・コントローラー》をリンク召喚するのがオススメ。 《影依融合》や 《神の写し身との接触》で融合素材とした際や、 《エルシャドール・アプカローネ》の効果で手札から墓地へ送るなどした際に効果の発動を狙えます。 《シャドール・ヘッジホッグ》・・・デッキから【シャドール】モンスターを手札へ• 《シャドール・ドラゴン》・・・フィールドの魔法・罠カードを破壊• 《シャドール・リザード》・・・デッキから【シャドール】カードを墓地へ送る。 【シャドール】魔法・罠を墓地へ送る際に有用• 《影霊の翼 ウェンディ》・・・デッキから【シャドール】モンスターを裏側守備表示で特殊召喚• 《シャドール・ビースト》・・・デッキからカードを1枚ドロー• 《シャドール・ファルコン》・・・墓地へ送られた自身を裏側で蘇生• 《影依の巫女 エリアル》・・・お互いの墓地から3枚までカードを選んで除外。 墓地を活用するデッキに対しての妨害として有効。 お互いのフィールド・墓地の魔法カードの数だけこのカードに魔力カウンターを置く。 自分の手札・墓地から魔法使い族モンスター1体を選び、このカードのリンク先となる自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。

次の

【シャドバ】ローテーション最強デッキランキング【シャドウバース】

シャドー ル デッキ

《列車シャドール》デッキとは 列車シャドールデッキとは、 《列車》テーマと 《シャドール》テーマの混合タイプのデッキである。 ともにレベル10モンスターを出せるギミックがあり、それぞれシナジーがあるため構築として《列車シャドール》型を取ることが多くなる。 最近では、レベル10モンスターとして《壊星壊獣ジズキエル》が登場したことにより、《列車壊獣シャドール》デッキというのも存在する。 いずれにせよ、ランク10モンスターを出し制圧していくというのが特徴。 《列車シャドール》デッキ回し方 「ランク10」モンスターを立てる 列車シャドールデッキは、レベル10モンスターが採用されているため、 ランク10モンスターを立てやすい構築になっています。 そのためエクストラデッキには、レベル10モンスター2体で特殊召喚できるランク10エクシーズが多数採用されています。 このデッキの勝ち筋はとにかくレベル10モンスターをフィールドに揃え、ランク10エクシーズを立てていくという戦い方になる。 ランク10モンスターの候補としては下記モンスターなどです。 81 超弩級砲塔列車スペリオル・ドーラ• 超弩級砲塔列車グスタフ・マックス• 超巨大空中宮殿ガンガリディア• 35 ラベノス・タランチュラ 《No. 81 超弩級砲塔列車スペリオル・ドーラ》はアタッカーとしても、壁モンスターとして使える。 《No. そのモンスターはターン終了時まで、そのモンスター以外のカードの効果を受けない。 この効果は相手ターンでも発動できる。 《No. 81 超弩級砲塔列車スペリオル・ドーラ》は、守備力が4000もあり、素材を一つ使うことでターン終了時までフィールドの対象モンスターを効果を受けなくさせる効果を持っています。 破壊・バウンスなどの手段などは聞かず、《希望皇ホープザライトニング》の戦闘破壊や《壊獣》あたりでリリースする手段でなければ突破できなくなる。 《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》は、 アタッカー兼効果バーンモンスターとして確実にライフを削るモンスターとして使えます。 相手ライフに2000ポイントダメージを与える。 《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》は、素材を一つ使うことで、相手に2000バーンを与える超強力なバーン効果。 こちらには何らデメリットがないのも良いポイント。 序盤よりも、終盤に登場させたいモンスター。 《超巨大空中宮殿ガンガリディア》は、 序盤でも使えるアタッカーとして機能します。 相手フィールド上のカード1枚を選択して破壊し、相手ライフに1000ポイントダメージを与える。 「超巨大空中宮殿ガンガリディア」の効果は1ターンに1度しか使用できず、この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。 《超巨大空中宮殿ガンガリディア》は、「破壊効果&1000バーン」効果を持ち、攻撃力も3400と高めなので、グフタスマックスより比較的序盤に使用出来るケースが多いモンスター。 《No. 35 ラベノス・タランチュラ》は、 おきまりのランク《No. 84ペインゲイナー》《No. 77 ザ・セブン・シンズ》につなげるカードになります。 ランク10から一気にこれらのカードにアクセスできるため要所要所使いどころを見極めて召喚していく形を取る感じでしょうか。 「エルシャドール・シェキナーガ」の 1 の効果は1ターンに1度しか使用できない。 1 :特殊召喚されたモンスターが効果を発動した時に発動できる。 その発動を無効にし破壊する。 その後、自分は手札の「シャドール」カード1枚を墓地へ送る。 2 :このカードが墓地へ送られた場合、自分の墓地の「シャドール」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。 そのカードを手札に加える。 列車モンスターである《重機貨列車デリックレーン》《深夜急行騎士ナイト・エクスプレス・ナイト》は「機械族・地属性・レベル10」モンスターであり、 《転回操車》という列車テーマのフィールド魔法カードは、 「機械族・地属性・レベル10」モンスターがフィールドの召喚・特殊召喚された時に発動できる効果を持つカードである。 《エルシャドール・シャキナーガ》は、シャドールテーマにおける融合モンスターであり、「機械族・地属性・レベル10」という条件を満たしたカードであるため《転回操車》とのコンボに使うことができる。 そのため《シャドール》要素を列車デッキに組み込んだ構築が多くなっている。 しかも融合素材が、• 「シャドール」モンスター+地属性モンスター となっており、地属性モンスターである列車モンスターとの相性は良い。 さらに《影依融合》からデッキから素材を墓地に送る融合経由であれば、 地属性の列車カード《無頼特急バトレイン》を素材としてデッキから選択し墓地に送り、 素材で墓地に落ちた《無頼特急バトレイン》の効果で、エンドフェイズに「機械族・地属性・レベル10」モンスターをデッキよりサーチできる効果もある。 ランク10の素材になるだけでなく、さらなる列車モンスターをサーチすることができる《影依融合》をはじめとした《シャドール》テーマは、恐ろしく《列車》デッキと好相性。 「その他レベル10モンスター」採用 そのほかにもいろいろなデッキタイプにより様々な「レベル10モンスター」採用がみられます。 まず一般的になっているのが、《壊獣》テーマのギミックを出張させること。 《壊星壊獣ジズキエル》はレベル10モンスターであるため壊獣モンスターの中でも多めに採用されている。 《壊獣》の採用によって、一気にデッキパワーが上がるため《壊獣》が登場して以降は壊獣を採用するデッキ構築が割と一般的になっています。 その他だと、《Sinサイバーエンドドラゴン》《究極封印神エクゾディオス》《ラーの翼神竜-球体形》などのカード採用されていたりする。 それぞれ、特殊な特殊召喚方法を使うが、 いずれのモンスターもレベル10モンスターとしてランク10エクシーズモンスターの素材となることができる優秀なカードであり、《列車シャドール》デッキへの採用率はかなり高くなっている。 スポンサーリンク 総括 《列車シャドール》デッキは、比較的マイナーテーマになるが、ランク10エクシーズを揃えるという少し風変わりで初見たおしを狙うこともできそうなデッキテーマである。 安定的にランク10を立てることができれば、効果バーンなどの手段によりジリジリライフを削っていくことができる。 『新マスタールール』のEXゾーンの新設により、ランク10モンスターは1体しか立てることができなくなってしまったが、 素材を使いきったランク10はむしろリンクモンスターなどの素材に積極的に使い、デッキ回転速度を落とさないような回し方にしたい。 《列車シャドール》デッキと相性の良い、新規リンクモンスターが登場してくれればかなり今後環境での活躍も夢じゃないだろう。

次の

「恐竜シャドールHERO」デッキ新ルール回し方・優勝デッキレシピ構築【遊戯王OCG】

シャドー ル デッキ

そのガゼルを引き込むサーチカードも豊富です。 サイバネット・マイニング、レディ・デバッカー、サラマングレイト・サークルなどです。 ガゼルはですが、実質9枚体制です。 ずるい。 なんでも無効or選んで2枚破壊+ベイルリンクスによる破壊耐性(+誘発や墓穴など)ですね。 安定してこれができるなんて強いよね。 そのため、次のターンでも展開を始めることが容易です。 また、サンライトウルフやJの効果で、展開の要のガゼルや使用済みのサンライトウルフ、罠を手札、EXデッキに戻します。 またロアーには使った後にも墓地からセットできる効果があります。 そのため一度突破したとしても、次のターンには上記の妨害が待ち構えています。 墓地のリソースを削ってしまえば次ターンでの相手の展開はかなり厳しいものになります。 特にガゼル を除外できればほぼ勝てると思います。 積極的に狙っていきたいポイントですね。 写し身ミドラーシュがめちゃくちゃ刺さります。 サラマングレイト側の打点の低さも相まって、ミドラーシュの突破はかなり困難になると思います。 突破するにはJをスピニーで打点強化するくらいですかね? ゲームプラン 以上を踏まえてシャドール側のゲームプランを考えていきます。 前の記事でも書きましたが、シャドールは相手の動きに柔軟に対応できるのが強みです。 サラマングレイトの動きにも的確に嫌な妨害・除去を当てていきましょう。 ・先攻が取れた場合 まずは先攻の場合を考えてみます。 先攻で目指すのはただ一つです。 相手ターンに写し身ミドラーシュをプレイできる準備をすること、ただそれだけです。 サラマングレイト側はミドラーシュを突破する手段がほとんどないので、決まればゲームの流れを一気に引き寄せることができます。 で墓地のカードも除外できたらより良いと思います。 正直あまり書くことが無いです。 ・後攻の場合 こちらが本番です。 モンスターがサンライトウルフ、ミラージュスタリオ、J。 バックはロアー。 墓地にベイルリンクス。 この盤面で考えてみます。 シャドール側で最もきついのがロアー。 融合魔法を止められてしまうと相当厳しくなります。 逆に融合を通してしまえば盤面を返せます。 なのでロアーを何とかする方針で行きます。 ロアーの発動条件はサラマングレイトリンクモンスターがフィールドにいることなので、サンライトウルフをどけてしまうのも一つの手です。 ただし、墓地にベイルリンクスが居るので二回破壊する必要があります。 カグヤでバウンスできればいいですが、サンライトウルフは複数枚採用されているはずなのでまず無効にされます。 この盤面を返すには、 ・影依融合2枚 ・写し身+融合素材+影依融合 ・影依融合+or羽根帚 ・超融合 あたりですね。 とにかく直接バックを割るか、二回融合できる手札でないと返せません。 影依融合が通ったと仮定します。 相手フィールドにはEXモンスターゾーンからのモンスターが居るので、デッキ融合できます。 サラマングレイト相手だと返しのターンに備えて墓地のリソースを削っておくべきです。 なのでどこかでを墓地に送って相手の墓地を除外します。 また写し身ミドラーシュをプレイできればほぼ勝ちまで持っていけるので、写し身を手札に持ってきたいです。 なのでを絡めてアプカローネを出すのが簡単に次ターンの準備ができるかなと思います。 しかも墓地に魔法が三枚以上あると、追加効果を使えます。 これらのカードを状況に応じてエンゲージやエリアゼロ、閃刀姫リンクモンスターの効果を駆使して手札に持ってきます。 そのためどんな盤面であっても解決するポテンシャルを秘めています。 1枚はエンゲージですね。 墓地に魔法が三枚あれば、サーチ+ドローができます。 しかもで使いまわしてくるので、2枚サーチ+2ドローとかいう動きをしてきます。 強いですよね。 もう1枚はマルチロールです。 これはマルチロールがある間に発動された閃刀魔法の数まで墓地から閃刀魔法をセットできます。 これで魔法が再利用できます。 一気にリソースの回復をしてきます。 なんか魔導書の審判みたい。 こちらにモンスターが居ればもっとライフを削るのが遅くなっていきます。 なので長期戦になりやすいです。 逆に言えば、こちらが一気にライフを削ることができれば、アド差を広げられる前に決着をつけることができるということです。 そのため、アドをとるスピードが遅くなり、じり貧になっていきます。 まあ自分が閃刀姫を回したことが無いので実際レイやロゼを引き込めないことが多いのかわからないです。 シャドールモンスターは破壊されたら固有の効果を発動できるので、閃刀姫側はうかつに破壊してこないと思います。 加えて戦闘破壊しようとすればリバース効果が発動するので、相手に厳しい選択を強いることができます。 ゲームプラン 以上を踏まえてゲームプランを考えます。 幸いEXデッキからモンスターを出してくれますし、影依融合でデッキ融合できます。 アドの獲得能力ならシャドールだって負けていません。 閃刀姫のアド取りにくらいついていきましょう。 正直先攻も後攻もあんまり変わらないので分けずに書きます。 対閃刀姫で意識するのはいかにアドをとらせないか、リソースを枯らせるか、速やかにライフを削るかです。 エンゲージは正直どうしようもないですが、マルチロールや、閃刀姫リンクモンスターは上手くやれば対処できます。 まずマルチロールが張られた場合は真っ先に処理するのが良いと思います。 処理方法としては、ドラゴン、アプカローネの効果を使います。 アプカローネをするのですが、このときの素材はできるならを混ぜるとよいです。 を混ぜることで、アプカローネにウィドウアンカーを打たれた場合にも、の効果でドラゴンを落として破壊しにいけます。 次にリンクモンスターへの対応です。 正直、墓地にレイのいない場合のリンクモンスターは殴れば倒せるのであまり問題じゃないと思ってます。 墓地にレイがいる場合には普通に倒すと墓地からレイが蘇生して、新たなリンクモンスターに変身します。 これによってこちらのライフカットの速度が下がり、アドを広げられてしまうのが問題です。 これの対策は、の効果で先にレイを除外してしまうことです。 レイのついでに再利用されたくない閃刀魔法・閃刀姫リンクモンスターを除外してしまいましょう。 先に墓地のレイを処理できれば普通に殴ればいいだけなので、一気にライフを削りにいけます。 あと対戦中にやるのは、ホーネットビットに写し身ミドラーシュを合わせる、レイ召喚時点でミドラーシュを立てるくらいです。 シャドールの動きではないですが、をカグヤでバウンスするのも良いと思います. 選んで墓地に送るので、対象耐性・破壊耐性を無視できます。 除去が困難なモンスターもたやすく突破してしまいます。 また、ラスティと組み合わせることで、さらにフィールドのカードを1枚破壊してきます。 スは時に除外されている機械族を自身のエクシーズ素材にすることができます。 この効果で除外されたオルフェゴールモンスターを素材にすることで、リソースの回復を行います。 また下級オルフェゴールモンスターは墓地から除外して効果を発動するので、墓地にディヴィルやトロイメアがいる限り、そこから展開を始めることができます。 またバベルがあると相手ターンにもオルフェゴールモンスターの効果が発動できるようになるため、アド獲得が加速します。 ゲームプラン 以上を踏まえてゲームプランを考えます。 先攻を取れた場合は写し身ミドラーシュを目指します。 ディヴィルの効果にチェーンすればいいと思います。 後攻の場合はバベルと墓地のリソースを狙います。 フィールドにはスやラスティ、ガラテアなどのモンスターが居ると思うのでそのターンに突破しきるのは難しいと思います。 また突破したとしても次のターンに墓地のリソースから再び展開してきます。 なので、こちらとしては、相手の展開力をそぐことを一番に考えます。 オルフェゴールの展開は墓地から始まるので、墓地のリソースを削っていきたいです。 ただ、バベルがあると逃げられるので、まずはバベルから処理していきます。 破壊しようとしてもスで守られるし、破壊したとしてもバベルの効果で自身を墓地から回収することもできます。 そのためアプカローネで効果を無効にするのが最善だと思います。 バベルが無効になり、逃げれなくなってからの効果で除外していきます。 墓地にガラテアやスが居ればそれも除外していきンで蘇生できなくしていきます。 自分のターン中にできなければ写し身や堕ち影を使って相手のターンに行います。 または、アプカローネでスの効果を無効にした後、ドラゴンでバベルを割りにいき、そのターン中にバベルを除外してしまうのも有効だと思います(むしろこっちの方がよいかも)。 融合が通らないと話にならないので、何らかの方法でクリマクスを踏み、融合が通ったとして、展開の例を示します。 ウェンディでするのは割と何でもいいです。 アプカローネの効果で写し身をサーチ。 適当な手札を切る。 したシャドールと、手札の光でを。 墓地のリソースを削ればかなり有利にゲームを進めていけるようになります。 このように相手を動けなくしていき、こちらはやアプカローネでライフをとっていきます。 素材持ちのスを突破するときは、アプカローネで効果を無効にするか、で殴るかがよいです。 で殴れば効果破壊の分と戦闘破壊の分の二回分の素材を使わせることができます。

次の